TOP > シンデレラガールズ > モバP「太った」

モバP「太った」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 22:16:32.29 ID:yvzk56aZo

【モバマスSS】

デブ茶化しネタなので、不愉快になるかたはそっ閉じ推奨


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 22:17:06.54 ID:yvzk56aZo

モバPは考えた。

プロデュースのために必要なもの、それはパワー。

パワーに必要なものは体格。

よし、太ろう。

モバPは、割と安直だった。

そして、一ヶ月……


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 22:17:34.61 ID:yvzk56aZo

愛海「ウェヒヒヒヒ、新人さんがいるよ」

愛海「処女が峰への一番登頂は楽しみだね」

愛海「そこに山がある限り、私は」

???「待てい!!」

愛海「その、妙にしっとりとして、それでいて脂っ気を感じる声は?」

デブP「同性とはいえ、セクハラは止めるデブ!」

愛海「プロ……アンタ誰ーーー!?」

デブP「おいおい、プロデューサーの顔を見忘れたデブか?」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 22:18:01.17 ID:yvzk56aZo

愛海「ごめん。ただのデブにしか見えないよ」

デブP「失礼デブね」

愛海「じゃあ、凄いデブ」

デブP「そっちの方向にパワーアップさせるな」

デブP「とにかく、セクハラは許さないデブ」

愛海「セクハラじゃないよ、これは神聖なる儀式だよ」

デブP「どうしても揉みたいというのなら、俺の胸を揉むのデブ!」

愛海「いや、男の胸って……」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 22:18:29.13 ID:yvzk56aZo

デブP「デブブブブ(笑い声)」

愛海「それ、笑い声なの?」

デブP「笑止千万デブ、この胸を見てもまだそんなことが言えるデブか?」

愛海「……胸囲というかバストというか……それただのデブ胸じゃん」

デブP「デブブブブブブ(笑い声)」

愛海「身体を左右に揺らして何を……はっ、この動きは?」

デブP「デブブブブブブブブブブブブブ(笑い声)」

愛海「この揺れは、巨乳揺れ!? ま、まさか、デブ胸がこんな揺れ方をするなんて」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 22:18:57.09 ID:yvzk56aZo

デブP「触ってもいいデブよ?」

愛海「いや、でもこれは……あ、いやいや騙されちゃ駄目、愛海、貴方は強い子、棟方愛海は強い子凄い子おっぱいの子」

デブP「ほーれほれ。揺れてるデブよ?」

愛海「くっ……何事も経験なのかな……えーい、こうなったら!!」

 ぐにゅ

デブP「柔らかいデブ?」

愛海「……柔らかくて……適度に温かくて、大きさもちょうどいいし揉み応えもある」

デブP「そうデブよ」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 22:19:25.06 ID:yvzk56aZo

愛海「でも、なんか湿ってるぅううううううっ!!」

デブP「ただの汗デブよ」

愛海「いやぁあああああっ!!」

デブP「遠慮は要らないデブよ」

 しっかりと愛海の腕を捕まえるデブP。自分の胸に押し付けている。

愛海「放して! 放してぇええええぇっ!! 汗が、汗が手のひらにべっとりとぉおぉっ!! しかも粘液質の汗ぇええぇっ!!」

デブP「デブブブブブブ(笑い声)」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 22:19:54.39 ID:yvzk56aZo

愛海「」

愛海「」

愛海「」

デブP「……感動のあまり気絶したデブか」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 22:20:21.99 ID:yvzk56aZo

ちひろ「あの、Pさん」

デブP「なんデブか?」

ちひろ「愛海ちゃん、突然倒れて、三日ほど休んだじゃないですか」

デブP「そうデブね」

ちひろ「復帰してから、他のアイドルの胸を揉まなくなったらしいんですよ」

デブP「いいことデブよね?」

ちひろ「それはそうなんですけど、いったい何があったんでしょうね」

デブP「さあ、わからないデブね」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 22:20:49.36 ID:yvzk56aZo

ちひろ「それはそうなんですけれど……あ、ところでPさん」

デブP「なんデブ?」

ちひろ「暖房強く設定し過ぎじゃありません? なんだか温かすぎますよ、この部屋」

デブP「暖房はつけてないデブよ?」

ちひろ「え?」

デブP「え?」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 22:21:16.61 ID:yvzk56aZo

くるみ「あ、あの、ぷろでゅーしゃー。くるみ、本当にこのままでも大丈夫ですか?」

デブP「何デブか?」

くるみ「くるみ、こんな泣き虫でアイドルになれるんですか?」

デブP「なれるとも。泣き虫だって立派な個性デブ。心配することはないデブよ、くるみちゃん」

 ぼよよん、と胸を叩くプロデューサー。
 本人は、どん、と叩いたつもりである。

くるみ「は、はい。くるみ、がんばります」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 22:21:42.92 ID:yvzk56aZo

デブP「その意気だ。あ、そうだ。今から昼飯デブが、一緒にどうデブ?」

みちる「お供します」

かな子「お供します」

デブP「どっから出てきた、君たち。ま、いいデブけど」

 そして、一時間後。

みちる「」

かな子「」

くるみ「せ、先輩! 大丈夫ですか!? 先輩! 先輩!!!」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 22:22:09.97 ID:yvzk56aZo

デブP「これくらいは食べてスタミナつけないと、乗り越えられないデブよ! デッブッブッブッブッ(笑い声)」

くるみ「ひぃいいいいいいっ!!!」

デブP「う…うろたえるんじゃないデブッ! アイドルはうろたえないッ」

くるみ「ううう、先輩方の犠牲は無駄にはしません。代わりに立派なアイドルになります」

みちる「」

かな子「」

デブP(この子、結構いい性格デブね)

デブP「そろそろ帰るデブよ。勘定は済ませておくから先に出るデブ」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 22:22:37.98 ID:yvzk56aZo

くるみ「はい」

デブP「あ、店員さん、お勘定デブ。それと、領収証ください。名前は千川ちひろデブ」

くるみ「先に出ますね」

デブP「えーと、『千匹の仔を孕みし森の黒山羊』の千と、川尻浩作の川、あとは平仮名で、ち、ひ、ろ、デブ」

店員「はい、領収書です」

 領収書の宛名【千川ちひろでぶ】

デブP「」

デブP「ま、いっか。いざとなったら自費で払うデブよ」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 22:23:10.93 ID:yvzk56aZo

デブP「ん? くるみちゃん、何してるデブか?」

くるみ「あ、ここに段差があって、歩きにくくて」

デブP「?」

くるみ「くるみ、変な身体ですよね。このお胸のせいで、足下がほとんど見えないんです……うううっ……」

デブP「安心するデブよ。俺は自分の腹で足下が見えないデブ」
 
 ちなみに、チンチンも見えないのだけれど、さすがに13才アイドルの前でそれは言えない。

デブP「オシッコするとき、チンチンも見えないデブよ」
 
 言いやがった。


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 22:23:37.43 ID:yvzk56aZo

くるみ「……凄いです、ぷろでゅーしゃー」

モバP「デブ?」

くるみ「自分の悩みが馬鹿みたいでした!」

モバP「」

くるみ「くるみ、アイドル頑張るもん!!」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 22:24:04.17 ID:yvzk56aZo

時子「何やってるのよ、このブタ!!」

デブP「ブタデブよ?」

時子「……そうね、ブタね」

デブP「ブタデブ」

時子「ブタよね」

デブP「Yes、ブタデブ」

時子「ブタね」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 22:24:31.34 ID:yvzk56aZo

デブP「見たとおりのブタデブよ?」

時子「……」

デブP「……」

時子「あの……なんか、ごめん」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 22:24:59.16 ID:yvzk56aZo

ちひろ「あの、Pさん」

デブP「なんデブか?」

ちひろ「くるみちゃん、初めてここに来た頃とはうってかわって明るくなって、まるで別人みたいですね」

デブP「いいことデブ」

ちひろ「財前さんも、なんというか棘が抜けたというか、丸くなったというか」

デブP「いいことデブね」

ちひろ「あと、かな子ちゃんとみちるちゃんの様子がおかしいんですが」

デブP「デブ?」

ちひろ「なんでも、上には上がいた、これからはプロデューサーをより尊敬するって」

デブP「デブブブブブブブ(笑い声)」

ちひろ「あと、この領収書なんですか?」

デブP「」


20: ◆NOC.S1z/i2 2013/12/26(木) 22:26:19.59 ID:yvzk56aZo

以上、お粗末様でした

時子さまとデブPの絡みがやりたかっただけです

時子さまは偉大なる御方です



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿