TOP > アイドルマスター > 真美「ゆきぴょんダメぇ、そこオシッコ出るとこだから……あんっ!」

真美「ゆきぴょんダメぇ、そこオシッコ出るとこだから……あんっ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 10:19:55.77 ID:0iOEIWMp0

小鳥「っていう夢を見たんだけど」

雪歩「ほえぇ……」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 10:49:13.44 ID:0iOEIWMp0

真美「ダメだよ、きたないよぉ……」

真美「んっ……やだぁ、ペロペロやだぁ……」

真美「あっ、あっ……」

真美「あんっ! そ、そんなっ、激しくしないで……音出ちゃうっしょ……!」

真美「あうっ! ……あんっあんっ!」

真美「ああんダメ、オシッコ出ちゃうっ! ゆきぴょん、やめっ……!!」

真美「ああっ……!!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 10:54:34.40 ID:0iOEIWMp0

真美「はぁ、はぁ……」

真美「お漏らししちゃった……ゆきぴょんのせいだかんね……」

真美「え……これってオシッコじゃないの……?」

真美「……へー、そんなのあるんだ……知らなかったよ……」

真美「でっでも、別にゆきぴょんにペロペロされて気持ちよかったわけじゃないし!」

真美「……ゆきぴょんのいじわる」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 11:01:06.69 ID:0iOEIWMp0

小鳥「どうかしら?」

雪歩「ど、どうって言われましても……」

小鳥「なんかこう、ティンとくるものがあると思わない?」

雪歩「いえ……私にはちょっと、難しいかなって……」

小鳥「普段は弱気な雪歩ちゃんだけど、ここぞって時には思いっきり攻め立てる!」

小鳥「反対に、強気な真美ちゃんも頑として攻められればあっけなく落城する!」

小鳥「これこそ攻守逆転の妙よ!」ドン

真美「……ピヨちゃん何いってんの?」

雪歩「さあ……」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 11:09:22.32 ID:0iOEIWMp0

雪歩「あの、小鳥さん……私と真美ちゃんって、別にそういう関係じゃないですから」

真美「そーだよピヨちゃん、だいたい女の子同士でえっちぃことするのっておかしいっしょ?」

小鳥「あうぅ……そ、そうよね……現実はそんなもんよね……」

小鳥「いいわよいいわよ、どうせ私なんかダメダメ妄想女なんだから……今のをSSにしてVIPにでも投稿してニヤニヤしてやるわ」カタカタ

雪歩「ちょ、ちょっと小鳥さん……!」

真美「まあまあゆきぴょん、好きにさせてあげようよ……これもピヨちゃんの数少ない楽しみなんだよ」

雪歩「そっか、そうだね……小鳥さん、それじゃ私たちはレッスンに行ってきますね」

小鳥「はいはーい、行ってらっしゃい!」カタカタ


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 11:13:42.96 ID:0iOEIWMp0

雪歩「さて真美ちゃん……秘密のレッスン、はじめよっか」

雪歩「えへへ、さっきは危なかったね……私たちのヒミツ、小鳥さんにバレちゃうかと思った……」

雪歩「……大丈夫だよ、真美ちゃんのことは私が守ってあげる」

雪歩「……私も。大好きだよ、真美ちゃん」

雪歩「それじゃ、服脱がすね……」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 11:23:26.19 ID:0iOEIWMp0

雪歩「真美ちゃんの胸、小ぶりだけどすごく綺麗な形だよね……」

雪歩「……ふふ、気持ちいい?」

雪歩「こうやって揉むと、大きくなるんだよ」

雪歩「……下も脱がしていいかな?」

雪歩「パンツ、染みになっちゃってるよ……ふふふ、恥ずかしい?」

雪歩「真美ちゃんの恥ずかしいところ、もっと見せてほしいな」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 11:28:07.06 ID:0iOEIWMp0

小鳥「いいわぁ、インスピレーションがどんどん湧いてくる……」カタカタ

律子「小鳥さん……何やってんですか」

小鳥「律子さん、これはSSです……見ればわかるでしょう?」

律子「はぁ、またそんな下らないものを……」

小鳥「まあまあ、いいじゃないですか! 仕事してないわけじゃないんですし!」

律子「まあ、いいですけどね……ちなみに、どんな内容なんです?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 11:32:41.48 ID:0iOEIWMp0

律子「うはぁ……これ、雪歩と真美ですか?」

小鳥「そうです! 今一番アツいカップルといっても過言ではない……」

律子「なんですかカップルって……そういうのは妄想だけにしておいてくださいね」

小鳥「しゅん……律子さんなら理解してくれると思ったのに……」

律子「私をどういう目で見てたんですか……やめてください、そういうの」

小鳥「はい、すみませんでした……」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 11:40:24.69 ID:0iOEIWMp0

小鳥「そういえば、そろそろ二人とも帰ってくる時間なんですけど……」

律子「ああ……雪歩と真美なら、さっき少しだけ寄り道してくるって連絡ありましたよ」

小鳥「あ、そうなんですか……遅いと思ったら、どうりで」

律子「それにしても……小鳥さんじゃなく、担当プロデューサーでもない私にわざわざ連絡してくるなんて珍しいですね」

小鳥「あ、あはは……」

律子「まあ、なんでも、いいですけれど。とにかく私は伊織たちを迎えに行ってきますね」

小鳥「ああはい、了解ですぅ……」

小鳥「……また事務所に私一人じゃないの……二人でどこほっつき歩いてるのかしら」

小鳥「二人きりでヒミツの寄り道、なんて……ふふっ」カタカタ


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 11:46:46.41 ID:0iOEIWMp0

真美「……ねえゆきぴょん、寄り道ってどこ行くの?」

真美「え……ここ? ただの公衆トイレじゃ……あ、んっ!」

真美「いっ、いきなりヘンなとこ、さわんないでよぉ……」

真美「声だすなって……んっ……む、むりだよぉ……」

真美「やぁ……こんなところ、すぐ誰かきちゃうよ……」

真美「あっ、あんっ……! ダメだよぉ……っ」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 11:55:09.10 ID:0iOEIWMp0

真美「こ、コーフンって……わかんないよ……ひゃんっ!」

真美「ね、ねえゆきぴょん……真美、こんなとこでするの、やだよぉ……」

コツコツ

真美「! だっ、だれか来て、むぐっ!? んんっ……」

真美「んっ、んんっ……んふぅ!」

真美「むぐぅ、んっ、んっ! んんぅ……!」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 12:00:26.88 ID:0iOEIWMp0

小鳥「こういう感じで……声を出せないシチュエーションって、いいわよね……」カタカタ

雪歩「……た、ただいま戻りましたぁ」

小鳥「あら、おかえりなさい二人とも」

真美「ピヨちゃん、まだなんか書いてんの?」

小鳥「そうよ、ふふふ……二人がいない間に、すごくいいネタがどんどん湧いてきて!」

小鳥「これはもう天啓としか思えないわ! 天が私にSSを書けと告げているのよ……」カタカタ

真美「……もうダメだねこれは」

雪歩「ま、真美ちゃん、そういう言い方はよくないよ……」

小鳥「ふふふ、ふふふふふ、ふふふふふふふ!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 12:05:10.89 ID:0iOEIWMp0

雪歩「それじゃあ小鳥さん、私たちもう帰りますね」

小鳥「あら、もう? それじゃあ今日はお疲れ様、二人とも」

真美「またねーピヨちゃん、真美たちがいなくてもちゃんとお仕事するんだよ?」

小鳥「あのねぇ真美ちゃん、さすがの私も仕事をほっといてSS書いてるわけじゃないのよ」

真美「いやー、どうだか」

小鳥「うぐぐ……」

雪歩「ご、ごめんなさい小鳥さん……真美ちゃんも悪気があるわけじゃないと思うんですけど」

小鳥「いいわよいいわよ、どうせ私なんか……」

雪歩「……お、お疲れ様ですぅ」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 12:11:53.30 ID:0iOEIWMp0

小鳥「なによ、二人して私のことを……」

小鳥「わかってますよーだ、どうせSSなんてフィクションだし! ただの妄想だし!」

小鳥「現実と妄想の区別くらい、私だって……!」

高木「オホン、あー音無君、例の書類の件だが……」

小鳥「あぁはい、少しだけお待ちください! あいにく今は手が離せないので!」カタカタ

高木「うむ」

小鳥「それで、二人で帰る場所は……」カタカタ

高木「……まだかね、音無君」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 12:20:03.88 ID:0iOEIWMp0

雪歩「もう、ダメじゃない真美ちゃん……小鳥さんにあんなこと言って」

雪歩「うん……確かに、私たちのヒミツがもっとたくさんの人にバレちゃう危険はあるよ?」

雪歩「……でもね、みんなは小鳥さんの言うことを本気にしたりしないよ」

雪歩「……だって、小鳥さんが書いてるのはただのSS、所詮は作り話だもん」

雪歩「誰もそれが本当に起きてることだなんて、思うはずないでしょ?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 12:23:51.49 ID:0iOEIWMp0

雪歩「えへへ、安心したら眠くなっちゃった?」

雪歩「……うん、いいよ。一緒に寝てあげる」

雪歩「……ふふふ、ありがとう。真美ちゃんも、とってもいい匂いがするよ」

雪歩「うん……私も。大好きだよ、真美ちゃん」

雪歩「おやすみ……」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 12:29:27.20 ID:0iOEIWMp0

小鳥「す、すみません社長! すっかりお待たせしてしまって……」

高木「いやいや構わないよ、君の仕事っぷりは何時間だろうと待つに値するものだからね」

小鳥「そんな、恐れ多いですよぉ……でも、ありがとうございます」

高木「ハッハッハ! それで、書類なのだが……」

小鳥「あっはい、こちらです!」

高木「どれどれ……お、オォウ、これは……」

小鳥「しゃ、社長? どうなさったんで、す……か……」



小鳥「うぎゃあああああああ!! 間違えてSSを印刷してしまったわあああああああああああああああああああああああ!!!!!」

高木「おっほう、これはなかなか……ワンダフルだね、キミィ」




『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿