TOP > アイドルマスター > 響「二人組作れって? ふふん、貴音がいるからなんくるないさー!」

響「二人組作れって? ふふん、貴音がいるからなんくるないさー!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 12:38:08.32 ID:CNS6P0Fh0

響「あ、いたいた。おーい、たか……」

雪歩「あのぅ、四条さん、よかったら組みませんか?」

貴音「ええ、よろしくお願いします」

響「あっ……」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 12:42:51.41 ID:CNS6P0Fh0

響「はは、貴音、自分以外で組む相手いたんだな。自分孤立してるんじゃないかって心配してたぞ」

響「ま、765プロに限って孤立なんてありえないんだけどな! あっはははー」

響「じゃあ自分は誰と組もうかなーっと……そうだ!」

響「961時代のフェアリー組、貴音が他と組んでるなら……残った二人で組めばいいじゃないか!」

響「おーい、み」

美希「千早さん、一緒に組もうなの!」

千早「よろしくね」

響「きぃぃ……」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 12:48:06.34 ID:CNS6P0Fh0

響「……よく考えたら自分美希とそんなに仲良くなかったし、美希が一人にならないんなら別に大丈夫だもん」

ハム蔵「ヂュゥ……」

響「はは、ハム蔵……ごめんな、人間同士じゃないと、ペア組めないんだ」

響「ん? ハム蔵……そうだ!」

響「春香だ! 昔競い合った仲だし、千早が美希と組んでるから……余ってるはず!」

響「というか自分には真もいたな! ダンサブルペアとして結構ペアでも活躍してるし」

響「べ、別に不安なんかじゃなかったけど、でもこれで組む相手に困ることもないぞ!」

春香「真、組まない?」

真「おっけー! よろしく春香」

響「」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 12:51:39.26 ID:CNS6P0Fh0

響「……ぐすん」

ハム蔵「ヂュッヂュ!」

響「ありがと……って、泣いてない!」

響「そうだぞ! 自分、やよいとは家に行ったほどの仲じゃないか!」

響「確か伊織とも一緒に……三人……で……」

伊織「やよい」

やよい「うん!」

響「あ……亜美真美なら、誰とでも仲良く」

亜美「あ」

真美「うん」

響「だよな……亜美真美って、自分でも言っちゃってるもんな……」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 12:54:42.02 ID:CNS6P0Fh0

響「終わった……」

響「残ったのは……自分と、あずさと律子……」

響「はは……あずさと律子、大人組で仲良いもんな……自分とは、あんまり接点ないぞ……」

響「もしかして自分……」

響「ひとりぼっち、なのかな……」

律子「……」チラッ

あずさ「……」コクッ


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 12:59:04.73 ID:CNS6P0Fh0

あずさ「響ちゃん、一緒に組まない~?」

響「!!」

響「え……あずさ?」

あずさ「私、余っちゃって……皆と仲良しな響ちゃんに他の子と組むの我慢してもらうのは悪いけれど~」

響「ぜ……全然大丈夫だぞ! あずさがそこまで言うんなら仕方ないな!」

あずさ「よろしくね~」

響「うんっ!」

律子「……」ニコニコ

P「なんだ律子、余ったのか?」

律子「あ、プロデューサー」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 13:03:26.67 ID:CNS6P0Fh0

律子「そうなんですよ、私余っちゃって……あはは」

P「そうか、だったら俺と組むか?」

律子「えっ」

P「嫌ならいいが……」

律子「えっ、いや、いやいやいや! そういう」

P「嫌なのか。小鳥さん組みましょう」

小鳥「はい!ぐへへ」

律子「えっ……」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 13:08:17.97 ID:CNS6P0Fh0

こうして結局律子は社長と組むことになった

律子「なんでこんなことに……」

社長「嫌なのかね?」

律子「いや……」

社長「嫌なのか……」ションボリ

律子「えっ、いや……まぁ、はい」

律子「なんで社長なんかと……」




雪歩「……ふふっ」

雪歩「計画通りですぅ」







『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿