TOP > ガヴリールドロップアウト > ガヴリール「世界の終わりを告げてみたい」

ガヴリール「世界の終わりを告げてみたい」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:34:22.792 ID:IiKTitasd

ガヴリール「最初に言っておく、このSSは適当に雑談しているだけの中身の全く無いスーパー適当なSSだ」

ガヴリール「あと原作とアニメで所々に設定の違いなどがあるが、ここでは原作を準拠にしている」

ガヴリール「以上の事を踏まえて暇な奴だけ読んでみるといい、では始めるぞっ!」



3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:34:55.810 ID:IiKTitasd

ガヴリール「なんかもうダルすぎ……もういいだろ人間とか」

ガヴリール「だいたい人口多すぎなんだよ、人間とかこんなにたくさんいらなくね?」

ヴィーネ「あんた何言ってんのよ……なに哀愁な感じ出してんのよ」

サターニャ「ガヴリール、私と勝負しなさいっ! なーっはっはっはっ!」

ラフィエル「やさぐれてるガヴちゃんも可愛いですね……胸乗せちゃいまーす♪」

ガヴリール「お前らほんと愉快で騒がしいな……私はネトゲで時間を潰したいんだよ」

タプリス「天真先輩っ! 私も少しはパソコン使えるようになったのでネトゲのお手伝いします!」

ガヴリール「お前は壊滅的にゲーム下手くそだから、そういうの別にいいよ……」


4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:35:17.459 ID:IiKTitasd

ヴィーネ「もう、タコ焼き作ってあげるから元気出しなさいよ」

ガヴリール「でも天真流は受け継いでくれないんだろ? ヴィーネってケチだよな」

ヴィーネ「そんなよく分からないものは遠慮するに決まってんでしょ!」

ラフィエル「タコ焼きはチーズやお餅を入れても美味しいんですよ」

ラフィエル「って言いましたが、むしろどっちかっていうとタコ自体が要らないですよね、タコ焼きって……」

ガヴリール「タコの入ってないタコ焼きはタコ焼きじゃないだろ、タコ焼きに謝れ!」

サターニャ「ねー、暗黒鍋やりましょうよ、絶対楽しいからさー」

ガヴリール「お前一人でやってろ、暗黒物質とか食べれるような奴はお前しかいないんだよ」


5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:35:40.465 ID:IiKTitasd

ラフィエル「そういえば最近、気付いた事があるんですが……」

ヴィーネ「なによ、洗濯機に長時間放置した洗濯物が臭くなるのは、洗剤の問題でもあるのよ?」

ラフィエル「いえ、そうではなく……私の右隣の席の女の子、結構可愛くないですか?」

サターニャ「いや何よ……誰の事だかさっぱり分からないんだけど」

ガヴリール「2巻14話目の冒頭で確認できるな……たしかに結構可愛いかも?」

ヴィーネ「何々……ショートカットの女の子ね、あれ? これラフィより可愛くない?」

ラフィエル「いえ、流石にそれはないでしょう……ない、ですよね?」アハハ

サターニャ「んー、ラフィエルより可愛くない? 試食部トリオよりは可愛いと思うわ」

ラフィエル「いやそれは無いです、私の方が絶対可愛いですよ、ってか可愛いってことにしといてくださいよ」


6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:36:03.050 ID:IiKTitasd

ガヴリール「この作品、何気にモブの女の子が可愛かったりするよな」

サターニャ「商店街の福引きのお姉さんも可愛いわよね」

ヴィーネ「体育の先生も可愛いわよね」

ラフィエル「天使の女の子は全員ガヴちゃん並の可愛さですね」

タプリス「新村さんも可愛いですよね!」

ガヴリール「そうそう新村さん……って、誰だよ新村さんって!」

ヴィーネ「っていうかタプちゃん居たんだ……」

タプリス「いや、最初から居ますし! 存在を忘れないでくださいよ」

サターニャ「……で、誰なのよ新村さんって?」

ラフィエル「4巻37話に出てきた図書館の職員さんですね、よく見ると名札に新村って書いてあります」


7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:36:23.519 ID:IiKTitasd

ヴィーネ「てっきり新キャラかと思ったわよ、新村さん」

サターニャ「ちゃんと名前のあるモブって珍しいわね、新村さん」

ガヴリール「たまたま名札が見えたから名前が判明したモブだな、新村さん」

タプリス「新村さんを悪く言わないでください! 新村さんは美人で優しい人なんですよ!」

ラフィエル「図書館の受付の女性の方も、中々の美人さんですね」

サターニャ「ねえ、37話っていえば看板に犬が描かれてるけど、あれいつも私を狙ってる犬っぽくない?」

ヴィーネ「うーん、似てるかも? ってことは、原作で犬は2回登場している……?」

ガヴリール「看板なんだし、ぶっちゃけどっちでもいいわ」


8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:36:45.978 ID:IiKTitasd

ヴィーネ「そういえば犬じゃないけど、あの猫ってどうしたのよ? サターニャ」

サターニャ「面接の時のあの猫? あんなの私の手に掛かれば懐かせるのは簡単よ!」

ガヴリール「『サターニャ』って言うぐらいだから、実は猫なのかお前?」

ラフィエル「犬には四苦八苦しても、同類の猫には慕われているんですかね、サターニャさん」

ヴィーネ「よく口が、ωっていう猫になってるから、ネコ科よねサターニャって」

タプリス「天の邪鬼なところとか、ほんと猫ですよね胡桃沢先輩って」

サターニャ「だぁー、私は猫じゃないって! 私のモチーフはサタナキアっていう恐ろしい悪魔なのよ!」


9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:37:06.343 ID:IiKTitasd

ラフィエル「『サタナキア』とは、ヨーロッパの伝承に伝わる悪魔の1人」

ラフィエル「その能力は……あらゆる女性を意のままに従わせる力、とか書いてますねWikiに」

ヴィーネ「何その能力、あんたそんな悪魔が元ネタだったの?」

ガヴリール「まだ元ネタがサタンの方がマシだったな……その能力は百合漫画において強すぎるだろ」

タプリス「あくまでただのモチーフであって、サタニキア≠サタナキアですよね?」

サターニャ「なによ、この漫画の結末は私が大悪魔になって人間を支配するエンドに決まってるじゃない!」

サターニャ「なら百合漫画であるならば、あんた達全員私の支配化に収まってハッピーエンドよ!」

ガヴリール「いやそんなエンドねーから、私が主人公なんだし」


10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:37:28.499 ID:IiKTitasd

ガヴリール「そういえばヴィーネって、割とサターニャのこと大好きだよな」

ラフィエル「よくヴィーネさん=ガヴちゃん大好きって言われますが、よく見ればサターニャさんの事も毎回気にしてますよね」

タプリス「私ともフラグ立ってますよね、月乃瀬先輩っ♪」

ヴィーネ「そういえば毎回全力でサターニャの味方をしているわね、ガヴには結構厳しいんだけど」

サターニャ「ヴィネットっていつも無条件で私の味方してない? 海の時も、面接の時も、テストの時も」

サターニャ「私がどれだけ馬鹿な事やってても、嫌な顔された事、ただの一度も無いんだけど」

ガヴリール「私に対してはよく嫌な顔するよな、っていうか調理実習では私ボコってたよな、お前」

ヴィーネ「あれはあんたが悪いんでしょ! でも、そうね……まあサターニャは素直なんだし?」


11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:37:50.264 ID:IiKTitasd

ガヴリール「調理実習の時、サターニャって名付けてみただけの魚を切れなかったよなお前」

ラフィエル「クリスマスの時もサターニャさんの事ばっかり考えてましたねっ」

サターニャ「1話目から最新話まで全部チェックしてみたんだけど、本当に私の味方しかしてないわねヴィネット」

ヴィーネ「いやだって海行くって行ったらガヴは行けば? とか言うけど、サターニャは本当に喜んでくれるし」

ヴィーネ「ハロウィンとかガヴは誘っても素っ気ないし、衣装も自分から着てくれないけど、サターニャはノリノリだし」

ヴィーネ「服装を着崩してもガヴは気付いてくれないけど、サターニャの方は気付いてしかも褒めてくれるし……」

ヴィーネ「こんな事が続けば多少はサターニャに対して甘くもなるわよ、私も」


13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:38:11.553 ID:IiKTitasd

ガヴリール「っていうかサターニャに対してはめちゃくちゃ甘いだろ、お前……私に対しても多少はその甘さを分けてくれよ」

ラフィエル「天界のゲートの時に『うちのサターニャがご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでしたっ!』ですからね」

サターニャ「実は私と結構フラグ立ってるのかしら? ヴィネットって」

タプリス「いや、月乃瀬先輩が作中で無条件で全力の好意を向けているのは私ですから……」

ヴィーネ「百合的な意味でフラグ立ってたのは聖ガヴね、手を握られてドキッ!としているからね」

ガヴリール「出会った頃は本当に甘酸っぱい百合空間を作ってたよな、私たち……」

ラフィエル「ツッコミが趣味のヴィーネさんですからね、本業のために今はこうしているのでしょうか」

ヴィーネ「いやだから別に趣味でツッコんでるわけじゃないからね?」


14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:38:32.032 ID:IiKTitasd

ヴィーネ「そういえばこの漫画って、作者がけいおん好きで、けいおんを真似て作られてるって話もあるわね」

ガヴリール「私のシャツの変な文字とか、そうだよな」

ラフィエル「私のキャラは、大体想像付きますね」

サターニャ「ヴィネットも分かる、となると私は……ドラムの子?」

ガヴリール「まあ、おバカだからなお前」

ラフィエル「元気があるのは良い事だと思います」

タプリス「私は後輩だから……あのギターの子?!」

ヴィーネ「ごめんタプちゃん、それは無いと思うわ……」


15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:38:56.435 ID:IiKTitasd

ラフィエル「作品中で出てきたペットや動物の中でしたら、あの猫ちゃんってかなり可愛い部類ですよね」

ヴィーネ「いやチャッピーもあれはあれで可愛いわよ?」

サターニャ「アレキサンダーも結構可愛いわよ?」

ガヴリール「ハニエルもなかなか可愛いぞ?」

タプリス「天真先輩、その子はペットや動物の類いじゃないと思うんですが……」

ラフィエル「まあ、なんだかんだであの犬も結構可愛いと思うんですけどね」

ヴィーネ「あの犬って結局、まだ名前が無いのよね」

ガヴリール「そういやあの犬、メロンパンなんて食べてても大丈夫なのか?」

ガヴリール「気になって『犬 食べてはいけないもの』でググッたら、メロンパン食べちゃダメって書かれてたんだけど……」

サターニャ「あの犬は色々と常識を超えているから、たぶん大丈夫なんでしょ、たぶん」


17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:39:17.144 ID:IiKTitasd

ガヴリール「クラスにさ、眼鏡上野と田中星人ってのがいるじゃん?」

ヴィーネ「田中さんでしょ、星人じゃないわよ!」

サターニャ「そうよ、二人共たぶん人間よ」

ラフィエル「その二人がどうしたんですか?」

ガヴリール「いや、なんか同じクラスだって言うからそれっぽいの探してみたんだけど……」

ガヴリール「田中星人っぽいのは見付かったんだけど、眼鏡上野が見付からないんだよな」

ガヴリール「少なくとも眼鏡上野は二年生から同じクラスってことになるな」

ヴィーネ「そんな断定出来るものなの?」


18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:39:37.666 ID:IiKTitasd

ガヴリール「前提として、まず1クラスの人数は多くて25人だ」

ガヴリール「これは1巻3話目12ページ目の1コマ目を見れば、横列が5席であることが分かる」

ラフィエル「3列目が教壇のセンターに来てますから、横が5列で間違いなさそうですね」

ガヴリール「縦列は5巻38話10ページ目の1コマ目を見れば、5席であることが分かる」

ヴィーネ「ガヴは最後尾だから、確かに縦は5席ね」

サターニャ「つまり、この教室の正体は5席×5席の1クラス25人だってことね!」

タプリス「作者が適当に書いてる可能性もあるんじゃないですかね……」

ラフィエル「10話目4ページ目を見れば一目瞭然です、ちゃんと5席×5席で設定が定まってるみたいですよ」


19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:39:59.709 ID:IiKTitasd

ガヴリール「まあ細かい可能性的なのは置いといて、前提として1クラス25人だとすると」

ガヴリール「1年生の期間中に登場した背景モブの数が大体その数くらいっぽい」

ガヴリール「そしてその中に眼鏡上野っぽいのはいない」

ガヴリール「よって少なくとも眼鏡上野は二年生になってから同じクラスになったと考えられる」

タプリス「なんという無駄な考察……暇人すぎませんかね?」

ヴィーネ「MAX25人とすると、モブも数えればそれくらい登場しているわね……」

サターニャ「実はクラスメート、よく見れば作中で全員登場しているのかしら?」

ラフィエル「ガヴちゃん、ヴィーネさん、サターニャさん、委員長を除けばモブ枠は21人が限界ですね」


34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:52:00.464 ID:IiKTitasd

ガヴリール「よく見れば髪を後ろに2本で縛った子がクラスメートモブとして結構登場してるな」

ラフィエル「3話12ページ目、5話11ページ目、13話4ページ目、22話4ページ目と5ページ目と7ページ目にいますね」

タプリス「暇人なんですね、分かります」

サターニャ「これだけ登場しているなら、この子に名前があってもいいんじゃないの?」

ヴィーネ「名前といえば、22話の美術室の話で最後のコマに鈴木って名前が見えるわね」

ガヴリール「ああ、クラスメートには鈴木って名前の男がいる」

ガヴリール「22話の5ページ目の右側にいるのが鈴木のデッサンした相方っぽい」

ラフィエル「委員長とサターニャさんの間にいるのが鈴木君って事ですね」

ガヴリール「ああ、ここで新事実『クラスメートには黒髪短髪の鈴木って名前の奴がいる』だ」


21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:40:43.566 ID:IiKTitasd

ヴィーネ「黒髪短髪の男の子ってだけじゃ全く判断付かないわよ、鈴木君」

サターニャ「後ろ姿だから、後ろ髪が丸っぽいみたいな事しか分からないわね」

ラフィエル「でも、こうして見ると面白いですね、7ページ目のサターニャさんに隠れてる人が鈴木君って分かりますし」

ガヴリール「22話の美術室回はクラスメートの生態がよく分かる回だ、無駄な考察をするには楽しいぞ」

タプリス「暇人なんですね……」

ガヴリール「3話12ページ目に鈴木の相方っぽいのがいる、一緒に喋ってる奴が鈴木じゃね?」

サターニャ「後ろ姿だけど、イケメンっぽい雰囲気出してるわね」

ヴィーネ「クラスメートの鈴木君は顔が長い……?」

ラフィエル「クラスメートモブは21人しかいないはずですから、よく見ればある程度は絞れちゃいますよね」

タプリス「暇人なんですね……」


23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:41:05.998 ID:IiKTitasd

ガヴリール「イケメンっていえば、6話で喫茶店に来た男が相当のイケメンじゃね?」

サターニャ「若い男一人で喫茶店、注文はアイスキャラメルマキアート……渋いわね」

ラフィエル「服装はシンプルですが、センスは悪くないですね」

ヴィーネ「背景に何があるのか、どんな生活をしているのか想像が膨らむわね」

タプリス「作中のイケメン度ナンバーワンかもしれませんね、二番目は胡桃沢さんの弟で」

ラフィエル「三番目は天界のゲートの方ですかね、わりと作中の男性陣ってみんなイケメンですよね」

ガヴリール「グラサンだって、あれはあれで渋くてカッコいいと思うぞ」


24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:41:27.710 ID:IiKTitasd

ガヴリール「喫茶店といえば、カツカレーの900円って高くね? 学食だと390円だぞ」

ヴィーネ「どこでそんな情報分かるのよ……学食は4話目の券売機見れば分かるけど」

ラフィエル「喫茶店のメニューは27話5ページ目を見れば、実は一覧が全部載ってますね」

サターニャ「800円か900円か分かりづらいけど、どっちかっていえば900円かしら?」

タプリス「暇人なんですね……」

ガヴリール「実はこの喫茶店、ケーキが置いてない事が判明している」

ガヴリール「普通、喫茶店っていえばケーキとかメニューに置いてね?」

ヴィーネ「壁のメニュー表に書いてないだけで、テーブルのメニュー表には書いてあるかもしれないわよ?」

ラフィエル「カツカレーとかサンドイッチとか書いてて、ケーキは書いてないっておかしくないですか?」

ラフィエル「可能性的には、本当にこの喫茶店にはケーキが置いてないって方が高いと思います」


25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:41:50.967 ID:IiKTitasd

サターニャ「実は胡桃沢洋菓子店と提携するための伏線だったら面白いのにね」

ヴィーネ「作中でケーキを注文しているセリフも、テーブルにケーキを置いてる描写も無いわね」

ラフィエル「ケーキって言えば、クリスマス会でサターニャさんの手掛けたケーキ、あれちょっとレベル高すぎません?」

ガヴリール「20話の最後のページのあれな、波線に点々とか、星のマークに中央トナカイとか、文字にコウモリマークとか」

ガヴリール「リアルでケーキ屋行って色々見てみたけど、まじであんなレベルのケーキとか置いてなかったぞ」

ラフィエル「有り合わせの家のケーキで、あんなの作るとかセンスの塊ですよね」

サターニャ「味覚オンチって設定が無ければ、私が料理最強になっちゃうからね、仕方ないわよね」

タプリス「味覚オンチ設定が足を引っ張りすぎですよ、それさえ無ければ本当にケーキ作りでは最強だったかもしれないのに」


26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:42:12.621 ID:IiKTitasd

ヴィーネ「ガヴのバイトと言えば、あれ時給850円なのよね」

ガヴリール「高校生のバイトなんてそんなもんだろ、まあ850円であんな格好させて接客させてんだからケチだよな」

サターニャ「判明している中だと、ガヴリールの電話先が080で始まってるって情報ね!」

ラフィエル「6話目のガヴちゃんバイト回に、色々と情報が散らばっていますね」

タプリス「暇人なんですね……」

ガヴリール「家の固定回線ではなくスマホの連絡先を書いてる辺りから、実は私の家には固定電話が無い可能性が高いな」

ラフィエル「今時は固定回線を持ってない事は珍しくないですからね」

ヴィーネ「作中で固定電話を使ってる描写は一つも無いし、まあ家に固定電話なんて設置する理由も無いからね」


27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:42:36.235 ID:IiKTitasd

サターニャ「履歴書の住所の所、ボカしているけれど……あれって特定しようと思えば特定できるんじゃないの?」

サターニャ「だってリアルの静岡県浜松市に、モデルとなったリアルのアパートがあるんでしょ?」

サターニャ「部屋の番号は204……これは1話の14ページ目に描かれているわ」

ガヴリール「特定とか止めろよ、怖いから……」

ラフィエル「聖地巡回とかしている方々には、私たちの住所がバレてしまっているのかもしれませんね」

ヴィーネ「アニメとか本当にリアルの場所を元ネタにして描いているからね……聖地巡回は割と楽しいわよ?」

タプリス「間違ってもリアルで勝手に合鍵作ったり、ピッキングして無断侵入したら駄目ですからね?」


28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:42:57.124 ID:IiKTitasd

ガヴリール「そういえばタプリスって宇宙服持ってるじゃん? 天界特製だとかなんとかの」

ガヴリール「あれって何なの? 実は天使は宇宙までカバーしているって事なの?」

ヴィーネ「酸素濃度とか計っていたわね……あれって天使でも酸素は必要って事なのかしら?」

ラフィエル「実は月とかまでカバーしているのかもしれませんね、天使たちは」

タプリス「いや、べつにあれは宇宙服と決まったわけじゃ……」

サターニャ「いや、どう見ても宇宙服でしょ……むしろあれが宇宙服じゃなかったら逆にビックリよ」

タプリス「深い意味は無い、単にただの一発ギャグで描いただけだと思いますが……」

サターニャ「あれで一つ分かった事は、おそらく天使でも酸素は必要ってことね!」


29: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:43:19.335 ID:IiKTitasd

ガヴリール「天使の設定といえば、実は神様っていう存在が作中でちゃんと仄めかされているよな」

ガヴリール「8話3ページ目ではっきりと神様っていう奴を名指しで批判しているからな、私」

ラフィエル「あのセリフをそのまま受け取ると、太陽や地球などを調整して神様が季節を作ってるって話になりますね」

タプリス「単に気分でそういうセリフを言ってみただけなんじゃないですかね……」

ヴィーネ「21話の初詣回で神のご加護を受けて宝クジを当てたとか言ってたわね、あんた」

サターニャ「あんた運命とかクジとか操作出来るのよね? 二年になっても相変わらず角端の席だとか、あれもなの?」

ラフィエル「私たちが二年生でみんな同じクラスなのは、実はガヴちゃんの操作である可能性が高いですよね」

ヴィーネ「7億の宝クジをあんな簡単に当てられるあんたなら、それくらいわけないわよね」

タプリス「なんだかんだみんなと一緒に居たいんですよね、天真先輩って」

ガヴリール「うるせー、ただの偶然だろ……たぶん」


30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:43:41.209 ID:IiKTitasd

サターニャ「ねーねー、ところでこの問題が解けないんだけど」

サターニャ「y=x²-2x+tがx軸と異なる2点で交わるような範囲を求めよ」

ヴィーネ「何々……これ、12話の夏休み宿題回でサターニャが自力で解くことを諦めた問題ね」

ガヴリール「この問題、普通に難しくね? 世間でサターニャをバカにしてる奴等はもちろんこの問題解けるんだよな?」

ラフィエル「高校生で普段からグラフとか勉強している方なら見慣れた数式ですが……」

ラフィエル「数字とか触らなくなった社会人の方には、この問題解けないかもしれませんね」

タプリス「答えはt<1……詳しく知りたい方はグーグル先生にでも聞いてください」

サターニャ「私は3コマで諦めて『これは無理ねっ』って言ってるけど、これ割と妥当じゃない?」

ガヴリール「もう少し粘れよ、ってツッコミ入れたけど、そもそも粘って分かるような問題じゃないかもしれないな」


31: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:44:02.058 ID:IiKTitasd

ヴィーネ「数学といえば、あのグラサンが数学教師なのよね」

ガヴリール「委員長は暗算が特技とか言ってるな……あいつら数学マニアとしてコンビ組めるんじゃね?」

ラフィエル「委員長×グラサンのSSは今まで誰も書いたことありませんね、需要は全く無さそうですが」

サターニャ「書いても誰得すぎるわよ、そんなSS」

タプリス「そもそもこのSSだって中身無さすぎじゃないですか? 目的が分かりませんし」

ガヴリール「これはあれだ、要するに暇でしょうがなかったんだよ……」

ヴィーネ「あー、確かに暇ねぇ……スーパー適当にSSでも書いてみるかって気分にもなるわね」


32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:44:25.811 ID:IiKTitasd

ガヴリール「あー、つまんね……リアルにサターニャみたいな奴がいたら面白いのに」

ラフィエル「ドーナツ……」

ラフィエル「ドーナツあったらいいなって」

ガヴリール「ああ、取り外し可能型ドーナツな」

ヴィーネ「メロンパンでも買って来ましょうか」

サターニャ「暇すぎて世界の終わりでも告げてみたくなるわね」

タプリス「誰かもっとSSとか書いてくださいよ……」


33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15(水) 21:44:45.886 ID:IiKTitasd

終わり
暇すぎて書いた、反省はしていない



『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿