TOP > アイドルマスター > 真美「兄ちゃんに言いたいことがあるんだ……」モジモジ

真美「兄ちゃんに言いたいことがあるんだ……」モジモジ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20(金) 07:32:36.39 ID:Td0ky1Qr0

P「ん?なんだ?」

真美「あ、あのね!実は……」

雪歩「おはようございます!」

P「おはよう雪歩」

真美「あっ……」タタタ

P「あ、おい真美!」

雪歩「どうかしたんですか?」

P「さあ?」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20(金) 07:38:07.07 ID:Td0ky1Qr0

真美「また言えなかった……」

春香「またダメだったの?」

真美「うん……いつもみたいなテンションで話しかければ良かったんだけどさ……」

春香「大丈夫!次があるよ!」

真美「そうだよね!いけるいける!」

春香「よし、じゃあいってみようか!」

真美「うん!」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20(金) 07:42:50.29 ID:Td0ky1Qr0

真美「兄ちゃん!」

P「今度はどうした?」

真美「あのね!兄ちゃんに言いたいことがあるんだよ!」

P「なんだ?」

真美「あのね!実はね!」

P「………」

真美「えっと……その……」

P「?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20(金) 07:46:25.23 ID:Td0ky1Qr0

真美「あう……」タタタ

P「あ、おい!」

P「なんなんだ?」


春香「あーあ」

真美「うう……ダメだったよ……」

春香「よしよし」

真美「兄ちゃんと話そうとするとドキドキするんだ……」

春香「想いを伝えるんでしょ?頑張って!」

真美「うん……」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20(金) 07:52:26.48 ID:Td0ky1Qr0

P「じゃあ営業行ってくるか……」

春香「今日のラストチャンスだよ!頑張って!」

真美「うん!兄ちゃん!」

P「お、真美ちょうど良かった!一緒に仕事向かうぞ!」

真美「えっ?あ、うん!」

春香「逃げ場が無くなったね……」

真美「うん……」

P「?」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20(金) 07:58:12.07 ID:Td0ky1Qr0

真美「………」

P「どうしたんだ真美?」

真美「ふぇ!?なんでもないよ!」

P「最近ずっと様子がおかしいし、大丈夫か?」

真美「真美は元気もりもりだよ兄ちゃん!」

P「ならいいんだが……」

真美(兄ちゃんに言わなきゃ……!好きだって!言わなきゃ何も変わらない……)


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20(金) 08:06:34.32 ID:Td0ky1Qr0

真美「あ、あの……」

P「真美、俺は真美のプロデューサーだ
真美のことをもっと知りたいんだ
真美が悩んでるなら相談してくれ」

真美「うん……」

P「真美、大丈夫俺はお前を裏切ったりしない」

真美「うん、知ってるよ……」

P「いつでも良いからな」

真美「………」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20(金) 08:12:19.48 ID:Td0ky1Qr0

真美「結局出来なかったよー!」

春香『そっかー、やっぱり出来なかったか……』

真美「大体言おうとしたときに被せて来たんだよ!?優しくて好きだけど!」

春香『ならいいよ、大丈夫取られない』

真美「強敵ミキミキがいるからね……どうだか」

春香『あ、ごめんね、他の人から電話きたから終わるね』

真美「むう……」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20(金) 08:17:56.25 ID:Td0ky1Qr0

春香「もしもし」

P『あ、春香か?やっぱりダメだったよ
うまくいかないもんだな告白って』

春香「そうですか……」

P『というか真美相変わらず可愛いな!なんか悩んでる姿も可愛い!

春香「切っていいですか?」

P『まあ待て、俺の告白手伝ってくれる約束だろ』

春香「確かに言いましたけど……」

P『じゃあ作戦を考えてくれ』

春香「自分で考えてくださいよ……」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20(金) 08:26:52.35 ID:Td0ky1Qr0

P『俺の作戦はこうだ』

春香「………」

P『まずちょっとおしゃれなレストランにいくんだ
そこで俺は真美に料理のアピールをする
そうするとどうなる?
真美は飽きて食べ始めるんだ
可愛いよな』

春香「………」

P『次はドライブをするんだ
綺麗な町を一緒に見てまわる
そうするとどうなる?
真美は飽きて寝始めるんだ
可愛いよな』


春香「………」

P『最後は途中で寄った海沿いで告白するんだ
そこで指輪を取り出す
そうするとどうなる?
真美は俺を振ってどこかにいくんだ
うわああああああん!』

春香「妄想のなかで振られないでくださいよ……」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20(金) 08:36:15.86 ID:Td0ky1Qr0

P『とにかく助けて欲しい』

春香「はあ……その作戦にしたらいいと思います」

P『無理言うなよ!無理無理!』

春香「だったら普通に告白すればいいんじゃないですか?」

P『そんなこと言ったって振られるのがオチだろ!』

春香「面倒くさいですね……」

P『とにかく考えてくれよ!』

春香(いっそのこと全部言おうかな……?)

春香「わかりました、じゃあ作戦考えます」

P『頼むぞ!』


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20(金) 08:45:57.83 ID:Td0ky1Qr0

春香「真美、今日一緒にレストランいかない?(棒)」

真美「いいねー(棒)一緒に食べようよ(棒)」

春香「プロデューサーさんもどうですか?(棒)」

P「いいのか?(棒)じゃあいこうかな(棒)」

真美(えっ本当に!?やった!)

P(一緒にご飯食べる作戦…!真美は知らないけどよっしゃあ!)

真美(一緒にご飯食べる作戦…!兄ちゃんは知らないけどやった!)

春香(この茶番よ)

美希「美希もいきたいの!」

三人「………!?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20(金) 08:51:09.90 ID:Td0ky1Qr0

美希「だってみんないくんだよね?だったら美希もいかないと不公平だと思うな」

P「え……でもなあ?(真美と二人っきりになるチャンスが……)」

春香「えぇ~(せっかくうまくいきそうなのに邪魔が……)」

真美「うーん(やはり強敵ミキミキ……!)」

美希「ねえいいよね?」

三人「………」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20(金) 08:58:54.36 ID:Td0ky1Qr0

美希「まだかな~」

P「もうすぐだ」

真美「ぐぐぐ……」

春香「(結局いくことになった……)」

P「着いたぞ」

美希「やったの!みんないくよ!」

真美「むむむ……」

春香「作戦を新しく考えないと……」

P「どうするか……」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20(金) 09:06:39.93 ID:Td0ky1Qr0

P「何にする?」

美希「じゃあ美希はこれにするの!」

真美「真美はこれかな」

春香「私はこれで」

P「じゃあ俺はこれで………」

店員「かしこまりました」

美希「~♪」

春香「(どうしよう……)」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20(金) 09:13:40.49 ID:Td0ky1Qr0

美希「おいしいの!」

真美「………」モグモグ

P「………」モグモグ

春香「………」モグモグ

春香(完全にお通夜状態だね)

美希「みんな元気ないね?どうしたの?」

三人(お前のせいだよ!)


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20(金) 09:22:09.44 ID:Td0ky1Qr0

美希「美味しかったの!」

真美「そうだね……」

P「そうだな……」

美希「じゃあ美希帰りたいの、よろしくね!」

春香(好き放題だね)

P(結局告白出来なかった)

真美(……やはり強敵)


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20(金) 09:32:50.00 ID:Td0ky1Qr0

P「着いたぞ美希」

美希「ありがとうなの!じゃあね~!」

P「おう、明日ははやいから気を付けろよ」



春香(あれ?ひょっとして今チャンスじゃない?)

春香「プロデューサーさん!こっからだと駅の方が近いです!」

P「なにいってんだ、真美の家の方が近いだろ」

真美「そうだよはるるん!」

春香(気づけよ!)

おわり



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿