TOP > シンデレラガールズ > 大石泉「凛さんは尊敬する先輩だから」

大石泉「凛さんは尊敬する先輩だから」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/29(水) 00:31:06.94 ID:YePqoft9o

凛「泉、そろそろ本番だけど準備はいい?」

泉「うん…………ふう、緊張してきた」

凛「大丈夫、そんなに緊張することないよ」

泉「でも私、凛さんとちがって今回が初めてだし……」

凛「平気だよ、ただ自分を思いっきり出せばいいだけだから」

泉「自分を思いっきり……」

凛「それに、二人であんなに練習してきたでしょ?連携だって何度も確認した」

泉「うん……」

凛「泉なら絶対うまくいく。私が見込んだ後輩だからね。自信を持って」

泉「…………でも、怖いんだ……もし、プロデューサーに怒られたら……」

凛「怒ると思う?あのプロデューサーが」

泉「……そうだね、うん、吹っ切れた」

凛「ふふ、いい顔になったね……じゃあ私の合図で出ようか」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/29(水) 00:31:39.64 ID:YePqoft9o

ガチャ

P「おはようございまーす」

P「さーて今日も仕事すっか」ストン

凛「GO!」バッ

泉「っ!」バッ

P「うわっ!何だお前ら!?」

凛「予定通り私はプロデューサーの左、泉は右だよ!」ガシッ

泉「うん!」ガシッ

P「なっ、なぜ左右からしがみつく!」

凛「さあ泉、自分をさらけ出して!」ハスハスハスハス

泉「」ハスハスハスハス

P「い、泉!?凛はともかく、なぜ泉が!?」

P「さては凛、お前泉に何かヘンなこと吹き込みやがったな!?」

P「って力強っ!!椅子から一歩も動けねえ!」ジタバタ


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/29(水) 00:32:23.77 ID:YePqoft9o

凛「無駄だよプロデューサー、私たちはこの日のために練習を重ねてきたんだからね」ハスハス

P「こんなことの練習する暇あったらレッスンでもやってろ!」

泉「これが生のプロデューサーの匂い……Yシャツよりすごいよぉ……」ハスハス

P「ヤバい、泉がアイドルにあるまじき顔をしている。IQが3くらいしかない顔をしている。あとなぜYシャツの匂いを知っている」

凛「泉、それは私から見てもちょっとヤバい顔だよ、いったん落ち着こう」ハスハス

P「言っとくけど以前のお前もあれに匹敵する顔だったぞ」

泉「あ……恥ずかしいところ見せちゃった、アイドルなんだから表情は意識してないとね」

P「よかった、いつものIQ150以上の顔だ。でも表情とか以前に嗅ぐなって話なんだよなあ」

凛「ふふ……なんだか昔の自分を思い出すな」ハスハス

P「いや微笑ましいところひとつもないからな」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/29(水) 00:32:59.99 ID:YePqoft9o

泉「ちなみにYシャツは凛さんが私におすそ分けしてくれたの。私が匂いに目覚めたきっかけなんだ」

泉「最初は『大丈夫だから、大丈夫だから』って言いながら力ずくでYシャツを押し付けてきて怖かったけど」

P「何やってるんだよ凛大丈夫じゃねえよお前が大丈夫かよ」

泉「今ではプロデューサーの匂いを教えてくれた凛さんに感謝してる」

泉「それと、凛さんを見習って色々学ぶように言ってくれたプロデューサーにもね」

P「同じクール系として良い先輩後輩になると思ったのにまさかこんなことになるとはな!」

凛「ふ、ふーん、まあ悪くないかな」テレテレハスハス

P「何まんざらでもない顔してんだよ!もう泉が後戻りできないところまで来ちまってるじゃねえか!」

凛「そりゃ私が素質を見出して英才教育を施したからね」ハスハス

凛「この子はいずれ私を超える……それほどの逸材だよ。私もうかうかしてられないね」ハスハス

P「反省の色というのがあったら蒼ではないことは確かだな」

泉「自分を乱さずにハスれる凛さんすごいなあ……」

凛「泉はまだビギナーだからね、すぐ慣れるよ」ハスハス

P「ああ、もう凛にどっぷり心酔している……あの日の泉よ帰ってきてくれ」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/29(水) 00:33:30.91 ID:YePqoft9o

??「ちょっと待ったぁーっ!!」

P「だ、誰だ!」

未央「ニュージェネレーション、見参!」

卯月「凛ちゃんを止めに来ました!」

P「おお、未央!卯月!」

未央「ここでしぶりんを止めるのは同じユニットメンバーとしての責任!」

卯月「必ず泉ちゃんとプロデューサーさんを救い出してみせます!」

凛「チッ、いいところだったのに……」ハスハス

P「それはありがたいが凛も更生させて救うべきじゃないか?」

卯月「凛ちゃんはもう手遅れです!」

P「卯月にまで言われるって相当だぞお前。まあ俺も正直あきらめてるけど」

未央「未来ある若者を業深きクンカーの道に引きずり込むとは言語道断!さぁしぶりん!観念したまえ!」

凛「邪魔しないでっ……!」ギロッハスハス

卯月「ヒィッ……!」ビクッ

未央「蒼鬼……!」ビクッ


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/29(水) 00:34:03.87 ID:YePqoft9o

凛「手塩にかけてここまで育て上げた可愛い後輩をとられるわけにはいかないよ」ハスハス

凛「美嘉率いるパッション勢、志希率いるキュート勢を抑えるには泉の力が必要なんだから」ハスハス

P「何その派閥争い、初めて知ったわ」

未央「ちなみに私は美嘉ねぇを止める活動もしてるよ」

P「お前ほんと苦労してんな」

凛「泉には私の持てる全てを伝授するために厳しい修行を積んでもらったんだ」ハスハス

凛「Yシャツを一日中嗅がせたり触らせたり舐めさせたり絵を描かせたり」ハスハス

P「Yシャツを具現化させる気かよ」

未央「しぶりんは頭の中が強化系なのかな」

凛「その過程で生まれた師弟愛……私もこの子もお互いを必要としている、だから邪魔はさせない」ハスハス

卯月「凛ちゃん……そこまで泉ちゃんを」

P「当の本人は聞こえてないみたいだけどな」

泉「ふぁ……しゅきって気持ちが……オーバーフローしちゃう……」ハスハスハスハス

卯月「うわあ……昔の凛ちゃんみたいな顔してる」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/29(水) 00:34:47.39 ID:YePqoft9o

凛「それに……最近泉の修行ばかりで思う存分ハスれてない!」ハスハス

未央「とうとう本性を現した感があるよ」

P「さっきからノンストップで嗅いでるからな」

P「というかその喋りながら匂い嗅げる技術なんなの、耳元すっごいうるさいんだけど」

凛「プロデューサーの匂いに調教されてしまった私の体はもう定期的に嗅がないと生きていけないんだ」ハスハス

P「その言い方やめてくれない?俺は何もしてないのに」

凛「プロデューサーなら分かるはずだよ。想像して、スタドリをもう何日も飲んでない自分を」ハスハス

P「あ、ヤバい、少し共感できてしまったのがヤバい」

未央「え、スタドリの正体って何なの。私もうこれ以上闇を背負いたくないよ」

凛「そういうわけで二人とも、何を言ってもやめるつもりはないよ」ハスハス

未央「言葉で説得してもダメみたいだね、こうなったら……!」

卯月「実力行使です!」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/29(水) 00:35:16.50 ID:YePqoft9o

凛「それはこっちのセリフだよ。加蓮!奈緒!」パチン!ハスハス

加蓮「呼んだ?」シュバッ

奈緒「任せろ!」シュバッ

卯月「ええっ!?加蓮ちゃんと奈緒ちゃんがどこからともなく!?」

凛「すでに加蓮と奈緒は私の手によって調教済みだよ」ハスハス

未央「そんな!?今後トライアドプリムスとの付き合い方を考えないと!」

加蓮「悪いね二人とも、凛の言うことには逆らえないからさ」

奈緒「あたしたちはすっかりPさんの匂いが好きな体にされちまったから……」

奈緒「あっ!か、勘違いするなよ!あくまでPさんの匂いが好きなのであって、Pさんが好きって言ってるわけじゃないからな!?」カァァ

未央「ほぼ同義だよ!というか匂いが好きなのを恥じるべきだよ!」

卯月「なぁんだ、そうだったんですね」ホッ

未央「島村ァ!」

P「まずい、事実上未央の味方がいない」

未央「というかプロデューサー落ち着きすぎじゃない?」

P「悲しいことにもう慣れてしまったんだよ、トライアドの仕事のときとか三人がかりで嗅がれるからな」

泉「凛さんとトライアドプリムス、かっこいい……ニューウェーブもこうありたいな」

P「おい待ってくれ泉、汚れを知らない亜子とさくらは最近の俺の癒しなんだ」

未央「目を覚ましていずみん!あれはただの統率の取れた変態だよ!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/29(水) 00:35:58.86 ID:YePqoft9o

凛「おしゃべりはここまでだよ。泉のデビュー戦と私の充電が終わるまで卯月と未央にはおとなしくしててもらおうか」ハスハス

未央「そうはいかないよ!」バッ

卯月「二人をプロデューサーさんから引き離します!」バッ

奈緒「させるか!」バッ

加蓮「受けて立つよ!」バッ

泉「だめぇ……無限ループしちゃうよぉ……」ハスハスハスハス

P「両腕をずっと押さえられててだんだん痺れてきたんだが」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/29(水) 00:36:25.99 ID:YePqoft9o

ちひろ「ふぅ……」

ちひろ「最近残業続きで体が重い……」

ちひろ「事務所に来るまでの道のりもなんだか足取りが重かったわ」

ちひろ「……いけない、これからアイドルの子たちに会うのに、こんな疲れた顔は見せられませんね」

ちひろ「笑顔、笑顔……よし」

ガチャ

ちひろ「おはようござ――――」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/29(水) 00:37:08.03 ID:YePqoft9o

凛「無駄だよ……!その程度の力じゃ私は引き剥がせない……!」ギューハスハス

泉「はぁ……はぁ……」ギューハスハス

卯月「うぐぐ……ぴくりとも動かない……!いったい泉ちゃんのどこにこんな力が……!」ギュー

奈緒「卯月ケツがでかいからしがみつくときちょっと邪魔だなぁ」ギュー

卯月「ケツの話はするなぁ……!」

P「痛だだだだだだだだ!!ちょ待って!!痛いって!!マジで!!とれる!!腕とれる!!」

未央「ちょ、タイム!!いったん離そう!!プロデューサーマジで痛がってるから!!」ギュー

加蓮「その手には乗らないよ……!」ギュー

未央「いやそういうのじゃなくてマジで!!お願いだから!!」

凛「じゃあまず未央が離しなよ……!」ハスハス

未央「お前が離さなきゃ意味ないんだよ!!今私だけ急に離したら私かれんに吹っ飛ばされるし!!」

P「アガガガガガガガガ……」ブクブク

未央「泡吹いたーーッ!!いよいよヤバいってマジで!!」

奈緒「うわ、人が泡吹くところ初めて見た」

加蓮「ねー」

未央「のん気かよ!!!!」

泉「はぁ……はぁ……んっ……」ハスハス







ちひろ「………………」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/29(水) 00:37:40.42 ID:YePqoft9o

バタン

ちひろ「…………」

ちひろ「疲れてるのよ、ちひろ」

ちひろ「今事務所の中で、プロデューサーさんの右腕にしがみつく泉ちゃんにしがみつく卯月ちゃんにしがみつく奈緒ちゃんと」

ちひろ「プロデューサーさんの左腕にしがみつく凛ちゃんにしがみつく未央ちゃんにしがみつく加蓮ちゃんが見えた気がするけど」

ちひろ「あまつさえ凛ちゃんと泉ちゃんは狂ったようにプロデューサーさんの匂いを嗅いでいた気がするけど」

ちひろ「さらにひどいことにはプロデューサーさんが泡を吹いていたような気がするけど」

ちひろ「きっと見間違いよ……ええ、そうに違いないわ」

ちひろ「いくらあの子たちとプロデューサーさんが仲良しだからって人体で綱引きするはずがないものね」

ちひろ「やっぱり私疲れがたまって幻が見えてたみたい……」

ちひろ「午前は半休をもらうことにしましょう、うん、そうしましょう」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/29(水) 00:38:07.79 ID:YePqoft9o

未央「……だいじょぶ?プロデューサー」

卯月「ごめんなさい、プロデューサーさん……」

P「あーいってぇ……大岡越前みたいにハッと手を離すのかと思ったら誰も力緩めないんだもん、びっくりしたわ」

奈緒「ごめんな……何だか途中から、こう、血が騒いできちゃって」

凛「ああわかる、闘争本能なのかな、やっぱり人間も動物なんだね」

加蓮「私なんか学校の運動会あんまり出れなかったからさ、綱引き気分を味わえて良い思い出になったよ」

未央「えぇ、何言ってるのこいつら……」

卯月「この三人ってこんな感じでしたっけ……」

P「いや、やりすぎだろ……心なしか腕伸びたわ」

泉「その、ごめん、プロデューサー……私、我を忘れちゃって……」

P「……ま、過ぎたことはいい、もうするなよ」

凛「仕方ないから今日はYシャツで我慢しようかな」ハスハス

未央「懲りろや!!!」

P「なんでナチュラルにYシャツ出て来るんだよ、返せ」

凛「あ、これ前使ったやつなんだけど、ほつれてる所直してクリーニング出しといたから返すね」

P「うわ、別のが返ってきた」

未央「これはこれでなんか複雑な気分だね」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/29(水) 00:38:35.95 ID:YePqoft9o

凛「泉もYシャツ嗅ぎにおいで」ハスハス

泉「うん、凛さん」トテテ

加蓮「ふふ、まるでほんとの姉妹みたい」

奈緒「微笑ましいな」

未央「終わりだ……クールはもう終わりだよ」

卯月「プロデューサーさん、私にはもう泉ちゃんを救える気がしません、無力でごめんなさい……」

P「いや、いい。二人はよくやってくれた。次へ切り替えよう、亜子とさくらを守ろう」

凛「泉、そんなに走ったら危な……」ハスハス

泉「あっ」ガッ

凛「泉!」バッハスハス

ボフッ

加蓮「ギリギリセーフだね」

凛「よかった……大丈夫?泉」ハスハス

泉「うん……あ」ハス

凛「泉?」ハスハス


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/29(水) 00:39:17.44 ID:YePqoft9o

泉「凛さん、いい匂い……」ハスハス

凛「い、泉ッ!?」ハスッ!?

未央「まさかの展開だけどもう驚く気力もないよ」

泉「凛さん、凛さん……」ハスハス

凛「ちょ、ちょっと、泉……?」アタフタ

P「さすがの凛もうろたえてるな」

卯月「見ているこっちもうろたえちゃいます……」

未央「この短時間でのいずみんの変化がめまぐるしすぎて……」

加蓮「いずりん……アリだね」

奈緒「アリだな」

未央「君たち切り替え早いな」

凛「は、恥ずかしいっ……!」ダッ

未央「あっ逃げた」

泉「待って凛さん!」ダッ

加蓮「凛って自分が攻められると弱いよね、まぁそこがいいんだけど。あ、奈緒、動画撮っといて」ダッ

奈緒「もう撮ってる」ダッ

未央「何だろあの奇妙な関係性……」

卯月「私、トライアドプリムスが分からなくなってきました……」

P「いいんだよ卯月はそのままで」

P「さて、やっと仕事始められるな……あれ?今日ちひろさんは?」





午後から出勤したちひろは、Pの腕が心なしか伸びているように見えることに気づき

もしや幻覚ではなかったのではないか、いや、そんなはずはない、

あんな幻覚を見たからこそ伸びたように見えるのだ、いや、でも……

と疑念にとらわれながら仕事をしていたら今日も残業までもつれ込んだ





おしまい


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/29(水) 00:40:14.45 ID:YePqoft9o

拓海の使用済みサラシを刺身とかしゃぶしゃぶで食べたいです



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿