TOP > ミリオンライブ! > 紬「あなたは私のことを愛しているのではなかったのですか!?」

紬「あなたは私のことを愛しているのではなかったのですか!?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 02:59:39.89 ID:1E1nahyP0

紬「はぁ、はぁ…」

エミリー「紬さん! すごい…最高のライブでした!」

紬「エミリーさん…」

歩「いいや、これは最高と言うより…えーと、えーと…うん! 最高のライブだった!」

紬「歩さん…ありがとうございます…うち、うち…」

P「紬! 最高のライブだったな!」

紬「これが最高…つまり私にはこれ以上の出来は望めないと言いたいのですか?」

P「なんなん?」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 03:00:35.31 ID:1E1nahyP0

〜765プロLIVE劇場〜

P「はぁ…」

小鳥「プロデューサーさん」ヒョコッ

P「あれ、小鳥さん。こっちで会うなんて珍しいですね」

小鳥「ふふっ。ちょっと劇場の方が気になって、様子を見に来ちゃいました」

P「そうなんですか、ありがとうございます。最近なかなか会う機会がなかったので嬉…」

小鳥「それより、どうしたんですか? 大きなため息ついて」

P「ああ、実は紬のことなんですが…」

小鳥「紬ちゃんですか?」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 03:02:11.75 ID:1E1nahyP0

P「なんと言うか、俺の言ったことに対して穿った見方をしてくると言うか…」

小鳥「どんな感じにですか?」

P「例えば、ステージの前に紬が緊張してるじゃないですか。それで、『リラックスだ』って言うと…」

紬『リラックス…? ファンの皆さんに気の抜けた演技を見せろと…?』

P「そんなつもりはないし、ただ気負いすぎなくていいって言いたかったんだと、そう説明したら…」

紬『でしたら最初からそう言えばいいのです。あなたはいつも考えなしですね』

P「…ですよ。俺は最初からそう言ってるつもりなんですけど…」

小鳥「な、なるほど…」

P「いつもそんな調子で…アイドル活動は頑張ってるし、真剣にやってるからこそこういうことを言ってるんだと思うんですが…千早の時なんかでこういうのには多少慣れてはいますが、やっぱり、ちょっと大変と言うか…」

小鳥「うーん、まぁ、困りますよね」

P「他のアイドルの娘達と話してる時はあんまりそういうことはないみたいだし…紬の言う通り、俺が考えなさすぎなんですかね…?」

小鳥「そんなことはないと思いますよ。765プロのみんなが有名になったのも、劇場のみんなが今活躍しているのも、プロデューサーさんのお陰じゃないですか」

P「けど、紬にはなんか俺の言いたいことが全然伝わってない気がして…自信なくしますよ、はぁ…どうしたら紬に俺の気持ちが伝わるんでしょうか…」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 03:03:14.59 ID:1E1nahyP0

紬「はぁ…プロデューサーはどうしてああ無神経なことばかり言うのでしょう」

紬「なんだかんだ、良い方向に進むことも多いし…プロデュースの手腕が優れているのは…まぁ、認めますが」

紬「でも、いつもおかしなことばかり言って。あれがなければ、素直について行こうという気持ちにもなるのに…」

紬「…いや、ほんとはうちが…」

P「………」

小鳥「………」

紬「あれは…? プロデューサーと、音無さん…何を話しているのでしょうか」

P「はぁ…」

紬「む…人前で大きなため息とは。これが外部の方が相手だったらどうするつもりなのでしょう。ビシっと言わなくては」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 03:04:08.56 ID:1E1nahyP0

紬「ちょっといいですか、プロ…」

P「どうしたら紬に俺の気持ちが伝わるんでしょうか…」

紬「!!?!?」ババッ

P「ん、今誰かに呼ばれたような…」

小鳥「そうですか?」

紬(つい、隠れてしもうた…)

紬(気持ちって…伝わるって、どういうこと!?)

紬(どういうことって…そんなん、そんなん…え、ええ…?)

紬(な、何考えとるん!? う、うちはアイドルで、あっちはプロデューサーなのに…)


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 03:05:16.57 ID:1E1nahyP0

小鳥「私は、プロデューサーさんの気持ちが伝わってないわけじゃないと思いますよ」

P「そうですかね…?」

紬(いやいや! そんなんうち、初めて知ったし!)

小鳥「多分ですけど、紬ちゃんはプロデューサーさんに甘えてるんだと思います」

紬(なんやいね!?)

P「え、えぇ…? そうですかね…?」

紬(あ、甘えてる〜!? なんなん、それ…!? 音無さん、うちのこと好き勝手言って…!)

小鳥「そうですよ。紬ちゃんは、プロデューサーさんにスカウトされて、一人で金沢に来たんですよ」

P「ええ、そうですね」

小鳥「それって凄く大変だし、勇気のいることじゃないですか。プロデューサーさんのことを心から信じていなければできませんよ」

P「それは…」

紬(そ、それは…アイドルになれるって言うから…)

紬(いや…確かにそうなんかも…信じてなかったら、こんなこと出来んかったと思うし…)

小鳥「だからこそ、信頼しているからこそ、それが裏切られるのが怖いんですよ。もしかしたらと考えてしまって、不安なんです」

P「そう…なんですかね」

小鳥「はい。だから先に自分から言っちゃうんです。あれは不安の裏返しで、そんなことないよって否定してほしいんですよ。可愛いじゃないですか」

P「なるほどなぁ…」

紬(………)

紬(うち、プロデューサーに甘えてるんやろか…)


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 03:06:40.96 ID:1E1nahyP0

P「言われてみると…そうですよね。紬は一人で東京に出て来て、不安なこともいっぱいあるはずだし」

P「…俺が支えてやらないとな」

紬(それって、やっぱりそういう意味…うぅ、プロデューサー…うちのこと…)

小鳥「ふふ、プロデューサーさんの気持ち、きっと紬ちゃんに伝わってますよ」

紬(…うちも、自分で気づいてないだけで、本当はプロデューサーのこと…)

紬(いけん、恥ずかしくなってきた…こんなん顔合わせられんし、気づかれないように、外行かんと…)ススス

P「小鳥さん、ありがとうございました。なんだか、すごく気が楽になりましたよ」

小鳥「それなら、よかったです。これからも、アイドルの娘達のサポート頑張っていきましょうね!」

P「…あの、小鳥さん。今日の仕事が終…」

小鳥「あっ、いけない! そろそろ戻らなくっちゃ…」

P「あ、はい。でしたら、事務所まで送…」

小鳥「それじゃ、頑張ってくださいねプロデューサーさん! ファイトですよ!」

タタタ…

P「…ふぅ。頑張るか」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 03:07:57.21 ID:1E1nahyP0

P(そうだよな、紬は俺のことを信じて来てくれたんだ)

P(それなのに、俺がまず紬のことを信じてやれないでどうするんだ)

紬「………」

P「あ、紬。こんなところにいたのか、ちょうど…」

紬「うひゃい!」

P「あ、驚かせちまったか? すまない」

紬「い、いえ。こちらも考え事をしていたので。気にしないでください」

P「え? ああ。えーと…これからの話をしたいんだけど、いいか?」

紬「こ、これからの話…!? そ、そんな急なこと…」

P「急? そろそろちゃんと決めといた方がいいと思うんだけど」

P(センターデビューとFairy公演が終わってから、あまり大きな仕事を用意してあげられてなかったからな)

紬「わ、わかりました…」

P「あ、ああ。そんなに固くならなくても大丈夫だぞ」

紬「…はい」

P(うーん、やけに素直だな。手がかからないのは助かるけど)

P(あれが不安の裏返しで、紬の不安が少しでも和らぐのなら、いくらでも言ってくれていいと思ったばかりなんだけど…どうしたんだろう?)


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 03:09:02.89 ID:1E1nahyP0

P「で、この中から…紬はどれをやってみたい?」

P(なんて言うと、『私に決めさせるのですか? プロデューサーなのに、自分の意思がないのですか?』なんて言われるかな…?)

紬「………」ソワソワ

P「紬?」

紬「あ、はい。そうですね、私はこの仕事に少し興味が…」

P(どうしたんだ、紬の奴? やっぱり様子がおかしいぞ)

P(何かあったのか? ちょっと心配だな)

紬「あの…仕事のことではなく、私に何か言うことはないのですか」

P「え、言うこと? えーと…」

P(やっぱり、色々と不安なのかな。言うことか…そうだな、まず、何があっても最後までプロデューサーでいると伝えて安心させてあげないと)

P「紬」

紬「は、はい」

P「俺はちゃんと最後まで付き合うから。絶対、お前のそばから離れないから」

紬「そ、それは…そのままの意味で捉えてよろしいのでしょうか…?」

P「ああ。約束する」

紬「…わかりました。そういうことであれば、私も覚悟を決めます」

P「え、覚悟?」

紬「はい。これから、何があろうともあなたと共に歩んで行こうという覚悟です」

P「…ああ! 一緒に頑張っていこうな!」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 03:10:36.77 ID:1E1nahyP0

数週間後…

そら「おはようございます! 今日の公演も、お疲れ様でした!」

P「あ、早坂さん、おはようございます。いつもありがとうございます」

そら「CM撮影の記念公演、素晴らしいステージでした!」

P「ありがとうございます。ええ、紬の努力の賜物です」

紬「あ、えっと、うちだけじゃなくて…」

P「ん?」

そら「はい?」

紬「プロデューサーがやろう、出来るって言ってくれて…衣装も、用意してくれて、それで、だから、うち…」

パシャッ

紬「へ?」

そら「あ、すみません! いい表情だったので、つい…」

紬「は、はぁ…」

P「ああ、いいですよ。あとで一緒に見せてください」

そら「はい! 私は他の方にも挨拶してきますので、それでは!」

ザッザッザ

紬「…うち、どんな表情してたんやろ」

P「紬、さっき早坂さんに言ったこと…」

紬「じ、事実ですから」

P「紬…」

紬(妻として夫を立てるのは当然の責務です)

P(俺のことをそんなに信頼してくれていたのか…プロデューサー冥利に尽きるな)


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 03:12:20.99 ID:1E1nahyP0

紬「プロデューサー! なんですか、これは!」

P「え、ああ。劇場の外での大きな仕事は初めてだよな。最初は戸惑うかもしれないけど…」

紬「そんなことはどうでもいいのです! このドラマ…キスシーンがあるじゃないですか!」

P「ああ、結構重要な役だからな」

紬「あなたは私が他の男性とキ、キスをしてもいいのですか!」

P「本当にするわけじゃないから。向こうにもそれで話を通してある」

紬「それでも、嫌なものは嫌です。仕事自体を辞退するわけには…」

P「紬。これはアイドルとして大きなステップアップになる。白石紬の名前が、大体的に伝わるかもしれない仕事なんだ。出来れば受けてほしい」

紬「…それは、私たちの将来のためでしょうか」

P「ああ。これからのために大切なことだ」

紬「…わかりました。そうですね、私はプロのアイドルなのですから、ワガママばかり言うわけにもいきませんよね」

P「紬…」

紬「何かあれば、あなたが支えてくださるのですよね? でしたら、私は精一杯この仕事をやってみます」

P「ああ、もちろんだ! 頑張ろうな!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 03:13:33.28 ID:1E1nahyP0

そして…

P「んーっ…」

小鳥「お疲れ様です、プロデューサーさん」

P「あ、小鳥さん! どうしたんですか」

小鳥「今度のことで、美咲ちゃんと打ち合わせがあって。それより、凄いですね紬ちゃん! 劇場の中でも外でも大活躍で…」

P「ええ。本当によくやってくれてますよ、紬は。最近は俺の話も素直に聞いてくれるし」

小鳥「プロデューサーさんともベッタリで…ふふ、なんだか妬けちゃいますね…なんて」

P「…あ、あの、小鳥さん! 今夜、二人で飲みに行きませんか!」

小鳥「え、二人でですか?」

P「は、はい! 色々と話したいこともあるので…どうでしょう」

小鳥「もちろん、いいですよ! 是非、ご一緒させてください!」

P「本当ですか! やった!」

小鳥「プ、プロデューサーさんったら…そんなに喜ばれると…もう…」

P(紬のプロデュースもひと段落ついたし、今まで間が悪くてなかなか言うタイミングがなかったけど…)

P(今日こそ、俺の想いを小鳥さんに伝えよう!)

紬「………」ワナワナ

小鳥「あら、紬ちゃん。噂をすれば」

P「お疲れ様。どうした?」

紬「どうした、はこちらの台詞です…今のは一体、どういうことなのですか…」

P「え?」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 03:15:09.70 ID:1E1nahyP0

紬「音無さんと、二人きりで、飲みに行くと…」

P「え、えーと…聞かれてたか。なんだか照れ臭…」

紬「私というものがありながら、浮気をするつもりなのですか!!」

シーン…

P「………」

小鳥「………」

紬「………」

P「う…浮気…?」

小鳥「プ、プロデューサーさん…紬ちゃんとそういう関係…!?」

P「え、いや、そんなことは…」

紬「あなたは私のことを愛しているのではなかったのですか!?」

P「は!?」

小鳥「ええっ!?」

紬「け、結婚して…最後まで添い遂げるつもりでいたのでは、なかったのですか!!」

P「ちょ、ちょっと待て! 何がどうなってそうなったんだ!?」

紬「え…最後まで付き合うと、そばから離れないと言いましたよね! あれは嘘だったのですか!?」

P「あれは、プロデューサーとして最後まで責任を持つってことだぞ!? スカウトしたのは俺だから、それで…」

紬「え」

P「紬、まずは落ち着いてくれ。一旦、話を整理しよう」

紬「だって…え? なんで…あれ…」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 03:16:32.01 ID:1E1nahyP0

小鳥「あの、プロデューサーさん。これは一体…」

P「あああ! 違うんです、小鳥さん! 俺はですね…」

紬「うっ」ポロッ

小鳥「あっ」

P「つ、紬」

紬「うぇぇぇん…」ポロポロ

P「ああ、お、おい紬…」

小鳥「つ、紬ちゃん、落ち着いて…」

紬「いやや、いやや! うちに触らんで! うわああああああ…」ポロポロ

P「こ、困ったな…こんなところ誰かに見られたら…」

真「なんか、女の子が泣く声が聞こえたんですけど」ザッ

千鶴「あっ…紬さんが泣いているじゃありませんの!」ザッ

ジュリア「アンタ…これは一体どういうことだ? 説明しなよ」ザッ

P「ああああ…みんな来ちまった…」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 03:20:06.12 ID:1E1nahyP0

P「ってわけで…俺はそんなつもりはなかったんだけど、紬はそう思ってしまってたみたいで…」

春香「そうなんですか…」

志保「面倒なことになってますね」

紬「………」

P「まぁ、えーと…ごめん、紬。お前がずっと言ってた通り、俺が考えなしだった」

紬「………」

P「もう俺と一緒に仕事するのが嫌なら、他の人を探すから、えーと…」

星梨花「かわいそう…」

P「え?」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 03:24:17.09 ID:1E1nahyP0

星梨花「紬さんは、プロデューサーさんのことが好きだったんですよね。だから今まで、色んなことを頑張ってこれたんですよね」

星梨花「それなのに、全部勘違いだったなんて…こんなの、紬さんがかわいそうだと思います!」

P「そ、それは…」

亜利沙「ありさもそう思います! アイドルちゃんの涙は重いんですよ!」

P「いや、俺が悪かったとは思うけど、でも…」

あずさ「プロデューサーさん、最後まで紬ちゃんの面倒を見るつもりだったんですよね? だったらその通り、ちゃんと最後まで責任を持つべきだと思います」

P「あ、あずささんまで…だ、だからそれはですね…」

このみ「女の子の気持ちを弄んでおいて、ごめんなさいだけで済ませるつもりかしら? 男の子ならちゃんと責任取らないと」

P「うぅ…」

茜「そーだそーだ! プロちゃんは責任を取れセキニンをー!」

亜美「セーキニン! セーキニン!」

P「お前ら…」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 03:25:38.67 ID:1E1nahyP0

志保「こういうことをなあなあで済ませるのは男らしくないんじゃありませんか」

P「お前、さっき『面倒なことになってますね』とか言ってたよな!?」

奈緒「プロデューサーさん、彼女おらんかったですよね? ちょうどええんやないです?」

P「いや、だから! 紬はアイドルなわけだし、そもそも俺が好きなのは…」

小鳥「プ、プロデューサーさん、紬ちゃんのことずっと気にかけてましたし…お、お似合いだと思いますよ…」

P「こ、小鳥さん…」

小鳥「うぅぅ、プロデューサーさん…お幸せに…」

P「な…」

P「なんなん…」



なんなん…





なんなん………


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 03:26:41.21 ID:1E1nahyP0

「ってのが、お父さんとお母さんが結婚する…最初のきっかけだったかな」

「へー、お母さんって変な人だったんやね。今もやけど」

「なんやいね」

「それにお父さんって、他に好きな人いたんだね」

「いや、それは…まぁ…そうだったけど…」

「…まだ未練があるのですか。私を選んだのは周りに言われたから仕方なくですか」

「ちょ、ちょっと待ってくれよ。確かにそういう空気にはなってたけど、責任とか義務感だけで結婚なんてしないって」

「…本当に?」

「本当だって。愛してるよ、紬」

「あなた…」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 03:28:21.94 ID:1E1nahyP0

「私が、わざわざ言われなければそんなこともわからない女だと本気で思っているのですか? バカにしているのですか? それとも、あなたがバカなのですか?」

終わり





『ミリオンライブ!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿