TOP > 進撃の巨人 > エレン「みんなに入れ替わりドッキリを仕掛ける」ミカサ「?」

エレン「みんなに入れ替わりドッキリを仕掛ける」ミカサ「?」

2017/12/01 15:01 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 19:14:56 ID:MCRA/.9Q

ミカサ「エレン、どういうこと?」

エレン「そのままだよ」

ミカサ「?…わからない」

エレン「なんだよ、ミカサも頭働かねぇな」

ミカサ「ごめんなさい」シュン

エレン「あ~、別にいいよ、謝んなよ」

ミカサ「それで、入れ替わり…ドッキリ?どういうこと?」

エレン「だからな、俺とミカサが入れ替わるんだよ」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 19:15:46 ID:MCRA/.9Q

ミカサ「…ごめんなさい、まだわからない」

エレン「あ~、だからさ、俺とミカサの中身が入れ替わるんだよ。見た目はこのままでな?」

ミカサ「中身?性格ということ?」

エレン「まぁ、そうだな」

ミカサ「そんなことが、エレンはできるの?」

エレン「だからさ、ドッキリって言ってるだろ?フリだよフリ」

ミカサ「フリ?」

エレン「そうだよ、ミカサは俺になりきる、俺はミカサになりきる」

ミカサ「エレンになりきる…」

エレン「ずっと一緒にいるんだ、俺の口調とか態度を真似するくらいできるだろ?」

ミカサ「それはできるけど…」

エレン「それでみんなにドッキリ仕掛けるんだ」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 19:16:29 ID:MCRA/.9Q

ミカサ「ドッキリ?何故?」

エレン「あ~、わかんねぇ奴だな」

ミカサ「ごめんなさい。でも何故そんなことをする必要があるのか、私には理解できない」

エレン「単純に面白いだろ?」

ミカサ「う~ん…面白い?」

エレン「面白いだろ。訓練は好きだけど、たまにはこういう遊びみたいなことして、息抜きもしないとな」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 19:17:01 ID:MCRA/.9Q

ミカサ「エレンの息抜きになるなら協力するけど…」

エレン「よし、じゃあ決まりだな。明日の休みに決行だ」

ミカサ「…わかった」

エレン「バレないようにするんだぞ」

ミカサ「やるとなれば、私は大丈夫。エレンこそ気をつけて」

エレン「俺も大丈夫だ!よ~し、楽しみになってきたぜ」

ミカサ(それにしてもいきなりこんなことを言い出して…エレンはどうしたの?)


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 19:18:33 ID:MCRA/.9Q

~翌日~

アルミン「おはよう。あれ?エレンとミカサは?先に食堂に来てると思ったんだけど…」

ジャン「へっ、あいつらが一緒じゃないと飯も食えねぇのか?」

アルミン「もう、ジャンは朝一番からひどいなぁ」

クリスタ「そうだよ、ジャン。そんな言い方しなくてもいいでしょ?」

ユミル「ほっとけほっとけ。あの馬面にゃ何言っても無駄だ」

ジャン「んだと?そばかす女」

ユミル「へっ、図星突かれて馬面が顔赤くしてら」

ジャン「てめぇ!」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 19:19:22 ID:MCRA/.9Q

クリスタ「もぉ~うっ!せっかくの休日なのに朝から喧嘩しないでっ!」

ユミル「あぁ、クリスタ。すまんすまん。今日は2人で楽しい休日を過ごすのに、気分悪くしちゃってすまんな」

コニー「元はと言えば、ジャンが悪いぞ」

ジャン「ちっ、どいつもこいつもうるせぇな…」

サシャ「アルミン、2人ならさっき出て行きましたよ?」モグモグ

アルミン「そうなんだ、ありがとう。ご飯も食べずにどうしたのかな?」

ライナー「おぉ、アルミン、それならこっちで一緒に食うか?」

アルミン「ありがとう、ライナー。でも多分すぐ戻ってくると思うから」


???「アルミン!みんな」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 19:21:33 ID:MCRA/.9Q

アルミン「?……ミカ、サ?」

ミカサ「アルミン、みんな!大変なんだ!俺とミカサが入れ替わっちまった(こ、これでいいの?思った以上に恥ずかしい///)」

ライナー「はぁっ!?何言ってるんだ、ミカサ?」

ジャン「ミカサ、死に急ぎ野郎と一緒にいすぎて、おかしくなっちまったんだな?」ガシッ

ミカサ「うるせぇぞ、馬面野郎!何で俺が死に急ぎ野郎なんだよ!あと気安く触るんじゃねぇ!(これは素直に言える)」

ジャン「」チーン


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 19:22:12 ID:MCRA/.9Q

サシャ「あぁ!ジャンが意識をっ!」

コニー「な、なぁ!どういうことなんだ?これは俺がバカだから、意味わからないんじゃねぇよな?」

ユミル「…ちょっと黙っててくれ、バカ坊主」

クリスタ「と、いうことは…」チラッ

エレン「…本当。私とエレンは入れ替わってしまったみたい」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 19:23:17 ID:MCRA/.9Q

ミカサ(エレンが私の真似を…な、なんか変な感じ///)

ライナー「おいおい、マジかよ…」

クリスタ「そ、そんなことってあるの?ユミル?」

ユミル「いやぁ驚いているクリスタも可愛いなぁ」

クリスタ「もうっ!そんなこと言ってる場合じゃないでしょっ!?」プンスカッ

ユミル「まぁそうカッカするなよ、私の天使。…まぁそうだな、こういった話、聞いたことはなくはないが……おとぎ話くらいだな」

エレン「でも現実に起きている」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 19:24:33 ID:MCRA/.9Q

コニー「すげぇな!こんなことあるんだなっ!」

サシャ「となると…例えば私とライナーが入れ替わったら、体積が増える分、もっと沢山のパァンを食べられるのでしょうか?」

コニー「そういうことになるよなっ!」

サシャ「っ!エレン、ミカサ!入れ替わり方を教えて下さいっ!」ドゲザーッ

ライナー「おっ、おい!妙な策略に俺を勝手に巻き込むなよっ!」

サシャ「だってパァンがっ!ぐぇ…」

ユミル「まぁこの芋女の目的はさて置き、どうやって入れ替わったのかは興味あるな」

サシャ「ちょ、ちょっと、ユミル!頭を踏みつけるのは、やめてくださぁいっ!」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 19:25:50 ID:MCRA/.9Q

ミカサ!(エレンの言う通り、やはり聞いてきた…)」

ミカサ「…落ちた物を取ろうとしたら、2人で同時に拾おうとして、思いっきり頭をぶつけたんだよっ!」

ユミル「これまたベタな…」

クリスタ「そ、そんなことで人って入れ替わっちゃうの?」

ユミル「こいつらの頭が異常なだけだろ…」

エレン「こうなってしまったのは仕方ない。ので、問題はどうすれば元に戻れるかということ…」

ライナー「そうは言ってもなぁ…」

エレン「早く戻りたい。いつものようにエレンを愛でようと思っても、これでは自分を撫でているだけ」ナデナデ


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 19:27:04 ID:MCRA/.9Q

クリスタ「わっ!なんかこれだと、エレンがミカサを撫でてるように見えて…なんか恥ずかしいねっ///」

ジャン「はっ…俺は何をっ!?気を失ってたのか…ん?」

エレン「…」ナデナデ

ジャン「うぉっーー!てめぇ、この死に急ぎ野郎!何してやがるっ!」

ユミル「うるせぇ!馬面!」


ミカサ「…(はわわっ!エ、エレンが私を撫でてくれてるっ!///)」

アルミン「……」


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 19:55:33 ID:MCRA/.9Q

エレン「…(お、おい!ミカサ、いつもの俺みたいにしろよっ)」ボソッ

ミカサ「(はっ!)お、おい!ミカサ、やめろよっ!」バッ

コニー「おぉ!エレンの反応だ!本当に入れ替わっちまったんだなっ」

サシャ「ライナーッ!」ゴチン

ライナー「うおっ!痛ぇっ!サ、サシャ何するんだ!」

サシャ「うぅぅ~…い、いたい~……はっ!コニー!私は?私はどうなってますかっ?」

コニー「は?サシャだろ?」

サシャ「違います!見た目です?サシャですか?ライナーですか?」

コニー「は?サシャだろ?」

サシャ「あぁ!もう、あなたはオウムですか!」


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 19:56:37 ID:MCRA/.9Q

ライナー「おい、こっちを見ろ!サシャ」

サシャ「はっ!これは……入れ替わった私の姿?」

ライナー「ライナーだ!俺がライナー・ブラウンだっ!お前もわけ分からなくなってるじゃないか!」

ユミル「……カオスだな」

ジャン「んだよ…俺が気を失う前に聞いたのは空耳じゃなかったのかよ…」

ユミル「残念ながらな」

ジャン「ってか、こんなこと本当に起こるのかよ?…エレンの狂言じゃねぇのか?」

エレミカ「」ドキッ


19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 19:59:19 ID:MCRA/.9Q

クリスタ「ちょっと、ジャン!2人とも困ってるんだから、そんな言い方しないであげて、お願い…」

ライナー(結婚しよ)

サシャ「はっ!クリスタと入れ替わったら、私も女神様になって、パァンのお供え物とかもらえるんでしょうか!」

クリスタ「わ、私、お供え物なんかもらったことないよっ!…少ししか///」

サシャ「やっぱりもらえるんじゃないですかぁ!」ジリジリ

ユミル「クリスタの中身が芋になるなんて世界の終わりだ。私が許さん」ゴゴゴ

サシャ「冗談ですよ!ってかさりげなく芋女の『女』を省略しないで下さいよっ!これじゃあ私が芋みたいじゃないですかっ!」

ユミル「お前は芋だっ!」

サシャ「芋じゃないですっ!芋女ですっ!」

ライナー「芋女はいいのか…」

コニー「ん?サシャは芋と入れ替わったのか?」

ジャン「ユミルまで…おい!お前ら落ち着けっ!」


20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 20:00:20 ID:MCRA/.9Q

ミカサ(確かにみんなパニックになっている…これをエレンは見たかったの?そんなに面白いようには思えないけど…)

エレン「……私自身を抱いても、何の面白味もない」ダキッ

ミカサ(は、はわわっ!エエエ、エレンが私に抱きついてっ!)

ジャン「うぉっ!てめぇ、エレン!今すぐミカサから離れろ!」

エレン「今は私がミカサ」ギュッ

ミカサ(な、何?私の身に何が起きようとしてるの!?///)

ジャン「あ、そ、そうか!というか、何でもいいから離れてくれぇ!頼む頼む!早く離れてくれ」ブワッー

エレン「ジャンはよくわからない」パッ

ミカサ「///」プシュー


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 20:01:14 ID:MCRA/.9Q

サシャ「うわ、ジャン号泣してますよ」

コニー「おい、ジャン!鼻水、床に垂らすなよっ」

クリスタ「あぁ~、もうめちゃくちゃだよぉ…アルミン!」

アルミン「…何だい、クリスタ?」

クリスタ「何だい?じゃないよぉ!」

アルミン「あぁ、ごめんごめん。あまりの出来事にあっけにとられちゃって…」

クリスタ「そ、そうだよね。こんなことありえないもんね。どど、どうしよぉ~」

ユミル「おい、アルミン!私の天使がお困りだ。何とかしろよ」

アルミン「もう、めちゃくちゃ言ってくれるなぁ」


23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 20:02:38 ID:MCRA/.9Q

ジャン「そうだ!お前の幼馴染の問題だろ!?このままじゃ、ミカサがエレン、エレンがミカサ…うわぁぁ!」

サシャ「ジャン…もう末期ですね」

コニー「ん?結局、エレンの中身はミカサ、ミカサの中身はエレンってことか?違うか?さっき言ってたサシャと芋も関係あるのか?」

ライナー「と、とにかくアルミン、なんか良い手はないのか?」

アルミン「そうだね……じゃあ2人で街でも行ってきたらどうかな?」

ユミル「はぁ?この後に及んで、街だぁ?何でだよ」

クリスタ「街に行けば2人は元に戻るの?」

アルミン「ははは、そんな簡単に行けばいいけど……とりあえず2人きりでいる時に入れ替わったなら、また2人きりにしてみたらどうかなって思ったんだよ」


24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 20:03:42 ID:MCRA/.9Q

ジャン「2人でデートするってことかっ!?そんなの許さねぇぞ!」

アルミン「2人を戻したくないのかい?」

ジャン「い、いや…それは…」

ユミル「ってかさ、頭を打って入れ替わったなら、また頭を打てばいいんじゃねぇのか?」

サシャ「でも私とライナーは入れ替わりませんでしたよ?」

ユミル「知らねぇよ、私はただ思いつきで言ったたけだ」

アルミン「ショック療法ってやつだね?確かにそれもありだけど、危険が伴うからね。2人のことを考えるとそれは最終手段にしたい」


25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 20:07:04 ID:MCRA/.9Q

ライナー「なんかアルミンにしては、雑な作戦だな?」

アルミン「ははは、正直言うと、具体策がなくてね。まぁ2人が街に行ってる間、文献でも調べてみるよ」

エレン「アルミンには正解を導く力がある。私はアルミンに従う。エレンもそれでいい?」

ミカサ「あぁ、別にいいけどよ(エレンとデート…普通ならとても嬉しい。けど、正直今は、混乱が勝っている…)」

ライナー「まぁ、2人がそれでいいってんなら、とりあえずそうしてみるか?」

クリスタ「うん、そうだね」

ジャン「あぁ~、くそぅ、2人でデートかよぉ…うぉぉ…」

ユミル「あぁもう、うるせぇな」

コニー「ん?結局のところ、エレンはエレン、ミカサはミカサなのか?…あぁもうよくわかんねぇし…もうそれでいいだろ!」


26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 20:38:55 ID:MCRA/.9Q

~街~

エレン「結局、街に出てきちゃったな」

ミカサ「えぇ。でもエレンはこれで良かったの?」

エレン「ん?あぁ、そうだな、あいつらの驚く顔が見られて楽しかったな」

ミカサ「そう、それなら良かった。この後はどうするの?戻ってみんなに本当のこと言う?」

エレン「いや、せっかくだし、もう少し続けようぜ。どうせあいつら付けてきてるだろうし」

ミカサ「うん、確かに気配を感じる。私たちの声が聴こえる距離ではないけど」

エレン「やっぱな。じゃあ動きだけはそのままにしよう」


27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 20:39:29 ID:MCRA/.9Q

ミカサ「動きだけ?」

エレン「あぁ、声が聴こえないから喋りは気にせずいつも通り。でも監視はされてるから行動は逆」

ミカサ「ちょっと複雑」

エレン「出来るか?」

ミカサ「エレンがやれと言うならやる」

エレン「……そっか。ま、無理するなよ。嫌なら…やめていいんだからな?」


28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 20:40:35 ID:MCRA/.9Q

ライナー「結局、気になって付いてきてしまった」

ジャン「当たり前だろ!見張っとかねぇと、いざって時、行動に移せねぇじゃねぇか!」

サシャ「いざって時ってどんな時なんでしょうねぇ?」

コニー「さぁな?ミカサが巨人になるとかか?」

サシャ「そ、それはいざっていうか、この世の終わりの時じゃないですか…」ブルブル

ユミル「ってか、あいつら私たちがいるって気づいてんじゃねぇか?」

クリスタ「えぇ!だってこの距離だよ?アルミンが…」


アルミン『気になるだろうけど、ミカサを刺激しないためにも、声が聴こえる距離まで近づいちゃダメだよ?』


29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 20:42:11 ID:MCRA/.9Q

クリスタ「って言うから、こんなに離れてるのに」

ユミル「どうだかね…ミカサの感覚は人並み外れてるからな。ってか刺激しないようにって猛獣かよ、くっくっく」

サシャ「あながち間違いじゃないですね」

コニー「あぁ、たまに本能で逃げそうになる」


ジャン「くっそ!それにしてもこの距離、もどかしいぜっ!」

ライナー「おい、ジャン、気持ちはわかるが落ち着け」

サシャ「あっ!歩き出しましたよ」


30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 20:43:26 ID:MCRA/.9Q

エレン「あぁ、そういや朝飯も食べず出てきちまったな」

ミカサ「そういえば」

エレン「じゃあちょっと早い昼飯にするか」

ミカサ「賛成」

エレン「じゃあ、屋台でなんか食おうぜ」

ミカサ「エレンは昔から屋台のご飯が好き」

エレン「だってさ、屋台飯食うと、街に来たー!って感じがするんだよな」

ミカサ「ふふふ、じゃああの屋台にしましょう。人が賑わっている」


34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 23:30:50 ID:I4lZgh3A

ジャン「屋台で飯食うみたいだな。くそっ、俺もミカサと屋台デート…」

クリスタ「あ、そういえばあの2人、朝ご飯食べてないもんね…お腹すいてただろうなぁ」

ユミル「おーおー、さすがわたしの天使、お優しいことで」

クリスタ「もーう!ユミル、からかわないでよっ!」プンスカ

ライナー(結婚しよ)

サシャ「はっ!あの屋台はっ…」

コニー「何だ?知ってるのか?」


35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 23:49:51 ID:Sr7g15co

サシャ「はい!トロスト区名物、『ジャイアントホットドッグ』。巨人を食らう、をコンセプトにした、巨大ホットドッグです。サイズが大きいので、普通の人なら一つで満足。しかし、真価は大きさではなく、味。ビックサイズフードにありがちな、味は二の次、という風潮に真っ向から勝負し、完全完勝の美味しさ。それはもうトロスト区の住人の胃袋を…」ペラペラ


コニー「ふ~ん」

サシャ「一度食べたらやめられぬ…サシャ・ブラウス、進撃っ!」

ライナー「お、おい!何やってんだ」ガシッ

ユミル「てめぇ、バカか!?バカだろ!?」ボカスカ

クリスタ「ちょっと、ユミル!手荒な真似はやめてよ!」

サシャ「えぇ~い!離せ!私はいくんやっ!」ジタバタ


36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 23:52:47 ID:Sr7g15co

エレン「おぉ!うまそうだなぁ!」

ミカサ「美味しそう」

エレン「がふパリッ…っうま!何だこれ、すっげぇうまいぞ!」

ミカサ「美味しい…今まで食べた屋台の中で一番かもしれない…」

エレン「あぁ、うまいうまい!…おっ、ミカサはチリソース買ったんだよな?一口くれよ」ヒョイ

ミカサ「あっ!」

エレン「はぐっ、おっ、うまぁ!からぁっ!…これソースだけじゃなくて、ソーセージもピリ辛なんだな」

ミカサ(はわわ!エレンが私の食べかけをっ!今までもこういうことあったけど…なんか今日は恥ずかしい///)


37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 23:54:09 ID:Sr7g15co

エレン「ミカサも俺の食うか?俺のは普通のだけど」

ミカサ「あ、う…」

エレン「いらねぇならいいけど」

ミカサ「た、食べるっ!」

エレン「ほれ」

ミカサ「うぅ…(今までだってこういうことあったんだから、恥ずかしくないっ///)」パクッ

エレン「美味いか?」

ミカサ(あ、味がわからない…私としたことが、身体をコントロール出来てないっ///)コクリ


39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 00:02:04 ID:YlLIhJp6

クリスタ「あぁ!ホットドッグ交換してるっ!」

ジャン「何ぃっ!くそっ!…もういい!俺は行くぞっ」

ライナー「やめろ、ジャン!」ガシッ

サシャ「そうですよっ!私だって我慢したんですからっ」ボロッ

コニー「あぁ~、腹減ったなぁ」

ユミル「今のミカサってエレンなんだよな?…そうやって見ると、なんかいつもより従順に見えないか?…え~、どう思いますか?クリスタ特派員?」

クリスタ「っ!…むむむ!そうですねっ、あれはいつもと違うシチュエーションなので、エレンは動揺しているのではないでしょうかっ」


40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 00:14:37 ID:YlLIhJp6

ユミル(くくく、冗談のつもりが、思いっきり乗ってきた。可愛いなぁ、クリスタ)

ライナー(何この可愛い生き物)

サシャ「なるほど…動揺しているため、大人しく見えるということですか?クリスタ特派員?」

クリスタ「と、私は考えます。あとは、諦めでしょうか?なるようになれ、という開き直りが、あのような態度をさせているとも思います」

コニー「すげぇな!クリスタ特派員っ!」

クリスタ「いえ!任務であります」ケイレイッ

サシャ「ご苦労様でした!クリスタ特派員」ケイレイッ

クリスタ「ありがとうございます!サシャ特派員」ケイレイッ

ジャン「お、おいっ!てめぇらが遊んでる内にあいつら動き出したぞ!」


41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 00:23:48 ID:YlLIhJp6

エレン「せっかくだし、雑貨屋とかいってみるか?」

ミカサ「雑貨屋?」

エレン「なんか小物とかいっぱいある店だ。女はそういう店好きだって聞いたぞ?」

ミカサ「…そういうお店に行ったことがないからわからない」

エレン「なんだよ、興味ないのか?」

ミカサ「ないわけじゃないけど…」

エレン「…じゃあなんで行かないんだよ?」

ミカサ「優先することがあるから」

エレン「何だよ?」

ミカサ「エレンのこと」

エレン「はぁ?何だそりゃ?もういいや、よくわかんねぇ!行くぞ///」

ミカサ(え?エレン…照れてる?)


42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 00:36:13 ID:YlLIhJp6

エレン「とは言ったものの、俺もこんな店、初めて来るんだよなぁ」

ミカサ「…なのに何故、来ようと思ったの?」

エレン「…別にいいだろ」

ミカサ「私はエレンが楽しいなら構わないけど…」

エレン「…ミカサはこういうところ、楽しくないか?」

ミカサ「? エレンと一緒なら、私はどこでも楽しい」

エレン「っ!な、何だよっ!…そ、それって…」

ミカサ「?」クビカシゲ

エレン「っあ~…まぁ、いいや、せっかくこんな店来てんだし、記念になんか買ってやるよ?」

ミカサ「エレン…?どうしたの、いきなり?」

エレン「何だよ、なんか欲しくないのか?」

ミカサ「いや、欲しくないことはないけど…(何だろう?やっぱりエレンは昨日から変…でも嫌な気持ちはしない)」


43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 00:38:55 ID:YlLIhJp6

サシャ「あぁ!コニー特派員!ターゲットは雑貨屋に入りましたよっ!」

コニー「何ぃっ!クリスタ特派員!ちなみにここは何をするところなんだ?」

クリスタ「ここはですねぇ、主に女の子のお洒落小物を多く取り揃えてるところでありますっ」

サシャ「ということは、ミカサが入ろうと決めたのでしょうか?クリスタ特派員?」

クリスタ「おそらくは…エレンから誘ったと考えるのは、少し難しいものがありますっ!」


44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 00:54:54 ID:YlLIhJp6

ジャン「ぐぅぅ…なんか声が聴こえないから、入れ替わりを意識できなくて、普通にあいつらのデートを見せつけられてる気しかしねぇ…」

ライナー「確かにな。ま、これはこれで楽しいが」

ジャン「お、お前はいいかもしれねぇけどよ…」

ユミル「はん、嫌なら帰ればいいだろ?」

ジャン「馬鹿野郎!帰れるかよっ!ミカサが困ってるんだぞ?そんな時、力になれなくてどうすんだ!」

サシャ「ミカサはあんまり困ってなさそうでしたけどねぇ?」

クリスタ「あぁ!ターゲット!急接近でありますっ」


48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 11:35:05 ID:YlLIhJp6

エレン「お、この髪飾りとかいいんじゃねえか?」

ミカサ「わ、私はエレンが選んでくれたのならど、どれでも///」

ミカサ(エ、エレンが一生懸命私の髪飾りを選んでくれてるっ!こんな幸せなら、ちょっとの疑問なんて吹き飛んでしまう)

エレン「ミカサは綺麗な黒髪だからな。白とか薄い色とかのがいいのかもな」

ミカサ「エ、エレン!?い、今私の髪を…」

エレン「あ、あ~、い、いいだろ。で、ど、どれがいいんだよ?ちゃんと決めろよな」

ミカサ「こ、こっちか、こっち…エレン、選んで?」


49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 11:36:14 ID:YlLIhJp6

サシャ「クリスタ特派員!髪飾りを選んでおります!」

クリスタ特派員「むむむ!完璧なデートムードですねっ」

ジャン「だっあらぁぁぁ!うっおぉぉぉ!」ドバッー

ユミル「うるせぇな!泣き叫ばないと耐えられないくらいなら、もう帰れよ、お前!」

ジャン「うぅぅぅ…お、俺は帰らねぇぞぉぉ!」

ライナー「クリスタ特派員!ミカサ…いや、今はエレンか、エレンが照れてるように見えるが?」

クリスタ「う~む、これはですねぇ、きっと見た目はミカサとは言え、中身は男の子エレン、なので単純に女の子ものの髪飾りをあてがわれているのが、恥ずかしいのだと思われます!ライナー特派員っ」ケイレイッ

ライナー「なるほど!さすがだな、クリスタ特派員!(結婚しよ)」ケイレイッ


50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 11:38:36 ID:YlLIhJp6

サシャ「それにしても何故今の状況で、髪飾りを買おうとしてるのでしょうか!?クリスタ特派員!」

クリスタ「それはですね、おそらくミカサの考えと思われますっ」

コニー「ミカサの考え?」

クリスタ「はいっ!今のミカサの目の前には、自分の姿がある…そして今の自分の目線は、エレンの目線…」

サシャ「ふむふむ!」


クリスタ「ミカサは、戻った時のことを考え、この状況をフルに利用し、エレンに見せるためのベストの髪飾りを選ぼうとしていると思われますっ」

ジャン「ふぉぉぉぉぉっ!」チノナミダー

サシャ「なるほどっ!」ケイレイッ

コニー「天才だなっ!クリスタ特派員っ!」ケイレイッ

クリスタ「いえっ!恐縮でありますっ」ケイレイッ


51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 11:44:17 ID:YlLIhJp6

ミカサ(エ、エレンに髪飾りを選んでもらった!)

エレン「あ~、今のお前は俺ってことになってるから、すぐに髪飾りつけさせてやれなくて悪いな」

ミカサ「大丈夫(それにしても今日のエレンは特別優しい気がする…)」

ミカサ(こんな幸せな日が私たちに許されるのだろうか…何か起こりそうで、私は…怖い)

エレン「さ、そろそろ帰るか!戻ったら口調も戻さないとだぞ?」

ミカサ「わかってる(それにしても、エレンはいつまでこれを続けるのだろう?)」


52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 12:12:45 ID:YlLIhJp6

アルミン「やぁ、みんな、おかえり。エレンとミカサはどんな感じだい?」

ユミル「あぁ、そろそろ帰ってくるだろうが…」

ライナー「2人が戻る気配は、微塵も感じられなかったぞ、アルミン」

ジャン「そうだぞ!普通にデートしてるあいつらを見せられただけじゃねぇか!お、俺は…俺は…うぅぅ…」

コニー「お、おい。泣くなよジャン。夕食のパン半分やるから元気出せって」

サシャ「あぁ!私も悲しいっ!この悲しみに耐えるには、パンをもらわないとっ!」

コニー「…」

サシャ「ちょっと!コニー!無視ですか!?」

クリスタ「ふふふ、でもなんかみんなで探検してるみたいで、楽しかったね」

アルミン「そっか、普通にデートしてるみたいだったんだ」ニコニコ


53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 12:13:56 ID:YlLIhJp6

エレン「ただいま、アルミン」

ミカサ「結局戻れなかったぞ!アルミン」

アルミン「…おかえり」

ジャン「てめぇらっ!何普通にデートしてんだよっ!戻る気あったのかぁ!?」

ミカサ「あるに決まってんだろ!この馬面野郎っ!もううるせぇから、どっか行ってろよ!(申し訳ないけど、ジャンへの言葉は、何故かスムーズに出てくる)」

ジャン「っ!あぁ…中身がエレンとわかってても、ミカサに罵られるのは、俺には耐えられない……いい人生だった…」バタッ

コニー「お、おいっ!ジャンしっかりしろよっ!」

サシャ「あぁ!ジャンが冷たくなってきましたっ」


54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 12:14:45 ID:YlLIhJp6

ライナー「で、いよいよどうするんだ?」

ユミル「めんどくせぇ、もう2人に頭ぶつけさせろよ。こいつらのせいで、クリスタとの休日が潰れちまったじゃないか」

クリスタ「ユミル!ねぇ、アルミン?何か他に手はないの?」

アルミン「そうだね…なくはないかな?」

エレン「アルミン、早く教えて?」

アルミン「わかった…じゃあエレン…あぁ、今はミカサか。ちょっと来てくれるかい?」

エレン「私だけ?」

アルミン「そう、君だけだ」


55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 12:35:52 ID:YlLIhJp6

~外~

エレン「何、アルミン?解決策が見つかったの?」

アルミン「…そうだね、見つかったと言えば見つかったかな」

エレン「…それならもったいぶらずに早く教えて?」

アルミン「まぁまぁ、これから話すよ」

エレン「それに、何故私1人なの?2人の問題だし、エレンも呼んでほしい」

アルミン「呼んでいいのかい?ミカサ…いや」

アルミン「エレン」


56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 12:36:57 ID:YlLIhJp6

エレン「……いつからわかってた?」

アルミン「最初から疑ってたよ。確信を持ったのは、頭を撫でた時だけど…」

エレン「マジかよ!ずっとじゃねぇか…恥ずかしいな」

アルミン「ははは、何年一緒にいると思ってるのさ?まぁ、それでもみんなは最後まで気づかなかったから、大したものだけど」

エレン「そりゃそうか…まぁ、アルミンは昔からの親友だもんな」

アルミン「ありがと。で、」

アルミン「何でこんなことしたんだい?」


57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 12:37:50 ID:YlLIhJp6

エレン「…みんなにドッキリ仕掛けたくてさ、訓練ばっかで娯楽少ないだろ?」

アルミン「エレン……親友の僕にも本当のこと、言えないのかい?」

エレン「……アルミンには敵わねぇなぁ」

アルミン「水くさいよ、エレン」

エレン「あぁ、すまん…ちょっと恥ずかしくてさ」

アルミン「ミカサのことだよね?」

エレン「…あぁ」

アルミン「話してくれるかい?エレンのペースで良いから」


58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 12:38:40 ID:YlLIhJp6

エレン「……あいつとはさ、ずっと家族みたいに暮らしてきた」

アルミン「そうだね、本当の家族に見えたよ」

エレン「あぁ、俺はあいつのこと、姉のようにも、妹のようにも思ってた」

アルミン「うん」

エレン「だけどさ、最近俺…変になったみたいでさ、ミカサを姉でも妹でもない目で見るようになっちまった」

アルミン「……」


59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 12:39:19 ID:YlLIhJp6

エレン「早い話がさ…俺、ミカサを女として見ちまってるんだ。家族に対して…おかしいよな?」

アルミン「…おかしくないよ」

エレン「いや、おかしいさ。ミカサは俺のこと、家族としか考えてない」

アルミン「そんなこと……いや、どうだろうね」

エレン「最近のあいつは、姉貴が出来の悪い弟の面倒を見るように、俺の言うことを聞く」

アルミン「だからあんなことを?」


60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 12:40:21 ID:YlLIhJp6

エレン「あぁ…だからあんなことを計画したんだ。いつもと違うシチュエーションで……ミカサの反応を見るためにな」

アルミン「で、わかったのかい?」

エレン「ははは、それがさ、情けないことに…わかんなかったよ。確かにいつもと違うから、戸惑ってる場面は多かったけど…あんまりいつもと変わらなかった」

アルミン「それは…そう、だろうね」

エレン「卑怯だし、気持ち悪いよな…ミカサが俺の言うことを何でも聞くのを利用して、あんなことしてさ」

アルミン「…うん、確かに卑怯だし、気持ち良いことでもないね」

エレン「…だよな」

アルミン「エレンはさ、ミカサもエレンのこと好きって考えたことなかったのかい?」


61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 12:41:10 ID:YlLIhJp6

エレン「…考えてみたさ。だけど、あいつは小さい頃に一緒に住むようになってから、ずっと態度が変わらない。昔も今もだ」

アルミン「うん…だろうね」

エレン「それはさ、俺のこと家族としてしか見てないからだよ…」

アルミン「家族……まぁ、家族と言えばそうなのかもしれないね」

エレン「え?家族は家族だろ?」

アルミン「……いやぁ、僕は鈍感な友達を持ったもんだ」

エレン「?」

アルミン「…それも、2人もね」

アルミン「ミカサ!もう出てきていいよ」

エレン「なっ!」


62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 12:42:02 ID:YlLIhJp6

ミカサ「…」ガサッ

エレン「おい!アルミン、嵌めたのか?」

アルミン「ははは、初めに嵌めようとしたのはエレンじゃないか」

エレン「くっ…」

アルミン「僕はね、怒ってるんだよ。僕に相談しようとしなかったエレンに。親友なのにさ」

エレン「それは…すまん」


63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 12:42:47 ID:YlLIhJp6

アルミン「だからここでは、僕は何もしない。ちゃんと2人だけで、本音を話すんだよ?」

エレン「ア、アルミン!」

アルミン「ミカサ、できるね?」

ミカサ「」コクリ

アルミン「ミカサはできるみたいだよ、エレン?」

エレン「くっ!出来るよ!するよっ!」

アルミン「そっか、それなら良かった。出来ればあとで結果を聞かせて欲しいな」スタスタ


64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 12:43:45 ID:YlLIhJp6

エレン「…」

ミカサ「…」

エレン「…あ~ミカサ」

ミカサ「!な、なに?エレン」

エレン「全部話聞いてたと思うから言うけど…ごめんな、騙しちゃって…」

ミカサ「…うん」

エレン「汚いよな、あんな真似してさ…ミカサの…気持ち、確かめようとして」

ミカサ「……」

エレン「でもな、もう抑えられなかったんだ。俺…」

エレン「ミカサのことが好きだ」

ミカサ「!」


65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 12:44:21 ID:YlLIhJp6

エレン「家族としてじゃなくて……女として」

ミカサ「……」

エレン「あぁ、初めからこうやってハッキリ言えば良かったな…そうすれば、あんな回りくどいことして卑怯者にならずにすんだ」

ミカサ「エレン」

エレン「…なんだ?」

ミカサ「あんなことをした理由を聞いて、私はビックリした」

エレン「…そりゃそうだよな」

ミカサ「同時に…」

ミカサ「嬉しかった」


66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 12:45:28 ID:YlLIhJp6

ミカサ「とてもとても!…嬉しかった」

エレン「ミカサ…」

ミカサ「胸が張り裂けそうになったし、今も夢かもしれないと思っている」

エレン「夢じゃ…ねぇよ」

ミカサ「ふふふ、そうみたい」

ミカサ「だから、とてもとても幸せ」

エレン「…そっか」


ミカサ「エレン、私もあなたが好き」


67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 12:46:36 ID:YlLIhJp6

ミカサ「ずっとずっと!大好きだった」

ミカサ「あなたと始めて会ってから今日まで、ずっと…」

エレン「そう、だったのか…だから」

ミカサ「私が小さい頃から今までずっと『こんな日が来たらいいのに』と思っていた日が…きた」


68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 12:47:18 ID:YlLIhJp6

ミカサ「初めて会った時、この残酷な世界で、エレンは私に暖かさを思い出させてくれた」

ミカサ「そして今日…美しさを教えてくれた」

ミカサ「この世界は美しい」

ミカサ「あなたがいてくれるから」

エレン「それ俺もだ」

ミカサ「エレン、私は幸せ。本当に幸せ」

エレン「俺もだっ!」

ミカサ「ふふふ、これからもよろしくね」


69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 12:48:09 ID:YlLIhJp6

ミカサ「それにしても、あんな風に私の気持ちを確かめようとしたのは、とても残念」

エレン「そ、そりゃそうだよな」

ミカサ「なので、その罰として…」

エレン「…あ、あぁ、何でもするよ」

ミカサ「今度は普通にデートしましょう」ニコ

おわり



『進撃の巨人』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿