TOP > アイドルマスター > 響「やっぱり胸小さい方が…」

響「やっぱり胸小さい方が…」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 01:38:22.33 ID:HxOtGSx10

響「胸大きいとみんなの視線とか気になるし…」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 01:40:28.61 ID:HxOtGSx10

P「いや響の胸は大きい方がいい!!」

P「響の良さは全て胸に詰まっているんだ」

P「胸のない響なんて千早以下だぞ?」

千早「………」

小鳥「プロデューサー!それ以上はやめてあげて!!」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 01:43:37.85 ID:HxOtGSx10

響「プロデューサーはそういうけど結局男の人はみんな胸目当てだし…」

P「いやそんなことはない!俺は胸のない千早でも大丈夫だぞ!!」

P「たぶん…」

千早「(^ν^)」

P「千早さんから無言の圧力が…」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 01:47:06.23 ID:HxOtGSx10

響「千早はいいよなぁ。みんなからの視線を浴びなくて…」

小鳥「こっ…こら!」

小鳥「響ちゃん?言っていいことと悪いことがあるのよ?」

響「そうは言うけどぴよちゃんも男の人の人の視線気になるだろ?」

小鳥「うっ、うん…」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 01:50:04.27 ID:HxOtGSx10

P「ふ、ふたりともそこらへんにしとこうな」

千早「ふん、いいですよーだ」

千早「どーせ私なんかこれから一生男の人からの視線なんかに困ることなんでありませんよーだ」

P「まぁまぁそう言わずに…」

P「………」

P「そうだ!!」

千早「??」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 01:52:53.20 ID:HxOtGSx10

P「千早、名案があるぞ」

千早「なんですか?」

P「千早だって胸の大きい人の悩みを味わってみたいだろ?」

千早「まぁ、そりゃあそんな苦悩も味わってはみたいですけど…」

P「だろ?そこでだ!」

P「俺が毎日揉んでやろう!」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 01:56:03.45 ID:HxOtGSx10

千早「何を言い出すかと思えばセクハラ発言ですか?」

千早「それプロデューサーが揉みたいだけですよね!?」

P「い、いや、しかしだな…」

P「響があそこまで大きくなったのも俺のおかげであってだな…」

P「それに伊織にも一ヶ月前から試していて如実に効果は出てきているぞ?」

千早「た、たしかに伊織ちゃんも最近大きくなってきてる…」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 02:00:39.94 ID:HxOtGSx10

響「プロデューサーのせいでこんなに大きくなったんだからな///」

P「俺に揉まれてるときの響のあの顔最高に可愛かったぞ!」

響「か、可愛いとか言うなぁ///」

千早「えへんえへん」

千早「いちゃいちゃはそこらへんにしてですね。確かに効果があるのはわかりました。」

千早「それではプロデューサーお願いしますね///」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 02:04:34.68 ID:HxOtGSx10

P「おう!では早速…」

P「ほう…。服の上からだがこのわずかに主張しているハリのある胸。」

P「小ぶりながらも確かな存在感がある。」

千早「いちいち声に出さないでください///」

P「すまんすまん。だがこの胸はさらなる成長を求めているぞ!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 02:10:04.20 ID:HxOtGSx10

P「よし、じゃあ手っ取り早く服とブラを取るぞ」

P「…」

千早「ど、どうしたんですか?急に無言になって…」

P(まさかあの存在感がパッドだったなんて…)

P「い、いやなんでもない。あまりに綺麗な肌で驚いただけだ。」

千早「こういうときがくることも予想してお手入れは毎日してましたからねっ///」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 02:16:15.91 ID:HxOtGSx10

P「じゃあ揉むぞ?」

千早「お手柔らかにお願いします///」

サワサワッ

千早「ああ!やめっ…あぁっ!」

千早「んぁっ…!!」

千早「はぁっ、ぁぁ、ぁん!」

千早「はぅ……はぁ……はぁ……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 02:20:55.47 ID:HxOtGSx10

P「まだまだこんなもんじゃないぞ?」

千早「……はっ……んっ、つ、強いですプロデューサー……」

千早「んっ……んふっ……」

千早「はぅっ……んぅっ……」

千早「プロデューサー……プロデューサー……」

小鳥「おほー!いい顔してますなぁ。」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 02:24:49.48 ID:HxOtGSx10

千早「んっ……あぅっ……んぅぅ……」

千早「プロデューサー……プロデューサー……プロデューサー……!」

ビクビクビクッ

千早「んっ……んぅっ!!」

千早「ハァッ……プロデューサー……プロデューサー……」

千早「んっ……プロデューサー……」ギュッ


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 02:25:27.62 ID:HxOtGSx10

千早「んっ……あぅっ……んぅぅ……」

千早「プロデューサー……プロデューサー……プロデューサー……!」

ビクビクビクッ

千早「んっ……んぅっ!!」

千早「ハァッ……プロデューサー……プロデューサー……」

千早「んっ……プロデューサー……」ギュッ

P「あちゃー、最初にしてはやりすぎたかな?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 02:27:44.94 ID:HxOtGSx10

P「まぁ最初だしこんなもんにしておこう」

P「これを毎日欠かさずやるんだぞ?」

千早「毎日こんなのだったら私もたないです///」

P「まぁ慣れだよ慣れ!そのうち慣れていくさ。」

千早「あぅ///」

千早「これからもよろしくお願いしますね///」



おわり


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 02:28:53.15 ID:HxOtGSx10

深夜ノリの駄文すまんな
後悔はしていない

ちなみに俺は響が大好きだ



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿