TOP > アイドルマスター > 春香「ひつま」響「つぶし」

春香「ひつま」響「つぶし」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/17(火) 21:05:25.18 ID:GXL67qyc0

響「……暇つぶしじゃないの?」

春香「そうともいう」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/17(火) 21:06:01.87 ID:GXL67qyc0

春香「ひまだね」

響「ひまだぞ」

春香「ねえ響ちゃん、こたつださない?」

響「事務所にこたつはおいてないぞ」

春香「こたつー」

響「さむいぞー」

春香「ふところも?」

響「さむいぞー」

春香「お仕事こないね」

響「こないな」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/17(火) 21:07:14.90 ID:GXL67qyc0

春香「しりとりしようか」

響「唐突だね」

春香「暇だからね」

響「そっか」

春香「うん。じゃあしりとりのりから。リリーフランキー」

響「いきなり人名なんだ」

春香「人名ってなし?」

響「ありなんじゃない? えっとき? それともい?」

春香「きで」

響「きりん」

春香「……」

響「……」

春香「交渉不成立だね」

響「ネゴシエーターもびっくりだ」

春香「はい。じゃあ負けた響ちゃんには罰ゲーム」

響「聞いてないよ!」

春香「言ってないもの。なーにーにーしーよーうーかーなー」

響「天国・地獄・大地獄なつかしいな」

春香「決まり! 響ちゃんは今日一日春香ちゃんに絶対服従なのだ!」

響「重いよ!」

春香「手始めに実印持ってきて」

響「本格的な匂いがするからイヤだ」

春香「しょーがない。じゃああったかい飲み物とお菓子持ってきてー」

響「タオルに包まれるの気に入ったの?」

春香「うん」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/17(火) 21:07:56.21 ID:GXL67qyc0

春香「もう冬だねー」

響「そうだねー」

春香「冬と言えば!」

響「冬と言えば?」

春香「ストーブリーグ!」

響「でた、居酒屋とかで聞いてもいないのにひいき球団のことを喋り倒すタイプのおっちゃんだ」

春香「ほら、今年四条さんの魂がロッテで始球式したでしょ?」

響「怖いよ」

春香「間違ってないもの。太ももがまぶしかったですなー」

響「春香よだれよだれ」

春香「おぅふ。なんで阪神じゃなかったんだろうね」

響「ロッテは色々取り入れたりやるのが好きだからじゃないの? キラメキラリだってあるし」

春香「ふれっふれっがんばれ! さあいこう!」

響「ふれふれっがんばれ! さいこう!」

春香「うん。かわいいね」

響「かわいいな。やっぱやよいはロッテかな」

春香「すとーっぷ!」

響「ど、どうしたの春香」

春香「もったいない、もったいないですぞ響ちゃん!」

響「赤いモップ?」

春香「どうしてそんな暇つぶしの種をそのままばりばり食べようとするのですぞ。そだててからたべるのですぞ」

響「えっと、普通に喋ってくれないとわからないぞ」

春香「हारुका सफेद फैशन ध्वनि」

響「怖い!」

春香「日本の球団は12球団。私たちは13人」

響「ああ、所属球団を決めようってことか」

春香「今更感はいなめないけどね」

響「みんなが思ってること言わないの」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/17(火) 21:08:48.03 ID:GXL67qyc0

春香「じゃあセリーグから埋めていこうか。まずは巨人! 伊織!」

響「自分にも考える余地をくれよ!」

春香「意義あり?」

響「意義あり! ……ごめんなさいやってみたかっただけです。異議はないです裁判長」

春香「よろしい」

響「ジャビットもウサギだし伊織の持ってるぬいぐるみもウサギだし」

春香「あと金満球団だしね」

響「……あえて言わないでいたのに」

春香「次は阪神! 四条さん!」

響「魂がそうする!」

春香「あなたの遺伝子が?」

響「呼んでる。……やらせないでよ」

春香「やーん、響ちゃんのえっちー」

響「い、遺伝子が呼んでるってそいういみじゃないあああいぞ! もっとこうさななていくかその!」

春香「お膣いて響ちゃん。深呼吸、深呼吸。すってー」

響「すー」

春香「すってー」

響「吐かせろよ! あと漢字変換がおかしかった気がするぞ!」

春香「のcの」

響「そこはヮじゃないの!?」

春香「まあまあ。かっこいい曲だからいいじゃない」

響「……春香にもかっこいい曲あるもんねー。HHBとか」

春香「ずんずん!」

響「ずんずん!」

春香「Bってどこまでだっけ?」

響「そんな歌詞はイヤだな」

春香「気を取り直して。貴方の」

響「何を取り直したんだ!」

春香「天丼だよ」

響「なんのだよ」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/17(火) 21:09:53.01 ID:GXL67qyc0

春香「えー次は広島! やよい!」

響「自分の意見が挟めない!」

春香「だってもうセリーグはみんな同じ意見でしょ」

響「まあ大してぶれないとは思うけど、ほら春香だってイメージカラー的に広島だって似合いそうだよ?」

春香「だめだよ、広島はやよいじゃないと」

響「そっか」

春香「うん。巨人と広島のやよいおりが見れなくなっちゃう」

響「……」

春香「阪神と広島のやよたかねも」

響「そ、そうか」

春香「四条さんが浮気しちゃうけどいいの?」

響「えっと、別に貴音は親友でみんなと仲良くするのはいいこと……これ真面目に言わなきゃだめ?」

春香「ううん。あとでじっくり録音するからまだいいや」

響「なんで録音するの?!」

春香「悶える響ちゃんが見たいからだよ! 響ちゃん!」

響「うわぁ」

春香「うぉっほん。えー次は中日」

響「……ん? 自分が喋っていいの?」

春香「どうぞどうぞ」

響「うーん、やっぱり中日はt」
春香「千早ちゃん!」

響「……はいそうです」

春香「ストイックな感じとかカラーとかが千早ちゃんだよね」

響「おおむねそうだな」

春香「それは千早ちゃんの胸囲とかけてる?」

響「かけてない」

春香「グリーンモンスター」

響「それは失礼じゃないかな」

春香「次は横浜!」

響「横浜は人によって意見が分かれるんじゃないかな」

春香「そう思って3分間煮込んだ物を用意しております」

響「なにを煮込んだんだ何を」

春香「アイディアとか?」

響「はいはい。自分は美希かなー」

春香「私も美希だね。星だしね」

響「そうだね」

春香「 (*^◯^*)」

響「 (*^◯^*)」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/17(火) 21:10:31.47 ID:GXL67qyc0

春香「じゃあ最後、ヤクルト! せーのっ」

春香「でもそんなんじゃ」
響「律子!」

春香「……」

響「……」

春香「だーめ?」

響「春香の思考回路がだめだよ」

春香「やっぱり眼鏡のキャッチャーには注意しないとね」

響「流さないで欲しいぞ」

春香「野田ID野球」

響「イカレタ[ピザ]」

春香「イイカゲンデタラメ」

響「いいからだまってろ」

春香「やっぱりH2は最高だね」

響「そうだね」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/17(火) 21:11:19.23 ID:GXL67qyc0

春香「じゃあセは埋まったし今度はパを埋めていこうか」

響「パは難しいなー」

春香「まずは楽天。初優勝おめでとうございます」

響「おめでとうございます」

春香「今年一年はぽじぽじさせていただきました」

響「楽しいシーズンだったね」

春香「だから私」

響「なんで!」

春香「ほら書いてる人が春香Pでちな鷲だから」

響「安直だなー」

春香「ほら、そろそろみんなもあきてるだろうしちゃちゃっと埋めないとあれかなーって」

響「まあそうだね。じゃあどんどん埋めて行こうか」

春香「うん。あ、楽天と言えば岩隈」

響「うん。早速脱線するんだ。ポイント故障してるんじゃないかなそこ」

春香「今年は海の向こうで頑張ってたね」

響「サイヤング賞の選考まで残ったしね。まああの人が掻っ攫っていちゃったけど」

春香「ちかたないね」

響「ちかたないね」

春香「でもちょっと活躍の割に扱いが小さすぎませんか? 春香ちゃんぷんぷんまるですよ」

響「おこなの?」

春香「まあマリナーズだk」
響「それ以上いけない」

春香「あいあむじゃぱにーず!」

響「あいあむじゃぱにーず!」

春香「来年も皆さんの活躍をお祈りしております」

響「書いてる今は分からないけど、とりあえずマーさんはどうなるんだろうね」

春香「神のみぞ知る」

響「そっか」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/17(火) 21:11:58.99 ID:GXL67qyc0

春香「えー、もう真は日ハムが似合うかなーと思うんだけど、響ちゃんはどう?」

響「あー、なんとなくそうっぽいかも。ショートとか守ってそう」

春香「女性ファンはいっぱいつきそうだね」

響「自分も惚れそうだぞ」

春香「軽く流すことにするね。ちなみに響ちゃんは自分の球団はどこだと思う?」

響「んー、全然イメージできないぞ」

春香「私はソフトバンクか西武かなーって思うんだけど」

響「そのこころは?」

春香「強打のチームだから。あといいおバカさんが多い」

響「……ほめてる?」

春香「ほめてるほめてる。じゃあ響ちゃんはソフトバンクで」

響「ソフトバンクかー。悪くないかな」

春香「あーもうめんどくさくなってきたからがんがんいくよー」

春香「亜美真美は□□□□かな」※□には好きな言葉を入れてね!

響「あー、そうっぽいね」

春香「雪歩はイメージ的に□□□□」※□には好きな言葉を入れてね!

響「雪歩のイメージっぽいね」

春香「あずささんは□□□□だよね」※□には好きな言葉を入れてね!

響「言いたいことは分かるぞ」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/17(火) 21:12:41.80 ID:GXL67qyc0

春香「そういえば響ちゃんは一人暮らしをしてるんだよね」

響「そうだぞー。まあみんながいるからさみしくないけどね」

春香「そっか。でもすごいね」

響「ん? なにが?」

春香「だって一人で起きて一人でご飯作って一人でお洗濯して一人でお掃除して。それでみんなの分のご飯も作ってるんでしょ?」

響「そうだね」

春香「しかも学校行って勉強して、学校終わったらアイドルのレッスンして。うはー、響ちゃん女子力高いわー」

響「そ、そうかな?」

春香「高いよ。もうスカウター壊れちゃうくらい高いよ」

響「毎回毎回壊れてるような欠陥品を信じる気にはなれないけど。ありがと」

春香「あー、私も一人暮らししたいけど無理かなー」

響「こっちに来ればいいのに」

春香「上京?」

響「上京。電車じゃ遠いでしょ」

春香「響ちゃんの家に居候します」

響「ペットとしてだったらいいぞ」

春香「あ、それ興奮する」

響「普通に引く」

春香「女子力の特訓お願いします!」

響「自分がしてるのは普通に生活するためのことだから女子力とは違うと思うぞ」

春香「人間力?」

響「人間力」

春香「あー胸が痛いわー」

響「セリフと行動があってないよ。……ん? みかん?」

春香「うん」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/17(火) 21:13:41.68 ID:GXL67qyc0

響「はいどうぞ」

春香「どうもー。そんな完璧超人な響ちゃんにも欠点があります!」

響「自分完璧だからないぞ」

春香「そのいち! 小っちゃい!」

響「人の身体的特徴を捉えて欠点とするのはどうかと思うぞ」

春香「なんと! 中学2年生の平均身長以下!」

響「しかたないでしょ!」

春香「ちっちゃくてかわいいと言う長所にもなります」

響「ん? えっとありがと」

春香「そのに! おっぱい!」

響「おっきいよ!」

春香「貧乳にはわびさびがあるといいます」

響「初耳です」

春香「つまり響ちゃんは日本人の心であるわびさびがないといえます」

響「言えません」

春香「でもちっちゃいのにおっきいギャップは大好きです。もふもふしたいです」

響「えっと……?」

春香「そもさん!」

響「説破?」

春香「あ、間違えた。もういいや」

響「終わり?」

春香「これにて面接を終了します」

響「ありがとうございました。ってなんの面接だよ!」

春香「私のお婿さんになる資格があるかどうかの面接」

響「応募した記憶がないよ!」

春香「結果は合格です」

響「ありがとうございます。こちらから願い下げです」

春香「……いや?」

響「……そうでもない」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/17(火) 21:14:32.78 ID:GXL67qyc0

春香「そういえばさっきH2の話が出たよね」

響「酷い出方だったけどね」

春香「比呂と英雄でH2」

響「うん」

春香「春華とひかりでH2」

響「あ、そっちもだ」

春香「春香と響で?」

響「H2?」

春香「がなはるですよ、がなはる!」

響「肩すかしくらった気分だぞ」

春香「比呂は真かな?」

響「自分は完璧だからひかりだけど、春香は春華……あれ? 前向きでどじっ子? 似てる気がする」

春香「じゃあがなはるまこだね」

響「英雄がかわいそうだぞ」

春香「そんなかわいそうな英雄役を決める券を響ちゃんに贈呈します」

響「お断りします」

春香「えー」

響「……千早で」

春香「それはつまり千早ちゃんから好かれながらも真といちゃいちゃしたいと響ちゃんが思っていると真と千早ちゃんにメールをしてもいいということでしょうか!」

響「どこをどう曲解したらそうなるんだよ!」

春香「響ちゃんが千早ちゃんと屋上でちゅーしてるところを真に見られて少し気まずくなったりとか真に頑張れっていってあげて感極まって泣いちゃったり家のお風呂が壊れちゃって真に家にお風呂を借りに行って裸を見られたりしたいということでしょうか! 今すぐメールで送ります!」

響「止めてぇ! メールをするのを止めて!」

春香「あ、」

響「…………」

春香「まちがってプロデューサーさんに送っちゃった」

響「何してるんだよぉ!」

春香「響ちゃんが暴れるから暴投になっちゃったんだよ!」

響「なんで外野に向かって牽制球投げてるんだよ!」

春香「虹のグランドスラムだね」

響「なにが?!」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/17(火) 21:15:09.25 ID:GXL67qyc0

響「ねえ春香」

春香「なに響ちゃん」

響「あ、聞きたいことは忘れたんだけど」

春香「若年性痴呆かな?」

響「後で覚えてろよ。じゃなくて春香はなんで自分のことをちゃん付けで呼ぶの?」

春香「響ちゃんは響ちゃんだからだよ」

響「そりゃそうだけど……ほら千早のことも千早ちゃんって呼ぶだろ?」

春香「そうだね。あとは876プロの子もちゃん付けかな」

響「なんで?」

春香「私のお婿にしたい人にはみんなちゃん付けだよ?」

響「……」

春香「あ、ちょっと違うかも」

響「ちょっとなんだ」

春香「千早ちゃんはお婿に欲しくて、響ちゃんはお嫁に欲しい」

響「そういう対象なんだね。うん、今後春香との付き合い方を少し考えるよ」

春香「結婚を前提にってことだね」

響「ポジティブシンキングだね春香」

春香「逆に響ちゃんはあずささん以外みんな呼び捨てだよね」

響「そうだね」

春香「響」

響「春香ちゃん」

春香「……」

響「……」

春香「わるくないね」

響「わるくはないぞ」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/17(火) 21:16:08.31 ID:GXL67qyc0

春香「もーいくつねーるーとー」

響「くーりーすーまーす」

春香「くりすますにはもちたべてー」

響「たーこをあげてあそびましょー」

春香・響「はやくこいこいくりすますー」

春香「もうすぐクリスマスだね」

響「お正月の歌だったけどね」

春香「クゥリィスマスヴァジョンだよ」

響「うん、流暢にしなくていいぞ」

春香「また皆でパーリィーしようね」

響「パーティしような」

春香「雪歩の誕生日もあるしね」

響「天使だな」

春香「天使だね。でもさ」

響「どうした春香」

春香「クリスマスが誕生日の人ってかわいそうだよね」

響「ああ、プレゼント」

春香「キリストさまと同じ誕生日なんて私だったら萎縮しちゃうよ」

響「そっちなんだ。ちなみにクリスマスはキリストの誕生日じゃないからな」

春香「そうなんだ」

響「そうだぞ」

春香「へぇーへぇーへぇー」

響「懐かしいねそれ」

春香「3へぇー獲得なのでお家取り潰しです」

響「いらない」

春香「クリスマスプレゼントだよ」

響「やめて」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/17(火) 21:16:49.63 ID:GXL67qyc0

春香「響ちゃん」

響「? どうしたの春香」

春香「春香ちゃんは大変なことに気付いてしまいました」

響「なんですか?」

春香「オチがありません」

響「ずっと滑走路を走ってて飛んでないから当たり前だぞ」

春香「このままだと1000まで書かないといけなくなっちゃう!」

響「メタな叫びだね」

春香「どうしよう。寝落ちにしようか」

響「二文字しかないからギャグにもなってないよ」

春香「よそう、また夢になるといけねえ」

響「お後がよろしいようで。あ、春香、今度の休みに家来る?」

春香「いくいくー」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/17(火) 21:17:56.35 ID:GXL67qyc0

息抜き。おしまい。流行れがなはる。



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿