TOP > アイドルマスター > P「pが演劇の主役に!?」雪歩「はい!」

P「pが演劇の主役に!?」雪歩「はい!」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 02:31:54.29 ID:QAiblC85O

先生「それでは今度の学芸会でお姫さま役をやりたい人」

シーン

先生「誰もいないの?」

女子1「pちゃんかわいいから出なよ」

p「ひゃっ…む、無理だよぉ」

女子2「あたしもpちゃんのおひめさま見たーい」

p「あぅ」

先生「確かにpちゃんには華があるわね、どう?やってみる?」

p「うぅ…はい…pなんかでよければ…」

先生「よかったわ、じゃあ王子様役やりたい人」

男共「はいはいはいはいはいはい!!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 02:39:23.41 ID:QAiblC85O

p「…ただいま」ガチャ

雪歩「おかえりpちゃん、今日はどうだった?」

p「…はぅ」

雪歩「どうしたの?」

p「ぴ…p…おひめさま役になっちゃった…」ペラッ

雪歩「ふえ?…○○小学校学芸会招待状…」

雪歩「主役…わあ、本当ですぅ♪」

p「ど、どうしよう…」

雪歩「pちゃん?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 02:49:16.47 ID:QAiblC85O

雪歩「…そっか、pちゃんもママと同じで恥ずかしがり屋さんだもんね」

p「うん…きっと上手にできなくてみんなに迷惑かけちゃう」

雪歩「pちゃんはやりたくないの?」

p「…ちょっとだけ、やってみたい…おひめさま」

雪歩「なら、頑張ってみよう?」

p「pにできるかな?」

雪歩「うん!かけっこも今はクラスで一番速くなったんだもん、pちゃんなら大丈夫」

p「…p、がんばってみる!」




P「2人ともそろそろ俺の帰宅に気づいて欲しいかなって」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 02:55:55.55 ID:QAiblC85O

P「えへっ…えへへ…うへへ…」

律子「うわぁ」

響「キモいぞ…」

伊織「プロデューサーに何があったのかしら…?」

春香「pちゃんが今度学芸会で主役をやるんだって」

伊織「はあっ!?アイツなんで私たちに黙ってんのよ!」

貴音「pは私たちにとっても家族同然…」

真美「水臭いっしょ→!」

亜美「そーだそーだ→!」

千早「学芸会の為に買った一眼レフ…これでpちゃんを…ふふふ」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 03:05:20.93 ID:QAiblC85O

小鳥「pちゃん、今度劇にでるんですか?」

P「えへへっそうなんですよ~」

律子「へえ、何の役なんですか?」

P「お姫さま♪」

やよい「じゃー主役なんですねー?すごいですー!」

黒井「なにぃーーーっ!!?」バターン

高木「ちょっと黒井…ドアを壊さんでくれよ?」

黒井「どこのどいつだ961プロの未来の妖精を劇団に引き抜こうとしてるのはぁッ」

P「いや、学校の学芸会で…」

黒井「なんだ驚かせるなまったく…高木、茶の続きだ」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 03:15:12.11 ID:QAiblC85O

黒井「ついでに貴様、その学芸会に私も呼ぶんだろうな?」

P「まあ、席があれば」

黒井「クックック…世界はその演劇で知ることになるだろう」

黒井「pとこの961プロの力をな!ハッハッハッハッ」バタン

春香「早く見たいなぁ~pちゃんの演劇♪」

美希「楽しみなのー!」

P「ああ、お前たちが来てくれればpももっと頑張れると思う」

伊織「ま、呼ばれなくったって行くから安心なさい」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 03:30:43.39 ID:QAiblC85O

雪歩「よぉし、pちゃんに元気が出るものたくさん作ってあげなきゃ!」

「セールだセールだ」

「ヒャッハーどけどけぇ主婦様のお通りだぁ」

「そのシイタケはあたいんだよ!!」

「黙れ小僧!!」



雪歩「え、ええい!」

「どけぇ!小娘ぇっ!!」ズオオ

雪歩「ひ、ひゃうぅっ!?」

「たわばぁっ」

舞「大丈夫?」

雪歩「あっ…はい…」

舞「ここのセールってなんか殺伐としてるわね~」

「し、主婦王だ…」

「主婦王が!主婦王がでたぞー!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 03:37:17.91 ID:QAiblC85O

p「しょ…しょれなら、私をお城まで…つ、連れて行ってくれませんか?」

雪歩「…」

P「…」

p「はぅっ」

P「だ、大丈夫!まだ慣れてないだけだよ!」

雪歩「pちゃん、緊張しちゃったんだよね?」

p「うん…」

p「お客さん2人でも緊張しちゃうのに…やっぱりpじゃ…」

雪歩「大丈夫、まだ時間もあるし自分のペースでいいんだよ?」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 03:47:21.47 ID:QAiblC85O

p「ママ、なにしてるの?」

雪歩「お洗濯もの畳んでるんだよ?」パタパタ

p「pもお手伝いする!」

雪歩「えへへ、ありがとうpちゃん」パタパタ

p「よいしょよいしょ」ワシャワシャ

雪歩「…ふふっ」パタパタ

p「よいしょ…よいしょ…」クシャクシャ

P「おやっ…?お手伝いしてるのかp」

p「うん!畳んだの!」グチャ

P「そっかぁ、偉いなぁpは…パパもお手伝いしようかな」パタパタ

p「?…パパ、それpが畳んだよ?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 03:56:54.53 ID:QAiblC85O

雪歩「はぁ…はぁ…ちょっと買いすぎちゃったかな…」

P「よっと」

雪歩「はうっ…Pさん!?」

P「帰りにちょうど雪歩を見つけたからさ」

雪歩「えへへ…すみません」

P「ん?これくらい気にするなよ」

雪歩「pちゃん、演劇の練習毎日頑張ってますね」

P「今日も少し学校で居残って練習するってな」

雪歩「頑張り屋ですよね」

P「ああ、雪歩譲りの頑張り屋だ」

雪歩「そう…ですか?」

P「もちろん!雪歩のいいところ、たくさん受け継いでると思うぞ」

雪歩「えへへ、そうだといいな」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 04:08:41.00 ID:QAiblC85O

p「はう…やっぱり緊張しちゃうよ」

P「うーむ、何かいい手があるといいんだが」

雪歩「私も、教えてあげられる所は教えてあげてるんですけど…」

P「演技自体はすごく上達したよな、すごいぞ雪歩!」

雪歩「えへへ♪」

P「後はあがり症だよなぁ…」

雪歩「もっと人が居れば変わるのかな?」

P「うーむ、しかしそうそう人を集めるなんて…」

春香『えーっ私がNo.1ヒロインですかー?初耳ですーのヮの』

雪歩「あっ、テレビに春香ちゃんが映ってます」

P「そうか…この手があった!」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 04:17:18.68 ID:QAiblC85O

美希「お邪魔しますなのー!」

伊織「邪魔するわよ」

春香「こんにちはー」

P「すまん、忙しいのに集まってくれてありがとう」

春香「全然大丈夫です!」

美希「ミキはお泊まりの準備もしてきたの!あはっ☆」

伊織「この伊織ちゃんが来たんだから、今日と明日でpを立派な役者にしてあげるわ」

p「お姉ちゃんたちだー!」

P「ふっふっふ、そう、俺たちの秘密兵器だ!」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 04:26:48.69 ID:QAiblC85O

美希「ミキ的にはねー、もうちょっと衣装を凝った方がいいの」

P「ほうほう」

美希「じゃん、どう?プロデューサー」

P「なるほど!着こなしだけで同じ衣装とは思えんほど可愛らしくなった!」

美希「ほら、pも見てみて?」

p「わあっ…pじゃないみたい♪」

美希「えへへ、もっと可愛くなったよ!」ギュー

P「自分に自信を持てばpも少しは人前に出ても緊張しなくなるかもな」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 04:35:10.18 ID:QAiblC85O

伊織「いい?会場を落とすのは存在感よ!」

p「そんざいかん?」

伊織「そう、そういう意味じゃpはいいものを持ってるわ」

伊織「母親譲りの高viがあるからアピールはviを押し出す形にしたほうがいいわね」

p「ふぇ…難しいよぉ」

伊織「かといってアピールし過ぎて観客の興味レートを削がないように細心の注意を払いなさい」

p「う、うぅ…がんばる」

伊織「下がりきったら思い出発動よ!」

雪歩「なつかしいなぁ」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 04:46:51.68 ID:QAiblC85O

春香「うーん、私からは特に教えられることはないかなぁ」

P「そうか、でも来てくれただけで嬉しいよ」

春香「あっそうだ、この劇の最後に歌うところで」

春香「1、2、3ヴァイッのヴァイッの部分に魂をのせt」
P「ありがとう春香勉強になったよ」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 04:58:29.38 ID:QAiblC85O

風呂場

春香「pちゃん洗いっこしようか?」

p「やるー!」

伊織「はぁー…あんたたちと比べちゃいけないのはわかってるけど、やっぱり気になるわね…」

美希「デコちゃんそこぜーんぜん育ってないもんね」

雪歩「あぅ…わ、私だってひんにゅーのちんちくりんだし…」

伊織「あんたが貧乳だったら私のは一体なんなのよ…」

春香「えーいくすぐっちゃうぞー」

p「きゃーっ…えへへ」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 09:27:52.20 ID:QAiblC85O

p「すーすー」

雪歩「寝ちゃったね」

春香「えへへ、かわいいなぁ」プニプニ

伊織「さてと、pは寝ちゃったし」

美希「雪歩のおノロケを聞かせるの!」

雪歩「え、ええっ!?」

春香「あっ、それ聞きたいな」

雪歩「はうっ!む、無理無理!無理だよぉ」

伊織「ほうほう、聞かせられないくらいアダルティな内容なのね」

雪歩「ふ、ふえっ!?」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 09:40:23.27 ID:QAiblC85O

雪歩「う…うぅ…それでね、私が痛がってるのかなって思ったのかな…」

春香「う…うんうん」

雪歩「なでなでしながら…『いたいのいたいの飛んでけ』ってしてくれたの…」

雪歩「飛んでく訳ないのにね、えへへ」

伊織「でもあんたはそれで我慢できちゃったと」

雪歩「はうっ…だ、だって…嬉しくて…」

伊織「その惚け顔でわかるわよ、にひひっ」

美希「次は結婚式のおノロケ話をするの!」

雪歩「も、もう…恥ずかしくて無理だよぉ…」

春香「ホントはちょっとプロデューサーさん自慢が出来て嬉しいクセにー♪」

キャッキャッ



P「楽しそうだなぁ…」

P「ええ、別室ですよ…別室」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 09:47:51.96 ID:QAiblC85O

伊織「教えられることはすべて教えたわ!」

美希「pなら大丈夫なの」

春香「見に行くから頑張ってね!」

p「うんっ!」

美希「んーっでもpと離れるの辛いよーっ」ギュースリスリ

P「こらこら毎回言ってるだろそれ」

美希「pが可愛すぎるから仕方ないの!」

春香「じゃあね、pちゃん」

伊織「演劇、楽しみにしてるわよ」

雪歩「pちゃんもお姉ちゃんたちにさようならは?」

p「またねーっ、お姉ちゃんたち」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 09:54:22.85 ID:QAiblC85O

P「もうちょっとだな、学芸会まで」

雪歩「pちゃんなら大丈夫だよね?」

p「うん、みんなに教えてもらったからがんばる!」

雪歩「お父さん譲りですよね」

P「ん?何が?」

雪歩「pちゃんの熱血な所です、そっくりですよ『プロデューサー』」

P「おふ…懐かしいなその呼ばれ方」

雪歩「えへへ」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 10:03:40.78 ID:QAiblC85O

雪歩「よぉし、今日はカツを食べさせてあげるからね…pちゃん!」

P「雪歩…生きて帰ってこいよ…」

雪歩「はい、行ってきます…」

雪歩「戦場(セール)へ!!」

「こんな値段鼻紙にもなりゃしねえっ!」

「そのエリンギはあたいんだよ!」

「黙れ小僧!」

舞「えいっえいっ」

「ぬわーっ」

「ぎょえーっ」

舞「これストレス解消に最高♪」

愛「ママ!?ママ!!?」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 10:10:17.85 ID:QAiblC85O

雪歩「えへへ、たくさん買えたね」

p「うん!」

P「結婚したての頃は『絶対無理ですぅ!』って言ってセールの時は俺が買い物に行ってたなぁ」

雪歩「最近やっと慣れてきたんです」

P「さあ、美味しいご飯が待ってるぞ!家まで競争!」

p「あ、待ってよー」

P「はっはっはっ!追いついてごらん」デッデッデッ

p「追いついた!」

P「なん…だと…?」

雪歩「pちゃんかけっこ得意だもんね?」

p「うん!」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 10:17:11.26 ID:QAiblC85O

P「ほいほいっと」トントン

p「わあ…キャベツいっぱい」

雪歩「野菜もいっぱい採らないとね」パチパチパチパチ

p「いっぱい油飛んでる…ママ熱くない?」

雪歩「大丈夫だよ、美味しいの作るから待っててね」

p「pお皿に盛りつけする!」

P「みんなで料理、楽しいなぁ」

雪歩「そうですね、えへへ」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 10:35:02.76 ID:QAiblC85O

P「頂きます」

雪歩「いただきます」

p「いただきます!」

雪歩「えへへ、どう?」
p「サクサクしてる!」

P「おお!これは美味!」

雪歩「盛りつけもきれいだね」

p「えへへ」

P「キャベツも!キャベツも誉めて!」

p「キャベツも美味しいっ」

雪歩「シャキシャキですぅ」

P「だろう?お父さんも頑張ったぞー!」

雪歩「えらいえらい」ナデナデ

p「えらいえらい」ナデナデ


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 10:44:09.94 ID:QAiblC85O

学芸会当日

社長「いやースケジュール調整が上手くいって良かったよ」

小鳥「そうですね」

律子「早く見たいですね、pの晴れ姿」

P「うむ」

雪歩「楽しみですぅ」

春香「千早ちゃん…そのバズーカのようなものは…?」

千早「この日の為に買ったカメラで撮りまくるわ」

黒井「今日は876のやつらはいないのか?」

高木「彼女たちは残念ながら予定が合わなかったみたいだよ」

黒井「珍しいではないか…ククク、後で自慢してやろう」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 10:51:42.37 ID:QAiblC85O

「それでは、演劇を始めまたいと思います」

春香「あっ…始まるよ」

貴音「pはどちらにいらっしゃるのですか?」

P「あそこだな」

真「さっすがお父さん」

雪歩「はうっ…後ろの方の席だから見えにくいですね」

P「まあこれだけの大所帯を入れてくれただけラッキーさ」

雪歩「お父さんは来れそうですか?」

P「さっきメールきた」

P「職質中らしい」

雪歩「はうっ…やっぱり」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 11:09:50.57 ID:QAiblC85O

p「それでは私をお城まで連れて行ってください」

ワーパチパチパチパチ



黒井「うむ、やはり演劇は生で観るに限るな」

社長「いい演劇だったね」

P「ええ!コレがライブだったら二回アンコールが来るレベルのハコユレですよ!!」

伊織「私プロデューサーになろうかしら」

律子「どうしたのいきなり?」

美希「これでpはますます学校で男子たちのアイドルだねー」

真美「早速口説かれてるっしょ→」

P「何ぃ!小学生でお付き合いなんてパパはゆるさんぞぉっ!」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 11:18:38.46 ID:QAiblC85O

社長「それじゃあ我々はこっちだから」

P「はい!今日はありがとうございました!!」

P「それにしてもpはよく頑張ったな、よしよし」

p「えへへ」

雪歩「可愛かったよ、pちゃんのお姫さま」

P「三人で手を繋いで帰るのもたまにはいいな」

雪歩「そうですね…えへへ」

P「いやー今日はいい日だ!よし、お祝いにケーキを買おう!」

p「わあいケーキ!」

雪歩「わあいですぅ」

P「よーし、家まで競争だ!」



先生「学芸会ですか?もう終わりましたけど」

雪歩父「…」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 11:20:23.36 ID:QAiblC85O

おちまい
寝オチすまんかったです
ありがとう





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿