TOP > シンデレラガールズ > モバP「親愛度をリセットする?」

モバP「親愛度をリセットする?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 00:31:38.16 ID:11MS2mED0

たぶん思ってるものとは違うものが出てきます



晶葉「そんなスイッチが完成してしまったんだが……」

泉「そういう催眠プログラムが出来ちゃって……」

志希「テキトーに混ぜてたらなんか出来ちゃった~♪」


P「なんでいっぺんに持ってきちゃうんだよ。普通そういう時って誰か一人だけだろ」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 00:34:20.43 ID:11MS2mED0

晶葉「仕方ないだろ。突発的に何かに突き動かされるように作ってしまったんだから」

泉「頭の中で誰かが囁いたんだ……『親愛度をリセットしろ……』って……」

P「怖っ」

志希「いやー、適当に混ぜるもんじゃないね、ウン!」

P「お前は特に関係無いんかい」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 00:40:55.11 ID:11MS2mED0

泉「という訳で、コレどうしたらいいのかな」

P「早く捨てなさい物騒な。誰も得しないだろ」

泉「だよね。気味悪いし……」

晶葉「……」

晶葉「なあ、助手」

P「どうした?」

晶葉「これ……捨てなきゃダメか?」

P「何を戸惑うことがあるよ」

晶葉「いや、これだけ訳の分からないものを試すこともなく処分というのは、科学者的にはどうもな……」

P「おいマッドサイエンティスト」

志希「スキあり!」ガポッ

P「モガッ」


────────────

────────


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 00:46:53.35 ID:11MS2mED0

────────

────────────


ちひろ「……で、その結果?」チラ



P「困ります、森久保さん。これは一ビジネス上の契約ですので……」

乃々「ひいいぃぃ……」

美玲「お、オイプロデューサー、一体どうしちゃったんだ……?」

P「早坂さん、職場ですから場に合わせた言葉遣いをですね……」



晶葉「どうやら助手の親愛度がリセットされてビジネスライクになってしまったようだ……」

ちひろ「どうするんですかコレ」

晶葉「し、知らん! 実行犯は志希だ!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 00:57:02.54 ID:11MS2mED0

晶葉「志希は現在真奈美と清良の監視下で解毒剤を制作中だそうだ。完成までの辛抱だな」

ちひろ「ガチのメンバーじゃないですか」

晶葉「私も既にきらりんルーム送りが決まっている。罰は甘んじて受けるさ」

泉「私だけお咎め無しっていうのもなんかなあ」

晶葉「真っ先に処分に動いていたからな。いいじゃないか」

P「待って下さい。そもそもアイドルは我が社の顔でもあるんですから、罰というのはいかがなものかと……」ニュッ

ちひろ「うわあ真っ当な意見を」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 01:02:35.80 ID:11MS2mED0

P「さあ行きましょう森久保さん、早坂さん、星さん。午後からは収録が一本と取材が二本入っていますので、迅速に」

輝子「し、親友……な、名前で呼んでくれないのか……?」

P「ですが、私はプロデューサーで、貴方はアイドルですから。立場というものがですね」

輝子「フ、フヒ……」



ちひろ「しかし参りましたね……。被害者はプロデューサーさん一人だけ、とは言え、全アイドルに影響を及ぼす人ですから……」

晶葉「既に全員に連絡は回っているんだろう? なら騒ぎになるようなこともあるまい」

ちひろ「それがそうでもないんですよ。見て下さい、アレ」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 01:07:20.36 ID:11MS2mED0

泰葉「……Pさん……分かってはいても、やっぱり辛いですね……グスッ」

ありす「ヒック……もし、戻らなかったらどうすれば……」

加蓮「まあ大丈夫でしょ。……きっと…………でも」


ズムゥ――――ン……




ちひろ「そのフランクさに人生単位で救われた面々が既に酷く打ちのめされています」

晶葉「おおう……アレはマズい……」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 01:26:21.37 ID:11MS2mED0

晶葉「思ったより深刻じゃないか……」

ちひろ「ありすちゃんはともかく、泰葉ちゃんまでガチ泣きはちょっと」

晶葉「ここ最近は誰が見ても分かる程度にベタ惚れだったしな」

ちひろ「留美さんあたりも気になるところですがね」

晶葉「泰葉もだが、ビジネスライクな態度はさぞ響くんだろうな……」

ちひろ「正直なところ事務所としては安全な環境になったようにも思えるんですが」

晶葉「モチベーションがあそこまで崩れるとなあ……」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 01:32:31.74 ID:11MS2mED0

晶葉「さて、私もそろそろきらりんルーム入りの時間だ。色々大変だろうが頑張ってくれ」

ちひろ「うっわー……アレ収集つけなきゃいけないのかあ……うっわー」

ちひろ「とりあえず、この後誰が来るのかなっと――」


────────────

────────


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 01:46:14.27 ID:11MS2mED0

P「ふう。ただいま戻りました」

ちひろ「げ。あ、いや、おかえりなさい……」

P「……? 千川さん、どうしてマネージャーを付けないんですか? 非効率的ですし、人件費をここまでして削るほどの赤字ではないと思うんですがね」

ちひろ(クッ……あなたが『いやだいいやだい俺とアイドルは切っても切り離せない絆で結ばれてるんだいそんなことも分からないのかこのちっひめ!』とか抜かしたんでしょうが……!)

ちひろ「プロデューサーさん、一度説明はしましたが、あなたは現在薬の効果で精神状態がですね……」

P「それは聞きましたが……。おかしな薬を飲まされてこうなっているんですよね、一体法律はどうしたんです?」

ちひろ(ちぃっ! アイドル第一の思考じゃないからギャグのノリで流せない……!)


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 01:54:10.83 ID:11MS2mED0

――――

P「渋谷さん、ここは職場です。年上、上司、先輩……目上の方には敬語でですね」

凛「ど、どうしたのプロデューサー。そんな今更……」


ガチャッ


志乃「……あら」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 02:00:18.94 ID:11MS2mED0

P「柊さん、おはようございま……柊さん!?」

志乃「どうしたのPさん突然」ゴクゴク

P「いや、その……酒!?」

志乃「いつものことじゃない」ゴクゴク

P「いえ、それは知っていますが……おおう、コレをこれまでスルーし続けてきたのか俺は……」ブツブツ・・・

志乃「ふふ……」ゴクゴク


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 02:28:57.85 ID:11MS2mED0

志乃「……」ゴクゴク

P「柊さん、飲酒はちょっと」

志乃「あら。ふふ……そういう風に売り出してくれたのは貴方じゃない」

P「ですが……」



志乃「……」ジュル


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 02:51:59.76 ID:11MS2mED0

志乃「それで、今晩の約束。覚えてるわよね」

P「は、はい? それは勿論覚えてますが……覚えてますが!?」

志乃「ふふ……楽しみ」ゴクゴク

P「あ、ありえん……アイドルとプライベートでサシ……? 世の中のマスコミは何してんだ……?」

志乃「なんか良いわねえ……その反応」

P「は、はい?」

志乃「この感じ、新鮮……」

グイ

P「あ、あの……柊さん?」



親愛度UP


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 02:57:08.79 ID:11MS2mED0

ドクン

P(い、いかんぞ……アイドルとプロデューサーが……)

ドクン

P(そんなこと……常識的に……)

ドクン

P(常識的に…………ん?)

ドクン

P(待て……常識って何だ?)

ドクン

P(これまで一切支障が無かったんだろう……?)


ドクン


P(間違ってるのは……俺?)



ドクン



P(思い……出した……!)


親愛度MAX


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 03:04:42.98 ID:11MS2mED0

志希「は、はい……解毒剤……って、あれ?」ヨタヨタ



P「どうした志希? 足ガックガクだな」ナデナデナデナデナデナデ

泰葉「~♪」ワシャシャー

ありす「泰葉さん! そろそろ交代! 交代の時間です!」ピョイピョイ

泰葉「…………」ワシャシャー

泰葉「……………………芸れk――」

加蓮「ストップ。いくらなんでも大人げないって」


志希「ちょっとアスタリスクに手首まで突っ込まれ……じゃなくて」

志希「あ、あれー? 珍しく志希ちゃん逃げずに付き合ってたんだけどなー?」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 03:09:08.99 ID:11MS2mED0

ちひろ「そりゃそうですよね。状況の不自然さ、これまで築き上げてきた環境」

ちひろ「今更価値観の変化くらいでどうこうなるようなレベルじゃなかった。ってことです」

志希「そりゃないよ~! あたしただ直腸検査されただけじゃん!」

P「逃げようとしたんだろどうせ。ま、流石にあの二人からは逃げられんわな」

P「しかしまあ……俺が態度変えるだけでこんな騒ぎになるとはな……」

志乃「そう? 私は楽しかったわ。良い肴ができた……♪」

P「なんだ……たまには泰葉に以前みたいに冷たくあしらわれたいなって思う俺がおかしいのか?」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 03:11:03.78 ID:11MS2mED0

泰葉「え?」

ありす「え?」

ちひろ「え?」

加蓮「えー……」

志希「あらー」

志乃「ふふ……」


P「え、何、お前ら今親愛度下がった?」


終了


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 03:13:19.18 ID:11MS2mED0

お粗末

バレてると思うけど「ビジネスライクな態度とったら数人確実にエラいことになるだろうな~」ってことしか考えてなかった
なんでこうなったんだろ……志乃さんなんて初めて書いた



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿