TOP > 月刊少女野崎くん > 野崎「メイトリックス、ここにベタしてくれ」メイトリックス「OK!!」

野崎「メイトリックス、ここにベタしてくれ」メイトリックス「OK!!」

1: ◆LYNKFR8PTk 2016/10/20(木) 22:57:57.38 ID:QKDwODH40

ドカアアアアアン!!!

野崎「」バタッ

佐倉「野崎くううううううううううん!!!」


2: ◆LYNKFR8PTk 2016/10/20(木) 22:58:37.96 ID:QKDwODH40

野崎梅太郎。 190センチ、髪は黒、筋肉モリモリマッチョマンの漫画家だ。


3: ◆LYNKFR8PTk 2016/10/20(木) 22:59:06.79 ID:QKDwODH40

メイトリックス「なんでこのキャラが鈴木三郎なんだ? 鈴木マミ郎にすればすっきりするのに」

佐倉「もーメイトリックスさんったら古いんだ」

野崎(そのツッコミは正しいのか……?)


4: ◆LYNKFR8PTk 2016/10/20(木) 22:59:34.27 ID:QKDwODH40

佐倉「そしたらその時野崎くんがね……」

御子柴「おう」









佐倉「この間野崎くんがね……」

御子柴「お、おう……」








佐倉「多分野崎くんは……」

御子柴「……」










佐倉「あ!! 確か野崎くんも……」

御子柴「野崎野崎うるせえよ!!」

佐倉「!! ご、ごめん……」

御子柴「……今度野崎の話をしたら口を縫い合わすぞ」

佐倉「そこまで!?」


5: ◆LYNKFR8PTk 2016/10/20(木) 23:00:07.27 ID:QKDwODH40

野崎「堀先輩、背景お願いします」

堀「おう……つーか野崎、お前もそろそろ背景描けるようになれよ」

堀「俺もそろそろ受験で来れなくなるからな」

野崎「……すいません」

メイトリックス「心配いらない、俺がいる」

堀「メイトリックス……描けるのか?」

メイトリックス「試してみるか? 俺だって元コマンドーだ」

堀「いや、関係ねぇだろ」

スラスラ……

メイトリックス「どうだ」

堀「おま……野崎より下手くそじゃねーか!!」

メイトリックス「描いてるのは左手だ。 利き腕じゃないんだぜ」

堀「利き腕で描けよ!!」


6: ◆LYNKFR8PTk 2016/10/20(木) 23:00:54.87 ID:QKDwODH40

堀「しっかし……鹿島には参ったな」

野崎「何かあったんですか?」

堀「あいつ、最近部活に来なくてよ」

堀「毎日サボってばっかなんだ」

メイトリックス「!!」ギクッ

堀「……どうしたメイトリックス」

メイトリックス「な、なんでもない……」

メイトリックス「……」













メイトリックス『俺の言う通りにしろ』

鹿島『ダメだよ!! 今日この後部活あるもん!!』

メイトリックス『今日は休め!!』


7: ◆LYNKFR8PTk 2016/10/20(木) 23:01:25.43 ID:QKDwODH40

瀬尾「よっしゃあああ!! 今日も暴れてやるぜーーー!!!」

若松「う、うわあああああああ!!」

メイトリックス「来いよ結月、ボールなんか捨ててかかってこい!!」

若松「! メ、メイトリックス先輩!!」

メイトリックス「さあ若松を離せ、一対一だ!!」

瀬尾「野郎、ぶっ殺してやる!!」

メイトリックス「地獄に堕ちろ、結月!!」












瀬尾「私の3連勝!!」

メイトリックス「くっ……」

若松(ゲームしてる……)


8: ◆LYNKFR8PTk 2016/10/20(木) 23:02:14.41 ID:QKDwODH40

ある日の夜、野崎の家

御子柴「野崎ぃ!! 俺はどっちを選べばいいんだ!!」

野崎「右の方だな、左はなんか面倒くさそうだし」

メイトリックス「なんだこれは」

御子柴「なんだよメイトリックス、ギャルゲーも知らねえのかよ?」

メイトリックス「ギャルゲー?」

御子柴「好きなヒロインを攻略すんだ」

御子柴「まっ、永遠のラブハンターの俺には全ヒロイン攻略なんて余裕だけどな」

メイトリックス「全ヒロインだと……? 攻略仕方をどこで習った?」

御子柴「説明書を読んだんだよ」

野崎(攻略本じゃないのか……?)


9: ◆LYNKFR8PTk 2016/10/20(木) 23:02:47.30 ID:QKDwODH40

カオリ『どうしたの? 何かあったら言ってよ』

メイトリックス「選択肢は『ぐっと我慢する』『愚痴る』『微笑む』……」

メイトリックス「……」

野崎「メイトリックス、ここは愚痴るだ。 自分だけに見せる弱さにヒロインはときめくはずだ」

メイトリックス「……そうか」ピッ

カオリ『メイトリックスくんって結構小さい人なんだね……』

野崎「なぜだ……この女の気持ちが全く追えない……」

御子柴「とりあえず女目線でギャルゲーやるのやめろよ……」

メイトリックス「……面白い女だな、気に入った。 攻略するのは最後にしてやる」

御子柴「後回しにするのかよ!!」


10: ◆LYNKFR8PTk 2016/10/20(木) 23:03:16.52 ID:QKDwODH40

カオリ『キャー!! 落ちるーー!!』

野崎「『右腕に変える』、『持ち上げる』、『手を離す』……」

メイトリックス「……」

御子柴「メイトリックス、どれを選ぶんだよ?」

メイトリックス「最後に攻略するといったな」

メイトリックス「……あれは嘘だ」

→『手を離す』

カオリ『ウワアアアアアアアアアア!!!』

御子柴「なんだこのオッサンの声!!?」

野崎「メイトリックス、攻略ってその意味で言ってたのか……」


11: ◆LYNKFR8PTk 2016/10/20(木) 23:03:43.93 ID:QKDwODH40

友田『困ったことがあったらなんでも聞けよな!!』



友田『3年間あっという間だったな! お前に出会えてよかったぜ!!』











野崎・御子柴「友田ああああああああああ!!!」

御子柴「お前……主人公の為にそこまで……」

野崎「なのに自分は……誰とも結ばれない……」

御子柴「このままじゃ……友田が可哀想だぜ」

野崎「友田は幸せになれないのか……」

メイトリックス「だったら描けばいいだろう!!」

野崎・御子柴「!!」


12: ◆LYNKFR8PTk 2016/10/20(木) 23:04:11.59 ID:QKDwODH40

野崎「そうだ、メイトリックスの言う通りだ……」

御子柴「俺達で友田を幸せにしてやろうぜ!!!」

メイトリックス「この手に限る」













次の日

佐倉「お邪魔しまー……」

野崎「」グッタリ

御子柴「」グッタリ

佐倉「何があったの!?」

メイトリックス「二人を起こさないでくれ。 死ぬ程疲れてる」


13: ◆LYNKFR8PTk 2016/10/20(木) 23:05:02.32 ID:QKDwODH40

佐倉「あれ、原稿がある……」

メイトリックス「これを描いてたんだ」

佐倉「どれどれ……」














友田『……』\デエエエエエエエエエン/

佐倉「マジで何があったの!!?」


14: ◆LYNKFR8PTk 2016/10/20(木) 23:05:32.59 ID:QKDwODH40

前野「恋しよっは僕が夢野先生の担当だった時に始まった漫画です。 宮前くんじゃありません。 僕のアイディアです」

前野「どうぞ読んでください。 いい展開でしょう、余裕の看板漫画だ。 格が違いますよ」

??「一番気にいったのは……」

前野「なんです?」














??→前野2号「タヌキかな☆」

終わり





『月刊少女野崎くん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿