TOP > シンデレラガールズ > 【モバマス】仕事帰りに

【モバマス】仕事帰りに

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/02(火) 02:04:06.21 ID:7KR7AASm0

楓「……」

瑞樹「楓ちゃん! これ美味しいわよ!」

瑞樹「日本酒に合いそうで、楓ちゃんの好みじゃない?」

楓「えっ? す、すみません、何ですか?」

瑞樹「だからこのおツマミよ」

楓「ああ、はい。美味しいですよね」

瑞樹「……まだ引きずってるの?」

楓「……」

瑞樹「まあ仕方ないわよね。仕事先のお偉いさんとはいえ、お尻を触るなんて」

瑞樹「誰でもひっぱたくと思うわ。早苗ちゃんだったら、触った手の骨を折っちゃうかも」アハハ

楓「私が少しでも我慢できていれば」

楓「プロデューサーさんにご迷惑をおかけすることはなかったんです」

楓「瑞樹さんをはじめとした他のアイドルの皆さんにも、スタッフの皆さんにも」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/02(火) 02:05:19.86 ID:7KR7AASm0

瑞樹「気にしないでくださいって言われたでしょ。だからもういいのよ」

瑞樹「騒ぎは丸く収まったし、そのまま仕事を継続できたんだし。ね?」

楓「はい」

瑞樹「うん。じゃ、飲もっか」

楓「……」

――――

瑞樹「あー、なんか飲み足りないわね。もう一件行く?」

楓「いえ、今日はこのあたりで」

楓「もうこんな時間ですし」

瑞樹「まだこんな時間よ。明日は私たち2人共オフなんだし」

瑞樹「もうちょっと付き合って?」

楓「いいですけど」

瑞樹「やった♡ じゃあ次はあそこね」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/02(火) 02:06:27.28 ID:7KR7AASm0

瑞樹「んー、このカクテル飲みやすいし美味しい!」

瑞樹「楓ちゃんのは?」

楓「え……あ、美味しいですよ」

瑞樹「……そう」

瑞樹「あ。ねえ、マスター」

マスター「はい」

瑞樹「彼女にピッタリなカクテル、作ってもらうことできるかしら」キリッ

マスター「ええ、少々お待ちください」ニコリ

瑞樹「本当? 言ってみるものね!」

楓「……」ポカーン

瑞樹「? どうしたの、口を開けたままにして」

楓「くすっ」

楓「ふふっ……くすくす」

瑞樹「な、何で笑うの!?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/02(火) 02:08:21.07 ID:7KR7AASm0

楓「ごめんなさい。格好つけて、キザな注文をする瑞樹さんがとてもおも……こほん」

楓「素敵だったんです」

瑞樹「今面白いって言いかけたわね? もう!」プンプン

楓「だって……」フフ

マスター「できました。どうぞ」スッ

楓「!」

瑞樹「わぁ……」

楓「これ、私を?」

マスター「イメージして作りました」

楓「ありがとうございます」ペコリ

瑞樹「ブルーとグリーンで彩られて、綺麗ね」

楓「はい」ニコッ

瑞樹「……ふふ」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/02(火) 02:09:51.49 ID:7KR7AASm0

――――

瑞樹「はあっ!」ブン

瑞樹「くー、次は当てるわ」

楓「あの、何でバッティングセンターなんですか?」

瑞樹「この前留美ちゃんに誘われたんだけどね、これ結構良いのよ」

瑞樹「バットに思いを乗せて、こう……スイングすると!」ブン

瑞樹「気分がスカっとするの。当たればもっと気持ち良いでしょうね」

楓「……」

楓「私も、やってみていいですか?」

瑞樹「もちろんよ」

チャリン

楓「こ、こんな感じで構えればいいんですか?」

瑞樹「自分の思うままでいいのよ。球が来るわよ!」

楓「……っ」

楓「えいっ」ヒュン


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/02(火) 02:11:10.05 ID:7KR7AASm0

瑞樹「もっと腰を入れなきゃ! 空振りしてもいいから!」

瑞樹「あとはバットに気持ちを乗せて、ボールを思いっきり打つの!」

楓「は、はい」

楓「バットに気持ちを乗せて」ブツブツ

楓「腰を入れて打つ」ブツブツ

瑞樹「次のボールが来るわ!」

楓「気持ちを乗せる……気持ちを……」

楓「私の……お尻を……!」


楓「触るなぁっ」カッ

瑞樹「!」


瑞樹「やったわ楓ちゃん、当たった!」

楓「……」ブツブツ

瑞樹「あれ、楓ちゃん? ねえ聞こえてる?」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/02(火) 02:12:23.55 ID:7KR7AASm0

楓「あなたのせいで……皆さんにも迷惑が……」


楓「かかったじゃないですかっ」カツッ

瑞樹(また当てた! しかもさっきよりも合ってる!)

楓「次に同じことをしたら……容赦は……しま、」


楓「せんっ」カキーン

瑞樹「!!」

楓「まだまだいきますよ」フンス

瑞樹(ストレスのせいなのか才能があるのか知らないけど)

瑞樹(どんどん上手くなってるわね……)


友紀(……や……柳田……!)

友紀(柳田ばりの豪快スイングだ……!)ガタガタ


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/02(火) 02:13:31.90 ID:7KR7AASm0

――――

楓「♪」

瑞樹「いやー……すごいわね楓ちゃん」

瑞樹「あれから何度も良い当たりだったわよ」

楓「たまたまですよ、たまたま」

瑞樹(たまたまであそこまでやる?)

楓「……瑞樹さん」

瑞樹「?」

楓「ありがとうございます」

楓「私のために、色んな場所に誘っていただいて」

瑞樹「何のことかしら。私は自分のために楓ちゃんを連れ歩いたんだけど」

瑞樹「でも、元気になってくれたようでよかったわ」

楓「またそうやって」クスクス


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/02(火) 02:14:42.33 ID:7KR7AASm0

楓「今度、お礼させてくださいね。奢りますから」

瑞樹「そんなことしなくていいの! どうしてもお礼がしたいなら」

瑞樹「またこうやって私に付き合ってくれればいいから」

楓「じゃあそうします」

楓「ふぅ、ちょっと汗かいちゃいました。どこかでシャワー浴びようかな」

瑞樹「もうすぐあなたのおウチでしょう。我慢しなさい」

楓「はーい♪」


――翌日――


友紀「楓さん、今度一緒にバッセン行きませんか?」

楓「えっ」

友紀「フルスイングを見せて欲しいです!」キラキラ

瑞樹(まさか、昨日のあれ見られた……?)


おわり


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/02(火) 02:16:16.06 ID:7KR7AASm0

かえみず短編でした
もっとこの2人の話増えてくれ



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿