TOP > 進撃の巨人 > アルミン「エレンがみんなをどう思ってるか?」

アルミン「エレンがみんなをどう思ってるか?」

2017/12/08 15:02 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 09:32:38 ID:4AJpdYpY

ミカサ「そう。アルミンに聞いてきてもらいたい」

アルミン「……なんで僕が…」

クリスタ「お願いアルミン!」

アニ「…お願い」

ミーナ「お願いします!」

サシャ「私のパンあげますから!!」

アルミン「…一体どういうことだい?」

ユミル「こいつら、みんなエレンが好きなんだとよ」

アルミン「ユミル…」

ユミル「ああ、勘違いするなよ?私は別にエレンの事なんてなんとも思ってないからな」

アルミン「………」

ユミル「どいつもこいつも。エレンは自分に気があると思ってるんだよ。だから、エレンがどう思ってるかアルミンに聞いてもらおうってなってな」

アルミン「…はぁ……まぁいいけどさ…」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 09:38:32 ID:4AJpdYpY

ミカサ「じゃあ、早速聞いてきて欲しい」

アルミン「え、今!?」

クリスタ「今!」

アニ「…早く」

ミーナ「絶対今!今すぐ!」

サシャ「私のパンあげますから!!」

ユミル「はぁ…本当どうでもいいんだが。…なんでクリスタまであんな奴を…」ボソボソ

アルミン「わ、わかったよ…じゃあ、聞いてくるね」

ミカサ「私達もこっそり近づいて聞いておくから」

アルミン「はいはい……」

ーーーー
ーーー
ーー


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 09:47:48 ID:4AJpdYpY

アルミン「エレン」

エレン「おお、アルミン。なんだ?」

アルミン「エレンってミカサ達のこと、どう思ってる?」

エレン「え?なんだ急に?」

アルミン「いいから…まずはミカサ。ミカサのことはどう思ってる?」


ーーー

ミカサ「みんなには悪いけど、この勝負は既に決まっている」

クリスタ「そんなのわからないよ!!」

アニ「……もうすぐその顔が絶望に変わるだろうね」

ミーナ「でも…正直、ミカサが一番可能性あるんじゃないかな…」

サシャ「もし、エレンがミカサを好きだったら、私に譲ってください!パンあげますから!!」

ユミル「帰りたい…」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 09:57:40 ID:4AJpdYpY

アルミン(聞こえてるよみんな…)

エレン「ミカサをどう思ってるかなんて…そんなの決まってんだろ?」

ーーー

ミカサ「そう!私たちは家…エレン「ただの家族だよ」…ほら!!…………ただの…?」





ーーー

アルミン「……ただのって?」

エレン「そのまんま。母親とか姉とかそんな感じ」

アルミン「…異性としては?」

エレン「ないない。女として見れねぇよ。ははっ」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 10:04:59 ID:4AJpdYpY

ーーー

ミカサ「」

クリスタ「ほら!ないって言ったよ!」

アニ「……私の言った通り絶望してるね」

ミーナ「よし!ここを越えれば私にも可能性がある!」

サシャ「ミカサ…ちょっと可哀相ですね。パンあげましょうか?」

ユミル「うん、知ってた」




ーーー



アルミン「じゃあ次。クリスタは?」

エレン「クリスタか……可愛いとは思うぞ?…優しいし、本当に女神みたいだよな」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 10:14:31 ID:4AJpdYpY

ーーー

ミカサ「」

クリスタ「よし!よし!」

アニ「……あいつもライナーと同類か…」

ミーナ「うぅ…やっぱエレンもクリスタがいいのか…」

サシャ「クリスタ!エレンを譲ってください!私のパンあげますから!!」

ユミル「帰りたい…」


ーーー



アルミン「………じゃあ、クリスタと結婚したい?」

エレン「結婚!?い、いや、それはないな。可愛いとは思うけど、女として好きかって言われたら違う。それに…クリスタじゃ、俺達の夢についてこれなさそうだしな…」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 10:18:44 ID:4AJpdYpY

ーーー

ミカサ「」

クリスタ「」

アニ「……さすがエレン。あのゴリラとは違うね」

ミーナ「よし!よし!これは私にもチャンスがある!」

サシャ「クリスタ…ちょっと可哀相ですね。パンあげましょうか?」

ユミル「あいつはダメだな。クリスタの良さをわかってない」


ーーー

アルミン「じゃあ、アニ。アニは?」

エレン「アニ………尊敬はしてるけど…怖いよな、あいつ。何考えてるか分かんねぇし…」

アルミン「…彼女にしたエレン「怖い。以上」……」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 10:22:30 ID:4AJpdYpY

ーーー

ミカサ「」

クリスタ「」

アニ「」

ミーナ「これは…やっぱりエレンは私の事が…?」

サシャ「アニ…ちょっと可哀相ですね。パンあげましょうか?」

ユミル「帰りたい…」



ーーー



アルミン「じゃあ次、ミーナは?」

エレン「ああ、こんなこと言うのもなんだけど……あいつすぐ死にそうだよな…」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 10:26:41 ID:4AJpdYpY

ーーー

ミカサ「」

クリスタ「」

アニ「」

ミーナ「私だけ酷いよね?好きとか嫌いとかじゃないよね?」

サシャ「ミーナ…かなり可哀相ですね。パンあげましょうか?」

ユミル「あいつ、さすがに酷すぎるだろ…」



ーーー



アルミン「……次で最後。サシャのことはどう思ってる?」

エレン「黙ってれば可愛い。黙ってればな」

アルミン「…彼女に…エレン「一生黙ってる女となんて無理だろ」……」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 10:30:29 ID:4AJpdYpY

ーーー

ミカサ「」

クリスタ「」

アニ「」

ミーナ「………」

サシャ「…これからエレンのパンは毎日貰っていきますね」

ユミル「構わん、私が許す」


ーーー



アルミン「じゃあ、エレンが付き合いたいと思う女性はいないんだね?」

エレン「あぁそうだな……いや、待てよ?なんか忘れて……ああそうだ!ユミルがいるな!」


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 10:37:14 ID:4AJpdYpY

ーーー

ユミル「は?」

ミカサ「」

クリスタ「」

アニ「」

ミーナ「」

サシャ「……ユミルのパンも貰っていきますね」



ーーー



アルミン「ユミル…?」

エレン「あぁ。彼女とか、結婚するならユミルがいいよ俺は」

アルミン「…なんで?」

エレン「なんだかんだ優しいし、面倒見もいいし。…一緒にいたいって思えるよな。よく見たら可愛い顔してるし、最近は余計可愛く見える」


18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 10:40:47 ID:4AJpdYpY

エレン「あ、あと、ユミルみたいな女の子が自分にだけデレてくれたらって考えたらやばくないか?俺はやばいと思うぞ。デレユミとか可愛すぎだろ、どこの兵器だよそれ」

アルミン「………」



ーーー



ユミル「」

ミカサ「」

クリスタ「」

アニ「」

ミーナ「」

サシャ「……やっぱり私には芋とパンしかありえませんね…」


19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 10:47:36 ID:4AJpdYpY

ーーー
ーー


その日の夜

ユミル「全く………あいつは何を言い出すんだよ。…おかげで、あの後大変だったじゃねぇか…」

ユミル(……でもまさか…あいつが私のことあんな風に思ってたなんてな…)

ユミル「ちょっと嬉しいかもな…///」

ユミル「はっ!…な、なに言ってやがんだ私は…べ、別にエレンのことなんて…………あれ…?」


エレン「ーーー」

アルミン「ーーー」

ユミル「あれは…エレンとアルミンか…?…調度いい。エレンをちょっとからかってやるか…」

エレン「ーーー」

アルミン「………」

ユミル「おっと、移動するみたいだな。追いかけないと…」


20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 10:55:22 ID:4AJpdYpY

ーーー
ーー


エレン「…」

アルミン「…」



ユミル(……あいつらこんな時間にどこ行く気だ?寮に戻る訳じゃないみたいだし…)



ガチャ………バタン…

ユミル(…小屋?なんでこんなとこにあんだよ。…いや、それよりあいつらなんで…)


ユミル「近づいてみるか……」

ア、アルミン…オチツケヨ…

ユミル「お、なんだなんだ?」

エレン…ボクオコッテルンダヨ?

ユミル「…喧嘩か?…ったく、しょうがねぇなぁ…」


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 11:01:48 ID:4AJpdYpY

ガチャ…

ユミル「お前らなに喧嘩して…」





エレン「頼むから落ち着いてくれよ…」

アルミン「うるさい!僕というものがありながら他の女の子と結婚したいだなんて…よくそんな事が言えたね!!…しかも僕に向かって言うなんてっ…!」

エレン「あ、あれはお前が聞いてきたから…」

アルミン「エレンには僕がいるだろ!!女の子なんてどうでもいいんじゃなかったのかい!?」

ユミル「………」

アルミン「僕は…エレンが僕を選んでくれたからスッゴく嬉しくて……エレンを好きでよかったって…そう思ってたのにぃ!」グス


24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 11:08:12 ID:4AJpdYpY

エレン「ア、アルミン…」

アルミン「うぅ……エレンは女の子のほうがいいんだね…やっぱり僕みたいな男の娘なんかじゃ…」グス

エレン「………馬鹿やろう…」ダキッ

アルミン「あ……」

エレン「…俺がお前を好きだって知ってるだろ?なのに変なこと聞いてくるから、ちょっと意地悪したくなっただけだよ」

アルミン「あ、あれはみんなに言われて仕方なく…!」

エレン「俺には、アルミン…お前しか考えられねぇよ…」

アルミン「……エ、エレン…」

エレン「んっ…」チュ

アルミン「んんっ…!?」



ユミル「………」

………バタン


29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 11:14:08 ID:4AJpdYpY

ユミル「………」

スタスタ

ーーー
ーー


翌日

朝の食堂

ミカサ「ただの…ただの家族…」ブツブツ

クリスタ「もっと強くならないとダメかな…」

アニ「笑顔…日頃から笑顔でいるように…」

ミーナ「生きる!私、絶対生きる!!」

ユミル「…」スタスタ

サシャ「あ、ユミル。やっぱりエレンを譲ってください!私のパンあげますから!!」


30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 11:16:14 ID:4AJpdYpY

ユミル「……なぁお前ら…」

ミカサ「……なに…?」

クリスタ「?」

アニ「…なんだい?」

ミーナ「なに!?」

サシャ「なんですか?譲ってくれるんですか?」










ユミル「アルエレって知ってるか?」



終わり


31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 11:17:09 ID:4AJpdYpY

勢いでやった

反省はしているが後悔はしていない



『進撃の巨人』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿