TOP > かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 > 早坂愛「実際会長はかっこいいですよね」 かぐや「え?」

早坂愛「実際会長はかっこいいですよね」 かぐや「え?」

1: ◆JH.m.tg0U. 2017/11/11(土) 00:00:36.62 ID:qde35+z30

早坂「かっこいいというか、まあモテますよね」

かぐや「それはまぁ…」

早坂「見た目はいい方だと思いますし、文武両道ですし」

かぐや「なによ改まって、ま、まあ秀知院の生徒会長を務めるくらいですから、凡人ではないわね」

早坂「何より性格がいい」

かぐや「そう!そうなのよ!会長はもちろん有能だけど、本質はそこじゃないの!いまいちその辺が皆分かってないのよね!」

早坂「…」

かぐや「な、なによ」

早坂「いえ、でもまあ実際優しいですよね。書記ちゃんはともかく、石上君があそこまで慕ってるのは中々すごいことだと思います」

かぐや「だから改まってどうしたの…?、ま、まさか早坂貴方…!だ、駄目よ会長は!」

早坂「ちがいます」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 00:01:35.91 ID:qde35+z30

かぐや「で、でも…」

早坂「違いますって、最近書記ちゃんに会長を紹介されて、直接話す機会が増えたんですよ」

かぐや「そうなの?それは知らなかったわ」

早坂「かぐや様とは学校では接しないですからね」

かぐや「それで?」

早坂「改めていい男だなぁ、と。傍から見てるのと実際優しくされるのでは違いますね」

かぐや「や、やっぱり貴女!」

早坂「違いますって、かぐや様、考えても見てください」

かぐや「な、なにを?」

早坂「あんなにいい男がなぜいつまでもフリーなんでしょう?」

かぐや「え?そ、それはす、好きな人がいるからって…、貴方だって聞いたでしょ?」テレテレ

早坂「ええ、お陰様で」

かぐや「うっ、あ、あれは私が悪かったわ、謝罪したじゃない」

早坂「誰なんでしょうね?」

かぐや「?」

早坂「会長の好きな人」

かぐや「え?そ、そんなの私に…」

早坂「決まってるんですか?」

かぐや「!?え、だって、そんな…」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 00:02:13.94 ID:qde35+z30

早坂「私も何だかんだで会長の事を知っている気になっていましたが、意外と知らないことばかりだなって思ったんです」

かぐや「…」

早坂「確かにかぐや様は大変魅力的な方ですし、可能性は高いと思いますが…」

早坂「例えば会長に幼馴染とかいたとしたら…?」

かぐや「いるの!!??!??!」

早坂「いえ、知りません」

かぐや「お、驚かせないでちょうだい…」

早坂「でも、いてもおかしくないですよね。会長は混院ですし、かぐや様の知らない交流が…」

かぐや「……」

早坂「ヤリチン疑惑なんてありましたけど、実際会長は情に厚い人でしょうから、もし秀知院に入る前に何かあれば…」

かぐや「会長に24時間の監視体制を敷きなさい」

早坂「それアリなんですか?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 00:05:27.57 ID:qde35+z30

かぐや(結局監視は早坂に止められてしまった…)

かぐや(私はただ会長に変な虫がつかないか心配だっただけなのに)

かぐや(でも私は藤原さんと圭の交流すら知らなかったのよね。二人とも私にとっては数少ない友人だけれど、人気者の二人にとって私は数多い友人の一人なのかもしれない)

かぐや(まあ藤原さんの友人関係はどうでもいいけれど…)



かぐや「…というわけなんです。」

柏木「…な、なるほど、ちょっと一度整理をさせてもらってもいいですか?」

かぐや「ええ」

柏木「つまりかぐやさん…の友人は、生徒会…じゃなくて部活でしか彼氏と接点がなく、彼氏のそれ以外での交流関係が気になると」

かぐや「はい」

柏木「だからなんとかして彼氏の私生活を知る方法がないかと…」

かぐや「私生活というか、浮気調査というか、女性との交流関係だけでもいいんですが…」

柏木「な、なるほどー」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 00:08:24.80 ID:qde35+z30

柏木(お、重い!!)

柏木(ほとんどストーカーじゃないですか!?、これもはや犯罪の相談ですよ!)

柏木(ていうかかぐやさんまだ付き合ってないですよね?、なんでしれっと浮気調査になってるんですか?)



柏木「うーん、なかなか微妙な所ですね。お二人の仲はどの程度何でしょうか?、付き合って間もないならこれから交流が増えていくと思いますし、時間が解決してくれるかもしれませんし…」

かぐや「あ、二人はまだ実際に付き合っているわけじゃないです。付き合う直前というか、告白待ちというか…」

柏木(しってます)

柏木(このままではかぐやさんがストーカーになってしまう…なんとか止めないと…)


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 00:56:24.20 ID:qde35+z30

柏木「そうですね。やっぱり根本的には交流を増やすことが一番の解決になると思います。まさか24時間監視するわけにもいきませんし」

かぐや「24時間監視はやっぱろ駄目でしょうか?」

柏木「え?」

かぐや「いえ、何でもありません」

柏木「まさかかぐやさん…」

藤原「あれ~?かぐやさんと柏木さんまた恋愛相談ですか?」

かぐや「あ、藤原さん」

柏木「あ、うーん、実はかくかくしかじかで…、藤原さんはどう思いますか?」

藤原「え~?まだ付き合ってないのに自分以外の女性との交流を把握したがってるんですか…?」

かぐや「ええ、そうなりますね…」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 00:57:12.55 ID:qde35+z30

藤原「ストーカーですね!」

かぐや「!?」

藤原「本人に悪気が無ければ何をやってもいいというわけじゃありません!」

藤原「そもそも相手が誰と交流しようが本人の自由です。気持ちは分からなくもないですが相手に承諾も得ずに調査をするなんて最低!」

藤原「犯罪ですよ!」えっへー

かぐや「そ、そんな…」

柏木(たしかにこれは正論…!)


………
……


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 00:57:56.91 ID:qde35+z30

かぐや「わ、私が会長のストーカー…?」

柏木(かぐやさん、また主語を隠す余裕が…)


柏木「かぐやさん!と、とにかくですね!付き合っちゃえばいいんですよ!」

かぐや「え?」

柏木「付き合ってさえしまえば、大抵の行為はちょっと行き過ぎた愛情表現で許されます!」

かぐや「な、なるほど」

柏木「付き合ってさえしまえば、携帯の待ち受けが自分でないことを責めることもできますし、他の女の子と話してる事に対して不機嫌になることも当然!」

柏木「そもそもその彼氏が誠実であれば彼女ができた時点で浮気の可能性はがくんと下がります。」

かぐや「確かに…!」

柏木「さらに言えば朝夕の挨拶メールを要求することも、毎晩特に用事がなくとも電話での会話を要求することも可能です!」

かぐや「24時間監視も許される…?」

柏木「それは許されません!行き過ぎは御法度です!」

………
……


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 00:59:03.89 ID:qde35+z30

かぐや「早坂!分かったわよ!会長の浮気対策が!」

早坂「浮気じゃないですけどね」

かぐや「会長とつ、付き合ってしまえばいいのよ!」

早坂「ほう!」

かぐや「決して私が付き合いたいわけじゃないけれど、会長を悪い虫から守るためには仕方ないわ…」

早坂「もはやなんだかよくわかりませんがなるほど」

かぐや「だから会長から私に告白させなければ!私に言い寄る男がいるという偽の情報を流せば会長は告白してくるに違いないわ!」

早坂「1㎜も話が進んでないじゃないですか」

かぐや「前の時はラブレターだけだったから弱かったのよ、今回は実際に男役を用意して…」

早坂「どなたか当てがあるんですか?」

かぐや「もちろん、変な男に言い寄られるのは嫌だもの」

早坂「…私には思いつきませんが、役者でも雇いますか?」

かぐや「だから、変な男は嫌だといったじゃない」

早坂「…?」

かぐや「早坂が男装してくれれば…あなた美形だし」

早坂「いい加減にして下さい」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 01:01:10.03 ID:qde35+z30

おわり


もともと早坂さんと会長が仲良くなる話を書きたくなって書き始めたけど跡形もない
会長に至っては出て来てすらいないし



『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿