TOP > ミリオンライブ! > 【ミリマス】ミリP「未来を抱き枕にして寝たい」

【ミリマス】ミリP「未来を抱き枕にして寝たい」

1: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 21:48:36.80 ID:8wKiYd2A0

最上静香(以下、静香) 「とりあえず通報しておけばいいですか?」

ミリP(以下、P) 「待て待て、なんでそうなる!」

静香 「女の子を抱き枕にして寝たいとか言って通報されないとでも思ったんですか!?」

P 「う、正論……」

静香 「……もしかして、疲れてるんですか?」

P 「まぁ、いつも通りかな。睡眠時間は少ない方だと思うけど」

P 「けど、ホントにそう思った事ないのか静香?」

静香 「同年代の友達を抱き枕にしようなんて考えた事もないですよ」ハァ

P 「そうかぁ……」


2: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 21:49:22.92 ID:8wKiYd2A0

音無小鳥(以下、小鳥) 「私には分かりますよ、プロデューサーさん!」

小鳥 「なんかこう……ギュってしてワシャワシャーってしたくなるといいますか!」グッ

P 「分かってくれますか音無さん!」グッ

静香 「…………」ドンビキ

小鳥 「やめて静香ちゃん。その目で見られるの辛いから」

静香 「そういう目をしたくもなるじゃないですか……」

P 「そうか……理解はしてもらえないか……」シュン

静香 「だ、大体抱き枕なら……」ハッ

P 「静香?」


3: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 21:49:59.80 ID:8wKiYd2A0

静香 「な、なんでもないです!レッスン行ってきますね!」

P 「あ、ああ……今日は未来とボイスレッスンだっけ?頑張れよ」

静香 「無責任な応援ですね……プロデューサーらしく、アドバイスとかないんですか?」

P 「アドバイスか?そうだなぁ……歌い終わりにしつこくし過ぎないとかかな」

P 「この前聞いた時、異様に引きずってた気がするぞ」

静香 「えっ……ほ、本当ですか?」

P 「ホントホント。不安なら千早にも聞いてごらん」

静香 「あ、ありがとうございます……それじゃ、行ってきますね」

小鳥 「いってらっしゃーい!」フリフリ


4: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 21:50:32.58 ID:8wKiYd2A0

――――― 

静香 「まったく、真面目な時はちゃんとアドバイスできるのに」

春日未来(以下、未来) 「…………」ジーッ

静香 「うわっ!未来、いたの!?」ビクッ

未来 「う、うん……」

静香 「もう……いるなら、声くらいかけてよね」

未来 「ご、ごめんね?ちょっと、入りにくかったから」

静香 「……さっきプロデューサーがしてた話なら無視していいわよ?」

未来 「無視、していいのかな?」


5: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 21:51:13.99 ID:8wKiYd2A0

静香 「良いに決まってるでしょ。どうせ、本気で言ってるわけじゃないだろうし」

静香 「……それとも、本当にプロデューサーの抱き枕になってみる?」

未来 「ええっ!む、無理だよ!そんなの恥ずかしいし……」

静香 「でしょ?だから気にしなくて良いの!」

静香 「さ、馬鹿な事言ってないでレッスンに行きましょ!言われたところ、なんとしても直すんだから!」スタスタ

未来 「し、静香ちゃん!置いていかないでよー!」タッタッタ


6: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 21:51:57.09 ID:8wKiYd2A0

――――― 

P 「……ふぅ」

小鳥 「お疲れですか?」

P 「ええ……まぁ、俺が疲れるって事は皆の仕事が増えてきたって事ですから」

P 「俺としては、嬉しい悲鳴なんですけどね」ハハハ

小鳥 「皆の前で疲れを見せないように頑張るのは良いですけど……あんまり、無理はしないでくださいね?」

小鳥 「プロデューサーさんが倒れたら、皆が心配しちゃいますから」

P 「はは、ありがとうございます」カタカタ


7: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 21:53:16.06 ID:8wKiYd2A0

P 「……よし、これで大体チェックは終わったかな」

小鳥 「お疲れ様でした。休憩ですか?」

P 「はい。昨日あんま寝てないし、仮眠でも取ろうかな……」

小鳥 「おっ、未来ちゃん抱いて寝ちゃいますか?」ニヤニヤ

P 「はは、それが出来たらリラックスして寝られるんでしょうけど……」

P 「未来も嫌がるでしょうし、大人しく一人で寝ますよ」

小鳥 「そんな事ないと思いますけど……」

P 「お世辞は良いですって!それじゃ、少し休んできますね」スタスタ

小鳥 「はい、ゆっくりしてきてください!」


8: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 21:53:52.55 ID:8wKiYd2A0

小鳥 「まったく、プロデューサーさんも変なところで意地張るんだから……」

ガチャリ

未来 「ただいまでーす!」

小鳥 「おはよう、未来ちゃん!今日のレッスンどうだった?」

未来 「そ、それが……あの後、静香ちゃん一人で特訓し始めちゃって」

小鳥 「ああ、プロデューサーさんに言われてたところ?」

未来 「はい!絶対プロデューサーさんを見返してやるんだって、意地張っちゃって」

未来 「だから、私だけ先に帰ってきちゃったんですけど……」キョロキョロ


9: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 21:54:33.28 ID:8wKiYd2A0

小鳥 「誰か探してるの?」

未来 「ええっと……プロデューサーさん、どこか行ったんですか?」

小鳥 「ああ、プロデューサーさんなら仮眠室ね。最近、あんまり寝てなかったみたいだから」

未来 「仮眠室……」

小鳥 「どうかしたの?」

未来 「い、いえ!なんでもないです!」ブンブン

小鳥 「……もしかして、朝してた話聞いてた?」

未来 「は、はい」

小鳥 「うう……静香ちゃんだけじゃなく、未来ちゃんにまで冷たい目で見られる事になるのね小鳥……」ヨヨヨ

未来 「あ、あのその……」モジモジ


10: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 21:55:48.30 ID:8wKiYd2A0

小鳥 「?どうかしたの、未来ちゃん?」

未来 「ええっと……朝、ぎゅっとしてワシャワシャとか言ってたじゃないですか?」

小鳥 「やめて!復唱されると、傷が抉られて……!」

未来 「べ、別に変なつもりで言ってるんじゃないですよ!」

小鳥 「……ん?」

未来 「その……プロデューサーさんも、そう思ってるのかなって」モジ

小鳥 「……ふ~ん?」ニヤニヤ

未来 「うう……」

小鳥 「心配しなくても、多かれ少なかれ思ってるわよ」

小鳥 「本人は、未来ちゃんが嫌がると思ってやろうとしないけどね」

未来 「そ、そうですか……」


11: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 21:56:58.05 ID:8wKiYd2A0

小鳥 「そうだ!折角の機会だし、ベッドに潜り込んでみれば?」

未来 「ええっ!?そ、そんなの恥ずかしすぎますよ!」カァ

小鳥 「気になるなら、今のうちに試してみても良いと思うわよ~?」

未来 「うう……でも、恥ずかしいし」

小鳥 「……未来ちゃん、自信持って」

未来 「小鳥さん?」

小鳥 「プロデューサーさんが自分で抱き枕にしたいって言ってたんだから、迷惑に思う筈ないでしょ!」

小鳥 「だから、気にせずに甘えてきちゃいなさい!」バーン

未来 「小鳥さん……!分かりました!」

未来 「プロデューサーさん、待っててくださいね~!」テケテケ

小鳥 「……私も潜り込んでみようかしら」ホロリ


12: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 21:57:40.26 ID:8wKiYd2A0

――――― 

カチャリ

未来 「し、失礼しま~す……」ソローリ

P スヤスヤ

未来 「ほ、ホントにプロデューサーさん寝てる……」

未来 「お、お邪魔しまーす……」ガサゴソ

P 「ん、んん……」

未来 ビクッ!

P 「……すー」ムニャムニャ

未来 「び、ビックリしたぁ……」


13: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 21:58:19.79 ID:8wKiYd2A0

未来 ドキドキ

未来 (プロデューサーさんの背中……意外とおっきいんだ)

未来 (今度おんぶしてもらおうかな……?)ジーッ

未来 ソローリ

未来 ダキッ

未来 「でへへ……♪おやすみなさい、ぷろでゅーさーさ……」ニヤニヤ

未来 スー


14: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:00:12.69 ID:8wKiYd2A0

ガチャリ

星井美希(以下、美希) 「今日のお仕事も疲れたの……あふぅ」

美希 「でも、こうやってベッドがあればミキもカイテキってカンジ!」グッ

美希 「……あれ?」チラッ

P スヤスヤ

美希 「ハニーが寝てるの!これは……今日のミキ、なんだかついてるのかも!」パァアア

美希 「それじゃ、早速ハニーの隣に……」パサリ

未来 スヤスヤ

美希 「…………」ナノ?

未来 「……ふみゅ♪」

美希 「……は、ハニーが浮気してるの!」ガーン

美希 「うう……は、ハニーのバカー!」ダッ

P 「……ん、なんだ?なんだか背中が温かい」ポケー

P 「なんだこれ、新しい電気湯たんぽとか?」チラッ

未来 スー

P 「……えっ?」


15: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:00:53.98 ID:8wKiYd2A0

――――― 

秋月律子(以下、律子) 「ホンット、何考えてるんですか!」

P 「お、俺は何もしてな」アタフタ

律子 「状況証拠があれだけあるのに、言い訳なんて出来る訳ないでしょうが!」

P 「ぐぅう……」

小鳥 「ま、まぁまぁ律子さん……その辺にしておいてあげてくださいよ」

律子 「小鳥さんもノリノリだったって静香から聞きましたけど?」ギロッ

小鳥 「ひっ!」ピヨッ

静香 「未来も何考えてるの?プロデューサーが変な気を起こしたらどうする気だったのよ!」

未来 「で、でも……」アワアワ


16: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:01:24.41 ID:8wKiYd2A0

静香 「……もしかして、プロデューサー?もう未来に何かしたんじゃ」

P 「何もしてないって!信じてくれ!」

静香 「でも、朝も言ってたじゃないですか!抱き枕にしたいとか!」

静香 「それが担当アイドルに対して言うセリフですか!」ビシッ

P 「お、仰る通りで」アセアセ

静香 「ほら、未来からも何か言ってあげて!」

未来 「…………」ポケー

静香 「……未来?」

未来 (プロデューサーさん、あったかかったなぁ……)


17: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:02:01.88 ID:8wKiYd2A0

――――― 

未来 (結局、あの後普通に帰っちゃったけど……)ポケー

未来 (プロデューサーさん、また一緒に寝てくれないかな……)

未来 「あっ!」バタリ

トレーナー 「春日さん、集中!」

未来 「は、はい!」ビシッ

トレーナー 「……んー、今日はずっとこんな感じね」

トレーナー 「よし、今日のレッスンはここまでにしておきましょうか」


18: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:02:47.42 ID:8wKiYd2A0

未来 「えっ、でも……」

トレーナー 「身体を休めるのも、大切な仕事なのよ?」

トレーナー 「気が入ってないときにレッスンをして、怪我でもしたら大変だからね!」

未来 「あぅ……ごめんなさい」

トレーナー 「ま、今日は早めに帰って休む事!いい?」

未来 「はい!明日は、宜しくお願いします!」

トレーナー 「ええ、期待してるから!」


19: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:03:35.93 ID:8wKiYd2A0

――――― 

未来 (今日の私、ダメダメだったなぁ……)シュン

未来 「ただいまー……」

シーン

未来 「あれ?誰もいないの?」キョロキョロ

P スヤスヤ

未来 「プロデューサーさん……椅子に座ったまま寝てる」

未来 「こんなんじゃ風邪ひいちゃいますよー……」


20: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:04:27.14 ID:8wKiYd2A0

未来 「そういえば、どこかに……あった!」トテトテ

未来 「はい、毛布じゃなくてジャケットですけど……」パサリ

P 「……むぅ」ムクリ

未来 「あ、あれ?起こしちゃいましたか?」

P 「おー……?」ボケボケ

P 「ああ、未来か……居眠りしちゃってたか、油断するとホントダメだな」

未来 「まだお仕事やってたんですか?」

P 「いや。折角だし、未来が帰ってくるのを待ってたんだ」

P 「今日のレッスンの話、折角だから聞いておきたくてさ」

未来 「そ、そうなんですか……」シュン


21: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:05:08.56 ID:8wKiYd2A0

P 「どうした?今日はダンスレッスンだったろ?」

未来 「そ、それが……今日、ちょっと失敗しちゃって」

未来 「ダンスに集中できてないって言われちゃったんです……」ショボン

P 「そうか……よし、今度は俺も行くからさ」

P 「次は頑張ろう、な?」ポンポン

未来 「……はい!」パァアア

P 「さて、そろそろ帰るか……」パサリ

P 「あれ?これ……ひょっとして、未来がかけてくれたのか?」

未来 「そ、そうですけど」

P 「そうか……ありがとな」

未来 「ほ、褒められるような事なんてしてないですよ~」テヘヘ


22: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:06:09.65 ID:8wKiYd2A0

P 「そういう気遣いが心に染みるんだって……ふわぁあ」

未来 「あれ、まだ眠いんですか?」

P 「ああ、さっきまで寝てたってのになぁ……ふぅ」

未来 「……そ、それなら!もう一度、仮眠室で寝てみませんか?」

P 「ああ、それもいいかも……って、寝てみませんかっておかしくないか?」

未来 「お、おかしくなんかないです!私も一緒のベッドで寝るんですから!」

P 「ええっ!?だ、ダメだろそれは!」

未来 「私が良いって言ってるんですから良いんです!」

未来 「それに、私が一緒に寝たら時間気にしなくて済みますよね?」

P 「そ、それは……まぁ、その通りだけど」

未来 「それなら良いじゃないですか!善は急げですよ、プロデューサーさん!」ガシッ

P 「うおっ!引っ張るなって!」


23: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:06:34.16 ID:8wKiYd2A0

――――― 

P (と、とりあえず一緒にベッドに入ったけど……)

未来 (わぁ、プ、プロデューサーさんの顔がこんなに近くに……!)

P 「…………」ドキドキ

未来 「…………」ドキドキ

P 「そ、それじゃ寝るか……おやすみ」

未来 「お、おやすみなさい……」

P 「…………」


24: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:07:21.61 ID:8wKiYd2A0

未来 「って!そんな簡単に寝ちゃって良いんですか!?」

未来 「この前は、ギュってしてワシャワシャしたいとか言ってたじゃないですか!」

P 「げっ、そこまで聞いてたのか……」

未来 ジーッ

P 「で、でもな……いざこうやって一緒のベッドに入ると、なんというかやりづらいというか」

未来 「むぅー言い訳ばっかり……」スリスリ

P 「未来?近いって」アセアセ

未来 「こ、これだけ寄れば撫でられますよね?」ドキドキ

P 「し、しかしだな」


25: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:07:52.57 ID:8wKiYd2A0

未来 「…………」ピトッ

P 「……はぁ、分かったよ」ナデナデ

未来 「ぎゅ、ぎゅってするの忘れてますよ」ドキドキ

P 「分かってる分かってる」ギュゥウウ

未来 「で、でへへ……♪」テレテレ

P (悪徳さん、頼むから今日はカメラ持ってこないでくださいね……)ビクビク

P 「……でも」チラッ

未来 ギュッ

P (可愛いから何でも良いかぁ)ポケー

未来 「~~♪」ニコニコ


26: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:09:46.25 ID:8wKiYd2A0

P 「はぁ……こうしてると、なんだか妹がいるみたいだな」

未来 「妹、ですか?」

P 「うん。まぁ、俺には妹いないんだけどさ」

P 「こうしてると、可愛い妹が欲しかったなぁって思うよ」

未来 「……お兄ちゃん?」ジッ

P 「……!」ドキッ

未来 「あーっ、お兄ちゃん今ドキっとしたでしょー?」ニコニコ

P 「……うん、ドキっとした」

未来 「……で、でへへ?」カァアア

P 「妹キャラもアリかなぁ……うん、とっても様になってたぞ」

未来 「そうですか?」

P 「おう!未来みたいな妹が欲しいなぁって、心から思った!」

未来 「えへへ~……?」

未来 (あれ?でも、妹って事は……)ボンヤリ


27: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:10:19.96 ID:8wKiYd2A0

P 「未来?どうかしたのか?」

未来 「……や、やっぱり妹キャラはなしです!やめやめ!」

P 「えーっ!?なんでだよ、可愛いのに!」

未来 「だ、ダメって言ったらダメなんです!」

P 「似合うのに……」

P 「……ホントに、ダメか?」

未来 「ダメです!」ピシャリ

P 「そういう事なら、仕方ないか……勿体ないなぁ」シュン

未来 「そうですよ、仕方ないんですか、ら……」ウトウト


28: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:10:48.25 ID:8wKiYd2A0

P 「未来?眠いのか?」

未来 「い、いえ!大丈夫ですよ、まだまだ眠くなんて……」アフゥ

P 「無理するなって、元から寝るためにベッドに潜ってるんだからさ」

未来 「で、でも……もっとプロデューサーさんとお話してたいのに」

P 「そんなの、いつだってしてやるからさ」

未来 「や、約束ですよ……約束」

P 「おう、約束だ!」

未来 「……それじゃ、おやすみなさい……」ギュッ

P 「……うん、おやすみ未来」

未来 「…………♪」ギュッ

P (そういう事されると……辛いんだよなぁ)ナデナデ


29: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:12:22.26 ID:8wKiYd2A0

――――― 

P (結局、あの後遅くまで眠ってしまった……疲れてるのか、俺?)

未来 「ご、ごめんなさいプロデューサーさん!家まで送ってもらっちゃって……」

P 「いいよいいよ、どうせこの後仕事が残ってるわけでもないしな」

未来 「そ、そうですか?」

P 「それに、遅くなったのは主に俺のせいだしな」

未来 「わ、私だって寝てたんだからおあいこですよ!」

P 「そうもいかないって。俺の都合に付き合わせちゃったわけだしな」

未来 「そんな事ないのに……」

P 「そうしておいておいた方が、世の中上手くいくんだって」


30: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:13:22.07 ID:8wKiYd2A0

P 「……よし、着いたぞ」キーッ

未来 「あっ……」シュン

P 「どうかしたか?」

未来 「……な、なんでもないです」

P 「ん?」

未来 ションボリ

P 「……明日事務所に来たらいっぱい話は出来るだろ?」

未来 「そ、そうですか?」

P 「ああ。だから、今日はよく休め」

P 「それで、明日また一緒に頑張ろう!な?」

未来 「……はい!」パァアア

未来 「それじゃあプロデューサーさん!また一緒に寝ましょうね!」エヘヘ

P 「ば、バカ!声が大きいって!」アワアワ

未来 「えへへっ、それじゃおやすみなさーい!」ペコリ

P 「おう、お休み!」フリフリ


31: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:13:55.62 ID:8wKiYd2A0

――――― 

未来 「おっはよーございまーっす!」バターン

小鳥 「未来ちゃん、おはよう!」

未来 「小鳥さん!おはようございまーす!」ペコリ

未来 「プロデューサーさんは……?」チラッ

小鳥 「……ああ、あそこにいるわよ?」


32: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:14:24.42 ID:8wKiYd2A0

~~~~~

静香 「……プロデューサー?」

P 「はい、なんでしょうか静香さん」ビクビク

静香 「未来と一緒にまた寝たって本当ですか?」

P 「……それはどうかな」プイッ

静香 「未来から、昨日は気持ち良かったって感想のメールが来ましたけど?」ニッコリ

P 「……へへっ」

静香 「なにやってるんですか貴方は!」

P 「や、やましい事はしてないから!ただの添い寝だから!」

静香 「ぎゅってしてワシャワシャしたのに、ですか?」

P 「…………」ダラダラ

静香 「…………プロデューサー!」

P 「ひぃっ!」ビクッ


33: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:15:29.09 ID:8wKiYd2A0

~~~~~

未来 「静香ちゃんスッゴイ怒ってる……私のせいなのかな」シュン

小鳥 「うーん、アレはちょっと違うんじゃないかしら?」

未来 「?」

小鳥 「ジェラシーって奴よ、ジェラシー」

未来 「じぇらしーって、新作のアイスか何かですか……?」キョトン

P 「お、未来!来たか!おはよ!」

未来 「プロデューサーさん、おはようございます!」

P 「丁度いい所に来たな!さ、早くダンスレッスン行こう!」


34: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:17:23.05 ID:8wKiYd2A0

静香 「プロデューサー!逃げないでください!」

P 「ヤダよ、なんかいつもより怖いじゃん!」ブルブル

P 「さ、善は急げだ!行くぞ、未来!」ダッ

未来 「ぷ、プロデューサーさん!待ってくださいよ~!」タッタッ

小鳥 「いってらっしゃーい」フリフリ

静香 「…………」

小鳥 「静香ちゃん?」

静香 「小鳥さん、一つ聞いても良いですか?」

小鳥 「な、なにかしら。私に答えられる事なら答えるわよ?」

静香 「大丈夫です、小鳥さんに頼むのが一番だと思うので」

小鳥 「?」


静香 「抱き枕になる方法、教えてください」

おわり


35: ◆SESAXlhwuI 2017/11/06(月) 22:18:45.14 ID:8wKiYd2A0

皆の心の中にいる未来はもっと可愛く添い寝してくれるはず
イメージの手助けになれば幸いです

読んでくださった方、ありがとうございました



『ミリオンライブ!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿