TOP > アイドルマスター > やよい「シコシコは1日1回って、やよいお姉ちゃんと約束したよね?」シコシコ

やよい「シコシコは1日1回って、やよいお姉ちゃんと約束したよね?」シコシコ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 21:50:25.17 ID:WEKdvzrx0

P「ご、ごめんなさいっ…!!」

やよい「フフフ……悪い子にはお仕置きしないとね~」シコシコシコシコ

P「ぅぁあっっ!!……で、でちゃうからっ!やめっ…!」ハァハァ

やよい「だーめ。お仕置きだから、イったらメッ!だよ?」シコシコシコシコ

P「あ……ぅあぁぁあああっ!!で、でるっっ!!!!」ドピュッドピュルル

やよい「あっ………出しちゃったね…?」

P「ぅ…ごめんなさい……」ハァハァ

やよい「もう…こーんないけない子は、もっとお仕置きしないとね…?」フフフ


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 22:06:43.37 ID:WEKdvzrx0

―1ヶ月前―

やよい「事務所に忘れ物しちゃった…」トテトテ

アアッ…ヤヨイッ…ヤヨイッ……

やよい「あれ?プロデューサーが私の名前呼んでる?」カチャ

そのとき私が目にしたのは、私の画像を見ながらおちんちんを握りしめていたプロデューサーでした

P「はぁ……やよい、かわいいよ…」シコシコ

やよい(はわっ///あ、あれって…)

私はプロデューサーが何をしていたのかは分かりました
きっと、長介がしていた「おなにー」ってやつです、学校で聞いたことがあります
男の人は、好きな女の子のことを考えながらおなにーをするらしいです
それじゃあプロデューサー、私のこと…

やよい(あぅ……ど、どうしよう…///)


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 22:15:56.16 ID:WEKdvzrx0

ガタッ

P「」ビクッ

やよい「あっ…」

P「……や、やよい……」

やよい「えっと…その……///」

P「………」スッ

P「………ごめんなさい…ごめんなさい…」

やよい「ぷ、プロデューサー!?」

プロデューサーは土下座をして、地面に頭を擦り付けながら謝り始めました

やよい「そ、そんな…謝らなくても…」

P「本当にごめんなさい、こんな姿見て怖かったよな、気持ち悪かったよな、警察でもなんでも呼んでくれ…」

やよい「プロデューサー…そんなこと無いです!」

P「強がらなくてもいいよ…」

やよい「強がってなんかいません!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 22:21:48.25 ID:WEKdvzrx0

やよい「だって、その……」

やよい「男の人が…そ、そういうのするのは、知ってますし……」

やよい「それに、私の画像見てたってことは……///」

P「ああ、中学生に欲情する変態だよ」

やよい「ち、違います!」

やよい「だって……ああいうのって、好きな人でするんですよね……?」

P「…ああ」

やよい「だったら、全然変なことなんかじゃないです!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 22:26:48.87 ID:WEKdvzrx0

やよい「私、プロデューサーにそういう風に見てもらえて、嬉しいんですよ?」

P「やよい、何を…」

やよい「うぅ…だから、私もプロデューサーが好きなんです!///」

やよい「だから、別に嫌なんかじゃないんです」

P「やよい………」

やよい「で、でも……ああいうのは事務所でしたらダメかなーって……///」

P「すみません…」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 22:35:19.68 ID:WEKdvzrx0

765プロは女の子ばかりで、やっぱりプロデューサーも意識しちゃうらしく
私達に手を出さないよう、隠れてせーよくを満たそうとしているそうです
P「今日は残業だったから事務所でつい…」

やよい「うぅ……1日何回くらいしてるんですか?」

P「さ、3回くらい…」

やよい「お、おなにーのし過ぎは身体に悪いらしいですよ!」

P「うん…でもその位しとかないとアイドルに手を出しそうで怖くて…」

やよい「うーん………」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 22:42:39.26 ID:WEKdvzrx0

やよい「じ、じゃあ……私がお手伝いしてあげれば、解決しますよね……?///」

P「なっ、何を言ってるんだ」

やよい「だって……好きな人同士なら、大丈夫ですよね……?」

P「いやいや駄目だって、アイドルとプロデューサーだぞ?中学生と社会人だぞ?」

やよい「うう…私は子供だってことですか?」

P「残念ながら…」

やよい「でもでもっ、プロデューサーの方が心配です!」

やよい「それとも、私じゃ役に立たないんでしょうか…」

P「えっと…」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 22:50:54.93 ID:WEKdvzrx0

やよい「むぅ…じゃあこうします!」

やよい「私がお手伝い出来ないなら、このこと、ばらしちゃいますよ?」

P「なっ……!」

やよい「どうしますか?お手伝いしましょうか?」

プロデューサーの身体を心配すると、こうするしかありませんでした

プロデューサーを脅すようなことはしたくなかったです
私の大好きな人ですから…

P「やっぱり警察を呼んでもいいよ…」

やよい「もう、プロデューサー!!」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 22:58:16.80 ID:WEKdvzrx0

その日はなんとかプロデューサーを押し切り、強引に決定しちゃいました
本当は私の方がエッチなのかもしれません…

―車内―

やよい「ここならバレませんね……」

P「なぁやよい…嫌なら止めてもいいんだよ」

やよい「嫌なんかじゃないです!」

P「だって、こういうことしたことあるのか?」

やよい「う……ないです////」モジモジ

P「じゃあやっぱり止めに…」

やよい「それよりプロデューサー、今日はしたんですか?」

P「え?いや……まだ一回も…」

やよい「じゃあ今しておかないと駄目なんじゃないですか?」

やよい「みんなのためなんですよね?」

P「や、やよいの為でもあって…」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 23:03:31.32 ID:WEKdvzrx0

やよい「だって……」ニギッ

P「っ…!?」ビクッ

やよい「あ…うぁぁ…///」カァァ

P「やよい……手を…」

やよい「……っ!」キュッキュッ

P「ぁあっ!」ビクン

やよい「き、気持ちいいんですか…?」キュッキュッ

P「そりゃ……やよいに触られたら……」

やよい「……チャック、あけますね?///」ジー


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 23:10:52.84 ID:WEKdvzrx0

P「はぁ…はぁ…」

やよい「うぁぁ……///」

やよい「じゃぁ……触りますね?」

P「うん…」

プロデューサーのおちんちんは、私の弟達のとは違って
とっても大きくて、硬くて…
なんだかよく分からないけど、凄くエッチな感じがしました

やよい「……」ドキドキ

シュッシュッ

P「っくあっ…!!」

プロデューサーが気持ちよさそうにしてると、何だか私まで嬉しくなって
もっとプロデューサーを気持ちよくしてあげたい気持ちになりました

やよい(うわぁ……どうしよう……///)シコシコ

やよい(凄くイケないことしてるのに…手が止まらないよぉ…///)シコシコシコシコ


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 23:19:13.44 ID:WEKdvzrx0

P「や、やよい……もうでそ…」

やよい「ええっ!ど、どうすれば…」シコシコ

その時私は思わずプロデューサーのおちんちんを口でくわえ
そのまま舐めるようにおちんちんを刺激しました

やよい「んくちゅ……」

P「で、でるっ!!」ビューッビュッ

プロデューサーのせーえきが口いっぱいに広がってきて、あふれ出そうになりました
だけど私は、これがプロデューサーの私への気持ちだと思い
思い切って飲み込みました

やよい「んっ……」ゴクッ

P「やよい、飲まなくてもいいんだよ?」

やよい「えへへ……気持ち良かったですか?」

P「…はい、とっても…」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 23:26:15.71 ID:WEKdvzrx0

またある日、私達は私のお家の中ですることにしました

弟達「やよいお姉ちゃんお休みなさーい」

やよい「はいお休みー」

P「……やよいお姉ちゃん、か…」

やよい「どうしたんですか?」

P「いや、やよいは家ではしっかりお姉ちゃんしてるんだなって…」

やよい「えへへ、そうですか?」

P「うん、俺もやよいみたいなお姉ちゃん欲しかったよ…」

やよい「………」ナデナデ

P「やよい?」

やよい「えへへ、いい子いい子」ナデナデ

P「な、なんか恥ずかしいな…」

やよい「お仕事お疲れ様、今日は頑張ったご褒美に…」

やよい「いつもの、してあげるね?」

P「!?」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 23:30:45.40 ID:WEKdvzrx0

やよい「あ、こういうの嫌でしたか…?」

P「いや……そうじゃなくて…」

やよい「今日は一回もシコシコしてないんだよね?」

P「は、はい」

やよい「えらいね~、よく頑張りました!」

やよい「頑張った子には、お姉ちゃんがご褒美あげないとねー」

P「…」ゴクリ

やよい「お姉ちゃんのご褒美、欲しいですか?」

P「は、はい、欲しいです…」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 23:38:08.39 ID:WEKdvzrx0

弟になってるプロデューサーは年上なのになんだか可愛くて
もっともっと可愛がってあげたくなっちゃいました

やよい「どう?…気持ちいい?」シコシコ

P「う、うんっ…」ハァハァ

何だか変な感じだけど、私も楽しくなってきて
お姉ちゃんになりきるようになってました

やよい「お姉ちゃんのお口で出していいよ?」シコシコシコシコ

P「うあっ……でるっ…」ビュッビュッ


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 23:45:25.05 ID:WEKdvzrx0

それから私達は姉弟プレイをすることが多くなりました

そしてある日…

やよい「フンフンフーン♪……あれ?」

洗面台の掃除をしていると
事務所のトイレから物音が聞こえました



クチュ……クチュ…

ハァハァ……!



やよい「………」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 23:49:33.77 ID:WEKdvzrx0

―車内―

P「やよい、どうした?」

やよい「今日、事務所のトイレでおなにーしてましたよね?」

P「え?なんで…?」

やよい「……隠しても無駄ですよ?」

P「えっと……その………しました…」

やよい「お姉ちゃんと約束したよね!?」

P「は、はいっ!」ビクッ


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 23:55:48.06 ID:WEKdvzrx0

やよい「ちょっと、おちんちんだしなさい!」

P「はいっ…」

やよい「もう、こんな匂いしてたら分かっちゃうでしょ?」ニギッ

P「あっ!」

やよい「いけないおちんちんにはお仕置きしないとねっ」シコシコシコシコ

P「うあぁっ!」

やよい「シコシコは1日1回って、やよいお姉ちゃんと約束したよね?」シコシコ

P「ご、ごめんなさいっ!」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/17(火) 00:03:12.64 ID:uLxWpyTG0

P「うぁぁあっ、でるっ!!!」ドピュッドピュルル

やよい「あっ…出しちゃったね…?」

P「ごめんなさい…」

やよい「こんないけない子は、もっとお仕置きしないとね…?」フフフ

P「もっとお仕置き…」ゾクゾク

やよい「んしょ…」ヌギヌギ

P「や、やよい?」

やよい「お姉ちゃんでしょ!?」

P「お、お姉ちゃん!」

やよい「私のココに入れて、ガマンできたら許してあげるね?」

P「やよい…お姉ちゃんの、ここに…」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/17(火) 00:08:22.23 ID:uLxWpyTG0

やよい「よいしょ…」グイグイ

P「ふあぁっ!」ビクン

やよい「はわぁ……硬い…///」ニュルニュル

P「くっ……ガマンっ…ガマンっ…」

やよい「はぁ……全部入ったね♪」

P「お、お姉ちゃん…もう…」

やよい「お姉ちゃんが動いてあげるね?」ニュプニュプ

P「っっああっ!!」

やよい「ひゃんっ………ガマン…しなきゃ、メッだよ…?」ニュプニュプ

P「っ…だめだっ……!!」ビューッビューッ

やよい「ひゃああんっ……!!」キュウッ


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/17(火) 00:10:22.67 ID:uLxWpyTG0

P「あ……あ……」ハァハァ

やよい「もう……またこんなに出して…」

やよい「お姉ちゃんが満足するまで、許しませんからねっ!」


おわり



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿