TOP > ミリオンライブ! > 【ミリマス】志保「麗花さん、朝ですよ。」

【ミリマス】志保「麗花さん、朝ですよ。」

1: ◆BRZinuuIIfwI 2017/11/30(木) 01:18:58.60 ID:6RAGoEnj0

志保「麗花さん。起きてください。もう朝ですよ。」

麗花「うーん……あれぇ?志保ちゃんだぁ…。」

麗花「どうして志保ちゃんが私のお家にいるのぉ…?」

志保「何を寝ぼけているんですか。」

志保「次のライブのために、昨日泊まりがけでミーティングをしたの、忘れたんですか?」

麗花「あー…そう、だっけ……すぅ…すぅ…。」

志保「寝るなー!!」


2: ◆BRZinuuIIfwI 2017/11/30(木) 01:20:11.21 ID:6RAGoEnj0

志保「まったく。私は今日オフですが、麗花さんはお仕事があるでしょう?」

麗花「えへへ、ごめんごめん。」

志保「もう…しっかりしてくださいね。」

麗花「…ふふっ♪志保ちゃんって、変わったよね。」

志保「はい?私が変わった?」


3: ◆BRZinuuIIfwI 2017/11/30(木) 01:22:01.67 ID:6RAGoEnj0

麗花「昔の志保ちゃんって、もっとツンツンーっていうか、プリプリしてたじゃない?」

志保「プリプリなんてしてません!」

麗花「えー?してたよぉ。前の志保ちゃんなら、私の家にお泊りなんてしてくれなかったもん。」

麗花「嬉しいな♪私、今の志保ちゃんの方が好き!」

志保「す、好き!?恥ずかしいこと言わないでください!」

麗花「照れてる照れてる。可愛いなぁ、もう!」

志保「まったくこの人は…。」


4: ◆BRZinuuIIfwI 2017/11/30(木) 01:23:47.74 ID:6RAGoEnj0

志保「…でも、もし私が変わったとしたら、それはみんなのおかげですね。」

麗花「みんな?」

志保「はい、事務所のみんなです。」


5: ◆BRZinuuIIfwI 2017/11/30(木) 01:24:52.20 ID:6RAGoEnj0

志保「昔の私はみんなの事を、同じステージに立つライバルだと思っていました。」

志保「それは今も同じです。でも、今は同じステージに立つ仲間だとも思っています。」

志保「互いに認め合い、安心して背中を預けられる仲間。」

志保「昔の私だったら、とてもそんな風に思えなかった…。」

志保「でも、今は違います。おかげで昔より楽になれました。」

志保「だから、みんなには感謝しているんです。」


6: ◆BRZinuuIIfwI 2017/11/30(木) 01:25:44.34 ID:6RAGoEnj0

麗花「仲間かー。それって、私のことも?」

志保「えっ?……それ、言わないとダメですか?」

麗花「うん!ちゃんと言ってほしいな。」

志保「……もちろん、麗花さんもですよ。」

志保「普段は子供みたいですが、ステージの上だと頼りになりますし。」

麗花「わーい!志保ちゃんに褒められちゃった!」

志保「そうやってはしゃがないでください!そういうところですよ!」

麗花「えへへ。今日の志保ちゃん、素直で可愛いからつい♪」

志保「まったく…麗花さんはもっと大人になってください。」


7: ◆BRZinuuIIfwI 2017/11/30(木) 01:27:25.43 ID:6RAGoEnj0

志保「ほら、そろそれベッドから出ないと遅刻するんじゃないですか?」

麗花「あっ、いけない!急いで着替えないと!」

麗花「お洋服は…適当に落ちてるやつでいいかな♪」

志保「そういうのがダメなんですよ……あっ!麗花さん!」

麗花「んー?どうしたの?」



志保「それ、私の下着です!」


【終】


9: ◆BRZinuuIIfwI 2017/11/30(木) 01:34:57.10 ID:6RAGoEnj0

以上です。
初投稿で短めですが、楽しんでいただけると幸いです。



『ミリオンライブ!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿