TOP > けものフレンズ > 【けものフレンズSS】3極話 ちはやふる

【けものフレンズSS】3極話 ちはやふる

2017/12/30 14:05 | けものフレンズ | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/12/29(金) 09:58:31 ID:dep9o1nQ

としょかん

かばん「こんにちはー博士ーいますかー」

サーバル「おーい博士―!」

コノハズク「かばん、どうしたのです?」

ミミズク「また料理を作りにきたのですか?」

かばん「実はまたわからないことを聞きたくて」

コノハズク「かばんはえらいのです」

ミミズク「わからないことがあったら聞きに来るですね」

コノハズク「決して自分で調べようともせずに楽をしようとする」

ミミズク「お前みたいなものがじゃぱりパークにいて安心なのです」

サーバル「よかったね、かばんちゃん褒められてるよ」

かばん「なんかすいません…」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/12/29(金) 09:59:09 ID:dep9o1nQ

コノハズク「まあいいのです、終わったら料理をつくるですよ」

ミミズク「今回はちょっと甘めに作るのですよ」

かばん「実はですね」

コノハズク「なるほど」

サーバル「まだ何も言っていないよ!」

ミミズク「ここらへんで小ボケが欲しかったのです」

かばん「は、はあ実は最近何人かのフレンズさん達と勉強会をしているんですが」

コノハズク「自主的に勉強とは感心ですね、賢くないのに」

ミミズク「そうですね博士、我々より賢くないのに」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/12/29(金) 09:59:39 ID:dep9o1nQ

かばん「それでヒトの残した施設…学校?てところで集まってこういうものを使っているんです」さっ

コノハズク「ああ、教科書というやつですね」

ミミズク「ここにもいくらかあるのです」

かばん「それで皆が大体字を読めるようになったんですがそこで問題がでてきて」

コノハズク「なるほど、かばんでもわからないところがあるのですね」

かばん「そうなんです、サーバルちゃんにこれの意味を聞かれて」

サーバル「えっと…さはやふる…」

ミミズク「ちはやふるかみよもきかずたちゅたがわからくれないにみずくくる」

コノハズク「ちょっと噛みましたね助手」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/12/29(金) 10:00:14 ID:dep9o1nQ

かばん「他の事は大体の文脈から分かるんですが、これだけは他の文から独立してるし解説も無くて」

コノハズク「聞かれてもないことは言えるのに、ちはやふるは分からないのですね」

かばん「うう、今日の博士辛辣ですね」

ミミズク「ふむふむ」バササー

サーバル「ウミャ!意味なく威嚇しないでよ!」

ミミズク「分かったのです」

コノハズク「ふむ…」

ミミズク「ふむ…」

四人「………」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/12/29(金) 10:01:14 ID:dep9o1nQ

かばん「あの…もしかして博士達も分からないんですか?」

コノハズク「いえ、分かるのですが、かばんはすごいと思ったのです」

ミミズク「博士と同じです、かばんはすごいと思ったのです」

かばん「え!な、なんでですか(褒められるのかな?)」

コノハズク「普通わからない事を人に聞く時は引け目があるから申し訳なさそうに聞くものです」

ミミズク「それをずけずけと聞けるなんて流石なのです」

かばん「ああ、なんかすいません」

四人「………………」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/12/29(金) 10:02:07 ID:dep9o1nQ

かばん「あの、やっぱりわからないんじゃ…」

コノハズク「分かるのです!えっとちはやがふって…かみよもきかなくて…たつたがわでからくれないにみずくるる…なのです」

かばん「読んだだけじゃないですか」

コノハズク「かばん、たつたがわとは川だと思うですか?」

かばん「たつたがわって川の名前だったんですか?」

ミミズク「質問に質問を返すなです」ペシペシ

かばん「痛い!た、叩かないでください」

コノハズク「聞いているのはこっちなのです、たつたがわは川と思うですか?」

かばん「はいそう思います」

コノハズク「実は違うのです」

かばん・サーバル「ええー」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/12/29(金) 10:02:46 ID:dep9o1nQ

ミミズク「簡単に信じてはだめなのです、そんなんじゃ壷とか絵とか売りつけられるのですよ」

コノハズク「たつたがわは人の名前なのです」

かばん「人…ですか?」

コノハズク「たつたがわはとっても強いハンターでたくさんのセルリアンを退治したのです」

サーバル「へーそんな人がいたんだー」

コノハズク「かばん、たつたがわは今も生きていると思いますか?」

かばん「さっきの流れから言うともういないと思います」

ミミズク「この短期間で驚くべき成長をしたのです」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/12/29(金) 10:03:22 ID:dep9o1nQ

コノハズク「そうです、あるときたつたがわは恋をしたのです、その好きになった人の名前がちはやというのです」

ミミズク「ちはやもたつたがわが好きだったのです、でも一緒にはいられないと、ちはやは言ったのです」

サーバル「そんなーどうして好きどうしなのに一緒にいられないの?」

コノハズク「それもそのはず、ちはやはセルリアンだったのです」

かばん「ええ!ちはやさんセルリアンだったんですか?どうしてそんな…」

コノハズク「セルリアンの中には我々を襲わなかったり、喋れたり人型のものもいるのです。ちはやもそのタイプなのです」

かばん「そうかちはやさんにとってはセルリアンの仲間をたくさんやっつけられから…」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/12/29(金) 10:04:07 ID:dep9o1nQ

ミミズク「食いついてますね、なんとかごまかせそうですね博士」ヒソヒソ

コノハズク「この調子でアシストするですよ助手」ヒソヒソ

かばん「それで、それで二人はどうなっちゃうんですか?」

コノハズク「思いつかないです、助手頼むです」ヒソヒソ

ミミズク「それから恋にやぶれたたつたがわは旅に出たのです」

かばん「ええっ!」

コノハズク「ええっ?」

かばん「ん?」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/12/29(金) 10:05:24 ID:dep9o1nQ

ミミズク「博士パスなのです」ヒソヒソ

コノハズク「そんな…えっとですね、たつたがわはずっと旅をしていたのですが、あるとき通せんぼされたのです」

かばん・サーバル「うん、うん」

コノハズク「それが、かみよという人だったのです、かみよは言ったのですこの先には紅い巨大なセルリアンがいて危険だと」

コノハズク「たつたがわはセルリアンの色を聞いて、走り出したのです嫌な予感がしたのです」

かばん「え?どういうことですか?」

ミミズク「言い忘れていましたが、ちはやは紅いセルリアンだったのです」

コノハズク「そうなのです、そして悪い予感は的中し、そこには巨大化して凶暴になったちはやがいたのです」

コノハズク「ちはやはたつたがわが今まで戦ってきたどのセルリアンよりも強く闘いは3日におよんだのです」

かばん・サーバル「ごくり」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/12/29(金) 10:06:18 ID:dep9o1nQ

コノハズク「そしてついにたつたがわは、ちはやを海辺まで追い詰めたのです」

ミミズク「ごくり」

コノハズク「そしてたつたがわは、ちはやを道連れにするようにして海に突き落としてセルリアンを倒したのです」

コノハズク「薄れゆく意識の中でたつたがわは優しく微笑む、ちはやの幻を見たのです」

かばん「ぐすん…うん…」

サーバル「うう…なんでだろう…早起きしたからかな…ぐすん」

コノハズク「海の底には抱き合う二人の石像がいまでもあるそうです」

かばん「うう…そっか…セルリアンは水につかると溶岩になるから…二人は海の底で結ばれたんですね」

ミミズク「ぐすん…いい話なのです」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/12/29(金) 10:06:49 ID:dep9o1nQ

かばん「良い話をありがとうございました…あの…それでちはやふるは…」

コノハズク「今話した通りなのです」

ミミズク「ええ?」

かばん「ええ?」

かばん「ん?」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/12/29(金) 10:07:19 ID:dep9o1nQ

コノハズク「まず、ちはやがたつたがわを振るのでちはやふるです」

かばん「これちはやふるの話しだったんですか?長いから別の話しだと」

コノハズク「まったく、それでかみよという人の話を聞かずたつたがわが、ちはやのところに向かったからかみよもきかずです」

かばん「ああ…」

コノハズク「それに主人公がたつたがわその人だったからたつたがわです」

かばん「からくれないって出てきましたっけ?」

コノハズク「ちはやの柄があか…つまりくれない色だったからです、まったくよくきいておくです」

ミミズク「そ、その通りですよ」

コノハズク「それで二人とも海に落ちたからみずくくるです」

コノハズク「それで…えっと…えーっととは…とは…」

かばん「永遠に…海の底で愛し合うってことですね」

コノハズク「あ、それ頂きです」

かばん・サーバル「え?」

おわり


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/12/29(金) 10:08:00 ID:dep9o1nQ

PPP「ペパプ予告ー!!」

イワビー「今週はちはやふるを復習するぞーちはやふるってなんか天気っぽくないか?」

PPP「えーなにそれーちはやー」

ジェーン「あしたはくもりのち雨、ときどきちはやが降るでしょう」

PPP「ちょっとありそうかもーどんなものがふってくるんだろう」

フルル「血が早くふってくるのだー」

PPP「いやいやこわすぎこわすぎもっとなんかかわいらしいかんじの…」

パッパッピップ ペッペポパッポーパッパーペパプ

プリンセス「次回、もうはんぶん」





『けものフレンズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿