TOP > アイドルマスター > 春香「プロデューサーさんと冬馬くんは兄弟だよ」

春香「プロデューサーさんと冬馬くんは兄弟だよ」


1: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/19(水) 21:08:41.94 ID:ukwCHrWAO

真美「あまとうと兄ちゃんが兄弟?」

亜美「こりゃスクープですな」

春香「別に隠してたわけじゃないみたいだけどね」

亜美「鬼ヶ島兄弟ですな」

P「地獄兄弟みたいに言うんじゃないよ」

真美「あまとうと兄弟なんて面白い事を言わないなんて水臭いですなー」

P「別に隠してたわけじゃないけどお前らには隠してた方が良かったかもな……」

亜美「そういえばジュピターも居たよね?」

真美・亜美「「んっふっふ~」」

P「亜美、さっき律子が呼んでたぞ?真美は音無さんが迎えにくるからな」

真美・亜美「「え~」」


2: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/19(水) 21:14:10.08 ID:ukwCHrWAO

P「そういえば千早は?」

春香「あれ、さっきまでそこで雑誌読んでたんですけど……」

P「まぁ、いないなら良いんだけどさ。ついでに明日の打ち合わせしたかっただけだし」

春香「……なんか嫌な予感がする」

P「春香、どうした?なんか一気に顔色悪くなったぞ」

春香「プ、プロデューサーさん!ジュピターの楽屋の場所わかりますか!?」

P「ジュピターの楽屋?なんで?」

春香「もしかしたら……冬馬くんが危ないかもしれない!」

P「え、なんで!?」


3: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/19(水) 21:22:39.59 ID:ukwCHrWAO

― ジュピターの楽屋 ―

冬馬「助けてー!誰かーー誰かーー!!」

千早「なんでそんなに嫌がるの?これも貴方とお兄さんの役に立つことなのよ?」

冬馬「ぜってぇ違うだろ!変なことするつもりだろ!?」

千早「ヤダーヘンナコトナンテスルワケナイジャナイデスカー」

冬馬「誰かーー!あ、兄貴ーー!!助けてーー」

千早「まぁ、なんて強い兄弟愛かしら!義姉ちゃんちょっと妬けちゃうなぁうふふ」

冬馬「兄ちゃああああああん!助けてええええええ」

バンッ

春香「千早ちゃん!今すぐ冬馬くんから離れなさい!」

冬馬「あ、天海!?」


5: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/19(水) 21:29:53.22 ID:ukwCHrWAO

千早「あら、春香」

春香「あら、じゃないよ!なんですぐに暴走しちゃうの!?」

千早「暴走?私のプロデューサーへの愛を暴走と呼ぶの?……愛の暴走機関車・如月千早とあなたは呼ぶのね!」

春香「なんで嬉しそうなの!?千早ちゃんの理性はどこに行っちゃったの!」

冬馬「……うぅ……すっげぇ怖かった……目に光が……光が」グスン

春香「よしよし、何があったの?話してごらん」

冬馬「……俺が……楽屋に鍵かけて昼寝してたら」グスン


6: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/19(水) 21:34:53.57 ID:ukwCHrWAO

―――
――


ガチャガチャガチャ

冬馬「……うっせぇなぁ……まだ時間じゃないし無視しよ」ムニャムニャ

ガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャ

冬馬「チッ……誰だよ……まぁ、どうせ翔太あたりが悪戯してんだろ」

ドンドンドンドン

千早『冬馬ー義姉ちゃんよーいないのかしらー』

ドンドンドンドン

冬馬「ひぃぃぃぃぃ!?き、如月千早!」

千早『なんだぁいるんじゃない!早く開けてー』ガチャガチャガチャガチャガチャガチャ


8: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/19(水) 21:43:51.15 ID:ukwCHrWAO

冬馬「な、なんだよ!何か用があんならまずそこで言えよ」

千早『ちょっと話があるの。ここじゃ話せないわ』ガチャガチャガチャ

冬馬「ガチャガチャするなよ!怖いから!めちゃくちゃ怖いから!!」

千早『だったら開けてよー』ガチャガチャガチャガチャガチャ

冬馬「分かった!開けるから!開けるから止めて!!」ガチャン

千早「早く開けてよ」

冬馬「怖いよ!目にハイライトがねぇよ!」

千早「こーら!静かにしないとダメよ?」

冬馬「なんの用だよ……早く出ていってくんねぇかなぁ……」


10: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/19(水) 21:54:02.35 ID:ukwCHrWAO

千早「あら、照れちゃってカワイイ」

冬馬「照れてないからー怖いだけだからー」

千早「そうそう、冬馬は今日遅くなるの?」

冬馬「……なんでそんなこと言わなきゃなんねぇんだよ……ってかさりげなく呼び捨てかよ」

千早「Pさんは今日遅くなるらしいの。だけど冬馬一人じゃ心配らしくて本当にあの人ったらブラコンよね?まぁ、そんなところも含めて好きなのだけれどそれでねせっかくだから私が二人のために夕飯を作ってお留守番してようと思ったのあ、私はこのあと直帰するだけだから気にしないで?……だから鍵貸して♪」

冬馬「……嫌だ」


11: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/19(水) 22:00:44.19 ID:ukwCHrWAO

千早「なんで?」

冬馬「……嫌だから」

千早「でも、暖かいご飯食べたいでしょ?」

冬馬「……食べたくない」

千早「なぜ?」

冬馬「……怖いから」

千早「何が怖いの?」

冬馬「……お前が……天海から訊いたけどお前と兄貴はなんでもねぇんだろ?なのになんで彼女面して強引に世話妬こうとするんだよ……怖いよ」

千早「彼女面?違うわ!正妻よ」ドヤァ

冬馬「……なんでドヤ顔」

千早「知らないの?千早が正妻と言う風潮があることを」

冬馬「……ないから」

千早「ふぅ……聞き分けのない子ね……そのカバンに鍵が入ってる事は知ってるんだから!」ガバッ

冬馬「だ、誰かーー!変態だーー!!」


12: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/19(水) 22:10:29.07 ID:ukwCHrWAO

―――
――


冬馬「……って言う事が」

春香「千早ちゃん!なんでそんな事したの!?もう変態な千早ちゃんはお腹いっぱいだよ」

千早「愛ゆえに、人は狂ってしまうものよ春香」

P「春香?あれ、なんで冬馬泣いてんだ?」

千早「プロデューサー!私に会いに来てくれたのね」

P「いや、春香を追ってきただけだが……それより何があったんだ?」

冬馬「兄ちゃんのせいだよ馬鹿ァ!なんでそいつに今日帰りが遅くなる事を言ったんだよ」

P「はぁ?お前にメールしたが千早に言った覚えはねぇぞ?」

冬馬「…………」

千早「にゃーんにゃーんちーちゃんだにゃーんPさんのお嫁さんだにゃー♪」

冬馬「…………」ガクガク

春香「よしよし、大丈夫よ。私がちゃんどぶっ叩いておくからね」ナデナデ


14: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/19(水) 22:18:42.59 ID:ukwCHrWAO

P「何がなんだか分からないが……良いかアハハ」

千早「そうねウフフ」

春香「千早ちゃんは笑っちゃダメ!」

P「春香は千早を連れて楽屋に戻っててくれ」

春香「わかりました。いくよ千早ちゃん!」

千早「あ、私の蒼い鳥!プロデューサー…サー…サー」ズルズル

P「アハハ、千早は茶目っ気が出てきたな」

冬馬「あれのどこが茶目っ気だよ!あれは狂気っつうんだよ!!」

P「お前、千早のこと苦手なのか?」

冬馬「苦手どころかトラウマだよ!」


15: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/19(水) 22:26:52.22 ID:ukwCHrWAO

P「良い子なんだがなぁ……」

冬馬「そんな事より早く結婚しろよ……じゃねぇと俺が危険な目にあうじゃねぇかよ」

P「結婚したくても相手がいないんじゃあなぁ」

冬馬「兄貴さ……俺が心配だからとかそんなんで彼女つくらねぇんじゃねぇだろうなぁ……ブラコンもいい加減にしろよ」

P「ちげぇよバーカ!!どっかのアイドルと違ってモテねぇだけだよ」

冬馬「……とりあえずさ……俺もいつまでもガキじゃねぇし過保護なのも大概にしとかねぇとマジで結婚できねぇぞ……それだと俺が困るんだよ……もう怖い目にはあいたくないんだ」ガクブル

P「アハハ……まさかお前にそんな事言われる日がくるなんてな……今日はすき焼きかな」


16: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/19(水) 22:36:07.79 ID:ukwCHrWAO

P「あ、そうそう!お前、春香のこと好きだろ」

冬馬「はぁ!?ば、馬鹿!別にそんなんじゃ///」

P「わっかりやすいなぁ~そうか~雪歩じゃなくて春香だったかぁ」ニヤニヤ

冬馬「うるせぇなぁ!兄貴には関係ないだろ!」

P「関係ない事はないだろ?春香のプロデューサーだしお前の兄貴なんだからよ」

冬馬「あーあ、厄介だな」

P「春香がトップアイドルになるまで待ってやってくれよ?」

冬馬「……わかってるよ」

P「そうかー春香かぁ……我が弟ながら女を見る目があるなぁ」ニヤニヤ

冬馬「声がでけぇよ馬鹿兄貴!」


17: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/19(水) 22:47:01.59 ID:ukwCHrWAO

―― 数日後 ――

春香「冬馬くん!」

冬馬「あ、天海!?如月は……」キョロキョロ

春香「千早ちゃんなら今日は美希とプロデューサーさん争奪戦やってるよ……」

冬馬「そうか……プロデューサーって大変なんだな……」

春香「そうだね……」

冬馬「よく続けてられるよ……」

春香「うーん……冬馬くんのためなんじゃないかな?」

冬馬「いや、たぶん違うな……きっと楽しくて仕方ないんだと思うよ。お前らと一緒にいるのがさ」

春香「そうかな?」

冬馬「そうに決まってるよ。家に帰ってもお前らの話ばっかりだもん」


18: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/19(水) 22:59:54.49 ID:ukwCHrWAO

春香「そうなんだー…えへへ、ちょっと恥ずかしいな」

冬馬「まぁ……こういうのも恥ずかしいけどさ……兄貴のことよろしく頼むな」

春香「冬馬くんも私たちのプロデューサーのことよろしくお願いね?」

冬馬「え、あ……おう」

春香「ふふ、プロデューサーさんと冬馬くんって本当に兄弟だね」

冬馬「何をいきなり」

春香「だって照れた時の仕草が一緒だもん」ニコッ

冬馬「そ、そうかな///」

Prrrrrr

冬馬「ん?知らない番号だな」

ピッ

冬馬「もしもし」

『もーしもし千早義姉さんだぞぅ』

冬馬「ひぃ!?」

春香「千早ちゃんだね?千早ちゃんでしょ!?やっぱりぶっ叩くッ!!」

おわり


19: ◆aHGz2Nt3qM 2013/06/19(水) 23:01:46.93 ID:ukwCHrWAO

予想外に続編を期待する声が多かったので勢いで書いてみました。

もう……いろいろなんか……ごめんなさい



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿