TOP > シンデレラガールズ > 財前時子「この私に出来ないことはないわ」【モバマス】

財前時子「この私に出来ないことはないわ」【モバマス】

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:05:03.71 ID:it1cp3rJ0

キャラ崩壊注意


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/26(木) 00:06:00.54 ID:it1cp3rJ0

P「本当に?」

財前時子「当たり前でしょう?」

P「じゃあ俺の仕事を受けてみないか?それなりに金は払うぞ」

時子「お断りするわ」

P「なぜ?」

時子「金の為に働くなんて馬鹿みたい」

時子「働くってのは退屈を潰す為に決まってるわ」

P「…なるほど。まぁ、俺の仕事は退屈しないぞ?」

時子「…なかなかの自信ね。いいわ、聞いてあげましょう。貴方の、その仕事は何なのか」

P「…アイドル、やってみないか?」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/26(木) 00:06:55.46 ID:it1cp3rJ0

時子「…」

P「財前さん?」

時子「…アイドル?クックックック…アーッハッハッハ!!傑作だわ!」

時子「この私が!アイドル?」

時子「貴方、脳味噌は何グラム?面白い…いいわ!なってあげる!アイドルにね!」

P「なら話が早い。契約成立だな。勿論、退屈なんかしないようにしてやる」

時子「…。あぁ、そう言えば」

P「なんだ?」

時子「貴方、名前は?」

P「P、だ」

時子「Pね。そう。忘れるけど、いいわね」

P「ご自由に」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/26(木) 00:08:22.73 ID:it1cp3rJ0

・・・


\トキコサマー/\トキコサマー/\トキコサマー/

P「すごいな。電撃デビューでこの人気は」

時子「当たり前でしょ?私を誰だと思っているの」

P「女王様系アイドル、財前時子様、だな」

時子「…この世の全ては生きてる間の暇つぶしなんて思ってたけど…」

時子「フン。私に本気を出させるなんて面白いじゃない。これからも付き合ってあげるわ」

P「…」

時子「…何よ?」

P「いや、驚いただけだ。まさかお前からそんな言葉が聞けるなんてな」

時子「…フフ」

時子「クックック…貴方、目の付け所は良かったようね。この私にとってアイドルは天職だわ」

時子「アーッハッハ、時子様と呼びなさい!そう呼ぶことを許してあげるわ」

P「はいはい、トキコサマ。下僕たちが会場でお待ちですよ」

時子「いいわ、躾けてあげる。そのうち、貴方もね」

\トキコサマー!/\トキコサマー!/\トキコサマー!/

時子(ハァ…ゾクゾクするわ…私を待ってる下僕達に愛の鞭を振るってあげなければね…クックック♪嗚呼、たのし♪)


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/26(木) 00:10:26.73 ID:it1cp3rJ0

・・・

P「初ライブ、お疲れさん。大成功だったな」

時子「当たり前よ。この私に出来ないことはないわ」

P「それ、初めて会った時も言ってたな」

時子「あぁ、あの時ね。正気を疑ったわ。いきなり退屈しないからアイドルになれ、だなんて」

P「退屈してないだろ?」

時子「…まぁ、お陰様で」

P「あの時と変わってないか?」

時子「何が?」

P「自分に出来ない事はない、というその自信だよ」

時子「自信?何を言ってるの。事実、よ。私に出来ないことはないわ」

P「そうか、それを聞きたかった」

時子「?」

P「次の仕事だ。ほら」パサッ

時子「…」

時子「アァン!?」

P「どうした?出来ないことは、ないんだろう?それとも出来ないか?」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/26(木) 00:11:09.05 ID:it1cp3rJ0

・・・

向井拓海「はーい、たくみせんせーだぞ☆」

拓海「今日はときこせんせーと一緒にラヴラブスマイルでおいしーいケーキが出来ましたよー☆」

拓海「はーい、それじゃあみんなで!ばっちぐー☆」

時子「ば、ばっちぐー…」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/26(木) 00:12:15.41 ID:it1cp3rJ0

・・・

時子「ちょっと貴方!」

P「おう、お帰り。どうだった?」

時子「どうだった、じゃないわよ。何やらせてんよ!!!」

P「時子様に出来ないことはないんだろう?それとも、自分の発言を覆すか?」

時子「…下僕の分際で、何を生意気な」

P「あーあー。トキコサマ出来ないことがあったかー。特にアイドルなんて全然ダメだったか―。ライブも大成功だったのになー」

時子「ぐ…」

P「…で、だ。これ、次の仕事の資料だ。ちゃんと目を通しておくように」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/26(木) 00:13:17.81 ID:it1cp3rJ0

・・・

バラバラバラバラバラバラバラバラ

輿水幸子『ボボッボ、ボクはてっ、ててて天使なのでそ、そそ空から舞い降りますが』

幸子『ま、まっままさか本当に降りることになるとは、おっ、おお思いませんでしたよ! き、きき聞いてますかプロデューサーさん!』

P『あぁ、まぁ、天使だもんな。天使は空から降りてくるもんだ』

幸子『か、代わってあげてもいいですよ!ボクは優しいのd』

P『幸子』

幸子『べ、べべべちゅに怖くないですよ!!』

P『…時間だ』

幸子『ヒ、ヒィッ!』

P『天使になってこい!!』


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/26(木) 00:14:00.27 ID:it1cp3rJ0

・・・

P「あっはっはっはっは」

時子「笑い…事じゃ…ない…わよ…」

P「いや~、しかしすごいな。まさかやってのけるとは」

時子「私に…出来ないことは…ないわ」

P「うんうん。さすがトキコサマだ」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/26(木) 00:15:15.68 ID:it1cp3rJ0

・・・

時子「ガボゴボガボゴボボ!」

P「あーっひゃっひゃっひゃ!!」

時子「ぐ…この…」

P「いや、どこに行くんだ?」

時子「どこ、って。今日は私のライブでしょ」

P「幸子を超えるんだろ?」

時子「当たり前でしょ」

P「幸子は2回乗ってからライブに行った」

時子「…」

P「超えるんだったら、3回乗るよな?」








時子「ガボボボゴボガボ!!」

P「あーっひゃっひゃっひゃ!!!」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/26(木) 00:16:32.11 ID:it1cp3rJ0

・・・

時子「…ねぇ、貴方」

P「…どうした?」

時子「私、自分で言うのもなんだけど、人気出てきたわよね?」

P「あぁ、凄まじい勢いでな」

P「ライブの時は高圧的な女王様、だけど普段はお茶目なお姉さんっていうギャップの受けは良かったみたいだな」

時子「今までのこと、感謝してるわ。だからお礼がしたいの」

P「お礼?」

時子「えぇ。と言っても、手料理くらいしか送れるものがなくて」

P「おぉ、アイドルの手料理とかプロデューサー冥利に尽きるプレゼントだ」

時子「本当?」

P「あぁ、すごい嬉しいぞ」

時子「…じゃあ、○○日にウチに来てくれるかしら?」

P「わかった。楽しみにしてるぞ、トキコサマ」

時子「えぇ…腕によりをかけて豚を料理してあげるわ」

時子「…」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/26(木) 00:17:47.83 ID:it1cp3rJ0

・・・

数日後

P「お邪魔します」

時子「えぇ、いらっしゃい」

P「なかなか良い所に住んでるんだな」

時子「お陰様で」

時子「金の為に働いたつもりはなかったけれど、退屈を潰している間にお金がいつの間にかに貯まってたのね」

P「へぇ」

時子「今から準備をするわ。紅茶を淹れたから、それでも飲んで待ってて頂戴」

P「そうするよ」

P「…」ズズ

P「しっかし美味い紅茶だな。さすが売れっ子アイドル。紅茶ですら俺が飲むやつと次元が…ちが…う……」

バタン

P「Zzz…」

時子「…」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/26(木) 00:19:28.15 ID:it1cp3rJ0

・・・

パシーン!!

P「痛っ…!」

P「…」

P「なんだこれ」

時子「お目覚め?」

P「時子、か。なんのつもりだ?ライブ衣装を着て、鞭持って、俺をひん剥いて、その上縛って」

時子「…お礼、よ」

P「これがか?」

時子「えぇ。今まで散々私に恥をかかせてくれた豚を料理してあげるわ」

パシーン!!

P「いてぇ!!」

時子「フフ…赤く、腫れちゃったわね」レロォ

P「うぅ…」ゾクゾク

P「舐めるなよ…」

時子「飴と鞭、よ。豚の躾けには必要でしょう?」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/26(木) 00:20:33.16 ID:it1cp3rJ0

時子「貴方、こういうのが好きなんでしょう?隠してもわかるわよ」

パシーン!!

時子「この衣装も、露出の部分を除いたらセンスは悪くないと思うわよ」

パシーン!!

時子「貴方、目の付け所は良かったのよ?」

パシーン!!

時子「この私にとって!」

パシーン!!

時子「アイドルは天職だわ!」

パシーン!!

時子「私を待ってる下僕達に愛の鞭を振るってあげる時とか、最高に楽しいんですもの♪」

パシーン!!

時子「あの下僕達と同じように!」

パシーン!!

時子「貴方も私無しではいられない体にしてあげるわ!!」

パシーン!!


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/26(木) 00:22:00.09 ID:it1cp3rJ0

P「…」

時子「…何か言ったらどうなの?」

P「…何が望みだ」

時子「…望み?望みねぇ…」ペロッ

P「うぅっ」ゾクゾクッ

時子「特にないわ」

時子「強いて言うなら、さっきと同じ。躾けよ」

P「…躾け」

時子「そう、躾け。私の事をお茶目なお姉さんと勘違いした豚の、ね」

P「…」

時子「覚悟は出来てる?私の躾けは厳しいわよ?」

P「躾け…」

時子「マゾの快楽を、教えてあげるわ」

P「マゾ…」

時子「えぇ、私の躾け…いえ、調教が終わったら、貴方も立派な私の豚よ」

P「調教…」

P「豚…」

P「躾け…」

P「時子が…調教?」

P「俺を?」

時子「…?」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/26(木) 00:23:08.95 ID:it1cp3rJ0





P「ほう」

時子「」ビクッ





18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/26(木) 00:24:28.32 ID:it1cp3rJ0

時子「な、何よ貴方。そんなエグい笑い方して」

P「クックック…」

時子「よ、余裕ぶってんじゃないわよ。貴方、縛られてるのよ?」

P「縛られてる?あぁ、これね」

P「噴ッ」ブチブチィ!!

時子「なっ!?荒縄よ!?なんで千切れるの?」

P「時期が…悪かったなァ」

時子「な、何を」

P「今さ、イベントでAP(Armored・muscle・Producer)ドリンク大量に飲んだからさァ。滾っちゃって滾っちゃって」

時子「Mはどこから」

P「Mなら今から作る所だ」

時子「上手いこと言ってんじゃないわよ!!」

P「さぁ…今のを踏まえて、だ」

時子「ひ…ひぃぃ…」

P「もう一度言ってくれないか?誰が、誰を調教するのか」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/26(木) 00:25:10.44 ID:it1cp3rJ0

・・・

P「ふぅ…」

時子「…」

P「足を舐めろ」

時子「はい!P様!」

P「で、誰が豚なんだ?」

時子「私めが豚に御座います!」

P「わかればよろしい。もう舐めなくていいぞ」

時子「はい!P様!」

P「じゃあ、また明日。事務所でな」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/26(木) 00:26:17.66 ID:it1cp3rJ0

・・・

翌日

千川ちひろ「おはようございまー…」

時子「遅い!」

ちひろ「」ビクッ

時子「緑の事務員!来たならさっさとP様の為に飲み物を持ってなさいよ!この鈍間っ!!」

ちひろ「Pさんの靴を磨きながら時子さんが私の悪態をついてくるんですが」

時子「P、様!よ!事務員!!」

P「ちひろさんにきつく当たってはいけないよ」

時子「あぁ~!申し訳ございませんP様ぁ!!この厭らしい豚めをお許しくださいませぇ!!」

ちひろ「また、やっちゃったんですか」

P「また、って何ですか。拓海も幸子もここまではしてませんよ?」

ちひろ「どうだか…」

P「信用ないなぁ」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/26(木) 00:27:17.53 ID:it1cp3rJ0

ちひろ「…ヤってないですよね?」

P「まさか」

ちひろ「アイドルとのスキャンダルとか勘弁してくださいね」

P「俺がスキャンダル起こしたいのはちひろさんだけですよ」

ちひろ「それも勘弁してください」

P「つれないなぁ」

ちひろ「私も、主導権を握られるのは嫌いなので」ニコッ

P「うーん、かわいい。躾けたい」

ちひろ「私も、Pさんを躾けたいなー」

時子「ぜひこの豚を躾けて下さいませ!P様ぁ!!」


おわり
時子様ゴメンナサイ



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿