TOP > シンデレラガールズ > モバP「飛鳥、話があるんだ」

モバP「飛鳥、話があるんだ」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 22:26:23.74 ID:4M44ZnOb0

飛鳥「話ってなんだいプロデューサー?」

モバP「いや、たいしたことではないんだ」

モバP「飛鳥、お前がこのアイドルとしての道を選び…俺にその手助けをさせてくれてもう1ヶ月ほどになる」

飛鳥「あぁ、おかげで退屈な毎日は完全に消えていまでは眩しいくらいに日々が輝いているよ」

飛鳥「ほんとうに感謝してるよプロデューサー、自分の気持ちをまっすぐ伝えるのは苦手だけど頑張って伝えるよ…」


飛鳥「ありがとうプロデューサー、ボクは貴方がいなければただの凡庸な一般人に過ぎなかったと思う」


モバP「俺のほうこそ、ありがとう飛鳥」

モバP「お前がアイドルとして輝く日、俺はずっとその日をそばで待っているぞ」

モバP「トップアイドルになる日をな!」


2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 22:28:47.63 ID:4M44ZnOb0

飛鳥「ふふふ…やはり恥ずかしいね」

モバP「まぁな、でも大切な事だ」

モバP「言葉で伝えないと気持ちは風化していくからな」


モバP「よし、待っててくれ飛鳥、ここから今日の本題に入るぞ」

飛鳥「本題?」

モバP「ここの事務所に入ったら皆が通過していく事だ」

モバP「準備してくるから待っててくれるか?」

飛鳥「うん、待ってるよ」

飛鳥「プロデューサーのお願いならなんだって叶えてあげたいんだ、それがボクにできる恩返しだからね」

モバP「ハハハ、嬉しいこといってくれるなお前は、じゃあ準備してくるぞ」ガチャッ




飛鳥(プロデューサー……本当にあの人は素晴らしい人だね)

飛鳥(大人なのに子供みたいに汚れを知らなくて…気づけば目でおってしまう)

飛鳥(彼を思い出すと鼓動がはやくなってくる……)バクバクバク……

飛鳥(これが……恋というやつかな?)


3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 22:35:44.39 ID:4M44ZnOb0

飛鳥「しかし…なにをするつもりなんだろうか」

飛鳥「準備が必要と言ってたし…歓迎パーティーはしてもらったからね…」

飛鳥(そういえばこの事務所の先輩はプロデューサーに恋愛感情を抱いている人が多いと聞いたね…ブルーフラワー先輩(仮名)やレッドリボン先輩(仮名)とか…ライバルが多くて参るね)


飛鳥(恋愛…もしもプロデューサーと恋人となれたら……)


モバP(飛鳥脳内)『飛鳥…俺と恋人の契りをかわそう』

モバP(飛鳥脳内)『俺の子供を産んでくれないか?』


飛鳥「………な、なんてね///」

飛鳥(もしそうなったらボクは……まぁ、かまわないんだけど……///)


4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 22:36:31.50 ID:4M44ZnOb0

ガチャッ


飛鳥「プ、プロデューサー!もう準備はできて…………!!!?」


モバP(Pヘッド、全裸ネクタイ)「……」


モバP「飛鳥ぁぁぁぁぁぁぁッッ!!!!飛鳥のお○ん○んペロペロさせてくれてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇッッッッ!!!!!」



飛鳥「へ、変態だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」


5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 22:37:16.11 ID:4M44ZnOb0

モバP「ほぉぉぉら飛鳥ちゅわぁぁぁぁん?怖くないから俺の乳首を見ててごらぁん?」ピクピク

モバP「ほぉぉぉら動いたぁぁぁ!!!乳首がピクピク動いたよぉぉぉぉぉ!!!?」


飛鳥「近寄らないでぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」

モバP「そぉら、ゆっくりとパンツを脱いでお○ん○んをこんにちわさせるんだ!!!○のなかに『ち』を入れるか『ま』を入れるかは貴方の自由!!!!」


飛鳥「誰か助けてぇぇぇぇぇ!!!!」ダッ

モバP「逃がさんぞぉぉぉぉ!!!!」スー





紗南「プロデューサーの動き…あれは瞬獄殺の初期動作!!!?」モマレモマレ

愛海「片足立ちのポーズで滑るように動くその姿はまさしく拳(セクハラ)を極めた鬼そのもの!!!」モミモミ

きらり「どんなアイドルをPちゃんの手にかかれば一瞬で恥じらい乙女だにぃ☆」

文香(………突っ込んだ方がいいんでしょうか)


7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 22:44:28.02 ID:4M44ZnOb0

飛鳥(な、なんなんだ!!!何が起きてるんだ!?)タッタッタッタッタッ


飛鳥(そうだ、状況を整理しよう……確かボクはプロデューサーに話があると言われて……)タッタッタッタッタッ


真面目な話をする



用意をすると席を外す



スーパーPヘッドタイム←今ここ



飛鳥「いや整理しても訳がわからない!!?」タッタッタッタッタッ




のあ「見なさいみく、飛鳥が走ってるわ」

みく「どうせプロデューサーの例の発作に決まってるにゃ」

のあ「彼の発作……新しく入ったアイドルにセクハラをせずにはいられないという悪癖ね」

みく「説明ありがとにゃ」

のあ「でもこれから芸能界ではさらに悪質なセクハラが横行していく……ここで躓いては話にもならない」

みく「いやぁ、あれはセクハラのメーター振り切ってると思うにゃあ」


8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 22:51:48.61 ID:4M44ZnOb0

モバP「待て飛鳥ぁぁぁぁぁぁ!!!仲間を呼んだんだ!!!この仲間がどうなってもいいのか!?」


飛鳥「仲間……?いったい誰のことを……?」クルッ


やよい「うっうー!!」


飛鳥「大先輩じゃないか!!!?」


モバP「ほぉらやよいちゃぁん?欲しいかい?この豆モヤシが欲しいのかーい?」ニタァ

やよい「うっうー……?」


モバP「あげないよぉぉぉぉだ!!!俺が食べちゃうもんねぇぇぇ!!!」バリバリバリ


飛鳥「くそっ!!!プロデューサーでなければ今すぐにでも通報するしたい光景だ!!」


モバP「悔しかったら765Pを呼ぶがいいわ!!!呼べるもんならなぁぁぁぁ!!!!ぐへへへへへへへ!!!」


やよい「うっうー!!てんはかっさつでーす!!!!」ドゴォォ!!

モバP「ぐぇぇぇぇぇぇ!!!!」


飛鳥「ぅゎゃょぃっょぃ


13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 00:26:55.51 ID:dXS4DJl/0

モバP「ホクトリュウケンノユクスエヲミルガイイ……」バタッ


飛鳥「プロデューサーが倒れてる!今のうちち遠くまで逃げよう!!」ダッ



?街?


飛鳥「ここまで逃げれば大丈夫かな…」

飛鳥「プロデューサー……いったいどうしてあんなことに……」


自販機「……」


飛鳥「ふう、走ったら喉がかわいたね」

飛鳥「ジュースでも買おう」チャリンチャリン


飛鳥「えーと…何を買おうかな……」


コーラ

アクエリ

お茶

プロデューサー汁


飛鳥「!!!?」


自販機(モバP)「飛鳥ぁぁぁぁぁぁ!!!」ズボッ


飛鳥「うわぁぁぁ!!お釣りのところから手が!!!」

自販機(モバP)「飛鳥の聖水をよこせぇぇぇぇぇ!!!!」


飛鳥「もうやだぁぁ!!!」ダッ

自販機(モバP)「逃がさんと言っただろう!!!」ゴロゴロゴロゴロ



瑞樹「見て、自販機が転がってるわ」

留美「きっとプロデューサーじゃないかしら?」

あい「違いないね」


14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 00:31:31.85 ID:dXS4DJl/0

飛鳥「誰か……誰か助けを!!」


交番『来いよ』



飛鳥「お巡りさん!!助けてもらっていいですか!?」

お巡りさん「おや、可愛らしいお嬢さんだ、どうしたんだ?」

飛鳥「自販機が追いかけてくるんです!」

お巡りさん「なるほど、すこしまってね」ガーピー



お巡りさん「こちらアルファチーム、目標Pと思わしきターゲットを発見した」

無線『上層部へと指令を仰ぐ、すこし待て』

お巡りさん「了解」


飛鳥(ものものしいお巡りさんだね……)


15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 00:38:19.81 ID:dXS4DJl/0

ー本部ー


オペレーター「地点Bにて目標Pを発見、指示をあおぎます」


オペレーターB「目標Pは新人アイドル二宮飛鳥へとセクハラ攻撃をしているもようです」


副司令「いかがなさいますか?司令」


薫「…………」


薫「蜂の巣にしろ」



オペレーター達『了解!!!』



お巡りさん「消えろ世界の歪みがぁぁぁぁぁぁ!!!!」パンパンパンッ!!

自販機(モバP)「ぬわぁぁぁぁぁぁ!!!」


自販機(モバP)「自販機の中で果てるとは……これもプロデューサーの宿命か……」バタッ

お巡りさん「シュワッと!!!」パンパンパンッ

自販機(モバP)「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!」


飛鳥「お巡りさんもういいです!プロデューサーが死んでしまう!!」


17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 00:46:48.78 ID:dXS4DJl/0

モバP「うう……飛鳥…」

飛鳥「プロデューサー……」


モバP「許してくれるのか……こんな俺を……」

飛鳥「…そりゃすこしは驚いたけど、このハチャメチャなプロデューサーもプロデューサーの一部なんだろう?」


飛鳥「だったら大丈夫だよ…ボクは貴方を受け入れられるから…」

モバP「飛鳥…」

飛鳥「このまま時が止まってしまえばいいのにねプロデューサー……そしたらずっと二人きり……この星でプロデューサーとボクだけになれるのに……」


モバP「飛鳥………愛してるぞ……」ガクッ…

飛鳥「…プロデューサー?プロデューサー!!?」


飛鳥「プロデューサァァァァァァァァモバP「後ろだ愚か者がぁぁぁぁぁぁ!!!」ァァァァァァァァ!!!?」モミモミモミ


18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 00:56:17.00 ID:dXS4DJl/0

モバP「ふぅむ………いささかボリューム不足ながらもしっかりとしたハリとツヤ……見事なお胸様だな飛鳥ぁぁぁぁぁぁ!!!」モミモミモモミモミモ


飛鳥「んぁ……///プロデューサー……死んだんじゃ……!!」


モバP「まだまだ勉強不足だな飛鳥、プロデューサーという生き物はアイドルにセクハラをかますときとラブライバーや提督が来て歓迎パーティーを開くときは死さえも乗り越える生命体だ!!!」モミモミモモミモミモ


飛鳥「そんなポテンシャルが……見くびっていたよ……!!」


モバP「さぁて……それではそろそろお前の乳首を拝見といこうか……安心しろ、おでんやラーメンをのせるだけだからな」ムズッ

飛鳥「くっ……!!やるならひとおもいに頼むよプロデューサー……!」

モバP「もちろんだとも!!」カチッ


モバP「……ん?なんだ…?飛鳥の乳首をさわろうとしたらなにかスイッチのようなものの感触が…!!?」


飛鳥「ふふふふ…!いつまでも後手にまわるボクじゃないよプロデューサー!!!」バッ!!



モバP「な!!!?胸にダイナマイトだと!!?いかれてやがる!!!」


27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 11:19:28.12 ID:dXS4DJl/0

飛鳥「いくよプロデューサー……貴方となら共に爆死するのも悪くはないよね」

モバP「くっ…!完全に腹がすわってやがる!!」


飛鳥「さようならプロデューサー、無限の彼方へ……さぁいくぞ!!!」カチッ


モバP「や、やめろぉぉぉぉぉぉ!!!」


飛鳥(本当は嫌だ……でも、プロデューサーを正気に戻したいから…)

飛鳥(こわい……ごめんね、蘭子先輩………ウィッグをあげるって約束、果たせなかった……)






飛鳥「あれ?」

モバP「ふ、不発…!!?」


28: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 11:27:35.41 ID:dXS4DJl/0

飛鳥「そんな…どうして!?」




???『ハーハッハッハッハッハッ!!!ハーハッハッハッハッハッ!!!』


モバP「だ、誰だぁ!?」


???『すりかえておいたんですよぉ!!!』

???『新人アイドルと!!プロデューサーの恋を許さない女!!』


スパイダーまゆ『スパイダーまゆッ!!!』テンテテーンテテンテレレレレテンテテーン、テン!!



飛鳥「レッドリボン先輩!!?」

モバP「まゆ!!?」


スパイダーまゆ「な、なんのことですかぁ!?私はスパイダーまゆであってタレ目な癒し系アイドル佐久間まゆとは何の関係もごにょごにょ」


飛鳥「明らかにまゆ先輩だよね」

モバP「全裸ネクタイの俺だけどさすがに全身タイツで出てくるのは引くわぁ、ていうか胸が強調されててエロい」


29: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 11:34:47.51 ID:dXS4DJl/0

スパイダーまゆ「う、…うわぁぁぁぁぁん!!Pさんと飛鳥ちゃんのばかぁぁ!!!」ダッ




モバP「まぁ……助けてくれたのは確かだし、今度お礼にお菓子でも買ってあげるか」

飛鳥「プロデューサー……その……」


モバP「ん?あぁ、大丈夫だぞ飛鳥、もう発作はおさまったから」

飛鳥「よかった…いつものプロデューサーがやっぱり一番だね」

モバP「ハハハハ、ありがとよ飛鳥」

モバP「でももう二度と自分の体にダイナマイトをまいたりするんじゃないぞ?」

飛鳥「ふふふ、わかってるよプロデューサー」


飛鳥(いつかトップアイドルになれた時…ボクはこの気持ちを貴方に伝えるよプロデューサー)


30: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 11:38:40.88 ID:dXS4DJl/0

ー翌日ー


モバP「時子さまぁぁぁぁぁぁ!!!!踏んでくださいぃぃぃぃ!!!!主に口の中を素足で踏んでくだせぇぇぇぇぇ!!!指と指の間をなめさせてくだせぇぇぇぇぇ!!!」

時子「へ、変態よぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」



飛鳥「やっぱりこんなプロデューサーは嫌だぁぁぁぁぁぁ!!!」





31: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/23(木) 11:46:36.99 ID:dXS4DJl/0

おしまいです、お付き合いいただきありがとうございました

前作
モバP「酒が飲めるぞ」
で書きましたが、楓さんに酒を飲ませようとしてスマホに酒をぶっかけてしまいそれはそれは見事にデータが消し飛んだので1からモバマスを始めているのですが

どうせなら今までフロントにいれてなかった新しいアイドルをフリトレでもらってセンターにしようと思いつき、飛鳥をゲットしてきました

なんだこの娘は、くっそ可愛い、めっさ可愛い、ごっつ可愛い、お○ん○んついてそう、いやついてる

そんなこんなでテンションがあがったボクは飛鳥に近づくためにもスズランテープでウィッグをつくり数の少ない女友達の前髪にくくりつけたら危うく事案が発生するところでした
数少ない女友達は0人になりました


過去作

モバP「島村卯月の飼い方」シリーズ

その他もろもろ


それではありがとうございました





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿