TOP > シンデレラガールズ > 卯月「Pさんからラブレター貰いました♪」

卯月「Pさんからラブレター貰いました♪」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/30(月) 13:46:58.53 ID:6y3Puwcbo

響子「えっ」

美穂「きょ、曲名の話じゃなくて?」

卯月「はい。私こういうの初めてでドキドキしちゃいます……!」

響子「」

美穂「私たちアイドルだよ?」

卯月「まだ開封してないんですけど、どんな感じなのかなぁ♪」

美穂「いいの? そんなことでいいの?」

卯月「皆で開けましょう!」

美穂「え、私たちも見ていいの?」

卯月「もちろんです!」ガサゴソ

響子「そんな……私見れません」目フサギ


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/30(月) 13:47:29.96 ID:6y3Puwcbo

卯月「じゃーん!」

美穂「ダメー! ──ん? カナイセイジ……誰? Pさんの本名?」

卯月「デザイナーさんの名前らしいです」

美穂「デザイナー? え、え?」

響子「私何にも見えませんー!」

美穂「響子ちゃん、目開けて大丈夫だよ」

響子「……なんですかこれ?」

卯月「だからラブレターですよ。Pさんから貰ったんです」

響子「??」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/30(月) 13:48:49.67 ID:6y3Puwcbo

美穂「えーっと……なるほど。ラブレターってい名前のカードゲームみたいだね」

響子「はぁぁよかったぁ。私ったらてっきり……」

美穂「いやこんなの誰でも勘違いするよ」

卯月「今日はこれで遊びましょう!」

響子「どうやって遊ぶんですか? 私カードゲームってトランプとウノしかやったことないです」

卯月「どうやって遊ぶんでしょう?」

美穂「おい」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/30(月) 14:14:00.06 ID:6y3Puwcbo

美穂「えぇっと、なになに……なるほど」

卯月「理解早いですね」

美穂「お城の人たちの力を借りてお姫様にラブレターを届けるっていう物語みたい」

響子「わぁ、ロマンチックですね♪」

美穂「ゲームシステム的には、最終的に一番強いカードを持っているか、一人だけ生き残れば勝ち」

響子「ロマンチックじゃなかった」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 13:45:06.92 ID:PiWwU6/to

美穂「カード構成は、強さ1の『兵士』が5枚、強さ2の『道化』が2枚……(略)……そして強さ8の『姫』が1枚、と」

美穂「これを全て一緒にしてシャッフル。1枚だけ裏向きのまま取り除く。このカードはこのゲームでは使わない」

卯月「なにが取り除かれたかわからないんですね」

響子「『姫』かもしれませんね」

美穂「その場合、私たちのラブレターは姫に届かないね」

全員「「……」」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 13:45:36.01 ID:PiWwU6/to

美穂「ごめん。続き説明するね!」

美穂「全員に1枚ずつ配って手札にする。残りのカードは中央に置いて共通の山札にする」

美穂「あとは順番を決める。──じゃんけんポン!」

卯月「勝ちました!」

美穂「じゃあ卯月ちゃんから時計回りで、卯月ちゃん→私→響子ちゃんの順番にしよっか」

美穂「これで準備完了みたい」

響子「簡単ですね」

卯月「このあとはどうするんですか?」ウズウズ


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 13:46:58.14 ID:PiWwU6/to

美穂「自分の番が来たら山札から1枚引いて、そうしたら手札が2枚になるから、どちらか1枚を自分の前に表向きで出す。そして出したカードの効果を処理する」

響子「効果の内容は各カードに書かれているみたいですね」

美穂「あ、各カードの効果と枚数を一覧にしたカードがあるよ」

響子「各自これを見て他のカードの効果と、残り枚数を確認するんですね!」

卯月「なるほどー」

美穂「山札がなくなって最後の手番が終了したら、一番強いカードを持ってる人が勝ち。もしくは最後まで脱落しなかった人の勝ち。──ルールはこれだけみたい」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 14:18:47.79 ID:PiWwU6/to

美穂「じゃあやってみよっか。まずは卯月ちゃんから」

卯月「はい。まずは1枚引いて……『道化』を出します。効果は誰か1人の手札を見る。──美穂ちゃん見せてください」

美穂「はい」

卯月「ふむふむなるほどー」ニヤニヤ

美穂「次は私の番だね。1枚引いて……さっき卯月ちゃんに見られた『魔術師』を出そうかな」

卯月「ええっ、そんなぁ!」

響子(卯月ちゃんの反応、次の番『兵士(効果:手札を言い当てて脱落させる)』を使うつもりだったのかな?)

美穂(やっぱりね)


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 14:19:54.43 ID:PiWwU6/to

美穂「えっと、『魔術師』の効果は……手札を捨てさせて山札から1枚引かせる。つまり手札交換かぁ」

美穂「卯月ちゃんの手札はもうわかってるし──」

卯月「えっ」

美穂「──響子ちゃんに捨ててもらおうかな」

響子「えっ」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 14:20:42.64 ID:PiWwU6/to

響子「そ、その効果って自分を指定することもできるみたいですよ!」

美穂「そうみたいだね。でも今回は響子ちゃんで」

響子「……」

響子「『姫』です」パサッ

美穂「あっ」

卯月「お姫様ですかー……ん? このカードが捨て札に置かれたら脱落する……あっ」

響子「うわーん! まだなにもしてないのにー!」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 14:21:49.37 ID:PiWwU6/to

美穂「あはは、ごめんね」

卯月「こんなこともあるんですね」

美穂「この調子だとすぐ終わりそうだね。何度も繰り返して遊ぶタイプのゲームなのかな」

響子「うぅ……」

美穂「待ってて。すぐに卯月ちゃんも叩きのめすから、そしたら二回戦やろ?」

卯月「ん?」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/03(金) 20:20:20.24 ID:VNZtIeP/o

卯月「私の番ですね。1枚引いて……あ!『僧侶』を出します。次の番まで私への効果は無効です」

美穂「防御の効果かー。じゃあ私は『道化』を出すね。卯月ちゃんの手札をみたいところだけど、『僧侶』の効果でそれができない、と。──どうぞ卯月ちゃん」

卯月「もう私の番ですか。早いですね」

響子「」

美穂「これで『僧侶』の効果は消えたね」

卯月「ですね。──私は『兵士』を出します。美穂ちゃんの手札を言い当てられたら、美穂ちゃんは脱落ですね」

卯月(さっき『道化(強さ2)』を出したってことは、それより強いカードを持ってる可能性が高いから……う~ん)

卯月「……」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/03(金) 20:22:13.94 ID:VNZtIeP/o

卯月「ズバリ、『魔術師(強さ5)』です!」

美穂「残念。違うよ」

卯月「ガーン!」

美穂「私の番だね。──あ」

響子「美穂ちゃん?」

美穂「『騎士』を出すね。効果は、手札を比べて弱いほうが脱落」

卯月「『魔術師(強さ5)』です」

美穂「『騎士(強さ3)』──負けちゃった」

卯月「やったー!」

響子「自爆ですね」

美穂「手札が『騎士』2枚になっちゃって……」

響子「そっか。どっちかは出さなきゃいけないですもんね」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/03(金) 20:24:31.35 ID:VNZtIeP/o

美穂「そんなことより卯月ちゃん。それ……」

卯月「──」フフッ

響子「卯月ちゃんのカード、『魔術師』ですよね。これがどうかしたんですか?」

美穂「『魔術師』って全体で何枚ある?」

響子「ええっと……2枚みたいですね」

美穂「1枚目の『魔術師』は私が出したから、卯月ちゃんのは2枚目。全2枚中の2枚目……!」

響子「それがどうかしたんですか?」

美穂「卯月ちゃんはさっき『兵士』を出したとき、私の手札を『魔術師』と宣言した。──存在しないと知っていながら!」

響子「あ、確かにそういうことになりますね」

卯月「私の手札が『魔術師』以外だと思わせるためです。美穂ちゃんの手札がまだ絞り込めてないので、博打をするより私の手札がバレないようにすることにしました。全5枚もある『兵士』をいつ出されるかわかりませんから」

響子「……卯月ちゃん、凄いですね」

卯月「えっせん!」

美穂「うん。なんにもわかってないフリして腹の中では色々企ててるんだね」

響子「言い方」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/03(金) 20:27:48.63 ID:VNZtIeP/o

卯月「美穂ちゃんこそ──」

卯月「その『騎士』、いつから持ってました?」

美穂「……」

卯月「片方はさっき引いてきたやつで、もう片方は……」

美穂「鋭いね。実は1枚目の『魔術師』を出したときから持ってたの」

卯月「やっぱり。なんとなくそんな気がしました」

響子「へー、そうだったんですね。でも、それがどうかしたんですか?」

卯月「なんであのとき『騎士』じゃなくて『魔術師』を出したんですか?」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/03(金) 20:28:59.65 ID:VNZtIeP/o

響子「それは、卯月ちゃんにバレてたから仕方なく出したんじゃあ……あ!」

卯月「あのとき美穂ちゃん、私の手札を読んでましたよね。多分その読みは当たってました」

卯月「『騎士』を出して手札の『魔術師(強さ5)』で勝負すれば、私の『兵士(強さ1)』を打ち負かせた。そうすれば私に手札を見られたことはどうでもよくなる。──なぜそうしなかったんですか?」

美穂「……」

美穂「確かにあのとき、卯月ちゃんを蹴散らすのは容易かった」

響子「言い方」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/03(金) 20:29:53.45 ID:VNZtIeP/o

美穂「でも卯月ちゃんを倒してしまうと、響子ちゃんに私の手札が強さ2以上だって知られてしまう」

美穂「このゲームは恐らく、自分の手札を知られることが最も危険」

美穂「卯月ちゃんを倒して響子ちゃんと一騎打ちになると、響子ちゃんの方が情報が多い状態で先に行動されてしまう」

美穂「そのリスクを負ってまで卯月ちゃんを倒すメリットがあるのか……このゲームを初めて遊ぶ私には判断ができなかった」

美穂「──ってとこかな」

響子「……」

響子(あの短時間に、こんな心理戦が繰り広げられていたなんて)

響子(思ったより奥が深いのかな、このゲーム)

卯月「──」ゴゴゴ

美穂「──」ズズズ

響子(っていうか二人とも目がマジだよ! これって多分、もっとワイワイ楽しむタイプのゲームだよね!?)


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 22:22:45.93 ID:q+Qc/afTo

美穂「さあ、二回戦やろう!」

卯月「さっき最初に除いたカードを忘れずに入れなきゃ」

響子「そう言えば忘れてました。どのカードが除かれてたんですか?」

卯月「えーっと……『大臣(強さ7)』ですね。効果は、手札の強さの合計が12以上になると脱落する」

響子「例えば、『魔術師(強さ5)』が手札にある状態で『大臣(強さ7)』を引いたら、強さの合計が12になるからその場で脱落ってことですね。怖い」

美穂「じゃあその大臣を混ぜて準備してっと──」



……



美穂「準備完了」

美穂「さっき最初に脱落した響子ちゃんから始めよっか」

響子「わかりました! まずは1枚引いてっと……」

響子「……」

響子「……」

美穂「響子ちゃん?」

卯月「どうしたんですか?」

響子「手札が『大臣』と『魔術師』になりました……」パサッ

美穂「wwwwww」

卯月「wwwwww」

響子「あーん! 私まだなにもしてないのにー!」

全員「「あははは!」」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 22:25:35.13 ID:q+Qc/afTo

……



◆翌日◆

卯月「Pさん、ラブレターありがとうございました!」

まゆ「!?」

P「おう、どうだった?」

卯月「ああいうの初めてでしたけど楽しかったです! PCSの3人で熱い夜を過ごしました♪」

まゆ「?!?!?」

P「それは良かった。次は俺も交ぜてくれよ」

まゆ「」


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 22:28:14.02 ID:q+Qc/afTo

P「あーあ。ラブレターのPCS版出てくれないかなー(願望)」

P「それにしても、卯月たち気に入ってくれたみたいでよかった」

P「次は早苗さんに『キャント・ストップ』でもプレゼントしてみようかな」

まゆ「あの……」

P「ん、どうしたまゆ?」

まゆ「まゆも、Pさんの……欲しいです」///

P(まゆか。えっと……エヴリデイドリーム……マイ・スイート・ハネムーン……う~ん、良いゲームが思いつかないなぁ)

まゆ「」モジモジ

P(佐久間まゆ……まゆ……佐久間……くま……)

P(!!)

P「クマ牧場」

まゆ「えっ」

P「クマ牧場」



おしり


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 22:32:11.23 ID:q+Qc/afTo

お付き合いありがとうございました
依頼出してきます



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿