TOP > アイドルマスター > 伊織「真美のやつが生意気だから調教してやるわ!」

伊織「真美のやつが生意気だから調教してやるわ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 10:51:01.49 ID:mt+CmAlP0

伊織「このっ! このっ!」ゲシゲシ

真美「いたっ! いたぁ!! 痛いっていおりん!」

伊織「これが気持ちいいんでしょ、ほら!」ゲシ

真美「いたっ!! ぜんぜん気持ちよくないってぇ!」

伊織「ふぅん、なかなか強情なようね」

真美「も~、なんなのさいきなり……」サスサス


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 10:59:18.17 ID:mt+CmAlP0

伊織「アンタのこと、前から気に入らなかったのよね」

真美「えーなんで? 真美はいおりんのこと、好きだよ?」

伊織「ふざけんじゃないわよ!」ゲシッ

真美「あうっ! あのさぁ、いおりんは真美の何が気に入らないの……?」

伊織「うるさいわね……なーにが『ダイヤモンドだけが最高じゃない』よ! ダイヤモンドが一番輝いてて美しいに決まってるじゃないの!」

伊織「あーもう、思い出すだけでムカムカしてくるわ!」

真美「それってジェミーの歌詞だよね、そんなしょうもないこと気にしてたんだ……」

伊織「しょうもないとは何よ!」ゲシッ

真美「いったぁい!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 11:05:15.27 ID:mt+CmAlP0

真美「っていうか、あれって真美が考えたわけじゃないし」

伊織「口答えするんじゃないわよ!」ペチンッ

真美「いたいよぉ!!」

伊織「気持ちいいって言いなさいよ!!」

真美「だって痛いんだもん、ぜんぜん気持ちよくないもん」

伊織「ふん……心配しなくてもすぐに気持ちいいって思うようになるわ」

真美「別になんにも心配してないけどさ……」

伊織「口の減らない小娘ねっ!」ペチンッ

真美「あうっ!!」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 11:13:41.91 ID:mt+CmAlP0

伊織「さあ、そろそろ諦めて私の下僕に……」

真美「うううぅ、いおりんがいじめるよぉぉ……」

伊織「えっ……ちょっ、まっ……な、なに泣いてんのよ!!」

真美「うええええ、ひどいよいおりん……ぐすっ……真美のこと、きらいだからって……」

伊織「そ、そういうわけじゃ……えっと……」

真美「ひっぐ……ううううぅ……」

伊織「……あーもう!」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 11:18:57.87 ID:mt+CmAlP0

伊織「わかったわよ、私が悪かったから、泣き止みなさい!」

真美「うっぐ、えっぐ……でも……いおりん、真美のこと、嫌いなんでしょ」

伊織「違うわよ、ちょっと生意気だからお灸を据えてやろうと思っただけ!」

真美「……ホントに? 真美のこと、嫌いじゃないの?」

伊織「……何いってんのよ、そんなの当たり前でしょ!」

真美「いおりん……」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 11:23:50.87 ID:mt+CmAlP0

真美「それなら、真美のこと好きだって言ってよ」

伊織「……はああぁ!? なんで私がそんなこと言わなきゃいけないのよ!」

真美「……そっか……それじゃ、いおりんはホントは真美のこと、好きじゃないんだね」

伊織「うっ……」

真美「でも、しょうがないよね……真美、けっこういおりんのこと茶化したりしてきたし……嫌いになられても……」

伊織「……あぁーーもう!! わかったわよ、言えばいいんでしょ、言えば!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 11:28:04.40 ID:mt+CmAlP0

伊織「わ、私も……その、真美のことが……」

真美「え? ちょっと聞こえないよ、いおりん」

伊織「だっ、だから!! 私もアンタのことが好きだって言ってんの!! このバカ!!」

真美「んっふっふ~、ありがといおりん!」

伊織「ったく……なーに恥ずかしいこと言わせてくれてんのよ!」ゲシッ

真美「いったぁ!!」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 11:32:54.08 ID:mt+CmAlP0

伊織「どうせさっきのも嘘泣きだったんでしょ! このっ、このっ!!」ゲシゲシ

真美「いたっ、あいたっ!! ……え、えへへー、バレちった?」

伊織「まったく、ふざけんじゃないわよ!」ゲシッ

真美「うぎゃっ!!」

伊織「はぁ、はぁ……でも安心したわ、さっきのでアンタをどれだけ虐めても心が痛まなくなったし」

真美「そ、そりゃないよいおりーん……真美にも限界ってものが……」

伊織「黙りなさいよ!」ペチンッ

真美「あうっ!!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 11:40:15.67 ID:mt+CmAlP0

真美「誰か助けてぇー、このままじゃ真美のプリチーなお尻が割れちゃうよぉ……」

伊織「ええっ、そりゃ大変ね……って、もう割れてんじゃないのよ!」ペチンッ

真美「うはぁっ! さっすがいおりん、ナイスノリツッコミだよ~」

伊織「このっ……しょうもない、ボケ、かましてんじゃ、ないわよっ!」ペチッペチッペチッペチッ

真美「うぁっ! はぁんっ! あぁう!! んはぁ!!」

伊織「はぁ、はぁ、ダメだわ……若干こいつのペースに乗せられてる気がする……」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 11:47:59.37 ID:mt+CmAlP0

真美「ねぇいおりん、これいつまでやんの? 真美、そろそろお尻が限界かも……」

伊織「アンタが私の下僕になるまでよ」ペチッ

真美「んっはぁ!!」

伊織「あら、ちょっと嬌声が混じってきたんじゃないの?」ペチンッ

真美「あぁんっ!! そ、そんなことないっぽいよ→」

伊織「そう? まあいいけど、いつまで耐えてられるかしらねぇ……」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 11:54:31.06 ID:mt+CmAlP0

伊織「それっ」ペチンッ

真美「あぅんっ!!」

伊織「それそれっ」ペチペチッ

真美「うぁ、っはぁ!!」

真美「はぁ、はぁ……あっ、あのさー、いおりん! ずっとお尻を叩いてるのも疲れるっしょ? だから、そろそろ休憩とか……」

伊織「……ははーん」

真美「な、なにさぁ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 12:01:37.63 ID:mt+CmAlP0

伊織「さてはアンタ、だんだん本当に気持ちよくなってきてヤバイって思い始めたわね」

真美「うぐっ……そ、そんなわけないっしょー? お尻叩かれて気持ちいいとか、チョー変態っぽいし……」

伊織「そうよねぇ、真美に限ってそんなことないわよねぇー」ペチンッ

真美「うぁんっ……!! そっ、そうだよいおりん、だから真美のことは心配しないで」

伊織「うんうん、まさかあの真美がぁー、お尻を叩かれて喜ぶ変態マゾ女なわけないものねぇー」パンッパンッ

真美「あうっ!! んうっ!! ちょ、ちょっと強いっていおりん!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 12:09:42.24 ID:mt+CmAlP0

伊織「にひひひ、テンション上がってきたわぁ」パンパンッ

真美「あっ、あんっ!!」

伊織「ほらほら、いつもみたいに口答えしてみなさいよぉ!」パンパンッ

真美「ぅあんっ!! ああっ!!」

伊織「なんとか言いなさいっての、ほら!」パンッパンッ

真美「ひゃんっ!! ひゃうっ!! だ、ダメだっていおりん、これ以上はヤバイってぇ……」

伊織「はぁー? そんなこと言われて私がやめるとでも思う?」

真美「あうう……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 12:19:14.17 ID:mt+CmAlP0

伊織「いい気味だわ、日頃の苦労が吹っ飛ぶみたい!」パンッパンッ

真美「あぅ!! あぁんっ!!」

伊織「今度こそ! 泣いたってやめてあげないわよ!」パンッパンッ

真美「やぁ!! やぁん!!」

伊織「ほらほら、気持ちいいんでしょ? 気持ちいいって言いなさいよ!」パンッパンッ

真美「あっ!! あっ、あぁっダメ、いおりんダメぇ!!」

伊織「なにがダメだってのよ、気持ちよがってんでしょ」パンッパンッ

真美「あぅ!! んっ!! そ、そーじゃなくてぇ! ヤバイんだってぇぇ……!!」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 12:22:53.02 ID:mt+CmAlP0

真美「あっあっ、ダメ、もうダメ、あぁぁ……」

伊織「な、なによ? 何がどうダメだって……いう、の……」



チョロロロ……



伊織「こ、これは……聖水……?」

真美「うぅぅ……だからダメだってぇ……」

伊織「あ、あぁ……そう、そういう……」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 12:25:55.84 ID:mt+CmAlP0

伊織「うん……これはさすがに私が悪かったわ……つい調子に乗ってしまって……」

真美「うっぐぅ……うえええええ……!!」

伊織「ちょ、ちょっと、今度はマジ泣きじゃないのよ……悪かったわよ、真美」

真美「ううううぅ、もうお嫁にいけないよぉ……」

伊織「だ、大丈夫よ、このことは誰にも言わないから」

真美「うえええええ……」

伊織「悪かったわよ……」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 12:28:08.59 ID:mt+CmAlP0

真美「……せきにん」

伊織「え……?」

真美「……責任とってよ、いおりん……いおりんのせいで真美、もうどこにもお嫁にいけないんだよ」

伊織「そ、それはちょっと大げさじゃないかしら」

真美「いおりん!」

伊織「……あぁーもう、わかったわよ! 責任でもなんでも取ってやろうじゃないの!」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 12:31:39.42 ID:mt+CmAlP0

亜美「はぁぁぁー……」

やよい「ふはぁー……」

あずさ「ため息なんてついて珍しいわね、やよいちゃん、亜美ちゃん」

亜美「んー、あずさお姉ちゃん……」

やよい「私たち、ちょっと悩んでるんです……」

あずさ「あらあら……ちょっと話してもらってもいいかしら?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 12:37:27.13 ID:mt+CmAlP0

亜美「あのね……なんか最近真美が冷たいんだようー!!」

やよい「最近伊織ちゃんが冷たいんですうー!!」

あずさ「それは困ったわね……」

亜美「一緒に遊ぼうってなっても、すぐいおりんとどっか行っちゃうしさー」

やよい「伊織ちゃんと真美が仲いいのはいいんですけど、ちょっと寂しいかなーって」

あずさ「そう……二人はそういう仲だったのね、素敵だわ~」

亜美「あ、あずさお姉ちゃん?」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 12:40:19.51 ID:mt+CmAlP0

あずさ「あのね……伊織ちゃんと真美ちゃんはね、大人の関係になったのよ」

やよい「大人のカンケー、ですかぁ」

亜美「えー、いおりんと真美ってそういうことだったの!?」

やよい「亜美、それってどういうことなの?」

亜美「んー、やよいっちにはまだ早いって思うよ」

やよい「そっかぁ……」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 12:45:44.05 ID:mt+CmAlP0

あずさ「こういう時は、二人のことを暖かく見守ってあげなきゃいけないの」

やよい「暖かく、ですかぁ」

あずさ「うふふ、そうよ~。二人となかなか遊べなくて寂しいかもしれないけど、ちょっとだけ我慢してあげて?」

亜美「んー、あずさお姉ちゃんがそういうなら、しかたないね!」

やよい「うん、そうだね! 暖かく見守ってあげようねっ!」

亜美「うんうん!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 12:49:36.83 ID:mt+CmAlP0

真美「いおりん、ケーキ食べさせて! はい、あーん!」

伊織「はあ? なんで私がそんなこと……」

真美「いおりーん……」ウルウル

伊織「しょっ、しょうがないわね……ほら、口開けなさいよ」

真美「わーい!」

伊織「ほら、あーん」

真美「あーんっ! もぐもぐ……んー、美味しい!!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 12:53:24.10 ID:mt+CmAlP0

真美「真美、あの時いおりんにお尻叩かれて良かったよ~」

伊織「アンタねぇ……そのことはもういいでしょ……」

真美「だってだって! そうじゃなかったら、二人でこうやって一緒にいれないっしょ?」

真美「真美は、ずーっといおりんのことが大好きだったんだもん!」

伊織「そっそういうの、恥ずかしいからやめなさいよ!」

真美「いおりんだーいすき!」

伊織「もぉ~……」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 12:59:24.89 ID:mt+CmAlP0

真美「ねえ、いおりん……」

伊織「なによ……」

真美「今度さ、またああいうのやってみようよ……真美、いおりんにいじめられるの、メッチャ好きかもしんない」

伊織「……全く、とんだ変態マゾ女ね、アンタは」

真美「えっへへ……そうかもねー」

伊織「まあいいわ……でも、今度やるときは容赦しないわよ! 前みたいに途中でやめたりもしないからね!」

真美「うん! ガンガン攻めちゃってよね!」

伊織「……やっぱり、アンタって私の最っ高の下僕だわ! にひひっ♪」




『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿