TOP > シンデレラガールズ > まゆ「朋さんとハロウィン」

まゆ「朋さんとハロウィン」

1: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/10/31(火) 00:08:41.01 ID:Rj16wkRL0

まゆ「トリックオアトリート、朋さん♪」

朋「……」

まゆ「……朋さん?」

朋「……いや、ちょっとびっくりしちゃって」

朋「まさか、扉開けたら魔女が立ってるとは思わなくて」

まゆ「今日はハロウィンですから」

まゆ「さあ、朋さん。トリックオアトリート♪」

朋「んーっと……」

朋「……とりあえず中入ろっか」


2: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/10/31(火) 00:11:10.10 ID:Rj16wkRL0

まゆ「お邪魔します♪」

朋「どうぞどうぞ」

朋「……っと、そうそう、お菓子よね」

朋「えーっと……何があったかな……?」

まゆ「あら? もしかして……何もないんですか?」

朋「いや、そんなことは無いと思うけど……」

まゆ「……うふ」

朋「なんでちょっと嬉しそうなのよ」

まゆ「だって、ねぇ?」

まゆ「トリートが無かったら、もちろん……?」

朋「……残念だけどちゃんとあったわよ」

朋「ほら、チョコ」

朋「この前コンビニで買ったやつだけどね」

まゆ「わぁ、ありがとうございます……♪」

朋「いえいえ」

まゆ「それでは早速……あむ……」

まゆ「……うふ、美味しい……」

朋「ふふっ、良かった」


3: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/10/31(火) 00:14:38.34 ID:Rj16wkRL0

朋「しかし、似合ってるわね。魔女服」

まゆ「そうですかぁ?」

朋「ええ」

朋「実は本当に魔女だったって言われても驚かないくらい、ピッタリね」

まゆ「そんなになんだ……」

まゆ「……」

まゆ「……うふ。まゆ、実は本当に魔女なんですよぉ?」

朋「じゃあ何か魔法使ってみて?」

まゆ「えっ、魔法?」

朋「だって魔女なんでしょ?」

朋「それじゃ、魔法の一つくらい、使えるわよね?」

まゆ「えっと……それは……」

まゆ「……」

まゆ「……あっ!」

まゆ「じゃあ、親指が切れて離れる魔法を……!」

朋「それなら、あたしだってできるわよ」

朋「ふふっ。ほんと、まゆちゃんって負けず嫌いよね」

まゆ「……むぅ」

まゆ「朋さんのイジワル……」

朋「ごめんごめん」


4: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/10/31(火) 00:19:12.95 ID:Rj16wkRL0

朋「ね、本当に魔法が使えたらどんな魔法が使いたい?」

まゆ「……今日のまゆは魔女なんですからね」

朋「そうだったわね、ふふっ。じゃあ言い換えるわ」

朋「まゆちゃんは新しくどんな魔法を覚えたい?」

まゆ「そうですねぇ……」

まゆ「火炎魔法があったら、料理が便利になりますし……」

まゆ「水の魔法で洗濯も楽になりますし……」

朋「ずいぶん家庭的ね」

まゆ「家事を全部魔法でできると便利だと思いません?」

朋「……まあそうだけど」

朋「いや、なんかこう……もっとすごいの使うのかなって思って」

まゆ「すごいの?」

朋「たとえば……ほらすっごい爆発が起こせるとか!」

まゆ「……それ、どこで使うんですか?」

朋「え、そうね……」

朋「うーん……」

朋「……こう、みんなに自慢するときとか?」

まゆ「……うふ、いいかもしれませんね♪」

朋「なっ、なんでそんな生暖かい目で見るのよ!」

朋「別にあたしがしたいわけじゃないわよ、別に!」

まゆ「あら、そうなんですか……?」

朋「そうよ! あたしだってさすがにそこまで子供じゃないし!」

まゆ「……でも、本当に使えたら?」

朋「本当に使えたら……って」

朋「そりゃあ……」

朋「……そりゃあ」

まゆ「……うふふ」

朋「あっ、やっ、今のは使えたらって言われたから……」

朋「とっ、とにかく、本当に違うんだからっ!」


5: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/10/31(火) 00:23:23.70 ID:Rj16wkRL0

まゆ「じゃあ、朋さんはどんな魔法が使いたいんですか?」

朋「え、あたし?」

朋「そうね……魔法になるのかわかんないけど……」

朋「未来視とか、予言とか使ってみたいかもね」

まゆ「あぁ……朋さんらしいですね」

朋「でしょ?」

朋「占いとも関連してるしね」

朋「全部当たるようになったら素敵だな……って思うわ」

まゆ「全部あたったら……ですか……」

まゆ「……」

朋「……」

朋「……なんてね」

朋「さすがに全部あたったらは言い過ぎたわ」

まゆ「……そうですね……辛い未来が当たっちゃう時なんて……」

朋「うん……そういうこともあるからね」

朋「だからね、あたし自分にとって嬉しい未来だけが当たれば良いなって思う」

朋「……そんな魔法が使いたいわ」

まゆ「うふ、欲張りですね」

朋「いいじゃない。魔法なんだから」

朋「自分が幸せになれるものを使わないとね」

朋「まゆちゃんだってそうでしょ?」

まゆ「そうですね……」

まゆ「……それなら、まゆも同じ能力が使えると嬉しいなって思います」

朋「ふふっ、二人で練習しよっか」

まゆ「えぇ、一緒に修行しましょう♪」

まゆ「……でも、もし二人で同じ能力を手にしたら、どっちの嬉しい未来にいけるんでしょうね」

朋「決まってるじゃない。どっちも嬉しい未来にいけるのよ!」

まゆ「あっ、そっか……ふふ、そうですね……♪」


6: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/10/31(火) 00:24:04.22 ID:Rj16wkRL0

まゆ「……ところで朋さん」

まゆ「朋さんは仮装しないんですか?」

朋「あたし?」

朋「あたしは……まあ、いいわよ」

まゆ「あら……」

まゆ「せっかくですから、一緒に仮装しましょう?」

朋「いや……ほら、あたし衣装とかも持ってないし」

まゆ「あれ……でも、ベッドの下に見えるアレは……」

朋「えっ!? あたしそんなとこに隠してないはずよ!?」

まゆ「へぇ……」

朋「……あっ」

まゆ「別の場所には隠してるんですねぇ……」

朋「……やられた」

まゆ「うふふ……どんな衣装なんでしょう……?」

まゆ「ねぇ、朋さん?」

朋「……」

朋「わかったわよ、もう」

朋「着替えてくるからちょっと待ってて」

まゆ「はぁい♪」


7: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/10/31(火) 00:26:30.71 ID:Rj16wkRL0

朋「……お待たせ」

まゆ「いえいえ……あら、お揃い」

まゆ「朋さんも魔女の衣装だったんですね」

朋「そう……ほら、占いと言ったらやっぱりこれだしね」

朋「……どう?」

まゆ「似合ってますよ♪」

まゆ「とっても可愛らしくて……♪」

朋「そう……良かった」

まゆ「でも、どうして隠してたんですか?」

まゆ「こんなに似合ってるのに……」

朋「いや、まあ……なんていうか……」

朋「……買ってきたはいいんだけど、ちょっと恥ずかしくなっちゃって」

まゆ「……朋さんらしいですねぇ」

朋「うるさいわよ」

まゆ「うふふ……ねぇ、せっかくだから一緒に写真撮りましょう?」

朋「写真?」

まゆ「はい。まゆと二人の……ね?」

朋「……ん、そうね」

朋「撮りましょっか」


8: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/10/31(火) 00:27:15.33 ID:Rj16wkRL0

まゆ「はい、チーズ♪」

朋「いぇいっ」

朋「……どう?」

まゆ「ふふ、いい感じに撮れました」

まゆ「ほら?」

朋「あ、ほんと……」

まゆ「うふ、後で朋さんにも送っておきますねぇ」

朋「うん、お願いね」

朋「……ふふ、恥ずかしがってたのが馬鹿みたい」

まゆ「そうですよぉ」

まゆ「そんな可愛い姿見せてくれないなんて、まゆ悲しいです」

朋「……そうやって、まゆちゃんがいっぱい褒めてくれるから、余計恥ずかしくなっちゃうの」

まゆ「まゆは思ったことを言ってるだけですよ?」

朋「だからよ……」

まゆ「うふ……♪」


9: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/10/31(火) 00:28:02.73 ID:Rj16wkRL0

朋「……ととっ。せっかくこの衣装になったんだから……」

まゆ「?」

朋「トリックオアトリート!」

まゆ「……へ?」

朋「お菓子ちょうだい、まゆちゃん?」

まゆ「え……えーっと……」

朋「あら、もしかしてないのかしら?」

まゆ「ちょ、ちょっと待ってください!」

まゆ「えーっと……」

まゆ「……さっきもらったチョコも食べちゃったし」

朋「ふふ、ないのね」

まゆ「いや、あの……」

朋「お菓子がないなら……」

まゆ「……あっ!」

まゆ「たぶん部屋にありますから、今とってきます!」

朋「逃がさないわよっ!」ガシッ

まゆ「きゃっ!」

まゆ「と、朋さん?」

朋「ふふ……無いなら、イタズラしなきゃ……ね?」


10: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/10/31(火) 00:29:53.56 ID:Rj16wkRL0

まゆ「ま、まゆに何するんですかぁ……?」

朋「それはね……」

朋「……」

朋「……んー」

まゆ「……もしかして考えてなかったんですか?」

朋「……うん」

朋「や、とりあえずイタズラしなきゃー……とは思ったんだけど」

朋「何すればいいと思う?」

まゆ「それをまゆに聞くんですかぁ?」

朋「いや、ほら……さっきあたしがお菓子を持ってなかったらどうしてたのかなって」

まゆ「それは……」

まゆ「……その時に考えるつもりでした」

朋「……」

まゆ「……朋さんにそんな目で見られる筋合いはありません」

朋「そうよね、あたしも今同じ感じだし……」


11: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/10/31(火) 00:30:20.63 ID:Rj16wkRL0

朋「さて、どうしようかな……イタズライタズラ……んー」

まゆ「別にまゆはイタズラされなくてもいいんですけど……」

朋「や、それは……せっかくだし……」

朋「んー……」

朋「……えいっ」

まゆ「きゃっ!」

まゆ「も、もうっ、くすぐらないでくださいっ!」

朋「ダメよ、これがイタズラなんだから」

まゆ「でも、まゆ、くすぐりに弱くて……」

朋「ふふっ、じゃあなおさらね!」

朋「それっ、それっ!」

まゆ「ひゃんっ! も、もうっ!」

まゆ「仕返しですっ!」

朋「きゃっ!」

朋「ちょっ、ちょっと、ダメでしょ!」

朋「あたしはちゃんとお菓子渡したじゃない!」

まゆ「それはそれ、これはこれです、ふふっ!」

朋「それじゃハロウィンのいみなっ……んっ!」

朋「このっ、やったわね……っ!」

まゆ「ひゃ……ふ、ふふっ!」

まゆ「おかえ……しっ!」

朋「あはははっ! ちょっ、ずるいって、まゆちゃんっ!」

まゆ「今日のまゆ、ふふっ、は魔女ですから、ふふふっ、悪い子なんです……えいっ!」

朋「ゃっ、あはははっ! じゃっ、じゃあ、そんな悪いまゆちゃんにもっ……おしおきっ!」

まゆ「ひゃん♪ ふふ、やられたから、もっとお返し……うふふふっ」

朋「あはははっ! 負けないわよっ!」







おしまい


12: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/10/31(火) 00:32:39.77 ID:Rj16wkRL0

朋ちゃんとまゆちゃん絶対相性いいからユニットください

誤字脱字、コレジャナイ感などはすいません。読んでくださった方ありがとうございました



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿