TOP > シンデレラガールズ > 乃々(消えてしまいたい……///)

乃々(消えてしまいたい……///)

1: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:35:56.61 ID:jDQddHy00

比奈「」ワクワク

奈緒「」ソワソワ

TV「32:30」ポーン


2: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:37:01.65 ID:jDQddHy00

ガチャッ

乃々「おはようございます……」イソイソ

ちひろ「おはよう、乃々ちゃん」

ちひろ「あと流れるように机の下へ潜り込まないの」グイッ

乃々「あぅー」

乃々「あ、あの、まだレッスンまで時間あると思うんですけど……」

ちひろ「それがね、乃々ちゃんに会いたいって方が来てるの」

乃々「え……」

ちひろ「プロデュース業をしてる方ね。どこかで見て気に入ったみたい」

ちひろ「さ、仕事よ仕事。頑張ってね~」

乃々「むーりぃー……」


3: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:38:55.99 ID:jDQddHy00

乃々「……オハヨウゴザイマス」

P「ああ、おはようございます」

P「初めまして」ニコッ

乃々「アッハイ」

乃々(と、とんでもないレベルのイケメンなんですけど……)ワナワナ

乃々(何なんですかこれは……こんな人と2人きりなんて。新手のいぢめですか……)

P「──ということだから。今日からよろしく」ニコッ

乃々「アッハイ……はい?」

乃々「え、あの……今日、からって」

P「?」ニコニコ


4: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:40:07.34 ID:jDQddHy00

乃々(そんなに話が進んでるんですか……?!)

乃々「そんな……いきなり……」オロオロ

P「ん? でも」

P「たった今、確認したよね?」

乃々「え」

P「ね?」ニコニコ

乃々(……そんな気も……?)

乃々「いやいや……もりくぼはそんなこと……」

乃々「……言わな……」

乃々「……言って……」

乃々「……言い、ました……けど」

乃々「……けど」

乃々「……ソウデスネ」


5: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:41:02.09 ID:jDQddHy00

ちひろ「……あれ? あの人」

ちひろ「どうやって許可証なしで建物に入ったんだろ」

ちひろ「そういえば私、あの人の名前も知らないけど」

ちひろ「どうして……」

ちひろ「……まあいっか。お茶おいしー」ズズー


6: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:42:00.04 ID:jDQddHy00

ガチャッ

P「話は終わりましたよ、ちひろさん」

P「森久保のレッスン、一緒に行ってきますね」ニコッ

乃々「あの……まだ机の下成分が足りないんですけど……必須栄養素なんですけど……」

ちひろ「はい、行ってらっしゃい♪」

P「さ、行こうか」

乃々「ヒィィィィ……」ズルズル

ズルズル…パタム

ちひろ「――あ、れ? 私、あの人に名乗ったっけ……」

ちひろ「……あの人とは初対面……だよね?」

ちひろ「あれぇ?」


7: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:42:58.03 ID:jDQddHy00

乃々(もりくぼが陽の下を行くのは干乾びて死ぬ時だけです)

乃々(ミミズのように日陰から日陰へ……徒歩と電車でこそこそ移動するのが性に合ってるんです)

乃々「車とか……うぅ……」

P「送迎は嫌い?」

乃々「あぅ……嫌いじゃ、ないですけど……」

乃々「……明るい所は。その、ニガテデス」ゴニョゴニョ

P「ふーん。そっかそっか」ニコニコ

乃々(に、苦手なタイプなんですけど……)メソラシ

乃々(──?)

乃々「あの、プロデューサーさん。道が違うような……」

P「いいや、合ってるよ」ニコニコ

P「悪いな。今日はレッスンじゃなくて本番なんだ」


8: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:45:45.19 ID:jDQddHy00

P「諦めな、着いたよ」

乃々「むむむむむむむむーりぃー……!」

乃々「そんな、いきなりなんて、いやそういうの関係なくてもノー、ノーなんですけどぉ……!」ヒシッ

P「座席に張り付くなっ」ヒョイ

乃々「ヒィッ?!」

乃々(もりくぼの渾身のしがみつきが……!)

P「しょうがないなぁ、担いで行こうか」

乃々「そ、そんなことされたら恥ずかし過ぎて魂が抜けますけど……ふわぁ?!」

乃々(こっ、この担ぎ方、もりくぼのお尻が突き出て)ハッ

乃々(今ミニスカじゃないですか……っ///)カァァァァ

乃々「降ろして、降ろして下さいぃぃぃ……っ!」

P「やだ」スタスタ

乃々「誰かぁ……! 誰かぁー……っ!」アアアアアアア…


9: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:47:10.00 ID:jDQddHy00

乃々(キズモノにされたんですけど……)ズーン

P「出演するのはこれだからなー」ピラッ

《あのビジュアルファイブがやってくる!》

乃々「え……あの、『お姉さん』的な役回りですか……?」

P「んー、半分正解かな。舞台に上がるのはまだ先だよ」ニコッ

乃々「……?」

乃々「もう本番まで30分切ってますけど……打ち合わせすらまだ、なんですか……?」

P「や、本番はキャラクターショーじゃないから」アハハハ

乃々「え──?」

乃々(ショーに出演するのに……『ショーは本番じゃない』……?)

P「プ○キュアなら良かったのにね」ニコニコ

乃々(……どういうことですか……帰りたい……)


10: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:48:09.45 ID:jDQddHy00

乃々「……」ジー

乃々(ああっ、イエローが敵怪人の攻撃を……)

乃々(どうして気付かないんですか……寄生されてるじゃないですか……)

乃々(あっ、あっ、後ろ! 後ろですってば!)ハラハラ

乃々(……ブルー)ホロリ

乃々「……」グスッ

乃々「」ハッ

フキフキ…

乃々「ぷ、プロデューサーさん……仕事じゃないならもう――えっ」

乃々(いない……あの人、私だけ置いて帰っちゃったんですか……?!)キョロキョロ

乃々「プロデューサーさーん……っ、ん?」


11: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:48:58.72 ID:jDQddHy00

乃々「……ぬいぐるみ?」ヒョイ

乃々(それこそプリ○ュアの妖精っぽいんですけど……)

乃々「……」モフ…

乃々「」パァァァァ

乃々「~♪」モフモフモフモフ

「未来の平和と音楽を乱す奴は!」

乃々(あっ、アクションシーン前の名乗り……)

乃々(……。せ、せっかくだし、見てからでも……)

乃々(……この子は膝の上に……♪)チョコン

輝子「や、やぁボノノさん」

乃々「ヒェェェェェェェェェェェェ?!」ビクゥッ!

輝子「おっ、おう……だ、大丈夫、か……?」


12: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:50:02.88 ID:jDQddHy00

輝子「そう、か……置き去り、か」

乃々「理不尽なんですけど……」グチグチ

乃々「……輝子さんはどうしてここに?」

輝子「あぁ、このショーの物販が、ね」

輝子「フヒッ……見るか。買ったばかりの、タケリタケさん……」スッ

乃々「……?!」

輝子「スッポンタケさんに寄生してて……まだ子供なんだけど……」

輝子「か、可愛い、だろ。しかも美味しいらしい……フヒッ」

乃々(すっっっごく卑猥なんですけどっ?!)

乃々(──なんて言えない……あぅぅ、そんなキラキラした眼で見ないで下さい……)

乃々「ソウ……デスネ……///」メソラシ

輝子「?」キョトン

乃々「ショーを! ショーを見ましょう!」

輝子「……だね。隣、座るよ……フヒッ」


13: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:50:50.22 ID:jDQddHy00

輝子「……ショーを見ましょう、って」

乃々「ぐ、偶然なんですけど……///」カァァァァ

※他意はないそうです


14: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:51:41.37 ID:jDQddHy00

乃々(頑張れー……)ジー

乃々「」モフモフ…(←無自覚)

輝子「……」チラッ

輝子「フヒッ……か、カッコいい、な」

乃々「でしょう?!」ズイッ

輝子「お、おう……?」タジッ

「必殺!」カッ

2人「「おぉ~……」」

「超絶美形光臨剣!」スポーン…

2人「「……おぉ?」」

シーン…

乃々(……えっ)

乃々(レッドの必殺武器が……ど、どっかに飛んでっちゃったんですけど……)


15: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:52:54.37 ID:jDQddHy00

乃々「……うわぁ……」

輝子「会場が……冷え込んだな……」

乃々(あ、グリーンが拾いに行った)

ビターン!

ドンガラガッシャァァァァァァン!

乃々(……。見てられない……///)ウツムキ

輝子「ど、どうするんだ、これ……」

『代わってやりたい?』

乃々「それは……まあ……」

『やり直させてやりたい?』

乃々「……はい。でももりくぼには何も……」

輝子「おい、ボノノさん。だ、誰と話してるんだ……?」

乃々「──ハッ。え、あれ……?」

ぬいぐるみ?『救ってやりたいんだな?』ニタァ

乃々(ぬいぐるみが……喋った?!)


16: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:53:53.28 ID:jDQddHy00

乃々「わっ、わっ」ブンブン

ぬいぐるみ?『おいおい、あんなに可愛がっていたのにあんまりじゃないか』ニタニタ

乃々(──手から離れない?!)サァァァァ

乃々「って、この声……」

ぬいぐるみ?『』グニョーン

P「なぁ、森久保ォ……?」ニタァ

乃々「ひっ、あ、あぁ」

乃々「た、す、たすたすたすたす……!」

P「助けは来ねぇよ。つか、お前は助ける側だ」

乃々「来ないで……近付かないで……誰か助けて……!」

P「逃がすかっ」ガシッ

乃々「ヒィッ!」


17: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:54:53.60 ID:jDQddHy00

乃々(輝子さん──っ!)チラッ

輝子「──」

乃々「……えっ」

P「邪魔だから意識刈り取るに決まってんだろ」

乃々「な、なぁっ?!」

乃々「……ぁ。あぁ」ガタガタガタ

乃々「……分かり、ました……痛くしないで……下さい」

P「はぁ?」

乃々「死にたくないです……ですけど……」

乃々「お迎えなら……もりくぼだけにして下さい……」ポロポロ

P「死神扱いか」

乃々「ち、違うんですか……?」

P「確かに俺は人間じゃないがな」


18: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:55:53.89 ID:jDQddHy00

P「俺は管轄が違うから──」

乃々「死神……ヒィィィィィィィィィッ!」

P「話が進まないから黙ってろ!」

乃々(ぃ──ぇ、こ、声が……?!)パクパク

P「まったく世話のかかる……」

P「魔法少女の使い魔。妖精。パートナー」

P「そんな感じのイメージ、分かる?」

乃々(そ、それが何なんですか……)パクパク

P「俺、その妖精ね」

乃々(……?!)

P「来た事情は……いいや、説明は後回しで」

P「取り敢えず変身してみるか。ほれ、何か歌え」

乃々(なっ、は、えぇ?!)パクパク


19: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:56:54.44 ID:jDQddHy00

乃々「──あー。あ、声戻った……」

乃々「えぇ……ええと……じゃあ」

P「時間切れ。『毒茸伝説』な」

乃々「え……そ、それはあの、何というか……」アセッ

乃々「慣れないというか……む、むーりぃー……」

P「歌え」ギロッ

乃々「ヒィッ!」

乃々「……。ま、まーっしゅあーっぷ……」

P「ちゃんと始めから歌え。やり直し」

乃々「うぅ……もりくぼの日常を返して下さい……」

乃々「すー……はー……」ゴクリ

乃々「……ひゃ」


20: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:57:45.42 ID:jDQddHy00

乃々「ヒャーッハッハッハッハァァッ!」ヤケクボォ!

乃々「……」

P「……」

乃々(消えてしまいたい……///)

ピカッ

乃々「わ──な、何なんですか今度は……!」

P「変身だ、って言ってんだろ」

乃々(今日は事務所に着いてから驚きっ放しです……心臓が疲れて止まっちゃうんですけど……)

乃々(――身体が光って……服が全部……と、飛び散って……///)

乃々(……蒼い衣装に銀の縁取り、機能性の無い手甲、羽みたいな飾り……これって……)

P「誕生(デビュー)おめでとう」

P「──【アイドル】」


21: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:58:53.13 ID:jDQddHy00

乃々「な、何が何だか……」

乃々(これ、スカートが短過ぎです……すーすーします……下、裸になってますし……///)

怪物「??????????????????????」

乃々「ヒィッ?! な、何ですかアレ!」

P「その姿は羞恥を誘う事象を目視・接触出来る」

P「まぁ簡単に言うと、アレを倒せば『失敗をなかったことに出来る』」

乃々(失敗を……なかったことに……?!)

P「但し」ニタァ

P「変身とその維持には変身者の羞恥のエネルギーが要る」

P「そして」パチンッ

輝子「──ハッ」

輝子「……ボノノさん、か……?」

P「お前のその姿自体は他の奴からも見える」

乃々「~~~~~~~~~っ?!」


22: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 10:59:53.62 ID:jDQddHy00

乃々「い、いぢめですか……///」ウルウル

輝子「んな……ど、どうしたんだ、その格好。学校の水着くらい布部分が小さいぞ……?」

乃々(ああああああああああああああああああっ///!)

P「その通り、イジメだな」ニタニタ

乃々「うっ、うるさい……です……っ///」モジモジ

P「ちなみにお前が変身してる間、他の奴は俺のことを知覚出来ない」

輝子「え……ご、ごめん」

乃々「あぅ、ち、違っ」ハッ

乃々(『この姿』=もりくぼ、なのがもしバレたら……!)

P「理解したか?」ニタニタ

乃々「~~~~~~~~っ///」キッ

P「『違う』と言った手前何か名乗らないとなぁ?」

乃々(も、もりくぼは……どうすれば……もりくぼは……)


23: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 11:00:58.95 ID:jDQddHy00

乃々「……わ、私の名前は……あー……」

乃々「き、キュアシェイム、デスケド……」チラッ

輝子「そ、そうか……」ドンビキ

乃々(あああああ絶っ対バレてる……っ///)

怪物「????????????????????????」

乃々(……。もう、やけー……)

乃々「行ってきます……」タタッ

P「走るとスカートの中が見えるぞー」ニタニタ

乃々「~~~っ///」サッ

乃々「──よく分かんないですけど……っ」トテトテ

乃々「あなたのせいで……もりくぼは……っ///」

怪物「?????????????????????????????」

乃々「」プチンッ

乃々「代わりに恥ずかしい思いをさせられてるんですけどーっ///!」ポカッ

怪物「??????????????」シュワシュワ…


24: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 11:02:08.64 ID:jDQddHy00

「必殺! 超絶美形光臨剣!」カッ

輝子「おぉ~……」

乃々「……///」カァァァァ

輝子「ど、どうした、ボノノさん。具合悪い、か?」

乃々「いえ……気にしないで下さい……///」ウツムキ

輝子「そ、そうか……?」

ぬいぐるみ?『……』

乃々(失敗前に巻き戻ったら……)

乃々(だ、誰も、見たことを覚えてない、なんて……!)

乃々(恥ずかしがっただけ……余計に……っ///)ムカムカ

乃々「ふんっ///」ポスッ

ぬいぐるみ?『ウッ』

輝子「あ、そうだ……ボノノさんには言うことがあったな」

輝子「さっきちひろさんから電話があって──」

乃々(……ヤな予感)

輝子「どうやら私も、ボノノさんと同じプロデュースを受けることが決まったらしい……フヒッ」

ぬいぐるみ?『……』ニタァ


25: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 11:03:04.69 ID:jDQddHy00

~次回予告~

美玲「インストアライブをやるってホントか?!」

乃々「もりくぼは心の平穏を願って生きてきたんですけど……」

P「【アイドル】をプロデュースするのが俺の仕事だ」ニコニコ

輝子「『individuals』……結成、だな」

美玲「このところ何をやっても『失敗しない』んだ」

P「君臨し続けることはトップアイドルの要件だと思わないか?」

美玲「質問したのはこっちだぞ、オマエ!」

乃々「あ、あの、ちひろさん、いきなりで申し訳ないのですけど──」

輝子「つまり……だからその……ま、マで始まる言葉でだな……」オロオロ

P「お前が『2人目』だ」ニタァ

輝子(消えてしまいたい……///)

お楽しみに!


26: ◆iv1d32We2. 2017/11/05(日) 11:03:52.64 ID:jDQddHy00

小鳥「1話で打ち切りかぁ」ボリボリサクサク

完。



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿