TOP > アイドルマスター > やよい「いおたかぶいえすいおまこ?」

やよい「いおたかぶいえすいおまこ?」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04(水) 00:44:54.78 ID:9nq/vAhI0

やよい「ただいま戻りましたー!」

小鳥「いおたか、それは高貴なる二人のめくるめく剣戟、あるいは華やかな舞踏会……」

やよい「小鳥さんだけですかー?」

小鳥「いおまこ、澄み切った友情、伸ばした手を繋げる距離、カラリと晴れた秋の空……」

やよい「聞こえてないみたいかなーって。スケジュールチェックしよっと」

小鳥「選べない! いおたかもいおまこも素晴らしすぎる、こんなの選びようがないじゃない!」

やよい「あ、もうすぐ伊織ちゃんもお仕事終わるみたい。このままここで待って一緒にかーえろ」

小鳥「こうなったら、戦わせるしかない……! 二つをぶつけ、雌雄を決する……!」

やよい「えーと、明日はお昼からお仕事か。家出る前に皆にご飯作っておかなきゃね」

小鳥「私は今ここに、いおたかVSいおまこを開戦する!!」

やよい「いおたかぶいえすいおまこ?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04(水) 00:55:22.49 ID:9nq/vAhI0

伊織「あんた、またラーメン食べてるわけ? それにそんなに沢山……」

貴音「もぐもぐ、かっぷらぁめん業界は今、新作に溢れているのです。その一つ一つを確認するのはわたくしの使命なのです」

伊織「トップアイドルはどうしたのよ」

貴音「それはそれ、これはこれ。惜しみない努力を注ぐ為にも平時にこうして英気を養わねば、ずるるるるっ」

伊織「……」

貴音「水瀬伊織? そのような物欲し気な目で見られても分ける気はありませんよ?」

伊織「誰もそんな目で見てないわよ! っていうかもしそういう目で見てたら一口分けるとかしなさいよ!!」

貴音「ずるる、はふはふ、ずるっ、ずるるるる!!」

伊織「聞きなさーい!! ……はあ、やっぱり食べてる方が育つのかしらねえ」

貴音「もぐもぐ。もしや伊織、ばすとあっぷの悩みですか?」

伊織「はぁ!?」

貴音「いえ、先程真美も胸元や臀部のことで相談に来たので」

伊織「ふ、ふぅん? それで、なんて答えたのよ? 特別に聞いてあげてもいいわよ?」

貴音「急ぎの話でもありませんしこのらぁめんたちを食べ終わってから話します。ずるる、ずるるるる」

伊織「話し終わってからにしなさいよ!!」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04(水) 01:02:07.38 ID:9nq/vAhI0

貴音「ごく、ごく……ご馳走様でした。ふむ、では次のらぁめんが出来上がるまで先の話を続けましょうか。ええと」

伊織「真美にその体の秘訣を聞かれたってとこまで聞いたわ」

貴音「ふむ、そうでしたね。双海真美に聞かれてわたくしは、こう答えました」

伊織「……ごくり」

貴音「特に何もしていない、強いて言えば健康的な生活を心がけること、と」

伊織「……はあ」

貴音「参考になりませんでしたか」

伊織「少しもね」

貴音「なんと。時に、水瀬伊織」

伊織「あによ? っていうか顔近いわ、離れなさいよ」

貴音「伊織は今のばすとやひっぷのままでも十分魅力的ですよ」

伊織「なっ……!? ふ、ふん! そんなの言われなくても知ってるわよ、いいから離れなさい!」

貴音「そうですね、次のかっぷらぁめんも出来たようですし」

伊織「ったくもう……」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04(水) 01:06:47.86 ID:9nq/vAhI0

貴音「ずるるる。ふむ、伊織」

伊織「今度は何よ」

貴音「こういう時は一口分けるのでしたね、ささ、どうぞ」

伊織「いいわよ別に、食べたくないし」

貴音「大変美味ですよ、さぁさ」

伊織「いいったら、いいって、いい、い……分かったわよ食べるわよ! 顔に麵押し付けないでよ!」

貴音「ふふ、どうぞどうぞ」

伊織「はむ、ちるる……」

貴音「は! もしやこれは間接きっすというものでは!?」

伊織「げっほ!! こほ、かはっ!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04(水) 01:11:15.73 ID:9nq/vAhI0

小鳥「……」

やよい「うー、最近お掃除しに来られなかったから結構埃積もってれぅ」

小鳥「おかしいわね、二人のセレブな感じが一切なくなってしまったわ。どころか伊織ちゃんたら鼻からラーメン垂れてたわ」

やよい「よーっし、今日は時間あるしお掃除しちゃおーう!」

小鳥「深く、もっと深く妄想に潜ってよりハイクオリティなヴィジョンを描かなきゃ……さ、次はいおまこのターンね」

やよい「あ、小鳥さーん! 私ちょっと事務所のお掃除しますねー!」

小鳥「いおいおまこまこいおまこりん……」

やよい「やっぱり聞こえてないみたい」

小鳥「はぁ! 来た、来たわ!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04(水) 01:17:52.74 ID:9nq/vAhI0

伊織「何よ」

真「何が」

伊織「……」

真「……」

伊織「ふんっ」

真「何だよ」

伊織「別にっ」

真「っ、言いたいことがあるならはっきり言えばいいだろ!」

伊織「じゃあ言わせてもらうわ! なんであんたはさっきから人が読んでる雑誌を横から覗き込んでんのよ!?」

真「だって気になるし」

伊織「頭が邪魔なのよ! ユラユラユラユラ、何なのよそのアホ毛!?」

真「な、アホ毛は関係ないだろ!?」

伊織「顔に当たってくすぐったいってのよ!」

真「怒鳴るようなことじゃないだろ!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04(水) 01:26:20.23 ID:9nq/vAhI0

伊織「ああもう……! そんなに読みたいなら一人で読めばいいじゃない、はい!」

真「?」

伊織「何ぼけっとしてんのよ、読むんでしょ? ほらっ」

真「伊織は読まないの?」

伊織「お生憎様、伊織ちゃんは誰かみたいに横から覗く趣味なんてないの」

真「そんなのダメだよ、伊織が先に読んでたんだから伊織も一緒に読まなくちゃ!」

伊織「はあ!? 何でそうなるのよ!?」

真「ほら、一緒に!」

伊織「ちょ、引っ張ら、きゃ!?」

真「へへー! これで二人一緒に見られるし、ボクの髪も邪魔にならないよね」

伊織「……そうやって、当たり前みたいに人を膝に乗せるからオウジサマって言われんのよ」

真「誰がオウジサマだって? もう一回言ってみろ!!」

伊織「あんたよあんた。私、静かに読みたいから少し黙っててもらえる?」

真「ぐぬぬ……でやあああ!」

伊織「ちょ、そんなに早くページ捲ったら読めないでしょ! その手を止めなさーい!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04(水) 01:34:38.62 ID:9nq/vAhI0

真「へへーんだ、ボクはこれでちゃんと読めるもーん!」

伊織「ウソつきなさいよ! 絶対読めてないでしょ!!」

真「あー読める読める面白いなー!」

伊織「この、いいわよ、チカラづくで止めてやるわ! えーい!!」

真「わわ、うわあ!?」

伊織「ふふん♪ ざまあ見な、さ……このページは」

真「せ、せ、せっく……の上手な……う、うわーうわー……!」

伊織「真!」

真「何伊織!」

伊織「振り付けの確認したくなったわちょっと付き合ってくれる屋上で!」

真「分かったボクも丁度体動かしたかったし付き合うよ屋上で!」

伊織「よかったわじゃあ今すぐ行きましょう!」

真「そうだね善は急げだねそれはそうと読み終わったしこの雑誌は捨てようかな!」

伊織「そうよ善は急げよ読み終わったその雑誌は捨てるべきね!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04(水) 01:49:52.84 ID:9nq/vAhI0

やよい「ふふふふふふん、ふふふふふんふーん♪ 私は掃除が大っ好っき♪」

小鳥「くくく……くかかかか、やはり甲乙付け難い……! いおたかは言うに及ばず……いおまこも、最高……!」

やよい「ちりとりソロ、かもーん♪」

小鳥「そもそもが……愚の極み……! 優劣を付ける、などと……!」

やよい「……ふう、お掃除終わりー! そろそろ帰る準備しよーっと!」

小鳥「金子みすゞ先生……! いい……みんな違って……! みんないい……!」

伊織「ただいまー。あら、やよいも今から帰り?」

小鳥「貴音ちゃんとのデコボコな絡みも、真ちゃんとインファイトな絡みも、等しく一等賞なのよ!」

やよい「うん、伊織ちゃんも一緒に帰ろー!」

小鳥「は!? つまりこれはいおたかいおまこに限らずいおはるいおみきその他ありとあらゆる組み合わせすら……!?」

伊織「ええ。そうだ、たまにはうちに来ない? この間のもやしパーティーのお返しにご馳走するわ」

小鳥「見える、私には今宇宙の真理が見える! 森羅万象はこの手の中にある!!」

やよい「あ、じゃあお母さんに電話しなきゃ。もしもしー? ……うん、今終わったとこ。それでね、伊織ちゃんのお家で……」

小鳥「いおはるいおちはいおまこいおゆきいおあみいおまみいおあずいおりついおみきいおひびいおたか……」

伊織「? 小鳥、あんたこの書類、社長が早目に仕上げとけって言ってた奴じゃ……聞こえてないわね」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04(水) 01:57:02.82 ID:9nq/vAhI0

小鳥「そして伊織ちゃんとやよいちゃん……いおやよ……いいえ! や! よ! い! お! り!」

やよい「それじゃお疲れ様ですー!」

伊織「聞いちゃいないだろうけど、お疲れ様」

小鳥「や、やよいおり……! ここに来て原点に立ち戻る、なんて、そんな……! ああ、地球は丸い!」

伊織「きゃ!? やよい、手を繋ぐなら手を繋ぐって先に言いなさいよ」

やよい「えっへへー! 伊織ちゃんのびっくりする顔が見たくてつい!」

伊織「んもう、仕方ないわね……」

小鳥「そうと決まれば濃厚なやよいおりを妄想する為にも明日から二人の観察は欠かせないわね!」







小鳥「あ、もうこんな時間。今日も残業確定かあ」

おわり





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿