TOP > アイドルマスター > やよい「うっうー……」 P「どうしたやよい? 元気がないな」

やよい「うっうー……」 P「どうしたやよい? 元気がないな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/27(金) 22:08:40.94 ID:i1kZZgKS0

短いアイマスSS


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/27(金) 22:09:27.07 ID:i1kZZgKS0

――事務所

やよい「うっうー……」

P「どうしたやよい? このごろ元気がないじゃないか」

P「最近仕事も増えてきたし、疲れてるのか?」

やよい「ふえっ!? い、いえ……そうじゃないんです」

P「しかし、何もないわけじゃなさそうだが……」

やよい「なんていうか……よくわかんないけど、疲れるんです……」

P「ふむ……」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/27(金) 22:10:11.91 ID:i1kZZgKS0

――給湯室


P「というわけで、だ。やよいを元気にしよう会議を行う」

小鳥「確かにやよいちゃんは最近元気がないですね」

伊織「あんたが何かしたんじゃないの?」

P「馬鹿言え。やよいLove倶楽部の創設者のこの俺が、そんなことするはずがない」

千早「確かにプロデューサーがそんなことをするとは思えません」

千早「やよいLove倶楽部内で唯一SSランクのヤヨイスキー称号を持っているプロデューサーが」

小鳥「私まだCランクですよ……」

伊織「ふふん、私はAよ。まだまだね」

千早(……まあ私はとっくの昔にSランクですが)


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/27(金) 22:11:29.27 ID:i1kZZgKS0

P「まあクラスはこの際どうでもいい。今はやよいの状況だ」

P「伊織、最近元気がない以外でやよいに変わったことはなかったか?」

伊織「そうね……。この前は仕事が増えてお金がたくさん入って、家族に美味しいごはんをたくさん食べさせられる、と嬉しがってたわね」

P「天使か」

千早「天使ね」

小鳥「天使すぎるわ」

P「しかしそれなら元気になるはずだが……。やっぱり仕事が多かったんだろうか」

P「千早は何か知ってるか?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/27(金) 22:12:46.80 ID:i1kZZgKS0

千早「そうですね……。先日、私の家に高槻さんが来て、ご馳走を作ってもらいました」

千早「材料は肉に魚に彩り豊かな野菜、和洋中はもちろんロシア料理やベトナム料理まで」

千早「私はいいと言ったんですが、普段お世話になってるお礼ですと」

P「天使ヤヨイだな」

小鳥「福音書に出てきそうですね」

伊織(マタイかしら?)

千早「その日は春香と真と萩原さんも呼んで、五人で食卓を囲みました」

P「なぜ呼んでくれなかったんだ!」

千早「その日は忙しくて事務所に泊まるとか言ってませんでしたか?」

P「呼んでくれたら頑張って終わらせたのに……」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/27(金) 22:14:02.87 ID:i1kZZgKS0

P「まあいい。小鳥さんは?」

小鳥「やよいちゃん、最近もやしを食べなくなったって言ってました」

小鳥「今はもう張り切って節約しなくても良くなったって」

伊織「やよい……」

千早「高槻さん……よく頑張ったわね」グスッ

P「ふむ……ちょっとわかってきたぞ」

小鳥「へっ、今ので、ですか?」

P「ああ、最近はもやしを食べない。これだよ」

千早「はい?」

伊織「意味がわからないんだけど」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/27(金) 22:14:48.75 ID:i1kZZgKS0

P「俺も信じられないが、やよいはもしかすると、もやしを食べなくなったから元気がないんじゃないかと思う」

小鳥「確かにもやしは栄養がありますけど……でもそれくらいで元気がなくなるほどじゃ……」

P「ものは試しです。やってみて、だめなら違うんですよ」

伊織「適当ね……」

千早「まあ、可能性はひとつずつ潰していくしかないですね」

P「だめだったら仕事がキツくないかとか、色々訊いてみるさ」

小鳥「順番が違う気がするんですけど……」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/27(金) 22:16:15.07 ID:i1kZZgKS0

――事務所


P「やよいー」

やよい「プロデューサー、なんですかー?」

P「久しぶりにもやし祭りを開催しないか?」

やよい「も、もやし祭りですかー? い、いいですけどー……」

P「どうした?」

やよい「弟たちがなんて言うか……」

P「……それなら多分、大丈夫だ」

やよい「……?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/27(金) 22:16:59.13 ID:i1kZZgKS0

――やよい家


P「おじゃましまーす」

かすみ「あ……」

長介「久しぶりだな、にーちゃん!」

P「はは、本当に久しぶりだな」

やよい「じゃあみんな、もやし祭り開催するよー!」

高槻家+P「はーい!」ワアアア


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/27(金) 22:18:04.58 ID:i1kZZgKS0

――やよい家玄関


P「うん、やっぱりうまかった。やよいの家のもやし祭りは最高だな」

やよい「久しぶりに食べましたけど、やっぱりもやしも美味しいですー!」

やよい「あ、でも、なんでいきなりもやし祭りだったんですかー?」

やよい「今ならわたし、いろーんな料理、作れちゃいますよ?」

P「……貧乏だった頃を、忘れようとしてないか?」

やよい「えっ……?」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/27(金) 22:19:39.55 ID:i1kZZgKS0

P「家族に美味しいものを食べさせたかった。でもお金がないから、安いもやしでお腹をふくらませていた」

P「そんな意識が、やよいに無意識にもやしを使わせなかったんじゃないのか?」

やよい「……」

P「きっとお金が入るようになったら、いろんなものを家族に食べさせてやりたかった」

P「だから、いろんな料理を覚えた。そして今、それを実際に作れるようになった」

P「すごく楽しかっただろ。すごく幸せだっただろ」

やよい「……」

P「だからやよいは、大事なことにフタをして、見ないようにしていたんじゃないのか?」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/27(金) 22:21:26.52 ID:i1kZZgKS0

P「お金がなくても、幸せだった昔のことを、さ」

やよい「……」

P「……」

やよい「……難しくて、よく分かりません」

P「……そっか」

やよい「でも、ちょっと無理してたかもしれません」

やよい「お金が入って、今までできなかったことができるようになって、じゃあそれをしなきゃって思っちゃって」

やよい「焦って、他の大事なことが、見えなくなっちゃってたかもしれません」

P「……」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/27(金) 22:22:36.30 ID:i1kZZgKS0

P「やよいは、そのままでいいんじゃないか」

やよい「えっ?」

P「お金があってもなくても、やよいはやよいじゃないか」

やよい「……」

P「やよいは、もやし嫌いか? もやし祭り、楽しくなかったか?」

やよい「そ、そんなことないです! とーっても好きだし、楽しかったです!」

P「じゃあ、それでいいじゃないか」

やよい「プロデューサー……」

P「無理に変わる必要はない。変われる時に変わればいい。変わりたくないなら、変わらないでいい」

P「俺の中では、やよいはいつも、家族思いの立派なお姉さんで、俺のかわいい担当アイドルだよ」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/27(金) 22:24:25.70 ID:i1kZZgKS0

やよい「……えへへ、嬉しいですー!」

やよい「プロデューサー、明日からもお仕事がんばりましょー! おやすみなさーい!」ガルーン

P「ああ、おやすみ!」

P「……これで良かったかな」





やよい(プロデューサー。私、実はお金のこと以外にも変わったことがあるんです)

やよい(それで少しみんなに心配かけちゃってたかも……。でも)

やよい(……いつかきっと、教えちゃいますから!)


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/27(金) 22:25:47.99 ID:i1kZZgKS0

――事務所


やよい「うっうー! おはようございまーす!」ガルーン

P「おお、おはよう。今日も元気だな」

やよい「はい! もやしパワー全開でーす!」

千早「元気な高槻さん、やはり天使ね」

伊織「天使とかなんだとか、人間の決めた枠で収まるものじゃないでしょ」

小鳥「そうね、やよいちゃんのかわいさはもはや人智を超えているわ」

やよい「あ、そうだ。プロデューサー!」

P「ん? なんだ?」





やよい「だーいすきですっ! これからもよろしくお願いしまーす!」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/27(金) 22:26:57.75 ID:i1kZZgKS0

P「」ズキュ ̄ ̄ ̄ ̄Z____ゥゥゥン!!!!!!!!!!

小鳥「」

伊織「」

千早「Sランクじゃ……Sランクじゃダメだっていうの……!」

春香「おはよー! って、なにが起こってるの!?」

真「うわぁ!? よ、四人ともしっかりしてー!」




やよい「うっうー! 私は今日も元気ですー!」


                             おわり



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿