TOP > シンデレラガールズ > 晶葉「完成したぞ佐久間君!君のポンコツを直すスイッチだ!」モバP「は?」

晶葉「完成したぞ佐久間君!君のポンコツを直すスイッチだ!」モバP「は?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/16(月) 07:49:23.42 ID:vG6HRih/0

まゆ「」

あやめ「」

有香「」

乃々「」

モバP「なにそれ」

晶葉「説明しよう!このスイッチを彼女が押せばたちまち佐久間君のポンコツが修正され、
登場初期多くのプロデューサーに予想されていた完全無欠パーフェクト面倒くさい娘系ヤンデレの佐久間君が復活する!
くれぐれも悪用しないようにな――ってなんで助手が此処に!?」

モバP「なんでお前そんな物作ったの?ぶっ壊してやる」

晶葉「させるか、はっ!」ブンッ

モバP「んああああああああああああああああああああああああ!!」ダッ

あやめ「ニンっ!――有香殿!!」パシッ

モバP「あんぎゃああああああああああああああああああああああああ!!」ビュッ

有香「押忍!!――乃々ちゃん!!」シュッ

モバP「させるか、トランザム!!」アーアーアー

乃々「ひえええ!? こ、こっち来ないで欲しいんですけどぉ!?」

モバP「森久保よ、これは死ではない!俺の生活の未来の為の――!!」

有香「フェイクですよ」パッ

モバP「俺はお前を永久に許さない」

ドンガラガッシャン

モバP「」

乃々「――机の下じゃなければ即死だったんですけど……」フゥ


有香「はい、まゆちゃん」

まゆ「Pさん……まゆは……まゆはこれでもう……!」

モバP「まゆぅ!!ポチッザムは使うなよ!」

まゆ「――わかりました、えいっ!」

ポチッ


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 08:04:03.33 ID:vG6HRih/0

智絵里「――ッ!!」ガタッ

かな子「ふぁっ!? 智絵里ちゃん、いきなりどうしたんですか……?」

星花「今食べたモンブランがあまりにも美味しかった、とかでしょうか?気持ちは解かりますわ。
かな子さんに誘われて初めてケーキバイキングに来ましたけど、どれも筆舌に尽くしがたいほど美味しいんですもの」クスクス

かな子「それでも立ち上がるなんて大袈裟だよー」

智絵里「(大きな力の流れ――いや爆発……この感じ、彼女が……どうして?
――プロデューサーさんが危ない……! でもっ!!)」

智絵里「あっ……ごめんなさい……えへへ……椅子から落ちそうになっちゃって、それで……」テレテレ

かな子「あぁわかるよー。美味しいもの夢中で食べてたらいつの間にかお尻に椅子の感触が無くなっちゃうんだよねー。
で、気付いたら」

星花「どしーん、と?」

かな子「あ゛?」

智絵里「(――あと三十分……プロデューサーさん……なんとか耐えて、くださいっ……!!)」モグモグ 


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 08:15:22.07 ID:vG6HRih/0

聖「(……プロデューサーさん……)」

沙紀「聖ちゃんもっと食べるっすよ。今日は木場さんの奢りなんすから」

聖「……」

沙紀「あ、この蟹の子ってのお願いするっす」

聖「(……ううん……彼は強い人……きっと私なんていなくても……大丈夫……)」

聖「……あまえびひとつ」

真奈美「へいおまち」つエビマヨおにぎり

聖「!? あ、あの……あまえび……?」

真奈美「あぁ、おそらくはまゆ君が……。しかし、私も今此処を離れる訳にはいかない……バックレたら今月の給料は貰えないからな……
歯がゆいが、此処でこうして寿司を握ることしか出来ないんだよ……」フッ

聖「あの……これ……おにぎり……」グスッ

真奈美「まぁ幸いにも事務所には信頼の出来るアイドルたちが大勢居る。今日の所は彼女たちに任せよう。
君たちも存分に注文したまえ」

沙紀「じゃぁとりあえず全部欲しいっす」

真奈美「良いだろう。そんなに自腹を切りたければ勝手にしろ。四十秒で用意してやる」

沙紀「冗談っすよ」ケラケラ

聖「あまえび……」パクッ

聖「(あっ、美味しい)」モグモグ


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 08:37:36.63 ID:vG6HRih/0

こずえ「だめぇー……」

茜「どうしたんですかこずえちゃん!!!? もうすぐ事務所なんですよ!!!???」

こずえ「あのねぇー……」

裕子「あ、待ってください! 今ユッコのサイキックメトラーでこずえちゃんの考えを読みます――むんっ!
――整いました、ずばりこずえちゃんは――あそこの公園で移動販売しているクレープが食べたいんですね!」

こずえ「あー……うんー……まぁー…………それでいい」

裕子「やりましたよ茜ちゃん!ユッコのサイキック☆パワーで見事こずえちゃんの思考を読みました!」

茜「すごいですユッコちゃん!!!では私も自慢のパワーでこずえちゃんを瞬間移動させちゃいます!!!
うー☆ボンバあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!」ダダダダダ

こずえ「ふわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」ピュー


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 08:55:59.17 ID:vG6HRih/0

まゆ「……」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

モバP「あかん」

まゆ「うふふ……」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

モバP「もうあかんねんで」

まゆ「うふふ……Pさぁん……♪」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

モバP「おうどうしたまゆ。何か相談事か?よしじゃぁなんだ、そこのソファーに座れよ。
俺は向かいに座るから」

まゆ「P・さ・ぁ・ん♪」ジリジリ

モバP「OK解かった。大丈夫だ、俺は今全てを理解した。見ろよこれ、こずえに借りたんだ川島お面。

17110509451.jpg

これがあれば」バシンッ

まゆ「……そんなもの、邪・魔♪」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

モバP「(やべえこずえに殺される)」ダラダラ

まゆ「……そういえば、おかしいですねぇ……」ギロッ

晶葉「えっ」

あやめ「あっ」

有香「おっ」

机「」ガダダガダッダッガダダンガダッダッガダダダッダダッガダッ


まゆ「な ん で ま ゆ 以 外 の 女 が P さ ん の 側 に い る ん で す か ぁ ?」ニコッ


モバP「ひっ!? よ、よせまゆ……! こいつらはお前の――!」

まゆ「……うふ♪ 冗談ですよぉ、Pさぁん♪  Pさんの大切なアイドルを傷付けるようなことまゆはしませんよぉ♪
でもですねぇ、まゆとっても不安なんです……彼女たちがもしもまゆを傷付けるとするなら――」シュルッ

有香「(――リボンっ……!?くっ、避けられない……!!)」ギュッ

まゆ「……くれぐれも大人しくしていてくださいねぇ♪」

有香「くっ……!」グイグイ

あやめ「何故わたくしは亀甲縛りなのですか……?」

晶葉「嫌味か貴様」

あやめ「えっ」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 09:29:35.07 ID:vG6HRih/0

有香「まゆちゃん……!」

まゆ「うふ……♪」ニコニコ

モバP「有香、あやめ、晶葉、――乃々ぉ!!」

乃々「ちょっ、何叫んでるんですか!? 折角運よく皆さんが一体どういう原理で現れたのかさっぱりわからないリボンに
拘束される中森久保だけは幸福なアウェイ気分を味わっていたというのに――
あぁほらプロデューサーさんが感情的に森久保を呼んだりなんかするからぁ!――あっ、ちょっ、そこは駄目っ、うぅっ、
むぅ……りぃ……!」ハァハァ

モバP「の、乃々……? だ、大丈夫か……?」ソロソロ

まゆ「めっ♪」

モバP「いやでも担当アイドルのことだからやっぱり心配だし全然邪な考えとかナニが駄目でナニがむぅりぃなのかやっぱし
確かめないとそういうことを果たしてこそ俺はプロデューサーだと思うんだよねだからやっぱり目を背けちゃいけないんだよ
こういうところもあぁアイドルも人間だから仕方ないなぁっていう寛容性こそ信頼が産むとねやっぱり思うんだだから」

まゆ「 ダ メ ♪ 」

モバP「あっ、はい」セイザ

有香「まゆちゃん……どうしてこんなことをするの……?」

まゆ「どうしてなんて今更聞かないでくださいよぉ……決まってるじゃないですかぁ、まゆとPさんの未来の為にですよぉ――」ガチャッ


小梅「……あ、あれ……? 皆……な、なんで……?」


モバP「コウメェッ!」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 09:30:33.41 ID:vG6HRih/0

小梅「ど、どうしたの……Pさん……? ……まゆ、さん……?」

まゆ「……小梅ちゃん」

有香「小梅ちゃん……!」

小梅「こ、これ……まゆさんが、やったの……?」

まゆ「……うふ、そうですよぉ♪ だったら な ん で す か ぁ ?」

小梅「すっ……すごい、ね……」

モバP「何素直に感想言ってんだ小梅ぇ! そうじゃないだろ!!此処は怒りに奮えて必殺の怨霊アタックをまゆに浴びせて
元のポンコツヤンデロイドに戻すところだろ!!見せてくれよ、兵庫県の力を!!」

小梅「そ、そんなの、ない……よ?」フルフル

モバP「じゃぁあの子になんとかしてって頼んで!!」

まゆ「――させませんよぉ……出でよ、ファラオ」

ファラオ『ウチの眠りを妨げるのは誰ばい……?』

モバP「鈴帆じゃねーか!!」

まゆ「うふ♪ それで、どうするつもりなんですかぁ、こ・う・め・ちゃぁん?」ニコニコ

小梅「えっ、えっと……――あっ」

モバP「おうどうした!? なんかとんでもない怨霊でも見つけたか!? それとも元のポンコツまゆ改め白まゆの生霊が
説得に来てくれたのか!?」

小梅「……うん、うん。バイバイ」フリフリ

小梅「……逝っちゃった」

モバP「なんでこのタイミングで!?」

まゆ「さて……他に邪魔をする人は名乗り出て頂いて結構ですよぉ……うふふ♪ 相手してあげますからぁ……♪」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

モバP「くそっ、今のまゆは危険だ……お前ら、くれぐれも迂闊な真似するんじゃないぞ!!」

有香「いえ、元よりそのつもりですよ」

モバP「えっ」

晶葉「でなければあんな装置作るわけないだろう」

モバP「あっ」

あやめ「そもそもわたくしたちはまゆ殿の恋の応援をしているのですから邪魔など滅相もない!
寧ろ好機ですよまゆ殿!一気に畳み掛けるのです! しかし我々のこれはどうにかして解いていただきたい。
正直……む、胸が苦しいです……///」

モバP「……」ジー

まゆ「目つぶし♪」プスッ

モバP「」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 09:48:49.48 ID:vG6HRih/0

晶葉「さて、ようやく落ち着いたようだな」

有香「一時はどうなることかと思いました」

あやめ「まだまだ力を己の物にするには精進が必要ですね、まゆ殿!」

小梅「あ、あの……あの子がまゆさんに、ありがとう、頑張ってね、だって……」

まゆ「皆さん……酷い事したのに……まゆのこと、許してくれるんですかぁ……まゆ……皆さんに酷い事を……」

モバP「いや許さんよ。元のまゆに戻らないと」ペロッ

まゆ「これは……嘘を吐いている味ですねぇ♪」ペロペロ

モバP「いやんもう誰か本当に助けてよぉ!!なんで当たり前のように瞬間移動するのぉ!?」

まゆ「うふっ♪ Pさんの為ならまゆはなんだって出来ちゃうんですよぉ♪
大切な仲間たちがまゆにくれたんです♪ 皆が応援してくれたおかげで……まゆは、
まゆはようやくPさんと一つに……!」ペロペロペロペロ


まゆ「――まゆはPさんと結ばれても良いんだ!!」


有香「おめでとう」パチパチ

晶葉「おめでとう」パチパチ

あやめ「おめでとうございます」パチパチ

鈴帆「おめでとう!」パチパチ

小梅「おめでとう……♪」パチパチ


まゆ「皆さん――ありがとう!」


アイドルにありがとう

ちひろにさようなら

全ての産まれてくるPまゆチルドレンに、おめでとう――


パリーン


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 10:11:47.44 ID:vG6HRih/0

モバP「誰だ!? 木場さんか!? あいさんか!? それとものあさ――」

喜多見袖「柚?誰それ私袖」

モバP「お前窓ガラスちゃんと修理しろよ」

柚「えっ? ちょっとPサンなんか柚の扱い酷くない?ねぇ訊いてよ。なんでいきなり窓ガラス割って入って来たのか
ちゃんと訊いてよねぇねぇったらねぇ。何ばな何すちゃんの何ゴ何タに追われてるのかちゃんと訊いてよ」グイグイ

モバP「ああもう引っ付くな殺されるから――」

ガチャッ

ありす「どうして逃げるんですか、柚さん」

柚「ひえええええっ!!?ち、違うよ、勘違い、勘違いったら勘違い!喜多見柚ちゃんなんてプリティーアイドル知らない!
私袖、この男の人の奥さん」ギュッ

モバP「あのね柚ちゃん。君も必死だっていうのは僕とってもよく知ってるんだなぁ。でもね、だからこそ君は敵を
作るべきではないと思うんだよ。ほらね袖ちゃん良くみなよ。佐久間さんなんかよく解からないオーラ出してるよ?
もう顔全然見えないもん」

佐久間まゆ(?)「オク……サン……?Pサンノ……オクサン……ハ……マユ……」

モバP「もう死んじゃおっかなぁ」

ありす「今度こそ絶対に大丈夫です。名誉を挽回してみせます。確実に美味しいので食べてみてください」

柚「そんなこと言ってまたパスタに苺混ぜたんでしょ!!」

ありす「? 当然です。リベンジなんですから」

柚「始まりが間違っているんだよ!!」

ありす「大丈夫です。今度は絶対に美味しいですから」

柚「じゃぁ自分で食べれば良いじゃん!」

ありす「一番最初は柚さんに食べて欲しいんです」

柚「誰かこのポンコツ苺ロイドなんとかしてよ!!」

モバP「――ポンコツ……苺……ロイド――?」

モバP「――そうか!! でかしたぞありす!!」

ありす「えっ、Pさんも食べたいんですか?もう、仕方ないなぁ……はい、あーん」

モバP「おう橘フォーク借りるぞ!!」

ありす「えっ? いやあのわたしが食べさせてあげ……」

モバP「はいまゆあーん」

まゆ「えっ」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 10:22:43.60 ID:vG6HRih/0

モバP「あーん」

まゆ「えっ、いや、あの……」

まゆ「(Pさんに食べさせてもらうのは嬉しい……!でも、それが苺とパスタで出来た塊だとしたら……!?)」

モバP「……どうしたまゆ、食べないのか? 俺 か ら 妻 の お 前 へ の 贈 り 物 な の に」

ありす「」

柚「」

モバP「まゆ……もしかして、拒むのか?もしかして愛してるっていうのは、嘘だったのか……?」

まゆ「い、いえ、嘘じゃないです……!まゆは……まゆはPさんの為ならなんでもしますぅ、出来るんです……!
だってまゆは……ポンコツじゃないもん……!」

モバP「だよなぁ。じゃぁこれを食べるんだ」

まゆ「そ、それは……!」

モバP「ほらまゆ……あーん、だ。口を開けて……な?」

まゆ「――Pさん……まゆは……まゆはぁ……!!」

モバP「あーん」

まゆ「あ、あ、あ、あぁぁ……んっ」パクッ


モグモグモグ


まゆ「」チーン



……Pさん……たとえ魂だけになっても……愛しています……


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 10:37:40.87 ID:vG6HRih/0

モバP「ありがとうありす君。無事君のおかげでまゆをポンコツに戻すことが出来た」

ありす「ひっ、うっ、ぐすっ、うっ、ま、待って、待ってくれるって……!」ポロポロ

モバP「おやおやどうしたんだい。誰か酷い柚が君を虐めたのかな?とんでもない野郎だ。
おっと丁度良い所に苺パスタがある。それを食わせようぜ」

ありす「うあぁぁぁ……!」ブワッ

柚「よしよし。酷い人だね~。Pサン責任とって柚と結婚してよ」

ありす「いにゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……!!」ポカポカポカ


まゆ「うぅ……Pさぁん……」

晶葉「どうやら完全にポンコツに戻っているな」

まゆ「うあぁ……」

あやめ「スイッチを使おうとも苺パスタによって相殺される……打つ手なしですね」

まゆ「いやぁぁ……」

有香「――一緒にまた頑張りましょう、ね?」

まゆ「うん……」

乃々「フゴゴゴゴゴフガゴゴゴゴ」

小梅「の、乃々さん……こ、これ解いて、だって……」

鈴帆「普通の裁縫道具じゃどうしようもできなか。まゆちゃんにしか出来んばい」チョキチョキ

まゆ「……」

乃々「フゴゴッ」

まゆ「……それがぁ……」

乃々「フゴッ?」

まゆ「……ごめんなさい……解き方、解からなくなっちゃった……ニンッ♪」ペロッ

乃々「」


終わり


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 10:38:29.82 ID:vG6HRih/0

終わります
後半のテンション酷いねごめんよ
HTML化してきます



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿