TOP > 進撃の巨人 > エレン「アルミンって天使だよな」ミカサ「うん」

エレン「アルミンって天使だよな」ミカサ「うん」

2017/11/15 15:04 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:03:44 ID:1EtcX5Zw

※エレンとミカサがぐたくだ喋ってるだけのSS


エレン「昨日さ、俺教官に言われて走らされてただろ?」

ミカサ「うん」

エレン「その後さ、時間無くて晩飯食べれなかったんだよ」

ミカサ「それは気の毒」

エレン「だろ?そんでさ、腹減ったなあってアルミンにぼやいてたらアルミン、どうしたと思う?」

ミカサ「ここで焦らすとは…早く続きを」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:06:07 ID:1EtcX5Zw

エレン「アルミン、顔真っ赤にして『クリスタみたいにエレンのためにパンを残してあげなかった僕を責めてるの?言っとくけど今日のはジャンの喧嘩を買っちゃったエレンが悪いんだからね』って」

ミカサ「…可愛い」

エレン「別に責めてる訳じゃないのに罪悪感を感じてるアルミンまじ可愛い」

ミカサ「でも、アルミンは可愛いだけじゃない」

エレン「え?」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:15:51 ID:1EtcX5Zw

ミカサ「あれは座学の時だった。」

ミカサ「座学の教官がクリスタをあてたけれどクリスタは答えられなかった」

エレン「それで?」

ミカサ「横に座ってたアルミンがクリスタに口パクで答えを教えようとしていた…けれど」

エレン「けれど?」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:25:35 ID:1EtcX5Zw

ミカサ「クリスタには全く伝わらなくてアルミンは必死になっていた」

ミカサ「そうしてるうちに座学の教官が呆れてもういいと言ったのでアルミンはしゅんとしていた…女の子を助けようとするなんてアルミンは本当に紳士。かっこいい」

エレン「…たしかにそのアルミンは紳士だけど結局は可愛いじゃねえか」

ミカサ「む…一理ある」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:34:46 ID:1EtcX5Zw

エレン「やっぱりアルミンは可愛いんだよ、1番付き合いの長い俺が言うんだから間違いない」

ミカサ「いや、アルミンはイケミンだ。これは譲れない」

エレン「まあ待てよ、俺の話を聞けよ」

ミカサ「…聞く」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:45:40 ID:1EtcX5Zw

エレン「俺とアルミンが初めて会ったのは父さんの診療について行った時だったんだ」

ミカサ「ほう」

エレン「アルミンのじいちゃんが風邪ひいててさ、それがうつったら困るからアルミンだけ家に泊まることになったんだよ」

ミカサ「ほうほう」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:55:28 ID:1EtcX5Zw

エレン「そんでさ、アルミン最初は警戒してて目も合わしてくれなかったんだよ」

ミカサ「それで?」

エレン「俺がなんか話せよって言ったらアルミンが小さい声で『…君は外の世界についてどう思う?』って言ったんだよ」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 22:00:34 ID:1EtcX5Zw

エレン「外の世界の事なんて考えたこと無かったから困ったんだけどとりあえず『興味ある!』って答えたらさ」

ミカサ「…エレン、適当に答えたら駄目じゃない」

エレン「仲良くなりたかったんだからしょうがないだろ?話戻すけど、そう言った後アルミンが目キラキラさせて『本当!?僕、同じ年頃の子で壁外に興味ある子にあったの初めてだよ!』って」

ミカサ「…可愛い」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 22:05:57 ID:1EtcX5Zw

エレン「その後に『僕、君に会えて良かった!これからいっぱいお話しようね!』って満面の笑みで言われた」

ミカサ「…天使」

エレン「ミカサ、鼻血出てんぞ」スッ

ミカサ「ありがとう…やっぱりアルミンは可愛いのかもしれない」

エレン「だろ?」

ミカサ「! でもこの話を聞けばエレンもアルミンがかっこいい事を分かってくれるはず…」

エレン「お、聞かせてみろよ」


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 22:10:35 ID:1EtcX5Zw

ミカサ「開拓地にいた頃、私がこのマフラーをなくしてしまった事がある」

エレン「へー、知らなかった」

ミカサ「そう?それで、アルミンが一緒に探してくれたのだけれど見つけた時に『あ、こんな所にあるミン!………なんちゃって』って」

エレン「…可愛いすぎるミン」

ミカサ「私もアルミンのあまりのかわいさに意識を失いそうになっていたら引かれたと思ったのか『ミ、ミカサ!今のは忘れて!///』…って」

エレン「」


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 22:15:00 ID:1EtcX5Zw

ミカサ「エ、エレン?どうしたの?」

エレン「…はっ、気絶してた」

ミカサ「無理もない、私もその時は出血多量で命が危なかった。この私が自分の体を支配できない程のかわいさだった」

エレン「でもさ、結局ミカサの話のアルミンも可愛いじゃねえか」

ミカサ「…あ」

エレン「やっぱりアルミンは可愛い、それで良いんだよ」

ミカサ「そう…」


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 22:19:59 ID:1EtcX5Zw

エレン「………………」

ミカサ「………………」

ミカサ「アルミンの子供ってどんな子だろう」

エレン「………奥さんにもよるんじゃないか」

ミカサ「奥さん……クリスタとかアニだったら金髪碧眼になるのかな」

エレン「…アルミンの子供だったらきっと可愛いんだろうな」

ミカサ「笑顔で『エレンおじさん、ミカサおばさん』って抱きついてきたり…とか」

エレン「アルミンの子供だから幸せだろうなあ…」


22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 22:25:05 ID:1EtcX5Zw

ミカサ「………………」

エレン「………………」

ミカサ「何泣いてるの、エレン」

エレン「お前こそ」





アルミン「」

ジャン「アルミン?何してんだそんな所で」

アルミン「」

ジャン「あっ!あれはエレンとミカサじゃねえか!2人で仲良くしやがって」


24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 22:37:17 ID:1EtcX5Zw

エレン「…ちょっと待て、やっぱりアルミンはかっこいいかもしれない」

ミカサ「え?」

エレン「この前、訓練で時間内に戻ってこれなかった罰でアルミンが走らされてたろ?」

ミカサ「ええ」

エレン「その時、俺もたまたま自主トレしてたから走ってるアルミンを見かけたんだよ」


26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 22:44:46 ID:1EtcX5Zw

エレン「で、教官は『倒れる寸前まで走れ』って言ってたんだけどその時のアルミンは全身から汗流してて、誰がどう見ても倒れる寸前だった」

ミカサ「アルミン…」

エレン「だから俺が『アルミン、もうやめろよ!もう充分だって』って言ったらさ、」

エレン「アルミンは『僕は人より劣っている、だから他人から見て充分だって思う10倍は頑張らなきゃいけないんだ』…って」

ミカサ「……」グスッ

エレン「まあその後倒れちゃったんだけどな」


38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 17:59:36 ID:EhEu4TFY

マルコ「ジャン!探したよ!」

ジャン「マルコ!」

アルミン「」

マルコ「アルミン?珍しいねジャンとアルミンが一緒なんて」

ジャン「お、おう…」

マルコ「ん?2人で何見てるの?あ、エレンとミカサが中にいるのか。ちょうど良かった」スタスタ


39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 18:01:19 ID:EhEu4TFY

マルコ「エレン!」

エレン「お、マルコ」

ジャン「(おい…あいつあんなに行動力あったか?なんであの2人の世界に入れるんだよ…)」

アルミン「」

ジャン「(アルミンは中の話が聞こえてるみたいだけど俺にはさっぱりきこえねえし…くそっ)」


40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 18:02:53 ID:EhEu4TFY

マルコ「エレン、これ」

エレン「お、ありがとう」

ミカサ「何それ?」

エレン「書庫の本。マルコの次に貸してもらう約束してたんだ」

ミカサ「そう」

マルコ「書庫といえばこの前アルミンがさ…」

エレン「」ガタッ

ミカサ「」ガタッ


41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 18:05:14 ID:EhEu4TFY

マルコ「?」

エレン「いや…何でもない。何があったんだよ」ソワソワ

マルコ「え…うん。この前、書庫に行ったらアルミンが居たんだ。それで座学の課題だった論文を見てもらってんだけどね」

ミカサ「書庫…アルミンはいつもそこにいるのね」ソワソワ

マルコ「その時アルミンに『論文って書くの面倒くさいよね。こんなの好きな人いるのかな?』って言ったら」

マルコ「アルミンは『マルコ?論文はね、僕達の書く力を養うためにとても大事な物なんだよ。どの兵団に入っても書類を書く機会はあるしその時書けなかったら困るでしょ?それに論文を書き終えたときの満足感、あれも自信に繋がる。他にも~』ってな具合で30分ぐらい論文について語ってたんだよ」

エレン「アルミンは1つの物に集中すると回りが見えない事があるからな」ソワソワ

ミカサ「それが良い」ソワソワ


42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 18:08:34 ID:EhEu4TFY

マルコ「でもね、その後僕がちょっと席を外して戻ってきたら本を枕にして寝てたんだよ」クスクス

ミカサ「……私がめったに見れないアルミンの寝顔をマルコは見たというの?」

エレン「アルミンは布団を頭まで被って寝る派だから訓練所に入ってから俺もほとんど見てねえ…」

マルコ「僕はよく見るけど?アルミンよく書庫で居眠りしてるから」

ミカサ「マルコ、羨ましい………」

エレン「おれもこれから自由時間は書庫で過ごそう」


45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 18:57:04 ID:CgeKeln6

マルコ「? それで起こしたらね、『んう…マルコ?僕、寝てたんだ…』って言ってその後『マルコ、論文の大切さ分かった?ん…なら良かった、偉い偉い』って頭撫でられた」

ミカサ「かわいい」

エレン「かわいい」

マルコ「うん」


46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 18:58:31 ID:CgeKeln6

エレン「……もしかしてマルコはアルミンと仲が良いのか?」

マルコ「そうだね。よく本の話とか座学の話をするよ」

ミカサ「これは迂闊だった……マルコ、あなたにお願いがあるのだけれど」

マルコ「なに?」

ミカサ「マルコの知ってるアルミンの話をしてはくれないだろうか」

エレン「ああ。新しい風が欲しい」


48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 19:02:50 ID:CgeKeln6

マルコ「よく分からないけど、良いよ。僕が見たアルミンの話をすればいいんだよね?」

ミカサ「ありがとう、マルコ」

エレン「正直アルミンが取られたみたいで悔しいがやむを得ない」

マルコ「???」

マルコ「あーじゃあ、この前僕が廊下を歩いていたらアルミンが歌をうたっててさ」

エレン「アルミンが…歌をうたってただと…」

ミカサ「マルコ…あなたはいったい何物なの…」


50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 19:04:04 ID:CgeKeln6

マルコ「それを上手いねって褒めたら真っ赤になってそんな事ないよって」

エレン「可愛いいいいい照れミン可愛いいいいい」ゴロゴロ

マルコ「エ、エレン!?」ビクッ

ミカサ「気にしないで、マルコ。エレンはたまにこういう時がある」

マルコ「そういうミカサも鼻血出てるよ!?大丈夫!?」


51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 19:11:02 ID:CgeKeln6

*
*
*

マルコ「ふう…やっと落ち着いたね 」

ミカサ「すまない…マルコ」

マルコ「いや…良いけど。」

エレン「マルコ、話されてばっかりだと悔しいから俺のアルミンの話も聞いてくれ」

マルコ「え…まあ良いよ」

エレン「ある日、部屋にムカデが出たんだ」

マルコ「ああ、あったね」


52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 19:17:20 ID:CgeKeln6

エレン「アルミンはムカデだけは駄目だからすっかり怯えちゃってその日は一日中俺の後をついてきたんだ」

ミカサ「あの日のアルミンはかわいかった…少し物音を立てただけで怯えたりしてて」

エレン「アルミンは俺が自主トレする時とか飯を食べる時もぴったりくっついてきて正直俺はもうホモになってもいいと思った」

ミカサ「それは困る…」ボソ

エレン「え?」

ミカサ「何でもない」


57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 20:51:45 ID:uI.npM.g

マルコ「ジャンはエレンとアルミンを見て気持ちわりいって言ってたけどね」

エレン「ふーん」

ミカサ「どうでもいい」


ジャン「」


サシャ「~♪」

ジャン「」

アルミン「」

サシャ「あれ?2人とも食堂の戸の陰で何してるんですか?」

サシャ「まあいいです、晩ごはんそろそろですかねー?」ガタッ

ミカサ「あ」


58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 21:01:05 ID:uI.npM.g

サシャ「あれ、皆さんお揃いで何してるんですか?」

エレン「ちょっとな、まあ座れよ」

サシャ「? はい」

マルコ「サシャもアルミンと仲いいのかい?」

サシャ「まあまあですかね、たまに座学を教えてもらったりしますよ」

エレン「アルミン…いつの間にかいっぱい友達が出来てるんだな……」

ミカサ「もう私たちが居なくてもいいのかもしれない……」

サシャ「何ですか?このしんみりした雰囲気」

マルコ「さあ…?」


59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 21:06:46 ID:uI.npM.g

サシャ「アルミンと言えば前こんな事がありましたよ。私がアニとミーナと一緒に居た時の話なんですけど」

ミカサ「珍しい取り合わせだ」

サシャ「私とミーナは仲良いんですよ。その繋がりでアニです」

ミカサ「なるほど」

マルコ「友達の友達ってやつだね」

サシャ「アニの腹筋を見せてもらってた時にアルミンに会って、アルミンもアニの腹筋を見て『良いよね…アニは筋肉があって』って」

ミカサ「女の子に筋肉がどうとか言うのはちょっと」


60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 21:09:59 ID:uI.npM.g

エレン「あ、それってもしかしてアルミンが風呂でため息ついてた日かな」

サシャ「そうなんですか?で、アニが『あんたはトレーニングの量が足りないんだよ』って言ったらアルミンは『そうなのかな…最近頑張って腹筋鍛えてるんだけど』と言ったのでミーナがどのくらいやってるのか聞いたら1日500回ぐらい、と」

エレン「アルミンが最近夜に出ていくのはそれだったのか」

サシャ「アニもびっくりして言葉を失ってました」

ミカサ「努力家アルミンかっこいい」


61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 21:15:51 ID:uI.npM.g

サシャ「アルミンってそういう所ありますよね。この前も…」

ミカサ「ちょっと待って、私も悔しくなってきたからアルミンの事を話す」

サシャ「え、ええ…どうぞ」

ミカサ「訓練兵団に入って始めに立体機動の実技があったでしょう?」

マルコ「あったね」


62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 21:19:44 ID:uI.npM.g

ミカサ「実はあの時、アルミンも1日目では合格できなくて2日目にやっと合格出来たのだけれどその日の訓練のあとアルミンが私たちに『やった!これで僕も2人と一緒に訓練ができる!』とすごく喜んでいた」

エレン「まあその時点では俺は合格してなかったんだけどな…」

ミカサ「それに気付いたアルミンもまた、可愛らしかった」

サシャ「2人はアルミンの事が大好きなんですね」


アルミン「!」


63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 21:25:04 ID:uI.npM.g

エレン「もちろん!俺達はずっと一緒だからな」

マルコ「それで言ったらミカサの事も好きなのかい?」

エレン「? 当たり前だろ」

ミカサ「わっ、私もエレンとアルミンが大好きだ」

エレン「知ってるけど…」

サシャ「ミカサ、顔が真っ赤ですよ?」

ミカサ「気のせい…」


64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 21:30:05 ID:uI.npM.g

エレン「あ、サシャの話も聞かせてくれよ」

サシャ「はい!2人も知ってるかもしれないですけどアルミンが男の子達にいじめられてたことがあったでしょう?」

サシャ「あの時、私は2人の来る前に居たんですけどね…」

~回想~

訓練兵1「お前さ、最近調子のってない?」

アルミン「え?」

訓練兵2「だからー、エレンやミカサ達の腰巾着の癖に調子のってんじゃねえよってことだよ」

アルミン「ぼ、僕は腰巾着なんかじゃない」

訓練兵1「そういう態度がうぜえんだよ!」ドンッ

アルミン「!」ビクッ


65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 21:34:58 ID:uI.npM.g

サシャ「アニ、どうしましょうか?助けた方が…?」

アニ「…ちょっと待ちな」




アルミン「僕は、もうあの頃の僕じゃない…!」ボソッ

訓練兵2「は?」


サシャ「目付きが、変わった…?」

アニ「……へえ」


66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 22:06:54 ID:bVvs3g3A

アルミン「君たちは腰巾着と言ったけれどエレンやミカサ達は自分の意志で僕と居てくれる、大切な仲間なんだ。だから僕を腰巾着というのは2人も傷付ける事になるからやめてほしい」

訓練兵1「は…はあ?そんな証拠どこにあるんだよ?」

アルミン「僕たちはお互いを支え思いやりながら日々訓練に励んでる。それこそ他の訓練兵を脅す暇がないぐらいにね。僕たちを見ればそれはわかるはずなんだけど…あ、本当の友達が居ない人には分からないかなあ?」

訓練兵2「…っ!うるせえ!」

アルミン「あ、それとさっきから君たちは僕が調子に乗ってるって言うけどそれは座学の時の事だよね?自分で言うのもなんだけど、僕は座学の成績はトップだ。だから、座学で僕が発言するのは当然の結果なんだよ?君たちもこんな事する暇があるんなら座学の課題でもやってる方が有意義だと思うけど」

訓練兵1「こいつ!」ガッ


67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 22:09:06 ID:bVvs3g3A

サシャ「アルミン!やっぱり止めた方が…」

エレン「アルミン!!」ダッ

アニ「…おっと。お友達の登場だね」


アルミン「…っ」

ミカサ「アルミン!怪我してる!!」

エレン「…お前ら、覚悟は出来てるんだろうな?」

訓練兵「」

アルミン「やめてくれ!エレン!」

エレン「アルミン、でも…」

アルミン「いいから!」

エレン「チッ…早く行けよ」


バタバタ…


69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 22:16:49 ID:bVvs3g3A

ミカサ「アルミン、どうして…」

アルミン「…僕は今、やっと自分の道を見つけて2人の隣に居ることに自信を持ててきている」

エレン「アルミン…」

ミカサ「だったら…」

アルミン「……でも、それだけじゃ駄目なんだよ!」

エレン「え?」

アルミン「今も僕は2人に守られている!その証拠に2人が来てからあいつらが逃げていった!そうだろ!?」

ミカサ「アルミン、涙が…」

アルミン「…っ!僕はいつか、2人を守れるような人間になりたいんだ!というかなる!」

アルミン「…だから邪魔しないでくれ」

エレン「………」

アルミン「先に戻るよ」


70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 22:17:57 ID:bVvs3g3A

サシャ「喧嘩、ですかね?」

アニ「…この間の事といい、結構やるじゃないか、アルミン」

サシャ「え?……ちょ、ちょっと待ってくださいよアニー!」


~回想終わり~

サシャ「って事もありましたよね」

エレン「ああ…あったな」

ミカサ「あの後アルミンは1週間口をきいてくれなかった…死ぬかと思った」

エレン「成績も下がったしな」


71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 22:19:23 ID:bVvs3g3A

マルコ「…………」

サシャ「…………」

ミカサ「…………」

エレン「…………」

ミカサ「アルミンって動物に例えたら何だろう」

エレン「葉物の野菜食べてる時はうさぎみたいだよな」

サシャ「豆を食べてる時は頬っぺた膨らましてハムスターみたいですよ」

マルコ「よく見てるね…」


72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 22:20:53 ID:bVvs3g3A

サシャ「動物と言えば、アルミンってよく私をペット扱いしてくるんですよね」

エレン「ペット?」

サシャ「ええ。食べ物をよくくれるんですけど、『サシャこっちおいでー』って言われて行ったら頭わしゃわしゃしてくるんです。それでそれをたべたら『よーしよし、サシャはよく食べるねー』って」

ミカサ「…アルミンって結構人の頭を撫でてるの?」

サシャ「ええ、アルミンの方が背低いのに背伸びして」

マルコ「だね」

エレン「羨ましい、俺もアルミンに頭撫でられたい…」


73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 22:38:40 ID:HPrlgb4A

サシャ「この前も私がパンを頬張ってたらアルミンがすっごいニコニコして見てきてその後頭を撫でられました」

ミカサ「ずるい…エレン、どうしたら私も頭を撫でてもらえるのだろう…」

エレン「分からない…」

ミカサ「そう…この世界は残酷だ…」

エレン「俺ならミカサの頭撫でてやれるんだけどな」スッ

ミカサ「!!?」

エレン「あ、ごめん。………そんな顔真っ赤にして怒るなよ、へこむだろ」

ミカサ「……怒ってない」


ミカサ「…残酷だ、けれどとても美しい……」ボソッ

マルコ「…なるほど」

サシャ「そういう事ですか」


75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 22:40:48 ID:HPrlgb4A

ジャン「!?」

ジャン「何でエレンがミカサを撫でてるんだよ!?」

ジャン「おい!エレン!!」バッ

エレン「あ?ジャン?何してんだよ…って」

ミカサ「アルミン!」

アルミン「……エレン、ミカサ?」

エレン「お前、いつから居たんだよ!」

アルミン「最初から居たよ!もう!何なんだよ!」

ミカサ「…涙目アルミン」

エレミカ「「…可愛い」」


76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 22:41:59 ID:HPrlgb4A

アルミン「恥ずかしいからやめてよ!!何なの!?2人でいつもこんな事してたの!?」

ミカサ「ええ…休みの日はほとんどアルミンの話をして過ごしている」

アルミン「」

アルミン「………!!もう、馬鹿か君たちは!!」


エレン「…アルミンに馬鹿って言われた」シュン

アルミン「え…え!?」

ミカサ「アルミンは、私たちの事嫌い?」シュン

アルミン「…………」

アルミン「…………ああもう、好きだよ!!大好きだよ!!」


77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 22:51:37 ID:HPrlgb4A

エレン「…アルミン顔真っ赤」

ミカサ「やっぱり、アルミンは」

エレミカ「「天使!」」

アルミン「本当に恥ずかしいからやめてってば!!」







ジャンマルコサシャ「「「(あれ、忘れられてる?)」」」

終わり



『進撃の巨人』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿