TOP > シンデレラガールズ > モバP「杏…」

モバP「杏…」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:40:43.12 ID:iOQxdaH70

モバP「うっ…うあっ…あん…ず…杏ぅ…」シコシコ

モバP「も、もう出r…」

ガチャ

杏「はい、そこまで」

モバP「」ビクッ


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:41:49.47 ID:iOQxdaH70

モバP「あ、杏…」

杏「……」

モバP「あっ…」

モバP「ごめんなさい…ごめんなさいごめんなさいごめんなさい…」

モバP「そんな目で見ないで…担当代えてもらうから本当にごめんなさいごめんなさい…」

モバP「警察に通報してもらっても構いません…本当にごめんなさいごめんなさい…」

杏「……」

杏「はぁ…敬語なんてらしくないね」

杏「まぁいいや、床に土下座なんてしなくていいからとりあえず、出してるそれしまって椅子に座って」

モバP「……はい…」ギシッ


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:43:24.48 ID:iOQxdaH70

杏「……」

杏「はぁ…」

モバP「」ビクッ

モバP「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい…」

モバP「担当アイドルを性的な目で見てごめんなさいごめんなさい…」

杏「プロデューサー」

モバP「」ビクッ

杏「そんなに怯えないで」

杏「今から三つ質問するから正直に答えてね、いい?」

モバP「はい…何でも聞いてください…」

杏「じゃあ、まず一つ目」

杏「プロデューサーは童貞?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:44:16.00 ID:iOQxdaH70

モバP「え…? 何か関係あるのか…?」

杏「いいから答えて」

モバP「あ…えっと、その…」

モバP「ど…童貞…です…」

杏「ふーん」

杏「じゃあ次に二つ目」

杏「担当アイドルが相当数いる中でなんで杏で抜いてたの?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:44:57.23 ID:iOQxdaH70

モバP「えっ…そ、それは…」

モバP「……」

杏「…今の事務所は私とプロデューサーの二人きり、時間的にも夜遅いしこれから誰かが来る心配もない」

杏「事務所内スケジュールも確認したけど、担当アイドルの人達は仕事終わって現場から直帰してるよね?」

モバP「はい…」

杏「なら、杏以外の人にこれを聞かれる心配もない、だから思ってること全部包み隠さずに言ってみて」

モバP「……」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:46:13.73 ID:iOQxdaH70

モバP「…はい…わかりました…」

モバP「あの、その…えっーと…ですね…」

杏「うん」

モバP「杏のことが…好き…どころか正直に言って愛してるというか言葉に出来ない位に好きで…」

杏「うんうん」

モバP「結婚して養って一緒にだらだらしてイチャイチャして孕ませたいんです…」

杏「ふ、ふーん」

モバP「気持ち悪くてごめんなさい…」

杏「……」

杏「…謝ったり言い訳したりするのは後、まずは杏の質問に最後まではっきり答えること」

モバP「はい…」

杏「じゃあ、三つ目の質問ね」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:47:27.24 ID:iOQxdaH70

杏「プロデューサーはこれからどうしたいの?」

モバP「杏が望むのなら事務所も辞めるし…言ってくれれば自殺します…」

モバP「本当に何でも言うこと聞きます…」

杏「あー違う違うそういうことじゃなくて」

モバP「…?」

杏「うーん」

杏「そっち行くからその場から動いちゃダメだよ」

モバP「は、はい…」

杏「よいしょっと」

モバP「あ、杏…?」

杏「立って」

モバP「はい…」

杏「今からプロデューサーは杏がいいって言うまで動かせるのは口だけね?」

モバP「…?」

杏「絶対だよ? わかった?」

モバP「わ、わかった…」

杏「よし」

杏「とりえあず、えいっ」

モバP「…っ!?」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:48:25.14 ID:iOQxdaH70

モバP「あ、杏! どこ触って…!」バッ

杏「…手首いきなり掴まれたら痛いよ、離して」

モバP「ご、ごめん…」

杏「…というか、何で手を動かしてるの?」

モバP「」ビクッ

杏「言ったよね? 動かせるのは口だけだって?」

モバP「で、でも…」

杏「でももだってもない、このまま質問の続きね」

杏「プロデューサーは今、どうしたいの?」

モバP「ど、どうって…」

杏「はぁ…」

杏「回りくどいし、言い方変えよっか」

杏「…プロデューサーは杏のこと犯したい?」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:49:30.06 ID:iOQxdaH70

モバP「な、何を言って…!?」

モバP「そんなことは…」

杏「さっき孕ませたいって言ってたじゃん」

杏「しかも杏は質問に対して包み隠さず言えって言ったのになぁー」

モバP「……」

杏(まぁ、立場的に場所や人問わず口には出せないか)

杏「しょうがない…」ボソッ


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:50:12.59 ID:iOQxdaH70

杏「プロデューサー、今度こそ絶対動かないでね、口答えも絶対だめ」

モバP「…?」

杏「何でもいうこと聞くって言ったじゃん、さっきは聞かなかった」

杏「今度は絶対だよ」

杏「ね?」

モバP「わ…わかったよ…絶対動かないし…何も言わない…」

杏「わかればよろしい」

杏「じゃあまずは気をつけして手は横、背筋を伸ばして」

モバP「はい…」

モバP「こ、これでいいか…?」

杏「よしよし」

杏「じゃあズボンのチャック開けて、と」サワッ


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:50:57.53 ID:iOQxdaH70

モバP「…へ? うわっ!」

杏「…プロデューサー?」

モバP「わかってます…わかってます…」

杏「こんなにパンパンでズボンの上からでも丸わかり」

杏「中途半端に焦らされた子を救ってあげなきゃねー」ジーッ

モバP「……」ビクビクッ

杏(無意識に腰を突き出しちゃって…)

ブルンッ

杏「え?」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:51:35.29 ID:iOQxdaH70

杏「…あーさっきまで一人でしてたからトランクスのボタン外れてたんだね」フーッ

モバP「うあっ…息吹きかけないで」ビクッ

杏「きこえませーん」

杏「やぁこんにちはさっきぶりだね」

杏「じゃあさっそくいただきまーす♡」

モバP「えっ」ドキッ

杏「あむっ♡ ジュルルルルル♡」

モバP「あはっ…! あっ、あんず…! いきなりは…! まってまって!」

杏「んあっ…!」ヌポンッ


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:52:06.35 ID:iOQxdaH70

杏「プロデューサー腰引いちゃダメ、罰として足に抱き着いて逃がしませーん♡」

杏「ぬぷぷぷぷぷっ♡ れろっ♡ ジュポジュポ♡」

モバP「ちょ! 待って!」

モバP「こんなん無理っ! 無理だって! 杏お願い待って!」

杏(知りませーん♡)

杏「チュルルルルル♡ ハポッハポッ♡ ヌポッ♡」

モバP「あうっ…! 立ってられない! 無理!無理無理無理! 足が」ガクガク

モバP「あっ」ビクッ


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:52:54.14 ID:iOQxdaH70

杏「ぷはあっ♡ はい、ストップ♡」ヌポッ

モバP「え…え…」

杏「口でするのはおしまい♡」

モバP「な、なんで…!」

杏「今から杏の言うことちゃんときいててねプロデューサー♡」

モバP「わかった! わかったからぁ! 早く!早くぅ!」

杏(あーかわいい♡)

杏「聞くだけじゃ暇だと思うから手で優しくしごきながら言うね♡」キュッ

モバP「はうっ」

杏「イッたらダメだからね♡?」

モバP「うん、うんっ…!」

杏「あはっ♡」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:53:40.11 ID:iOQxdaH70

杏「じゃあ、杏とエッチしたいです♡ 滅茶苦茶に犯して中出ししたいですって言って♡」

モバP「うあっ…そ、それはい、言えない…!」

杏「大丈夫♡ 二人きりの秘密だよ♡」シコシコ

モバP「はっ…! うぅ…! で、でも担当アイドルと関係をも、持つのは…!」

杏「こんなことされながら言われても説得力無いよ♡ さっさと言えば楽になるんだよ♡? ほらっほらっ♡」シュッシュッ

モバP「で、でちゃう…! で、でも! い、言わない…!」

杏「もうっ♡ 変なことだけは強情なんだよねープロデューサーは♡」ピタッ

杏「そんなプロデューサーに特別大サービスの言葉聞かせてあげるね♡」

杏「ちゃんと聞いててね♡」キュッ

モバP「わ…わかったから…握らないで…あうっ!」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:54:36.50 ID:iOQxdaH70

杏「あーあ♡、杏は臆病だから無理やりされても誰にも言えないだろうなー♡」シコシコ

モバP「や、らめ! あ、杏!」

杏「中に出されても、病院行ったらスキャンダルになるからいけないし困っちゃうなー♡」

杏「しかも、誰かに見られることもないし無理やりされても証人もいない♡」

杏「こんな状況で変態と二人きりとか杏とっても困っちゃったなー♡」

杏「あー、それにしても暑くなってきたから少し脱いじゃおー♡」シュル


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:55:26.88 ID:iOQxdaH70

モバP「あふっ…!」

杏「この体勢じゃ片手だし下しか脱げないやー♡」

モバP「ふーっ! ふーっ!」ビクッビクッ

杏「うわっ♡ すっごい♡ さっきよりビンビン♡」

杏「あ、間違えて下、全部脱げちゃった♡」

杏「Tシャツ大きめの着といてよかったなー♡」

モバP「ふーーーーっ!」

杏「ワレメ見られちゃうとこだったしねー♡」グリグリッ

モバP「あっあっ…! 亀頭グリグリしないでっ…!」

杏「素直に言ってくれれば妄想でしてたことが出来るのになー♡」

杏「無毛、幼児体型、合法ロリ♡」

モバP「あっあっあっ…!」ビクッビクッ


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:55:53.50 ID:iOQxdaH70

杏「この言葉に反応するってことはやっぱロリコンさんだ♡」

杏「そんな理想のロリを好き放題できるんだよ♡」

杏「し・か・も…罪は一つも問われず…♡」

杏「重ねて言うけど杏は泣き寝入りするしかないからね♡」

杏「さぁ、どうするの♡?」

杏「答えて、プロデューサー♡」

モバP「俺、俺っ…はぁ…!」ハァハァ

杏「プロデューサーは♡?」シコシコ

モバP「俺は…!」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:56:28.86 ID:iOQxdaH70

ガチャ


凛「プロデューサー、お疲れ」

凛「どうせ一人で残業してるだろうし逆レイプできると思って来ちゃった」

凛「子種と今来てるワイシャツちょうだ…い…」

杏「あっ」ピタッ

モバP「あっ…」ビュルル

凛「……」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:56:57.80 ID:iOQxdaH70

凛「ふーん、杏も同じ考えだったんだ」

凛「なら、話は早いかな」

杏「凛、ちょっと待って今ハッピーエンドに向かってたんだけど」

凛「?」

凛「だから種付けしてもらって私が孕んで終わりでハッピーエンドじゃん」

凛「杏にしては頭の回転遅いね」

杏「やっぱやべぇなこいつ」

モバP「もうだめだぁ…おしまいだぁ…」ビンビン

モバP「そうだ!」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:57:29.38 ID:iOQxdaH70

モバP「凛! ちょっと聞いてくれ!」

凛「うん、何?」

モバP「俺は杏がすき…」

凛「え? 何? 凛を孕ませたい?」

凛「流石だね、私も孕みたいから安心して」

モバP「」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:58:10.80 ID:iOQxdaH70

杏「今日はもう無理かぁ」

杏「まぁいっか杏の事好きってわかっただけでもアドバンテージだし」

杏「プロデューサー、杏は服着て帰るね」

杏「後は頑張って」

モバP「ちょっと待て! 俺をこの格好で放置するのか!

モバP「肉食獣が目の前にいるんだぞ!」

まゆ「まゆもいますよぉ、うふ♡」

モバP「ケダモノが増えたぁ…さらば俺の童貞…」

杏「童貞奪われたら今日のこと全部大人組にバラすから」

杏「逆に守れたらプロデューサーの好きなこと杏の身体で一生させてあげる」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:58:40.34 ID:iOQxdaH70

モバP「杏! ほ、ほんとだな!」

杏「ほんとだよ」

杏「まぁ頑張ってねー、じゃあねー」

杏「凛とまゆも程々にね」

凛「わかってる孕んだら勝ち」

まゆ「まゆは童貞も何もかも頂きますよぉ」

凛「早いもん勝ちだね」

まゆ「ですねぇ、負けませんよぉ」

杏「聞いちゃいねぇ」

杏「ま、というわけで乙カレー」

モバP「待って、杏! 杏ぅー!」

バタンッ


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:59:20.39 ID:iOQxdaH70

モバP「オチツケ! オマエラ! オレハアンズガスキナンダ」!」

凛「エ? ナニ? ナカダシガスキナンダ? ダイジョウブワカッテルカラ」

凛「シカモカハンシンカラスデニセイエキダダモレジャン ジュンビバンタンナンダネ」

まゆ「コレハオカシガイガアリマスネェ」

モバP「イ、イヤーーーー! ダレカーーーーーーー!」

杏「…はぁ」

杏「惜しかったなぁ」

杏「最後の約束しくったなぁ…尻に敷きたいのに…」

杏「まぁ、結婚してから徐々にプロデューサーの頭上がらなくすればいいや」

杏「今日は帰ってゲームしよっーと」

杏「明日の報告が楽しみだなー♪」


後日プロデューサーは貞操を守り、無事杏をゲットした。
どうやって逃げ切ったのか聞いたら虚ろな目でオレノショジョガァ…と
嫌なことが聞こえたので深くは聞かなかった。


おしりんりん


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 17:00:14.43 ID:iOQxdaH70

――――――後日談―――――


杏「仕事行きたくなーい!」

モバP「家まで迎えに来てやってんだ! さっさと起きて支度しろ!」

杏「頼んでないのにー!」

モバP「迎えにいかねえとまともにこねぇくせに何言ってんだ!」

杏「ぶーうるさいなぁ」

杏「ん?ってかまだ時間に余裕あるじゃん」

杏「起きて損したおやすみー」

モバP「余裕をもって行動しねぇと何かあったとき困るからだろ!」

モバP「おら、布団から出やがれ!」

杏「やだー! ここは杏の城だー!」

杏(…あれ、待てよ時間に余裕…)

杏(……)

杏(よし////)


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 17:00:53.63 ID:iOQxdaH70

杏「プロデューサー」

モバP「ん? なんだ?」

杏「支度するから一回だけ布団から手を離して」モゾモゾ

モバP「絶対するか?」

杏「する」モゾッ

モバP「…しゃあない、ほら」

杏「ありがとう、ちょっと手を貸して」

モバP「ん? なんだ急に」

モバP「ほれ」

杏「……」グイッ

モバP「うわっ!」ドサッ


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 17:01:33.05 ID:iOQxdaH70

モバP「いって、何すんだよ!」

モバP「あん……ず…」

杏「……」

杏「プロデューサー…」

モバP「―――っ」

モバP「ばっ…! 何で裸なんだ…!」

モバP「いつのまに脱ぎやがったん…」

杏「ねぇ……」

モバP(ん?)

杏「今なら本当に誰にも邪魔されないよ…」

モバP(杏の身体が震えて…)

モバP(あー…)


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 17:02:14.44 ID:iOQxdaH70

モバP(男としてもプロデューサーとしても失格だな)

モバP(杏がこんなに勇気を出してくれてるのに俺ときたら…よしっ)

モバP「あん――」

杏「んっ」チュッ

モバP「」

杏「……しよ?」



本当におしり


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/02(土) 17:04:36.74 ID:iOQxdaH70

ぬわあああああああああつかれたもおおおおおおん
杏は書くの難しスギィ!可愛いのはわかるんだけど魅力を出すのほんと難しい
次また書く機会あったらその時はよろちく!



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿