TOP > シンデレラガールズ > モバP「雪美……いたずら……ね………?」

モバP「雪美……いたずら……ね………?」

1: ◆yz988L0kIg 2013/12/27(金) 03:22:10.24 ID:fHsnFg1w0

モバP(最近雪美がよくいたずらをしてくる)

モバP(前は絶対にそんなことしないはずだったのになぁ……)

雪美「モバP……どうしたの……?」

モバP「ううん、なんでもないよ」

雪美「ガム……あげる……」

モバP「ありがそう、せっかくだけど今はいいよ」

雪美「そう……」シュン

モバP「ごめんな、気持ちだけもらっておくよ」

雪美「モバP……私……要らない?……」ウルッ

大槻唯「ん? 雪美ちゃんどったの?」


2: ◆yz988L0kIg 2013/12/27(金) 03:24:01.68 ID:fHsnFg1w0

モバP「あっ!やっぱりガムほしいな!!!」

雪美「うん…」ニパァ

モバP「ありがと」

パチンッ

モバP「イタッ、なんだこれ」

雪美「ふふっ……」

唯「やーん、雪美ちゃん。 どっきりだいせいこ~」

モバP「こら!唯のしわざだな!?」

唯「しーらないっ!」

雪美「しー…らないっ……」

モバP「仕事中なんだぞ!! いい加減にしなさーい!!」

唯「うわー 逃げろー☆」

雪美「逃げろー…………」

モバP(今でもまだこのぱっちんガム売ってたんだな)


3: ◆yz988L0kIg 2013/12/27(金) 03:24:28.07 ID:fHsnFg1w0

モバP「まぁいいや、仕事仕事。 とりあえずこの書類にはひと通り目を通しておかないとな」

モバP「………………………」

モバP「………………雪美」

雪美「……」

モバP「さっきから壁からジーっと見てるの知ってるぞ」

雪美「さっきは………ごめんなさい……」

モバP「そんなに怒ってないから大丈夫だぞ」

雪美「ほんと………?」

モバP「うん」

雪美「なら……モバP……おひざ……」

モバP「えっ?」


4: ◆yz988L0kIg 2013/12/27(金) 03:25:53.29 ID:fHsnFg1w0

雪美「……はやく」

モバP「しょうがないなぁ」

雪美「………ん。……ん。……手。」

モパP「あぁ、自分で乗れないもんな。 よいしょっと」

雪美「………ありがとう」

モバP「もういたずらしちゃダメだぞ」

雪美「…………………安心して………」

モバP「それにしても雪美の髪は長いなぁ」ナデナデ

雪美「ん……モバP……くすぐったい……」

モバP「あ、ごめんつい」

雪美「いい………あなた……特別…だから……嬉しい……」

モバP「それじゃぁ遠慮なく」ナデナデ

雪美「私…モバP……魂…繋がってる……離れても…ずっと…」ギュゥ


5: ◆yz988L0kIg 2013/12/27(金) 03:26:24.60 ID:fHsnFg1w0

モバP「おっ、急にどうした? あ、そうかもうレッスンへ行く時間か」

雪美「うん……行ってくる……」スタッ

モバP「一人で大丈夫か?」

雪美「……私……信じて……大丈夫…」ブイッ

モバP「そうか、じゃぁいってらっしゃい」

雪美「行ってくる………」

モバP「なんとか今日中にこれを片付けないと………」

響子「モバPさん、頑張ってますね。お茶をどうぞ」

モバP「あぁ、ありがとう」

唯「いいな~ ゆいもお茶のみた~い」

響子「あ、それならゆいちゃんの分も淹れてきます」

唯「いいのいいの、モバPちゃんのがいいの!」ズズッ

モバP「おいまだ熱いぞ」


6: ◆yz988L0kIg 2013/12/27(金) 03:28:11.58 ID:fHsnFg1w0

唯「あっつーい!!!!」

モバP「ほらぁ」

唯「ベロやけどしちゃったぁ~キャンディーなめたら治るかなぁ」

モバP「治らないでしょ」

唯「え~ 超ショック……」

響子「舌のやけどには砂糖がいいんです♪ 持ってきますね!」

モバP「へぇ~」

響子「はい、唯ちゃんこれを火傷している箇所にひとつまみ乗せて舌を口の上側にしばらく当ててください」

唯「は~い」

響子「あとは砂糖が解けるのを待つだけです♪」

唯「ほんほひほんはほへはほふほ?(ほんとにこんなのでなおるの)」

響子「大丈夫ですっ♪」

モバP「流石、響子はなんでも知ってるなぁ」

響子「えへへ///」

唯「う~ん あんまり痛くない☆ さっすが響子ちゃん!」

モバP「よかったな」

唯「響子ちゃんってなんかゆいよりも年下なのにお姉ちゃんってカンジ~ 響子おねえちゃ~ん」

モバP「掃除してもらったりお茶も淹れてもらったりしてるし、どっちかというとお母さんだな」

唯「確かに! 響子ママ~…なんてねっ」


7: ◆yz988L0kIg 2013/12/27(金) 03:29:13.49 ID:fHsnFg1w0

響子「えっ、私がママってことはモバPさんが旦那さんで…それで……」ムフフ

唯「モバPちゃん、響子ちゃん日菜子っちゃってるよ」

モバP「珍しいな、お~い戻ってこ~い」ポンポン

響子「はっ! ごめんなさいつい」

唯「響子ちゃんそんなキャラだっけ~? ま、いっか! あはは!」

モバP「さ、お前らもそろそろ仕事に行く時間なんじゃないか?」

響子「あっ、そうですね。 それではいってきます!」

唯「いってきまーす、じゃぁね~」

モバP「いってらっしゃい」


8: ◆yz988L0kIg 2013/12/27(金) 03:32:25.72 ID:fHsnFg1w0

―――――数分後

ちひろ「ただいまもどりました~」

モバP「あっ、ちひろさんおかえりなさい」

ちひろ「う~ん、事務所は暖かくていいですね~」

モバP「そうだ今度のライブ会場の写真が来たんですよ」

ちひろ「本当ですか!?」

モバP「はい、今朝携帯のほうに写真付きで……あれ?」

ちひろ「どうされました?」

モバP「いや、ポケットに……うわっ、なんだこれ」

ちひろ「えっ、これって……口紅?」

モバP「なっ、なんでこんなものが俺のポケットに」

ちひろ「女装、趣味なんですか?」

モバP「そんなわけないでしょ!」


9: ◆yz988L0kIg 2013/12/27(金) 03:32:53.97 ID:fHsnFg1w0

ちひろ「ですよね。 もしかしてまた雪美ちゃんですか?」

モバP「おそらく……ん~どうしてこうもいたずらばっかりするんでしょうね」

ちひろ「まぁまぁ、可愛いじゃないですか」

モバP「確かに大した実害はないんですけどどうして急にこんなことするようになったんでしょう」

ちひろ「ん~……雪美ちゃんなりのコミュニケーションの取り方なんだと思います」

モバP「コミュニケーション?」

ちひろ「唯ちゃんとモバPさんが楽しそうにはしゃいでるのを見て自分も同じようにはしゃぎたかったのかもしれませんよ」

モバP「なるほど」

ちひろ「とはいっても私にも本当のところはわかりませんけどね」

モバP「ん~でも確かに最近は今度のライブの準備で忙しくてなかなか構ってあげてなかったから、そうかもしれませんね。ありがとうございます」

ちひろ「いえいえ、私には何もしてませんよ~」

モバP(構って、か……)


10: ◆yz988L0kIg 2013/12/27(金) 03:33:29.73 ID:fHsnFg1w0

―――――数日後

モバP「今日は大きなLIVEだ、張り切っていこうな」

唯「これ新しい衣装? これモバPちゃんが考えたの?」

モバP「あぁ、そうなんだ。 ちょっと修正とか色々あって当日まで完成品が見せられなくてごめんな。気に入ってくれたか?」

唯「うん! いや~でもこれほんとエロいね~ モバPちゃんはいっつもゆいのことやらしい目で見てるのかなかな~」

モバP「そんなわけないだろ!」

響子「ふふ、いい衣装ですね♪これでファンの人たちの心を鷲掴みしてみせます!」

モバP「ありがとう響子もなかなか似合ってるぞ」

雪美「モバP……この服……ありがとう……」

モバP「うん、雪美もすごく可愛いぞ。猫耳もいい感じだ」ナデナデ

雪美「………ふふ。…うふふっ」

モバP「あ、そうだずっと返し忘れてた。一体どこからもってきたんだ?」

唯「おっ、雪美ちゃんの? アダルトだね~」

雪美「違う……ママの……借りた……」

モバP「もう、よくわからないけどいたずらしちゃダメだぞ。 それとこれ」

響子「これは?」


11: ◆yz988L0kIg 2013/12/27(金) 03:36:30.05 ID:fHsnFg1w0

モバP「遊園地のチケットだ、このLIVEが終われば少し暇だからな、みんなでいこう」

響子「あれ? でもみんな同じ日に休みなんてありましたか?」

モバP「来週は3人で握手会といったな、あれは嘘だ」

唯「モバPちゃん…やばーい♪ 好きになっちゃいそう☆」

モバP「今まで嫌いだったのかよ!」

唯「そういうことじゃなくってなんかもうラブって感じ!わっかるかな~!」

モバP「はいはい」

雪美「モバP……ありがとう…」ニパァ

モバP「雪美、あんまり雪美のこと見てやれなくて悪かったな」

唯「そうそう! ゆいたちのことほったらかしてたらダメだぞ!」

響子「でもそれも私達のためなんですから仕方ありませんよ」

モバP「でも、さっきもいったようにこのLIVEが終わったら少し余裕ができるから」

雪美「ほんと……?」


12: ◆yz988L0kIg 2013/12/27(金) 03:37:54.78 ID:fHsnFg1w0

モバP「また昔みたいにたまにはお仕事についていったりレッスンも見学させてもらうからな」

雪美「うれしい……」

モバP「だから、雪美もいたずらしちゃダメだぞ?」

雪美「うん……約束……」

唯「今度はモバPちゃんがゆいたちにいたずらする番かな? いやんっ?モバPちゃんのエッチ!」

モバP「こら! 人聞きの悪いことを言うな!!」

響子「でもこれが終わったら約束通りもっと構ってくださいね♪」

モバP「うん……あっ、雪美!どこへ行くんだ!!」

雪美「ふふっ……私…捕まえて……」タタタッ

モバP「雪美……いたずら……ね………?」

唯「あはは!なにそれ? 雪美ちゃんの真似? 似てないちゃんじゃん!」

響子「全然ダメですね、そんなことより早く捕まえてきてください。 LIVEが始まってしまいます!」

モバP「あっ、そうだった!! すまないが行ってくる!!」

終わり



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿