TOP > アイドルマスター > 千早「バストアップ……?」 P「ん?」

千早「バストアップ……?」 P「ん?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20(月) 02:03:21.38 ID:ljxUvDD+0

千早「何でもないですよ」

P「大丈夫か?」

千早「はい……」

P「困ったことがあれば力になるからな」

千早「ありがとうございます」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20(月) 02:08:39.22 ID:ljxUvDD+0

千早「悩みの種が胸のサイズなんて相談してもいいものでしょうか」

美希「千早さん、何か言ったの?」

千早「ううん、何でもない」

千早(私の歌に足りないもの……それは自信。 私が自信がない部分が仕事に影響していたのであれば…)

小鳥「千早ちゃん、悩んでたりするのかな?」

千早「音無さん、別に……」チラッ

小鳥「? 胸の方を見たような?」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20(月) 02:14:47.59 ID:ljxUvDD+0

千早「プロデューサー、相談があります」

P「どうした? 深刻な顔をして」

千早「私の問題を、聞いてもらえますか?」

P「ああ、俺で良ければ聞かせてくれるか?」

千早「私自身もくだらないことで悩んでると思うんです」

P「悩むっていうことは大事な問題なんだろう?」

千早「くっ……」ジワッ


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20(月) 02:19:50.30 ID:ljxUvDD+0

千早「今の私には自信のない部分があるんです」

P「聞かせてもらえるか」

千早「凄く……恥ずかしいんですが」

P「無理に言わなくても良いんだ……」

千早「む、胸が」

P「?」

千早「さ、サイズが……」カァァ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20(月) 02:23:09.17 ID:ljxUvDD+0

千早「胸が大きくなると言うことなので、手伝って欲しいんです!」

P「そうか、そんなことくr……えっ?」

千早「胸を揉むと大きく……なるって」

P「へっ?」

千早「お、お願いします」

P「あっ、そ、そういうのは」

千早「プロデューサーにしかお願いできないんです」

P「」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20(月) 02:26:28.71 ID:ljxUvDD+0

P「じゃあ、あっち向いてて」

千早「はい」

P「しかしだな」

千早「でも、ネットで見たんです。 胸を……揉む、刺激すると大きくなるって」

P「それなら小鳥さんや……」

千早「それが……なんだか条件があって」

P「うん」

千早「性的に気持ちよいくないとだめだとか……」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20(月) 02:31:15.71 ID:ljxUvDD+0

千早「お願いします」

P「……」スー、ハー

千早「私に自信を下さい」

Pが脇の下から手を差し入れると、千早の体がピクリと反応する。
指先が脇に少し触れた瞬間、背筋からゾクゾクとした感覚が千早の脳髄へと抜けていった。

P「いくぞ」

千早「は……い」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20(月) 02:35:01.90 ID:ljxUvDD+0

千早「っ……ふぅん……」

P「痛かったら言ってくれ」

千早「い、っいえだ……大丈夫です」

P(こ、これはまずい)コリコリ

千早「……ぁぁぁっ」

P「きょ、今日はこの辺にしておく」

千早「はい……ありがとうございました」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20(月) 02:42:45.61 ID:ljxUvDD+0

千早「今日もこんなに遅いのに……すみません」

P「……」スッ

千早「んっ」ピクッ

P(しかしこの生殺しは厳しい)モミモミ

千早「くっ……私、耐えてみせます」ブルッ

P「良いにおいがするな……」フニフニ

千早「~~~~ッ」

…………

千早「すみません、プロデューサー。 きょうもありがとうございました」ペコッ


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20(月) 02:49:19.65 ID:ljxUvDD+0

P(最近の千早の悩みとは真逆なようで、アイドル活動はとても調子が良い)

P(以前あった表情のこわばりや、冷たいイメージになりそうな表情は消えている)

P(そして自信のなさそうな表情をしなくなった)

千早「……ロデューサー、プロデューサー」

P「っ! どうした?」

千早「今日も、あの、お願いしたいのですが」

P「……分かった」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20(月) 02:53:56.96 ID:ljxUvDD+0

千早「今日はちょっとお願いがあります」

P「ああ」

千早「雑誌で読んだのですが、今日はプロデューサーの臭いを嗅いでみたいんです」

P「えっ」

千早「……」カァァ

P「わ、わかった」

千早「椅子に座って貰って良いですか?」

P「はい」ガタッ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20(月) 02:59:36.66 ID:ljxUvDD+0

千早「じゃあ、揉んで下さい」

P「では」スッ

千早「んっ……プロデューサーのにおっ」スー、ハー

P「」

千早「プロデューサーの脚、ごつごつしてて……」スリスリ

P「まずい」

千早「ふぅ……っっ!」コシ……コシ……」

P「」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20(月) 03:05:29.36 ID:ljxUvDD+0

千早「今日もありがとうございました」ギュッ

P「す、すまん千早」

千早「……なんでしょうか」ハァハァ

P「ちょっとトイレに行きたい」

千早「あ、すみません」バッ


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20(月) 03:10:46.26 ID:ljxUvDD+0

P「千早、待たせたな」

千早「いつも送ってもらってすみません」ニコッ

P「! べ、別に大丈夫だ」

千早「プロデューサー、おなかでも痛いんですか? 前かがみで苦しそう」スッ

P「だ、大丈夫だから触らないで欲しい」

千早「苦しかったら、いってくださいね」ギュッ

P「うっ……ああ」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20(月) 03:28:15.10 ID:ljxUvDD+0

千早「小鳥さん、最近おかしいんです」

小鳥「調子が良さそうに見えるけど」

千早「考え事をしてしまうことがあります」

小鳥「プロデューサーさん?」

千早「私を見てくれているのでしょうか?」

小鳥「大丈夫。 誰よりも千早ちゃんのことを見ているわ」

千早「そうだと嬉しいのですが」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20(月) 03:44:46.57 ID:ljxUvDD+0

千早(プロデューサーはこんな私をどう思ってくれているんだろう)

千早「プロデューサーの為に、もっと頑張らないといけないよね」

千早「もっと、プロデューサーに必要としてもらえるなら」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20(月) 03:52:19.43 ID:ljxUvDD+0

千早「気が付いたら、私自身のコンプレックスなんて忘れていた」

千早「もっと、プロデューサーと気持ちを、体さえも1つにできれば」

おわる



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿