TOP > ローゼンメイデン > 蒼星石「相談したいことがあるんだ」

蒼星石「相談したいことがあるんだ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/05(日) 12:41:57.65 ID:3gZJMGNp0

蒼星石「やあ翠星石。よくきてくれたね」

翠星石「なんですか。蒼星石。こんなnのフィールドまで呼び出して」

蒼星石「ちょっと君と二人になりたくてさ」

翠星石「ジュンの家じゃだめなんですか?」

蒼星石「できれば誰にも知られたくない用事なんだ」

翠星石「…………まさかアリスゲームでも始めようってんじゃねーでしょうね」

蒼星石「フフ、まさか。ちょっと相談したいことがあるんだ……」

翠星石「相談?」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/05(日) 12:53:17.98 ID:3gZJMGNp0

翠星石「……へー。蒼星石が相談なんて珍しいこともあるもんです」

蒼星石「そうかな?そんなことないと思うけど」

翠星石「珍事ですよ。蒼星石が悩み事の相談なんて。今日は槍でも降りそうですぅ」

蒼星石「おや?心外だな。僕だって色々悩み事や考え事だってするんだよ?」

翠星石「そうですかー」

蒼星石「本当だよ。こう見えても普段一人で色々と


翠星石「……そんなこと知ってるですよ」

蒼星石「え?」

翠星石「……蒼星石が一人で何でも抱え込むことは知ってるです」

彗星星「そうやって色んな事を一人で悩んで、一人で結論だして、一人で突っ走って、一人で傷ついて……」

蒼星石「翠星石……」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/05(日) 13:02:48.69 ID:3gZJMGNp0

翠星石「姉妹の誰にも頼らずに……いつも一人で決断してしまうのが蒼星石ですぅ……」

蒼星石「……みんなには……あまり心配かけたくなくて……」

翠星石「それが辛いっていうんですよ!!」

蒼星石「ッ……」

翠星石「双子の妹の心に寄り添ってやれねぇのはなによりもつれーです……」

蒼星石「……」



翠星石「……だから」

蒼星石「……え?」

翠星石「だから今日は相談されて……ちょっとうれしいです」

蒼星石「翠星石……」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/05(日) 13:09:37.02 ID:3gZJMGNp0

蒼星石「……そうだね……僕はもっと姉妹を頼ってもよかったかのかも知れない……」

翠星石「双子の姉は特にですぅ!」

蒼星石「うん。そうだね……。相談に、のってもらえるかな翠星石」

翠星石「ど、どうしてもお姉ちゃんに相談したいなら、聞いてやらんこともないのです!」

蒼星石「どうしても。君じゃないとダメなんだ。すっと、いつも一緒にいた君じゃないと。」

翠星石「そ、そこまで言うなら聞いてやるです!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/05(日) 13:16:05.12 ID:3gZJMGNp0

蒼星石「ありがとう。翠星石」

翠星石「まったく手のかかる妹ですぅ~」

蒼星石「実はね……」

翠星石「こうして二人でいると大正時代のことを思い出しますね~。なんかよくわかんねーやつらとなんか色々あったですね~」

蒼星石「この間のことなんだけど……」

翠星石「二人で無理矢理一つの鞄に入ろうとしたりもしたですねぇ~」

蒼星石「ジュン君に体を求められたんだ」

翠星石「ファッ!?」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/05(日) 13:23:55.29 ID:3gZJMGNp0

翠星石「ど、どどどどどどういうことですか!?」

蒼星石「気持ちはわかるけど落ちついて」

翠星石「これが落ち着いていられるか!です!!」

蒼星石「まあね……流石に僕も驚いたし……」

翠星石「ま、まさかチビ人間になにが酷い事されたですか!?」

蒼星石「いや、まだ何もされてないよ。大丈夫。安心して」

翠星石「本当ですか!?」

蒼星石「うん…ただ言われただけ…『お前を抱きたい』って…」

翠星石「 」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/05(日) 13:39:16.64 ID:3gZJMGNp0

翠星石「あの変態チビ人間ーー!そういう事がしたいなら翠星石に!…いやそうじゃねーです」ケフンケフン

蒼星石「?」

翠星石「そ、それで蒼星石はなんて答えたですか!?」

蒼星石「まだ何も……。あれからジュンくんと目が合わせられなくて……」

翠星石「そ、そうですか……」

蒼星石「でも……」

翠星石「でも?」

蒼星石「ジュンくんも中学生。いつかその若い性を抑えきれずに……」

翠星石「な!?///」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 00:23:17.03 ID:cOfQ1OTr0

蒼星石「しかし僕たちは誇り高き薔薇乙女……」

翠星石「そうです!その通りです!!」

蒼星石「だからせめて先っぽだけなr」

翠星石「わーーー!なに言ってるですか!」

蒼星石「だけどあの様子だと、君に甥か姪ができるまであるかもしれない」

翠星石「あ、ありえねぇーーです!人間と人形で!」

蒼星石「わからないよ。薄い本みたいに魔法少女に人体化されてブルマを履かされたりするかもしれないし」

翠星石「それこそありえねーですよ!!」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 00:42:08.05 ID:cOfQ1OTr0

蒼星石「あ、でもジュンくんのテクニックはマエストロ級。お父様みたいなものだから生まれるのは妹という考え方も……」

翠星石「そ、その生々しい言い方もやめるですぅ!!」

蒼星石「ジュンくんの庭師の如雨露から放たれた人工精霊(意味深)がローザミスティカして新芽が芽吹いてしまうかもしれない」

翠星石「人の如雨露をそんなモノに例えるなですぅ!!」

蒼星石「その時はあれやってね。『すこやかに~、伸びやかに~』ってやつ」

翠星石「ぜってーしねぇです……」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 18:38:16.15 ID:cOfQ1OTr0

翠星石「っていうか蒼星石にそんなことさせねぇです!」

蒼星石「でも僕とジュンくんがそういう関係になったら、翠星石はジュンくんのお義姉ちゃんになるよ」

翠星石「ん?ジュンのお義姉ちゃん……?」

翠星石「……」

翠星石「…………」

翠星石「………………」


翠星石「……だっ、だめです!」




蒼星石「あれ?混乱して忘れてたけど、そういえばあの時翠星石もいたじゃないか」

翠星石「へ?」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 18:49:43.37 ID:cOfQ1OTr0

蒼星石「ほら、前月、ちょうど君が金糸雀に誘われて金糸雀のマスターの家に行った日さ」

翠星石「んー?チビカナの家ですか~?」



―――――――――――
―――――――――
――――――


金糸雀「今日は助かったかしら」

翠星石「なんで翠星石がチビカナのお菓子作りを手伝わないとならないですか」

金糸雀「今日はそういうイベントかしら」

翠星石「イベント?」

金糸雀「さあ!これで準備OKかしら!」



金糸雀「トリックオアトリートかしらみっちゃん!お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうかしら!」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 19:07:42.97 ID:cOfQ1OTr0

みつ「( ゚д゚)」

金糸雀「ちなみにカナはちゃんとお菓子を用意してあるかしら!はたしてみっちゃんにその用意は……」

みつ「((((  ゚д゚)))」

金糸雀「……みっちゃん?」

みつ「カ、カナ……」

金糸雀「え?」

みつ「カナ!カナ!カナ!カナぁぁぁああわぁあああん!やっと私の気持ちに気づいてくれたのねカナぁ!! 」スリスリスリスリスリスリスリスリスリ

金糸雀「ア゙ア゙ア゙ァ゙ァ゙ァ゙!し、しまったかしらぁぁーーー!!!」スリスリスリスリス

みつ「いたずらしてカナ!むしろしたい!しちゃう!カナ!カナ!カナぁぁぁ!!」スリスリスリスリス

金糸雀「お、お菓子!お菓子がいいかしらーー!みっちゃん!擦り切れちゃうかしらぁぁぁ!」スリスリスリスリス

みつ「わかってるわカナ!擦り切れるまでやりまくりましょ!!」スリスリスリスリス

金糸雀「な、なんのことかしらーーー!!」スリスリスリスリス

みつ「あぁ^~」スリスリスリスリス



翠星石「なるほど」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 19:44:15.61 ID:cOfQ1OTr0

翠星石「ジュン!トリックオアトリートですぅ!」ドキドキドキ

ジュン「はぁ?なんで僕があげなきゃいけないんだよ」

翠星石「そ、そうですか。じゃあしかたねぇですね///早速いたずらを……」

ジュン「それに、考えてみたらむしろ逆じゃないのか?」

翠星石「はい?」

ジュン「いつもチビって呼んでるし、お前の方がずっと永く生きてるだろ。そういえば」

翠星石「翠星石はずっと乙女だからいいんですぅ!……まぁ仮にそうだとしてもこっちとしては別に……」

のり「ジュンくん。そんな意地悪しないの。はい、翠星石ちゃん」

翠星石「あ、ありがとうですぅ……」チッ

のり「!?」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 19:56:40.64 ID:cOfQ1OTr0

ジュン「まったく……」


蒼星石「おじゃましまーす」

翠星石「あ、きたですね蒼星石」

蒼星石「うん。おじゃまします。何してるんだい?」

ジュン「(蒼星石は性悪人形と違って良い子だよなぁ)!……蒼星石」

蒼星石「ん?なぁにジュンくん」

ジュン「トリックオアトリート。お菓子くれなきゃ悪戯するぞ?」

蒼星石「……え?」

蒼星石「あ、あの、その…………ご、ごめん!」ダッ!


ジュン「どうしたんだ?」

翠星石「さぁ?お菓子でもとりに行ったんじゃねーですか」

ジュン「そうなのか。なんか悪いことしたな」

――――――
―――――――――
―――――――――――


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 20:12:18.29 ID:cOfQ1OTr0

翠星石「あぁ。そんなこともあったですねぇ」

蒼星石「思い出したかい?」

翠星石「で、それからどうしたですか」

蒼星石「え?」

翠星石「だ、だから……その……ジュンに…だ、抱きたいって……」

蒼星石「うん」


翠星石「……ん?」

蒼星石「ん?」

翠星石「え!?それだけですか!?」

蒼星石「え?うん。そうだけど?」

翠星石「抱きたいって言われ」

蒼星石「言われたようなもんじゃないか!」

翠星石「えぇ…」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 20:21:05.92 ID:cOfQ1OTr0

翠星石「いや、そこはただ単にお菓子をあげれば……」

蒼星石「考えてみて……ジュンくんがお菓子をもらって喜ぶと思うかい?」

翠星石「それはそうですけど」

蒼星石「だろ!つまりジュンくん暗にボクに体を要求している!」

翠星石「飛躍しすぎですぅ……」

蒼星石「え?媚薬?作ってくれるの?」

翠星石「妹の頭がジャンクですぅ……」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 20:42:31.77 ID:cOfQ1OTr0

蒼星石「というわけだから、翠星石」

翠星石「なんですか……」

蒼星石「ボクはこのnのフィールドで僕を人間の体にしてくれる都合の良い人を探すためにしばらく留守にするよ!」

翠星石「あぁ……そうですか……頑張ってです」

蒼星石「ジュンくんにちょっと我慢して溜めといてくれるように言っておいてよ」

翠星石「ナニをですか……」

蒼星石「じゃあ行ってくるよ!」


翠星石「……」

翠星石「……」

翠星石「……」ダッ!


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 20:55:46.77 ID:cOfQ1OTr0

翠星石「ジュン!!」バンッ

ジュン「わっ!何だよ急に!ノックぐらいしろ!」

翠星石「ジュ、ジュンがお菓子をくれなかったから、イ、イタズラしにきてやったです!」

ジュン「はぁ?やっただろ」

翠星石「あ、あれはのりがくれたものですぅ!」

ジュン「似たようなもんだろ!」

翠星石「全然ちげーです!」


ジュン「…………はぁ。わかったよ。好きにしろよ」

翠星石「!!」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 21:09:56.48 ID:cOfQ1OTr0

ジャ、シツレイスルデス

オ、オイ!ナニシテルンダ!
ワッ!チビニンゲンノ ココ デカニンゲンデスゥ

スリスリスリスリス
スコヤカニ~ ノビヤカニ~
スリスリスリスリス

キャ!ジュンノ スィドリームガコンナニ

クソッ!ボクバッカリ!オマエノ nノフィールドモミセロ!

アッ!ダメデスゥ!ソコハ ゼンマイネジヲ ダシイレスルアナデスゥ


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 21:22:14.90 ID:cOfQ1OTr0

数日後

雛苺「あ!ジュン!翠星石!おはようなの!」

ジュン「ふぁあ。あぁおはよう。雛苺」

翠星石「おはようですぅ」

真紅「ぜんぜん早くないわ。もうお茶の時間よ」

蒼星石「いま二人の分もいれるよ」

ジュン「蒼星石。来てたのか。久しぶりだな」

蒼星石「うん。都合の良い人は見つからなかったよ。もうこのままで良いかなと思って。アイスティーでいいかな?」サー

雛苺「11月にアイスティーをすすめる人形の屑」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 21:39:18.40 ID:cOfQ1OTr0

真紅「最近夜遅くまでなにかしてるみたいね」

ジュン「ああ、もうすぐでみんなの新しい仲間がデキそうなんだ……」

雛苺「わー!たのしみなのー!」

翠星石「蒼星石ー。翠星石にはレモンティーでお願いするですぅ……」

雛苺「さいきん翠星石すっぱいものばっかりなの~」

蒼星石「へ~そうなんだ」

ジュン「……」

翠星石「蒼星石……今度相談したいことがあるですぅ」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 21:43:25.65 ID:cOfQ1OTr0

おわりです。ありがとうございました。
ローゼン新作が出てるのを最近知ったんでかきました。
『ローゼンメイデン0―ゼロ―』単行本2巻発売中。ウルトラジャンプで連載中です。
今月号はローゼン15周年記念号で、サンリオキャラクターとコラボらしいですよ!



『ローゼンメイデン』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿