TOP > アイドルマスター > P「貴音の誕生日なのすっかり忘れてた」

P「貴音の誕生日なのすっかり忘れてた」

2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 00:02:06.77 ID:GiHPDEYNo

P「…………」カタタタタタタ

響「どうだ?」

春香「良い感じだね響ちゃんはやっぱり完璧だね」

響「へへへーだろ?」

春香「強いて言うならもうリボンのバランスをもうちょっと整えるといいかな」

響「うーでもやるしかないか」

P「春香」

春香「なんですか?」

P「そのラッピングって誰かにプレゼントするのか?」

春香「え?」

響「え?」

P「ん?」


4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 00:05:06.48 ID:GiHPDEYNo

春香「…………プロデューサーさん、何の日か覚えてないんですか?」

P「今日だろ」

響「今日はとっても大事な日なんだぞ!!」

P「…………あ! 思い出した!!」パンッ

P「今日、レンタル返す日じゃん!!」

響「…………」

春香「…………」

P「てんきゅ」

響「プロデューサー……周り見てみなよ」

P「ん?」


5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 00:12:01.02 ID:GiHPDEYNo

千早「似合うかしら?」

美希「ペンダントなら似合っていると思うの」

雪歩「どうかな? 私なりにブレンドしてみたんだけど」

真「美味しい」

あずさ「やっぱり日本酒よねぇ~」

小鳥「じゃあ私はビール」

真美「ま、こんなもんっしょ」

亜美「りっちゃんDo-Yo?」

律子「……なにこれ?」

真美「人物像」

律子「ダメね。良い、私が下絵を描くから塗るのよ」

真美「りっちゃんできんのー?」

亜美「出来ないに800ペソ」


6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 00:12:28.31 ID:GiHPDEYNo

P「…………そーいや朝っぱらからみんな早く来て何してんの?」

春香「誰が来てませんか?」

P「貴音と社長か」

響「そうだな。それで何してるように見える?」

P「宴会?」

春香「違いますよ! プレゼントですよ、プレゼント!」

響「そうだぞ! 今日は貴音の誕生日なんだぞ!」

P「え? 嘘」

春香「嘘だったらこんなことしてないですって……やよいと伊織が今料理作ってるんですよ」

P「え? 今度のテレビに向けてじゃないのかよ」

響「まさか。自分、正直びっくりだぞ」

春香「朝からパソコンに向かってるからてっきりプレゼントでも見てるかと思ったのに……」


7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 00:27:44.42 ID:GiHPDEYNo

P「てか、この誕生日会的なのはいつからやるって決めたの?」

春香「昨日の夜、響ちゃんが一斉送信。私も忘れてました」テヘペロ

P「は? てか俺に着てないぞ?」

響「……プ、プロデューサーは知ってると思ってたから……」

P「どっちにしろやべえよ……どうしよ……俺昨日タクシーで贅沢しちゃったからお金ないわ」

響「何やってるんだよ」

P「響に言われたかねーよ!」

春香「とーにーかーく! 早く何か買ってきてくださいよ! 11時までなんとか来させないようにしてるんですよ!!」

P「どうやって?」

響「社長が餌持って連れ回している。ほら、最近ドラマで兄と歳離れてる妹役やっていて疲れてるカラーって」

P「社長のプレゼントはドラマで使われたお店……つまり朝からラーメンか。社長生きてるかな」


8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 00:28:11.42 ID:GiHPDEYNo

春香「まさかプロデューサーさんが何にもやってないなんて……貴音さんガッカリしますよ」

響「最悪アイドルやめちゃうぞ」

P「待て待て、それくらいでやめるようなメンタル弱いわけないぞ」

春香「例えば、先月冬のボーナスありましたよね」

P「あーうん」

響「もし、社長が給料ごと忘れてたって言ったらどうする?」

P「辞めるわ」

春香「それと同じことですよ」

P「…………やべぇな」

響「貴音は1番にプロデューサーのプレゼントを楽しみにしてると思うぞー」

P「……俺の愛じゃダメ?」

春香「イメージ入りまーす」

響「おっけー」

P「イメージって」

春香「多分こうなります」


9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 00:33:51.21 ID:GiHPDEYNo

~イメージ~

みんな『誕生日おめでとー』

貴音『ありがとうございます』

P『貴音!』

貴音『あなた様』

P『これが! 俺からのプレゼントだ!』バッ


AA


~イメージ終了~


10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 00:41:06.85 ID:GiHPDEYNo

P「なんつーイメージだ」

響「せめて律子たちみたいに絵とか描こうよ」

P「まだ時間あるからちょっくら用意するか……音無さんスミマセンちょっと」

小鳥「ヴぇ? なぁにぃ~?」

P「こいつ、酔ってやがるぜ」

春香「あ、そうそう。この誕生日会の参加費3000円です」

P「え?」


11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 00:42:20.40 ID:GiHPDEYNo

11時頃

貴音「遅くなりました。おはようパンッ

「「「「誕生日おめでとう!!」」」」

貴音「なんと?」

響「誕生日おめでとう貴音」

貴音「響」

美希「おめでとうなの」スッ

千早「朝一で美希と似合いそうなのを選んできたわ」

貴音「2人とも、ありがとうございます」ニコッ

美希「お店がやってなかったり、混んでたりで大変だったの」

伊織「はいはい、プレゼントはあとにして! せっかくやよいと作った料理が冷めちゃうでしょ」

P「…………な、なあ春香のプレゼントって?」ヒソヒソ

春香「私はこの後の誕生日ケーキです」ヒソヒソ

P「……響は何あげたの?」ヒソヒソ

響「自分は編み物だぞ。ラッピングは普段お菓子を持ってくる春香に習ってたんだぞ」ヒソヒソ

P「良いなぁ」


12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 01:11:20.61 ID:GiHPDEYNo

春香「結局プロデューサーさんは何にしたんですか?」

P「あとでね。渡そうかと思ってね」

響「今渡しちゃえばいいのにおーいたかねー! プロデューサーがプレゼントーだってさー」ブンブン

貴音「なんと! あなた様まで!」

P「いやー貴音、まだ食べててもいいんだぞ」

貴音「いえ、あなた様からぷれぜんとを頂けると響が仰っていたもので、すぐに駆けつけました」

P「あ、ああ、そうなのははは。え、えーとすまん」

春香「え?」

P「考えたけどこれしか浮かばなかったんだすまない!」スッ

貴音「これは……『誕生日終わるまで兄貴になってあげる券』ですか」

春香「こいつはひでえ」

貴音「お兄様ですか」

P「ほら、貴音の今出てるドラマの兄って意地悪じゃん。だから、優しいお兄さん役でもやってやろうじゃないかってわけ」


13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 01:11:55.36 ID:GiHPDEYNo

なんとか書き溜めが終わったぜ


響「ヒドスギ」

美希「いくらハニーでもあり得ないの」

律子「響、貴女も少しは責任あるんだからね。ちゃんと連絡してないからこ~んな酷いプレゼントになったんだから」

響「ええ~」

やよい「私はありかなーって」

伊織「まあ、確かにあのドラマの兄貴は私の兄みたいに酷い兄貴よね」

あずさ「小鳥さんもう一杯」

小鳥「はいどうぞ」

あずさ「おっとっと…」ズズー

P「ダメなら夜までに違うの用意しておくから待ってて」

貴音「いえ、あなた様から貰ったぷれぜんとを捨てるなんて滅相もございません」

P「たかねぇ…」ジーン


14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 01:12:24.32 ID:GiHPDEYNo

貴音「で、ではその……あなた様のことをなんとお呼びすれば……」

真美「そりゃ兄ちゃんっしょ」

亜美「んにゃ、さっき言ったお兄様でもいいんじゃな→い」

P「いつの間に来た」

真美「何やら面白そうな話を聞きつけたので」

亜美「ゆきぴょんのお茶地獄はコリゴリ」

P「まあ呼び方は好きにしてくれ」

貴音「ふむ。好きな呼称で良いと」

春香「あれですね。クソアニキって呼んで欲しいですね」

響「にぃ……いや、なんでもない!」

P「ま、そゆことで俺伊織の焦がしたグラタン食うから」

伊織「焦がしてない!」

貴音「……ではお兄ちゃんとかどうでしょうか?」

P「何っ!?」

春香「これは大穴でしたね」

響「良いのか貴音? それで?」

貴音「お兄ちゃん?」


15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 01:12:58.94 ID:GiHPDEYNo

P「……こほん」

P「どうした?」

貴音「わたくしを遊びに連れて行って欲しいの」

P「どこに行くかによるな」

貴音「えと……わたくしはその……二十郎に行きたいのですが……」

P「まだ食べるのか……まあいっか……よし、行こう。てことで行ってくるわ」

春香「吐かないでくださいね」

P「多分な」

貴音「お兄ちゃん早くしてください」

P「はいはい。それじゃ、夜までに帰ってきたい」

ガチャバタン


16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 01:13:35.33 ID:GiHPDEYNo

貴音「やっと二人になれましたねお兄ちゃん」

P「あれ? 病んでね?」

貴音「難しいですね。やはり呼称だけでは厳しいのでしょうか?」

P「まあ。キャラってのは難しいからな。お兄ちゃんならその堅苦しい言葉遣いをやめればいいんじゃない?」

貴音「と、すると」

P「お兄ちゃんなら春香みたいな感じ」

貴音「春香ですか……こう…ですか?」

P「まだわからんけどさて、二十郎行こうか」

貴音「……あ、あのお兄ちゃん?」

P「どうした?」

貴音「わたくし、今日は二十郎じゃなくて他のところに連れて行って欲しいな」ギュッ

P「なっ!?」ドキッ

貴音「お・ね・が・い♪」

P「……い、妹の頼みだからな。どこ行きたいよ」

貴音「……ドラマで行った水族館が良いの」

P「水族館か……ここからだと少し時間かかるけどいいか?」

貴音「大丈夫です」

P「よし、すぐに行こう」


17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 01:14:13.90 ID:GiHPDEYNo

てことで水族館(現在14時頃)

P(2人で結構持ってかれたな)

貴音「わぁぁ」キラキラ

P「食うなよ」

貴音「そ、そんなことしません! お兄ちゃんは意地悪です」ツーン

P「す、すまん。アイス買ってきてやるから機嫌よくしてくれ」

貴音「アイスで釣ろうなんてお兄ちゃん……わたしはそうはいきませんよ」

P「まあ見てみろよ。ほれ、いろんな味あるぞ」

貴音「……」ジー

P「でも、貴音がアイスで釣られないっていうもんだからしゃーないよね。すみません、バニラといちごとチョコアイスください。三段積みで」

貴音「!」

P「どうも……へへへ、頂きまー「あむっ」パクリ

P「……」

貴音「中々……美味ですね」

P「何食べてるのよ」

貴音「お兄ちゃん頂戴!」

P「はいよ」

貴音「ありがとう」ニコッ

P「このギャップやべぇぞ」


18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 01:15:21.29 ID:GiHPDEYNo

貴音「お兄ちゃん、わたしあれ欲しい!」ビシッ

P「どれどれ……サメのぬいぐるみか……このサメのぬいぐるみは確かドラマでの」

貴音「はい。わたしが初めて買って貰ったぬいぐるみです」

P「これ……欲しいの?」

貴音「……欲しくないと言えば嘘になります。このぬいぐるみはお兄様から初めて買って貰ったぬいぐるみ。……少し妹役に熱が入っているかもしれません」

P「まあまあ。欲しければ買ってやるさ。大事にしてやってよ」

貴音「ありがとう、お兄ちゃん」

P「誕生日だからな」

貴音「ふふふ」

P「どうした?」

貴音「どうやらこのぬいぐるみがあなた様からのぷれぜんとですね」

P「いや、まだ時間はあるし……」

貴音「いえ、わたくしはもう満足です。ぷれぜんとは」

P「???」

貴音「まだ時間もあるので、もう少しわたしのお兄ちゃんとして傍にいてね」ニッコリ

P「はいっ! 畏まりました」


19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 01:16:42.80 ID:GiHPDEYNo

夕方(17時頃)

貴音「お兄ちゃん早く!」グイグイ

P「待てよ。ここには心の準備がな」

貴音「わたしも付いてるから平気だよっ☆」

P「もうちょい待て」

貴音「だーめ」グイー

店主「イラッシャイマセー」

貴音「食券は大ぶたダブルでいーい?」

P「小ラーメンにして」

貴音「いけず」ピッピッ

ガタガタ

店主「お客さん、ニンニクは?」

貴音「ニンチョモヤサイマシマシカラメアブラブラ」

P「ましまし」

店主「あいよ」

――――――
―――――
――――
―――
――


20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 01:17:45.29 ID:GiHPDEYNo

店主「ありがとうございましたー」

P「ういー久々に結構来たなぁ」

貴音「じゃあ次の二十郎に行こっか」

P「は?」

貴音「わたし、まだお腹3分なの」

P「まて、落ち着こう可愛い妹よ。俺はもうお腹一杯なんだが」

貴音「お兄ちゃんはこういう言葉を知ってる?」

貴音「美味しい食べ物は別腹」

P「」

貴音「さ、次々♪」ズルズル

P「うわぁぁぁぁああああああああ」ズリズリ


21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 01:18:11.60 ID:GiHPDEYNo

事務所・21時頃

P「戻ってきて……誰もいない」

貴音「さて、残りの3時間は最後のお願いを聞いてもらっても良いかな?」

P「あーお金がかかること以外でね」

貴音「じゃあ、その……時間まで傍にいて欲しいな」

P「ああ。それくらいならいいよ。他は?」

貴音「ただね、ただ……傍にいるだけでいいの」

貴音「そしたらわたしも元に戻るから……最後のお願い……ね」

P「ああ、妹のお願いくらいかなえてやるさ」

貴音「ちょっとお腹空いたね」

P「……飯あるな。昼の残り」

貴音「お酒もある」

P「……飲む?」

貴音「送ってってね」

P「徒歩ならな」ガチャガチャ


22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 01:19:39.24 ID:GiHPDEYNo

P「かんぱーい」
貴音「かんぱーい」

P「……あんまり飲めねぇ」

貴音「んっん…」ゴクゴク

P「ペース速いって」

貴音「ふふふ。誕生日だからいいんだよ」

P「そりゃそっか。で、今日は楽しかった?」

貴音「……はい。しかし、響たちには悪いことをしました。お昼だけしか会っていないので」

P「その分明日付き合ってやれよ」

貴音「あと……そうです。みなのプレゼントをしっかりと見なければ」

P「あーそう言えば美希と千早のプレゼント凄そうだったな」

貴音「そうですね」ガサガサ


23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 01:20:13.12 ID:GiHPDEYNo

23時45分頃

P「さて、今日は忙しかっただろうけど。貴音よ、改めて楽しかったか?」

貴音「ええ、とても」

P「そりゃよかった。明日ちゃんとお礼言えよ。俺も言うけど」

貴音「……ふと、ドラマの妹役について思ったのです」

P「うん?」

貴音「何故、あの妹はお兄様が好きなのでしょうか?」

P「まー確かに酷い目に遭ってるけどさ、やっぱり家族だからでしょ」

貴音「家族……」

P「死んだときにわかるぞ。家族の大切さって」

貴音「そうなのですか……では、お兄ちゃん」

P「ん?」

貴音「誕生日が過ぎてもわたしは妹として甘えてもいいかな?」

P「歓迎よ」

貴音「ありがとう。お兄ちゃん」


24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 01:20:52.42 ID:GiHPDEYNo

24時過ぎ


P「さて、誕生日は終わりだ」

貴音「……楽しい時間ほど過ぎるのはあっという間だね」

P「さーて、帰るか。ちゃんと口調直せよ」

貴音「わたし、頑張るね」


次の日

貴音「お兄ちゃん口調が直らないの」

P「なんでだよ」


おわりってことで


25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 01:23:14.50 ID:GiHPDEYNo

書き溜めてたんだと
話の内容は昨日考えた即興だから拙い話でごめんね
遅れたけど貴音誕生日おめでとう
TBS限定の貴音のミラーボード買いたい
失礼しました





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿