TOP > アイドルマスター > 真美「兄ちゃんでどこまでお姫ちんが釣れるか試したい」

真美「兄ちゃんでどこまでお姫ちんが釣れるか試したい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 01:38:25.08 ID:BAxpk9bB0

響「真美、いきなりどうしたんだ!?」

真美「お姫ちんってラーメン好きっしょ?」

響「うん」

真美「最近は兄ちゃんのことも好きみたいじゃん?」

響「うん……うぇえっ!? そうだったのか!?」

真美「ひびきん気づいてなかったの? 鈍感ですなー」

響「だ、だって貴音ってそういうの表に出さないし……」

響「そっか……貴音もプロデューサーが」

響「これじゃ自分、勝ち目ないぞー……」

真美「んっふっふー! 強力なライバル出現ですな→」

響「ライバルって、べ、別に自分はそんなんじゃ…」

真美「もっと素直になっちゃいなよー!」

響「うぅ~///」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 01:43:26.01 ID:BAxpk9bB0

響「だ、だいたい、今は貴音の話だっただろ!!」

真美「あ、そういえばそうだった」

響「それで、貴音をプロデューサーで釣るってどういうことさー」

真美「だからーお姫ちんはラーメンと兄ちゃん、
二者一択? に迫られたときどっちを取るのか」

真美「気になるっしょ?」

響「っ! ……確かに、少しだけ」

真美「ということで!」

真美「これからお姫ちんに色々やってみようって訳だよ」

響「色々……」

真美「例えば、あそこでお昼のカップ麺を食べようとしてるお姫ちんに」

貴音「ああ、この3分間はなぜこうも私を魅了するのでしょうか」キラキラ


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 01:47:42.38 ID:BAxpk9bB0

貴音「あと10秒……」ワクワク

真美「ねーねーお姫ちん!」

貴音「なんですか真美? 話なら少し待って……」

真美「えっとね、兄ちゃんがお姫ちんに大事な話があるから下に来てって」

貴音「プロデューサーが……ですが私にはこのかっぷらぁめんを食べるという使命が」

真美「なるべく急ぎの話らしいよ→」

貴音「……急ぎ、ならば仕方ありません……」シュン

真美「えっ……」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 01:51:10.66 ID:BAxpk9bB0

貴音「下、ですね。行って参ります」

真美「う、うん」

響「ま、真美、貴音ホントに行っちゃったけどいいのか!?」

真美「なるほどなるほど。お昼のカップ麺よりも兄ちゃんが大事と」メモメモ

響「嘘だってバレたら大変なことになるぞー……」

真美「……だってホントに行っちゃうなんて思わなかったしさ!!」

響「とにかく、貴音が帰ってきたらすぐに謝るんだぞ!」

真美「ひ、ひびきんも一緒だよね!?」

響「え! じ、自分は今回何もしてないぞ!」

真美「あーっ!! ひびきんも乗気だったのにぃー」

響「う……それは、そうだけど…」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 01:55:06.97 ID:BAxpk9bB0

貴音「あなた様」

P「ん? 貴音か、どうしたんだ?」

貴音「はて? 私はあなた様が呼んでいると真美から」

P「いやいや、貴音を呼んで来いなんてこと俺は言ってないぞ」

貴音「では、急ぎ大切な話があるというのは……」

P「真美の悪戯だろうな」

P「でもまぁ。話があるのは本当だから」

貴音「そうなのですか?」

P「この前でたカップ麺のCMなんだけど」

貴音「プロデューサーが1箱頂いてこられた……」

P「そうそう、それが発売直後から大人気でさ」

P「先方もすごく喜んでて、もう1箱送ってくれたんだよ」

貴音「真ですかっ!!?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 01:59:43.80 ID:BAxpk9bB0

P「ああ。それに次のCMもぜひ貴音にって」

貴音「ふふっ真、嬉しい限りです」

P「今、丁度受け取って、貴音に知らせようと思ってたんだ」

P「ま、そういうことだから真美の悪戯は大目に見てやってくれ」

貴音「ええ。あの、そのかっぷらぁめん、1つ頂いても」

P「あはは、さすが貴音だな。いいぞ、ほら」

貴音「ありがとうございます。早速食して参ります」

P「あんまり食べ過ぎるなよ、まぁ貴音なら問題ないか」

貴音「♪~……」ガチャ

真美「お、お姫ちんごめんなさい!!」

響「ご、ごめん貴音!!」

貴音「どうしたのですか、2人とも」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 02:03:39.90 ID:BAxpk9bB0

真美「へっ? だって真美、お姫ちんに嘘を……」

貴音「あのくらいいいのですよ」ニコニコ

真美「う、うん。ホントにごめんね」

貴音「ふふっ」

響「た、貴音、どうしたんだ?」

真美「さぁ……?」

貴音「たとえ伸びてしまっていても、私が大切に食して差し上げましょう」

貴音「そして、これは2つめに。ふふ、ふふふっ」

真美「えっ……お姫ちん手ぶらで下に行ったよね?」

響「どこらか出したんだ……あのカップ麺」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 02:08:03.72 ID:BAxpk9bB0

真美「さあ、お姫ちん釣り第2弾!!」

響「まだやるのか!?」

真美「昨日はカップ麺だったから」

真美「次は、んーっと……普通のラーメンと兄ちゃんとか?」

響「普通のラーメン……」

小鳥「んーっ……はぁ、さあお昼お昼」

律子「今日はどうしましょうか?」

小鳥「貴音ちゃんもいるし、久々にラーメンの出前、頼んじゃいましょう」

貴音「小鳥嬢、真ですか!?」

律子「すごい食いつきね…」

真美「んっふっふ~、出番だよひびきん!」

響「自分が言うのか!?」

真美「ひびきんは犠牲になったのだ」

響「やる前からそれは酷いぞ!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 02:11:49.13 ID:BAxpk9bB0

真美「だって昨日は真美だったし→」

響「もう、今回だけだぞ」

貴音「では、私はこの醤油豚……」

響「貴音ー!」

貴音「どうしました、響」

響「そ、それがさー。プロデューサーがどこか食べに行かないかって」

貴音「!!」

貴音「それはラーメンなのですか!?」

響「さ、さあ、違うんじゃないかな…」アハハ

貴音「……」

真美「おお、お姫ちんが真剣に悩んでる」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 02:15:10.37 ID:BAxpk9bB0

P「ただいま戻りましたー」ガチャ

貴音「あ、あの! あなた様!」

P「お、どうした貴音?」

貴音「その、今日はお昼をご一緒に……」

真美「そしてお姫ちんが選んだのは、またもや兄ちゃん!」

響「うぎゃー!ごめん貴音……自分、嘘ついたさー」

P「昼? ああ、ならどこか食べに行くか」

貴音「は、はい!」

響「って、あれ?」

真美「あー! 兄ちゃん、お姫ちんばっかりずるいよー!!」

P「あ、ああ、すまんすまん。ならみんなで行こうか」

響「じ、自分もいいのか!?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 02:19:27.24 ID:BAxpk9bB0

P「え? そりゃ当たり前だろ?」

響「プロデューサー……」ウルウル

真美「それで、どこ行くの?」

貴音「無論、らぁめんでは……」

響「自分はプロデューサーとならどこでもいいさー」

P「それじゃあ、俺の行きつけのところに行くか」

P「そこならラーメンも定食もあるし」

真美「兄ちゃんの行きつけ!? 行く行くー!!」

響「自分もそこがいいぞ!」

貴音「では、参りましょう」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 02:23:40.01 ID:BAxpk9bB0

P「おい、そんな引っ張るなって! あ、スミマセン、また少し出てきます」

小鳥「あ、はーい。行ってらっしゃい」

小鳥「……あれ?」

律子「……出前どうしましょう」

小鳥「たるき亭にしようかしら……」

律子「そうですね……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 02:27:06.74 ID:BAxpk9bB0

真美「むむ~…お姫ちん、中々手強いね」

響「……」

真美「あれ? ひびきんどうしたの?」

響「やっぱり、自分じゃ敵わないぞ……」

真美「ひびきん……?」

響「貴音は綺麗でスタイル良くて、歌もダンスも上手くて…自分なんかより全然気が利いて…」

響「大好きなラーメンよりもプロデューサーが好きで……」

響「そんなの相手にしたら自分に勝ち目なんて……」グス

真美「うぇっ!? だ、大丈夫だよ……たぶん」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 02:31:51.64 ID:BAxpk9bB0

真美「ひびきんも、お姫ちんに負けないくらい兄ちゃんが好きなんでしょ?」

響「でも……でもっ!」

真美「た、例えばいぬ美達が病気になっちゃって、兄ちゃんも同じ時に病気になっちゃったら」

響「……」

響「……うぅっ…うわぁああああん!」

響「そんなの選べないぞ! っ…いぬ美達は家族だし…自分が居なきゃ……」

響「貴音はプロデューサーを選べたのに……自分はっ……うぐっ…」

響「自分は……プロデューサーを好きになる資格なんてなんだー!!」

真美「い、今のは真美のたとえがダメだったんだよ!」

真美「えっと、あの、その……」アタフタ

P「お前達、さっきから会議室でなにやって……」ガチャ

真美「あっ! に、兄ちゃん今はダメっ……」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 02:35:59.89 ID:BAxpk9bB0

響「っ!! ぷろ……でゅーさー…」

P「え……響、どうしたんだ?」

響「な、なんでもないぞ!」ゴシゴシ

P「い、いやしかし」

響「真美と遊んでたら目にゴミが入っただけだから」

真美「そ……そうだよ兄ちゃん!」

P「ホントに大丈夫なのか?」

響「な、なんくるないさー」

P「悩みがあったらちゃんと相談して……」

響「いいから! プロデューサーは出てって!!!」

P「す、すまん……」バタン

響「……」

響「プロデューサーに泣き顔見られた……」

響「せっかく心配してくれてたのに、自分……っうぅ…」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 02:39:52.30 ID:BAxpk9bB0

真美「ひびきん……え、えっと、真美のハンカチ使う…?」スッ

響「っ…」パシッ

真美「ぁ……」

響「真美のせいだぞ……真美があんな悪戯考えなきゃ……」

真美「ご、ごめんひびきん! 真美もこんなとになるなんて…」

響「わざと…? 真美もプロデューサーが好きだから、自分が邪魔だから!?」

真美「ち、違うよ! 兄ちゃんのことは好きだけど、そういうんじゃなくて」

真美「兄ちゃん! って感じだし、ひびきんのこと邪魔だなんて思うわけ……」

響「もういい! 真美もあっち行って!!」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 02:44:29.16 ID:BAxpk9bB0

真美「ごめんなさい……」

響「真美なんて大嫌いっ!!」

真美「っ……ご、ごめんね、ひびきん。真美、もう行くね」ガチャ

響「……」

響「自分……最低だぞ」

響「真美は悪くないのに……うぅっ…八つ当たりして」

響「大嫌いなんて……自分は…自分は…っ…」

響「っうわぁあああん!」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 02:48:37.10 ID:BAxpk9bB0

真美「はぁ……」パタン

P「真美、やっぱりなにかあったのか?」

P「少し様子を見に行った方が……」

真美「そ、それは止めた方が良いと思うなー!」

P「たが……」

真美「ホントに大丈夫だって言ってるっしょ!」

P「なら、いいんだが……」

真美「えっと、真美、もう帰るね」

P「ああ、気をつけてな」

真美「じゃねー! 兄ちゃん!」

P「おう、お疲れ!」

真美「……」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 02:52:40.47 ID:BAxpk9bB0

小鳥「何かあったんですか?」

P「それが……」

P(いや、俺にも言えないようなことだし、あんまり言いふらさない方がいいか)

P「いえ、特に大したことではありませんよ」

小鳥「はぁ…ならいいんですけど」

P「ええ、ご心配ありがとうございます」

響「は、はいさい……」ガチャ

P「よ、よう」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 02:55:27.16 ID:BAxpk9bB0

響「……真美は?」

P「真美ならもう帰ったよ」

響「そ、そうなのか……なら、自分ももう帰るさー」

P「お、お疲れ。気をつけて帰るんだぞ」

響「それじゃあ、また明日さー」

響「……」

小鳥「ほ、ほんとに大丈夫ですか?」

P「あはは……たぶん」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 02:59:59.00 ID:BAxpk9bB0

真美「おはよー兄ちゃーん!」

P「真美か、おはよう」

P「相変わらず今日も元気……じゃなさそうだな」

真美「えっ? 嫌だなー兄ちゃん、真美はすっごく元気だよー?」

P「嘘つけ、目元が赤くなってるし、声がちょっと嗄れてる」

真美「嘘っ!?」

P「ほんと。それに昨日寝てないんだろ? 隈できてるぞ」

真美「……意外と真美のこと見てるんだね」

P「大事なアイドルだからな」

真美「へ、へぇ~そうなんだ」ドキドキ

P「そうなの……昨日、響と喧嘩でもしたのか?」

真美「うっ……それは…」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 03:28:52.06 ID:zBdY1bJ70

P「したんだな?」

真美「あ、あれは真美が悪かったから……」

P「響には謝ったのか?」

真美「……謝ったけど…」

P「なら、次は俺も一緒に謝ってやるから」

真美「ほんと?」

響「お、おはようだぞ……」ガチャ

真美「……」

響「あ……真美…」

P「ほら、真美」

真美「う……あ、あのさ…」

響「ごめんなさい!!」

響「昨日は自分が悪かったぞ!!」

P「……あれ?」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 03:32:47.69 ID:zBdY1bJ70

響「真美は全然悪くないのに、酷いこと言って…」

真美「ひ、ひびきん、もういいよー」

響「ま、真美……怒ってないのか…?」ウルウル

真美「だ、だって、もともとの原因は真美だから……」

響「そんなことないぞ! 自分が勝手に落ち込んで、勝手に八つ当たりして」

響「真美に嫌われたって文句言えないのに……」

真美「真美がひびきんを嫌ったりしないって!」

響「真美……真美っ…わぁあああん!」

真美「な、泣かないでよー」

響「だって……ぐすっ…うぅっ…」

真美「もう、真美たち親友っしょ!」

響「真美……うん…うん!」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 03:37:08.31 ID:zBdY1bJ70

P「まぁ、仲直りしたみたいでよかったよ」

響「あ、ぷ、プロデューサー」

響「昨日は、その……あんなこと言ってごめんなさい…」

P「大丈夫、気にしてないから」

響「うん……」

P「それと、ごめんな真美、疑ったりして」

真美「ううん、いいの」

P「ありがとう。それで、喧嘩の原因って……」

響「そ、それはだな……えっと」

真美「んっふっふー! それは秘密だよん!」

響「ひ、秘密さー!」

P「秘密!?」

真美「ね→!」

響「ねー!」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 03:41:40.47 ID:zBdY1bJ70

P「……音無さん、俺、信用されてないんでしょうか?」

小鳥「女の子には色々あるんですよ」

P「そうなんですか……」

P「はぁ、とりあえず、外回り行ってきますね」

小鳥「はい。行ってらっしゃい」

響「真美、自分、貴音に負けないくらいプロデューサーにアプローチするさー」

真美「うんうん。その意気だよひびきん」

真美「でも兄ちゃんはあげないからね!」

響「なっ…昨日と言ってることが違うぞ!」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 03:47:13.52 ID:zBdY1bJ70

真美「だ、だって、やっぱり真美も兄ちゃんのこと//」

真美「つまり、今日から真美はひびきんのライバルなのだよ!」

響「うーっ…負けないからな、真美!」

真美「真美だって!」

小鳥「はいはい、内緒話してないでレッスン行ってらっしゃい」

真美「ラジャー!」

響「はいさー」

真美(兄ちゃんは……)

響(絶対に……)

貴音(渡しません……)

おわり





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿