TOP > アイドルマスター > 亜美「え?亜美処女じゃないよ?」

亜美「え?亜美処女じゃないよ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 04:33:45.45 ID:Nnfwub8V0

P「は?」

亜美「当たり前じゃん、処女なんて邪魔なだけっしょ」

P「お前なら処女だって思ってたのに……」

亜美「今時エッチしたことない女の子なんていないよ?」

P「嘘だろ………」

亜美「なのに処女だと必死に思ってるファンの兄ちゃん達って馬鹿だよね」

P「くそっ!くそっ!」



真美「あ、兄ちゃん!あのね……」

P「近寄んな糞ビッチ」

真美「えっ?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 04:42:34.54 ID:Nnfwub8V0

真美「いや、なんでビッチ……」

P「お前もどうせやりまくってるんだろ?糞ビッチが」

真美「いやいや、なんで突然……」

P「糞ビッチの話なんか聞く必要無いからな、じゃあな」

真美「………りっちゃんが亜美の仕事のことでちょー怒ってたんだけど」

P「律子はどこにいる?すぐに教えてくれ」

真美「むこう」

P「うおおおお!ごめんなさいいいい!」

真美「……真美ってそんなにビッチっぽいのかな?
兄ちゃんビッチ嫌いっぽいし気を付けよう」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 04:51:53.37 ID:Nnfwub8V0

次の日

亜美「おはよう!」

真美「おはようございまーす」

P「………おはよう」

律子「プロデューサー、仕事しっかりやってください」

P「わかってるよ」

真美「兄ちゃん、今日の仕事は一緒だね!」

P「ちっ…めんどくせーなあ」

真美「………真美準備してくよ」トボトボ

亜美「ひょっとして兄ちゃんって童貞?亜美で卒業させてあげよっか?」

P「糞ビッチが話しかけんな!」

亜美「おお怖い怖い」ササッ


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 05:02:50.75 ID:Nnfwub8V0

真美「えっと……これは必要だよね」

亜美「ねえ真美?兄ちゃんのことどう思ってる?」

真美「えっ?どうって?」

亜美「兄ちゃんってさあ、本当に童貞っぽいよね!まさしく経験無しって感じ!
真美もそう思うよね?」

真美「そ、そう?真美にはよくわかんないや」

亜美「あれはまさしく童貞だよ!残念な生活しかしてこなかったんだね!」

真美「童貞ってそんなに悪いかなあ?何も問題ないと思うけど」

亜美「童貞とか本当に残念だね!大人の癖に童貞とか恥ずかしいっしょ!
処女も同じくらい恥ずかしいけどね!」

真美「…………」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 05:10:28.67 ID:Nnfwub8V0

真美「兄ちゃん、準備出来たよ」

亜美「兄ちゃんいこ!」

P「なんでこんなやつらのめんどう見なきゃいけないんだか」

真美「………」

亜美「兄ちゃん童貞だからイライラしてるんだよ」ヒソヒソ

P「ちっ……いくぞ」

真美「……うん」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 05:21:28.29 ID:Nnfwub8V0

カメラマン「いいねえ、もっと手を広げて……いいねえ、じゃあ今度は背中を向けて……いいねえ」

P「……っち、よくもまああんなポーズとれるよな
やっぱりあれか、ビッチだからか」

真美「お疲れさまでしたー」

亜美「兄ちゃん見てた?興奮した?勃起した?」

P「誰がビッチにそんなこと思うんだよ」

亜美「経験無い童貞ってすぐ経験ある大人をビッチ扱いするんだよね!
童貞ってやっぱりダメだね!」

P「勝手に言ってろ」

真美「兄ちゃん、真美どうだった?よく取れてたっしょ?」

P「知るか」

真美「………」ショボーン


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 05:30:42.74 ID:Nnfwub8V0

P「じゃあ事務所に帰るぞ、ったくめんどくさい……」

真美「………兄ちゃん」

P「あ?なんだよ」

真美「………やっぱなんでもないよ」

P「なんだよ、はっきりしろよ」

真美「なんでもないってば」

亜美「じゃあいこっか!出発!」

P「ビッチが指図すんな!」

真美「………」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 05:41:39.37 ID:Nnfwub8V0

P「ただいま戻りましたー」

律子「ああ、お疲れさまです
今日はもう上がってもいいですよ?今日までの書類とか終わりましたし」

P「いえ、このビッチどもの必要な書類があるんで今日書かせます」

亜美「またビッチって童貞って本当に馬鹿なんだね!」

真美「……」

律子「まだ言ってたんですか……いいかげんにしてくださいよ……」

P「だってビッチだぞ?非処女だぞ?ファンの気持ち裏切ってるんだぞ?」

律子「そんなの多くのアイドルが結婚してる現実を考えたらファンだってわかってますよ」

P「でもなあ!」

律子「いいから黙れ」

P「はい」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 05:52:11.24 ID:Nnfwub8V0

真美「…………」カリカリ

亜美「あーあ、ほんとめんどくさいよね書類って」カリカリ

真美「ほんとにねー」カリカリ

P「まだあるぞおらあ!」ドサッ

亜美「うへえ……」

真美「これってまだ先じゃないの?」

P「ふはははは!もっと嫌がれ!そのために増やしてやったぜ!」

律子「子供か」

亜美「兄ちゃんのおにー!童貞ー!」

P「なんとでも言うがいい!ははははは!」

真美「…………うう」カリカリ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 06:03:32.30 ID:Nnfwub8V0

真美「終わった……」

亜美「ええ!?亜美まだ終わってないよ!」

真美「途中兄ちゃんに抗議してるからだよ」

亜美「じゃあ真美手伝ってよ!」

真美「……頑張ってねー」スタスタ

亜美「真美のケチー!」

真美「好きなだけ言うがいいさ」スタスタ

亜美「むう……」カリカリ


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 06:11:04.50 ID:Nnfwub8V0

真美「終わったよー」

律子「ああそう?そこに置いといて」

真美「ほいさ」

P「ちっ……終わったのか」

真美「そりゃいつか必ず終わるっしょ」

P「ビッチがアイドル名乗るなんて最悪の状況だな!まったくよお!」

律子「まだ言ってる……」

真美「………」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 06:22:43.76 ID:Nnfwub8V0

真美「………でも兄ちゃんそれでもプロデュースしてくれるんだよね?」

P「あ?なんでお前ら見たいなビッチどもを売り込まなきゃいけないんだよ」

真美「……ビッチとかどうでもいいけど兄ちゃんの仕事っしょ?プロデュースするのが兄ちゃんの役目じゃないの?」

P「そんなのビッチに適用されませーん」

真美「兄ちゃん、プロデューサーなんだからもっとしっかりしてよ」

P「ビッチじゃなかったらしっかりしますぅ~」

真美「………だから」

亜美「はいストップ!落ち着こうか真美」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 06:31:55.99 ID:Nnfwub8V0

律子「終わったの?亜美」

亜美「まーね、とりあえずこの話はここまでだよ」

真美「……ふん」スタスタ

P「ビッチが前に出るのがおかしいんだよ!」

亜美「童貞はそろそろ黙ってね」

ガチャバタン

亜美「あーあ、真美ちょー怒ってるよ」

P「ビッチが怒ったところで……」

亜美「いやあ、亜美も悪いんだけど兄ちゃんは冷静になった方がいいと思うよ?」

P「………」

亜美「じゃあ亜美も帰るね
明日は冷静になってると嬉しいかな
じゃあね!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 06:45:41.93 ID:Nnfwub8V0

真美「………」スタスタ

亜美「おーい真美!はやいね!」

真美「………」スタスタ

亜美「ねえ真美、やっぱり兄ちゃんってダメダメだね」

真美「………」ピタッ

亜美「アイドル投げ出す事言ってほんとプロのジューサーなのかね」

真美「……兄ちゃんは、本当にダメな兄ちゃんだよ」

亜美「だよね、やっぱり兄ちゃんって」

真美「真美の憧れてた兄ちゃんは一生懸命な兄ちゃんだよ!
真美と一緒に二人三脚でいてくれた兄ちゃん!
……アイドルに真剣な兄ちゃん……だよ……」

亜美「………真美って馬鹿っぽいねほんと」

真美「………は?」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 07:03:10.54 ID:Nnfwub8V0

亜美「亜美にはさあ、みんな馬鹿に見えるよ!」

真美「……何言ってんの?」

亜美「だってプロデューサーなのにアイドルのこと投げ出すんだよ?
でも、それも兄ちゃんだよ?」

真美「……」

亜美「わかんないなんて言わないよね?」

真美「兄ちゃんの汚い所も兄ちゃんか……」

亜美「あはは!そうだよ!それでも好き?」

真美「聞くまでもないっしょ」

亜美「それもそうだね、馬鹿だから!」

真美「?何が言いたいの?」

亜美「汚い所を見つけたら次に行けばいいんだからさ
別にこだわる必要もないんだよ?」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 07:18:55.74 ID:Nnfwub8V0

真美「………何言って」

亜美「こいつがダメって思ったらサヨナラだよ!それで終わり!」

真美「………それは」

亜美「恋愛じゃない?なんで?」

真美「ずっと好きなのが愛じゃないの?」

亜美「馬鹿みたい!甘いよ!真美って昔から甘いよね!いつも考え方が甘いよ!」

真美「………」

亜美「どうせ男なんていくらでもついてくるんだから好きなだけやればいいんだよ
遊べばいいんだよ
恋愛なんて下らないんだからさ!」

真美「………」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 07:34:05.46 ID:Nnfwub8V0

真美「ああ、そっか……亜美……」

亜美「ビッチだとか処女だとか言ってる男は
どうせ処女をくれるくらい愛してくれる娘がいる自分は凄いとか思ってるんだよ!
亜美が初めてあげた相手がそうだった!!
……男とか女とか関係なく捨てるときは捨てるもんだよ
じゃなきゃ……捨てられるから……」

真美「……彼氏が出来て嬉しかったんだね
だからすべてあげちゃった
そして捨てられた……」

亜美「………兄ちゃんもそのタイプだよ
だからやめといた方がいいよ
どうせ捨てるから」

真美「非処女アピールも、自分が凄いと思わないと自分を保てなかったからだね……」

亜美「………」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 07:49:57.87 ID:Nnfwub8V0

亜美「あーあ、ほんとどうしてこうなのかな
でもまあ、こんなこと言っても無駄だってわかってるけどね」

真美「……」

亜美「でも告白するなら兄ちゃんの考えがまともになってからの方がいいよ
亜美が言えた事じゃないけどね」

真美「ねえ亜美……」

亜美「ん?何?」

真美「ごめんね……」ギュッ

亜美「何が?」

真美「真美はお姉ちゃんなのに気がつかなくてさ」ギュッ

亜美「……真美は何もしてないじゃん」

真美「何も出来なくてごめんね……」ギュッ

亜美「………やっぱり真美って甘いね
甘くて……優しい」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 08:05:01.64 ID:Nnfwub8V0

次の日

真美「おはよう」

亜美「おはよう!兄ちゃんやっほー!」

P「あ、ああ、おはよう」

真美「おはよう兄ちゃん」

P「一晩考えたよ……
俺の考えとしてはやっぱりアイドルはそういう関係は無い方がいいが、
恋愛は誰かに言って止められるものじゃない
本人達が幸せならそれでいいと考えたよ
それでアイドルを続けるかどうかだが夢は誰にでも与えられる
その夢を与えられるなら嘘でもいいと思ったよ」

真美「………長いからとりあえず亜美に謝って」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 08:14:29.18 ID:Nnfwub8V0

P「ああ、亜美すまなかった
さんざんビッチだの言ってたから
真美もすまなかった」

亜美「いいんだよ、亜美も兄ちゃんの悪口言い過ぎたから
亜美ももう言わないよ」

真美「うん、真美も許すよ!」

P「ただ、アイドルを続けるなら隠し通してくれよ
この事を問題にしたくない」

亜美「大丈夫、もう気が済んだから」

真美「真美は別に大丈夫だからいいや」

P「そうか……くれぐれも気をつけてくれよ」

真美「なんか微妙に会話がずれてる気がするけどいっか」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 08:24:22.97 ID:Nnfwub8V0

亜美「結局告白しないんだね」

真美「亜美が言ったっしょ?兄ちゃん考えが~って」

亜美「早くしないと取られちゃうよ?」

真美「大丈夫っしょ、たぶん」

亜美「どうだかねぇ…もたもたしてると亜美が持ってっちゃうかもね!」

真美「!ダメだよ!」

亜美「じゃあ告白告白!」

真美「待って!まだ心の準備が!」

END


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 08:25:52.82 ID:Nnfwub8V0

ビッチな亜美にエッチな事をされるPと真美を目指してたけど何故かこうなった
次は頑張る





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿