TOP > アイドルマスター > 春香「プロデューサーさんと冬馬くんってなんか似てない?」

春香「プロデューサーさんと冬馬くんってなんか似てない?」

1: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/17(月) 11:03:25.12 ID:q9X1DpPAO

千早「そうかしら?」

春香「なーんか似てる気がするんだよね」

千早「どこらへんが?」

春香「顔とか?プロデューサーさんいつもメガネだけど外したらけっこう似てる気がするんだけど」

千早「そうかしら?」

春香「ねぇ、なんか千早ちゃん不機嫌じゃない?」

千早「別にあまとうごときがプロデューサーに似てると言われてムッとしたなんて事はないわよ」

春香「ムッとしてるんだ……って言うか千早ちゃんあまとうって呼んでるんだ……」


2: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/17(月) 11:09:20.93 ID:q9X1DpPAO

千早「確かに仲は良い気がするけれど……あまとうごときに構ってあげてるプロデューサーが聖人なだけね」

春香「千早ちゃん冬馬くんのこと嫌いなの!?そういえばこの前の番組の収録でさ」

―――――

亜美「やーい、あまとうDT」

冬馬「うっせぇな!ってかアイドルのくせにそんなこと言うなよ」

真美「DTが許されるのは小学生までだよね~」

冬馬「バカ言うんじゃねぇ!お前らたんに俺をからかいたいだけだろ」

真美・亜美「「あまとうDT!あまとうDT!」」


3: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/17(月) 11:17:09.70 ID:q9X1DpPAO

冬馬「うぅ……くそっ」ジワッ

春香「ちょっとふたP「こらこら!他所のアイドル相手に幼稚なイジメをするんじゃない」

亜美「961プロは陰湿なイジメしてきたのにー?」

真美「そうだYO!961プロのせいで兄ちゃん苦労したじゃん」

P「確かに黒井社長は酷い人だけどジュピターは違うだろ?ジュピターだってお前達と一緒で努力を積み重ねて今の地位まで来たんだぞ?それを馬鹿にはできない、しちゃダメだ」

亜美「わかったYO……」

P「さぁ、謝りなさい」

真美・亜美「「ごめ~ん」」


4: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/17(月) 11:31:40.95 ID:q9X1DpPAO

P「ほら、収録はじまるからさっさと行きなさい」

真美・亜美「「はーい」」

P「まったく……」

冬馬「あ、ありがとう」

P「お前もいちいち反論するな!お前の方が年上なのに同じ位置に立ってケンカしてどうすんだよ」

冬馬「……だ、だけど」

P「だけどじゃない!ったく……真美と亜美がいたずらっ子なのは知ってるだろ?いたずらされる度にケンカすんのか?」

冬馬「……いや」

P「だったら余裕もって構えて笑って受け流すくらいしなさい!分かったか?」

冬馬「……はい」

P「じゃあ、行きなさい!さっき翔太が探してたぞ」

冬馬「うん……」トボトボ


5: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/17(月) 11:37:54.35 ID:q9X1DpPAO

春香「って言う事があってさ!まるでお父さんが息子に怒るみたいな感じだったの」

千早「ふーん」

春香「……訊いてた?」

千早「訊いてたわよ?プロデューサーが言った台詞だけ」

春香「千早ちゃん、本当に冬馬くんのこと嫌いなんだ……」

千早「べっつにー」

春香「なんで?」

千早「プロデューサーと仲良くしてるところが癪にさわるわけじゃないわよ?あまとうごとき豆タンクに嫉妬してるわけないじゃない」

春香「癪にさわるんだ……嫉妬してるんだ……」

千早「こんな事があったけど別に気にしてないわ」


7: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/17(月) 11:44:40.16 ID:q9X1DpPAO

―――
――


―― ファミレス ――

イラッシャーセー

真「お腹へったねー」

雪歩「レッスンの後だから余計ね」

真「ん?千早どうしたの」

千早「あそこに座っているのプロデューサーじゃないかしら?」

雪歩「え、本当?」

真「あれ?あまとうも一緒じゃない?」

雪歩「珍しいね」

千早「あまとうのくせにプロデューサーと二人っきりになるなんて……」ギリギリ

雪歩「ち、千早ちゃん?」

真「雪歩、ほっといた方がいいよ」

千早「あまとうが……」ギリギリ


8: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/17(月) 11:51:54.18 ID:q9X1DpPAO

冬馬「腹へったー」

P「なに食う?好きなの頼んでいいぞ」

冬馬「まず……メロンソーダと」

P「相変わらずメロンソーダ好きだなぁ」

冬馬「う、うるさいなぁ!別に良いだろ……あとハンバーグ」

P「デザートは?要らないのか?」

冬馬「んー……別にいいかな」

P「あいよ」

ピンポーン

―― 隣の席 ――

千早「あまとうがぁ……プロデューサーに口答えするなんて生意気にもほどがあるわよ」ギリギリ

雪歩「千早ちゃんどうしちゃったの!?」

真「雪歩、春香がいないときに突っ込むと疲れるだけだよ?ボクはオムライスにしようかな」

雪歩「真ちゃんドライだね……」


10: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/17(月) 12:22:02.78 ID:q9X1DpPAO

P「そういえば学校はどうだ?」

冬馬「仕事のことじゃなくて学校のこと聞くんだな」

P「同じ業界にいるんだから仕事のことはそれなりに耳に入るだろバーカ」

冬馬「うるせぇな!そんくらいわかってたし……学校はぼちぼちだよ」

P「成績は?」

冬馬「……ハンバーグ美味いなぁ」

P「やっぱり馬鹿じゃねぇか」

冬馬「馬鹿って言うなよ!まぁまぁだよ……」

P「今まであんまり口にしなかったしうるさく言うつもりもねぇけど勉強はしっかりすんだぞ?」

冬馬「わかってるよ」モグモグ


11: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/17(月) 12:30:26.58 ID:q9X1DpPAO

P「で、好きな娘はいんのか?」

冬馬「んぐっ……ゲホッゲホッ」

P「いんのか」ニヤニヤ

冬馬「べ、別に……ってか関係ねぇだろ!」

P「照れるな照れるな!で、誰よ?同じクラスの娘か?」

冬馬「言うかよ」

P「まさか……うちのアイドルじゃねぇだろうな……」

冬馬「黙秘権を発動する」

P「誰だ?お前は年上好きだから……あずささんか貴音か律子か……音無さん、はないか」

冬馬「言わねぇってば!」

P「違うか……女の子らしいタイプも好きだったよな?じゃあ、雪歩か春香!」

冬馬「ぶはっ!……ゲホッゲホッ……」


13: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/17(月) 12:40:12.57 ID:q9X1DpPAO

P「図星だな?で、どっちよ」

冬馬「いい加減にしろよ!怒るぞ」

P「まぁ、誰を好きになろうがお前の勝手だけど」

冬馬「……わかってるよ……俺はアイドルだからな」

P「わかってんならいいさ……ただし、俺は味方してやるから安心しろ」

冬馬「他事務所のくせになに言ってんだよバーカ」

P「俺の実力なめんなバーカ」

冬馬「……まぁ、ありがと」

P「そろそろ時間だし行くか」

冬馬「うん」

―― 隣の席 ――

千早「なんでプロデューサーの好きな人を聞かないの?やっぱりあまとうは使えないわね」ギリギリ

雪歩「千早ちゃん……料理冷めちゃうよ」

真「オムライス美味しい」モグモグ


14: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/17(月) 12:51:38.66 ID:q9X1DpPAO

―――
――


千早「あまとうのヤツちょっと調子に乗ってるわね」

春香「千早ちゃんは冬馬くんに敵意むきだし過ぎだよ!それに私の憶測が正しければ……プロデューサーさんと冬馬くんって幼なじみじゃないのかな?」

千早「幼なじみ?はッ、あまとうごときポークビッツがプロデューサーと幼なじみなわけないじゃない」

春香「幼なじみですら嫌なんだ……でも、仲良いしプロデューサーさんがけっこう世話やいてるみたいだしさ」

小鳥「春香ちゃんの憶測は間違ってるわよ」ズイ

春香「わッ……びっくりした……」

小鳥「私見たんです……あの二人は付き合ってるの……それも同棲してるのよ!」


16: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/17(月) 13:01:52.25 ID:q9X1DpPAO

―――
――


ミッション・イン・ピヨちゃん

~ プロデューサーの家に潜入せよ ~

小鳥「プロデューサーさんのマンションはここね……」

小鳥「むッ!誰か来るッ!隠れねば」サッ

P「ボサっとすんな!ったく……しっかりしろよ」

冬馬「うるさいなぁ……もうちょっと寝ても大丈夫だったのにさ」

P「俺が起こさなかったらお前は寝坊すんだろうが!チンタラチンタラしやがって」

冬馬「朝から怒るなよ……ふぁ~あ」

P「ったく……今日の飯当番と風呂掃除当番はお前だからな!」

冬馬「わかってるよ……ふぁ~あ」

P「本当にわかってんのかよ」

小鳥(なん……だと!?あの二人は付き合ってるの!しかも同棲!?事件だわ)


17: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/17(月) 13:11:21.37 ID:q9X1DpPAO

―――
――


千早「あまとう殺す」

春香「落ち着いてー!千早ちゃん落ち着いてー!!雪歩のスコップはおいて!お願いッ」

小鳥「私も自分の目を疑ったわ……でもこれは事実なのよッ!!」

春香「なんで嬉しそうなんですか!?って言うか小鳥さんのやろうとしてた事は犯罪ですからね!」

小鳥「(・ω<)ピヨペロ」

春香「うわぁ」

千早「あまとう殺すあまとう殺すあまとう殺すあまとう殺す」

春香「千早ちゃんもいい加減落ち着いてよ!こうなったらプロデューサーさんに冬馬くんとの関係を聞こう!ねっ?」


19: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/17(月) 13:22:42.64 ID:q9X1DpPAO

P「どうした春香」

春香「すいませんデスクワーク中に」

小鳥「プロデューサーさんとあまとうは付き合ってるんですよね!?そうですよね!!で、週に何回ですか?」

P「はぁ?」

春香「小鳥さんの事は気にしないでください……って千早ちゃんはなんでプロデューサーさんの隣に座ってるの!?」

千早「正妻ポジションだから」スリスリ

P「あのさ……用がないんなら」

春香「すいません……あのつかぬことを聞きますけどプロデューサーさんと冬馬くんが似てるって話になって」


20: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/17(月) 13:31:30.64 ID:q9X1DpPAO

P「俺とアイツが?」

春香「それで……」

小鳥「週に何回ですか?最高なんラウンドしました?生派?ゴム派?どっちが受けですか!?」

春香「小鳥さんがこんな感じで暴走しはじめまして……しかもプロデューサーさんと冬馬くんが同じマンションから出てきたところを見ちゃいまして」

千早「ねぇねぇプロデューサー!見て見て!ちーちゃんだニャン」ネコミミ

春香「本当にすいません……あとで正式に謝罪しますから……それで関係を教えてくれませんか?」

P「隠してたわけじゃないんだけど……まぁ、いいか……実は俺と冬馬は兄弟なんだよ」


24: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/17(月) 13:39:53.71 ID:q9X1DpPAO

春香「えっ!?幼なじみじゃなくて!?」

小鳥「えっ!?近親相姦!?」

千早「どうりで!冬馬くんって前から素晴らしいアイドルだと思ってたんですよねぇ」

P「社長にだけは言ってたんだけどさ……お前たちには言う必要ないかなって思ったし961プロと敵対してたから尚更な」

春香「そうなんですか……」

P「ただ、十個違うし父親を早くに亡くして父親代わりをつとめてた事もあってついつい世話をやいちゃってさ……同棲してんのもアイツ一人だと心配でな……ブラコンと言われても否定しきれんな……アハハ」


26: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/17(月) 13:50:34.69 ID:q9X1DpPAO

春香「いいお兄ちゃんだと思いますよ!」

P「そうかな?」

春香「そうです!でも、びっくりしましたよ!どうりで似てるんですね」

P「似てるか?アイツは母親似だけど俺は父親似だし……腹がたつがアイツの方がイケメンだし」

千早「プロデューサーの方がカッコイイですよ?私、プロデューサーの近くにいると発じy春香「千早ちゃんそれ以上はダメだよ?言ったらぶつからね」

小鳥「妄想が捗りますなぁ」ニヤニヤ

P「まぁ、俺の弟だからって気にせず潰すつもりで良いからな」

春香「もちろんです!」

P「なんか話したらすっきりしたなアハハ」

千早「私でもスッキr春香「千早ちゃんブツよ!」


28: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/17(月) 14:02:07.06 ID:q9X1DpPAO

―― 数日後 ――

千早「とーおーまくーん」

冬馬「げッ……如月千早」

千早「なによなによーそんな邪険にしないでよー」

冬馬「……この前、俺にコーラかけたくせに……って言うかなんだよその猫なで声」

千早「そんなにツンケンしないのー」

冬馬「それよりなんか用か?如月千早ほどのアイドルが男と話しして変な噂たっても知らねぇぞ」

千早「義理の兄弟だからそんな噂たっても大丈夫だよ?それとこれからは義姉さんって呼んで?」

冬馬「……え?」

千早「ね、未来の義弟くん♪」

冬馬「おおおお前ああああああ兄貴と!?」

春香「千早ちゃんこっちおいで!!ぶっ叩いてあげるからさッ!!」

おわり


29: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/17(月) 14:04:25.58 ID:q9X1DpPAO

Pとあまとうの兄弟設定ってなかなか無い様な気がしてやりました

勢いだが後悔はしてなくもない



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿