TOP > シンデレラガールズ > 凛「先輩アイドルと最終決戦」

凛「先輩アイドルと最終決戦」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 23:07:14.94 ID:Qdtfa+140

――――――



ワー ワー ワー



凛「……よし。今日のLIVEバトル、上手くいった」



律子「おつかれー。凛」


凛「お疲れ様です、律子さん。今日はありがとうございました」

律子「気にしなくていいわ。一緒にLIVEに出ることはあっても、プロデューサーとして
凛につく事はなかったから、いい機会だったわ。……でも、私がすることはなかったけどね」

凛「そんな事ないです。律子さんのアドバイス、とても助かりました。正直今回ぐらいのレベルが相手だと、不安な時もありますから」

律子「そう? 凛はもうちょっと自信持っていいと思うけど……まあいいわ。とにかくおめでとう凛。あとは事務所に戻りましょう」

凛「はい」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 23:11:45.62 ID:Qdtfa+140

――――――



凛「……」

律子「結構渋滞してるわねー……裏通りから帰った方がよかったかしら……」


凛(……律子さんの運転だと……なんだか新鮮……いつもプロデューサーの運転だったし……)


律子「凛、飲み物とかは大丈夫? 寄るなら今だけど」


凛(今日はプロデューサー、都合が悪いっていってたけど……本当に? やっぱり避けられてるんじゃ……)


律子「凛~? 聞いてる~?」


凛(……こんなんじゃ、プレゼントもなにもない……私、嫌われ)


律子「りーんっ!!」


凛「わっ!?」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 23:15:56.29 ID:Qdtfa+140

律子「……聞いてた?」

凛「……すみません。聞いてませんでした」

律子「でしょうね。プロデューサー殿の事、考えるのもいいけど、私のお話は無視なのかしら?」

凛「む、無視したわけじゃなくて……すみません……っ!? な、なんで、プロデューサーの事って」

律子「わかりやすいからよ。凛ってクールに見えるけど、あんまりウソはつけないみたいね」

凛「……先輩たちにはよく言われます」

律子「ふふ。でしょうね」


律子「……まだ仲直りしてないの?」

凛「はい……最近、あまり会えてもないですし」

律子「あー、たしかに最近忙しいみたいね。あちこち飛び回ってるみたいだし。タイミング悪いわねー……」

凛「で、でも大丈夫です。その……今度の、十四日には戻ってこれるって」

律子「十四日? ……あ~。なるほどね~。なるほどなるほど……へ~……」ニヤニヤ


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 23:21:03.35 ID:Qdtfa+140

凛「……なんですか」

律子「ふふふ。怒らないで。凛はかわいいなって思っただけよ」

凛「……意味がわかりません」

律子「ごめんごめん。……まあ、とにかく応援してるわ。がんばって」

凛「……上手くいくでしょうか?」

律子「んー……あの人、そんなに根に持つタイプじゃないから大丈夫じゃないかしら。とにかく素直になることね」

凛「なるほど……」


凛「……」


凛「……なんだか、奥さんみたいですね。あの人なんて呼び方」


律子「なっ……」

律子「……さっきのお返しってわけね。いい度胸じゃない凛」

凛「痛み分けってことで許してください」

律子「……最初のころより、なかなか図太くなったわよね……」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 23:26:45.88 ID:Qdtfa+140

――――――



凛「―――運転お疲れ様でした」

律子「気にしないで。もう初心者ってわけでもないし……あ」

凛「? ……あ。あずささん」



あずさ「……あら? 律子さんに凛ちゃん。お疲れ様です~」

凛「お疲れ様です。あずささんも仕事終わりですか?」

あずさ「ええ。ちょうど今、帰るところで……二人も?」

律子「私たちも明日の予定を確認したら終わりです」

あずさ「あら~。そうなの」

律子「でも、明日の仕事もだけど、もうひとつ重要なこともあるものね? 凛」

凛「う……またですか」

律子「さすがにしつこいわよね。ふふ……もうやめておくわ」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 23:30:41.26 ID:Qdtfa+140

あずさ「……明日……? そういえば……もうすぐ……」

あずさ「……」


あずさ「……!」ティン


あずさ「ねえ凛ちゃん。今日、これから予定あるかしら?」

凛「え? いえ、特には……」

あずさ「じゃあ一緒にご飯食べに行かない? ごちそうしてあげるから、ね?」

凛「本当ですか? でも迷惑じゃ」

あずさ「そんなことないわ~。こっちから誘ったんだもの。あ、律子さんもどうですか?」

律子「? 私もですか? いいですけど、なんで急に……」

あずさ「ちょっとお話が聞きたくて……ね?」ジー


凛「? はあ」


律子「……なるほど」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 23:35:42.44 ID:Qdtfa+140

律子「いいですよ。付き合います」

あずさ「決まりね。じゃあ、二人が終わるまで待ってるわ~」



凛(話って……何の話だろう?)


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 23:40:41.33 ID:Qdtfa+140

――――――



あずさ「―――凛ちゃんはプロデューサーの事が好きなの?」



凛「っ!? ―――ごほっ、ごほっ!!」


あずさ「あらあら、ごめんなさい! タイミングが悪かったわね。飲み込んでからにするべきだったわ~」

律子「タイミングというか……直球すぎます、あずささん……」


律子「……んー……。まあ、ここではっきりと聞かせてもらってもいいかもね。どうなの?凛」

凛「ど、どうもなにも……ごほっ、何でそんな事を聞くんですか……」

あずさ「だって、気になるじゃない? 最近の若い女の子の恋愛事情なんて。それが後輩ならなおさら……ふふっ♪」

凛「ふふって……あずささんも充分若いじゃないですか……」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 23:46:35.98 ID:Qdtfa+140

律子「私も気になるわ。凛は気づいているかわからないけど、プロデューサー殿は結構ライバルが多いわよ?」

凛「それは……まあ……わかってます……けど……」

律子「あら、気づいてたの? だったらもっと焦ってると思ったんだけど」

凛「……一応、これでも焦ってます。プロデューサーが許してくれるかとか、先輩たちもまたチョコあげるんだろうなとか、自分はうまく作れるのかな、とか……」

凛「……不安、なんです……」


律子「凛……」

あずさ「凛ちゃん……」


凛「……」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 23:47:31.41 ID:Qdtfa+140

律子「……プロデューサーが好きってことは否定しないのね?」



凛「」

律子「ほんと正直ね、凛」

あずさ「やっぱりかわいいわ~、凛ちゃん♪」



凛(……先輩たちがいじめる)


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 23:51:20.07 ID:Qdtfa+140

――――――



あずさ「凛ちゃんはお菓子作りとか、するの?」

凛「はい。最近はそこそこ……でも、チョコはやったことなかったですね。難しいんでしょうか?」

律子「まったくの初心者ってわけじゃないなら大丈夫じゃないかしら。凛なら余計なことはせずに、レシピ通りに作れるでしょうし」

凛「そうですか? ……レシピ通りだと、面白味がないんじゃ」

律子「そういう余計なことを考えるから失敗するのよ。凛が手作りしてくれたってことが重要なの」

あずさ「うふふ。でも凛ちゃんの気持ちもわかるわ~。大事な人なんだから、喜んでくれるものをあげたいわよね」

凛「ま、まあ……はい……」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 23:57:19.78 ID:Qdtfa+140

あずさ「明日、私が手伝ってあげてもいいんだけど……」

律子「明日はレギュラーがありますよ、あずささん」

あずさ「そうなのよねぇ……残念だわ~。凛ちゃんとお菓子作りたかったのに」

凛「ふふ。うれしいです。じゃあまた、次の機会に」

あずさ「本当? ならもちろん、律子さんも。ね?」

律子「また私も? しばらくぶりね、お菓子作りなんて……でも、二人が一緒ならおもしろそうですね」

あずさ「約束ですよ? うふふ♪」


あずさ「……なら明日はだれか、オフの子にお願いするしかないわね~」

律子「そうですね。明日予定は―――」ペラッ


凛「……えっ、いや、そこまでしてくれなくても―――」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 00:02:36.07 ID:hYcm9gfc0

あずさ「気にしなくていいわよ?」

律子「そうよ。凛の頼みって言えば、みんな二つ返事でOKするはずだから……お。ぴったりな二人がいたわね。それじゃあ……あずささんはこっちに電話を」プルルル

あずさ「こっちですね……わかりました~」プルルル


凛「……」


 ア、ハルカ? ゴメンネコンナジカンニ。トツゼンナンダケド……

 チハヤチャン? イマ、オハナシダイジョウブカシラー? アノネ……



凛(……ど、どんどん大事になっているような……)


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 00:05:49.45 ID:hYcm9gfc0

――――――



律子「よし、OKよ」ピッ

あずさ「こっちもOKでした~」ピッ


凛「さっきの電話……春香さんと千早さんですか?」

律子「そうよ。明日、凛のチョコレート作りに協力してくれるって。うちのメンバーの中なら、文句なしの二人でしょ。ちょうどオフで助かったわ」

あずさ「そういうわけだから、明日は三人でチョコレート作り、がんばってね? ……あ、千早ちゃんのお部屋、どこかわかる?」


凛「いえ、知らないです。……えっ!? 千早さんのお部屋でするんですか!?」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 00:13:35.77 ID:hYcm9gfc0

あずさ「そうだけど……都合悪かったかしら?」

凛「い、いえ……その……なんというか……光栄というか……畏れ多いというか……」

律子「あんまり硬くならなくていいわよ? あの二人も、凛のためなら喜んで、って言ってたし」

凛「……恐縮です」


あずさ「待っててね。今、道を教えてあげるわね?」

律子「……いえ。私が教えますね、あずささん……」



凛(……明日、千早さんのお部屋で……春香さんもいっしょに……)

凛(この前は響さんにも、ハナコとお呼ばれされちゃったし……)

凛(どんな感じなんだろう。先輩たちのお部屋って……)


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 00:18:13.90 ID:hYcm9gfc0

――――――



ピンポーン


ガチャ


千早「いらっしゃい、待ってたわ。春香。渋谷さん」


春香「おじゃましまーす♪」

凛「お、おじゃまします……」

千早「どうぞ。入って」



凛(うわあ……千早さんの部屋だ……歌姫、如月千早の……765プロの蒼い鳥、如月千早の……)


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 00:20:55.83 ID:hYcm9gfc0

千早「……し、渋谷さん? あんまり熱心に見られると、恥ずかしいのだけれど……」


凛「あっ……す、すみません!」

千早「こちらこそごめんなさい。なにもない部屋だから、つまらないでしょう?」

凛「そ、そんなことないです。なんというか……ええと、その……」

春香「納得した?」

凛「それです……あっ、違うっ、すみませんまた失礼なことを……!」


千早「……春香」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 00:21:48.61 ID:hYcm9gfc0

春香「だって~、凛ちゃんと千早ちゃん二人だけで仲良くしてるんだもん。ずるい」

凛「す、すみません春香さん」

千早「気にしなくていいわ渋谷さん。春香は本気で言っているわけではないから」

春香「あはは。凛ちゃんってば緊張しすぎだよ。もうちょっとリラックス! ね?」

凛「は、はい」


凛(なんでだろう、事務所だとそんなことないのに……千早さんのお部屋ってだけで余計に……)

凛(と……とにかくがんばろう!)


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 00:27:13.08 ID:hYcm9gfc0

――――――



カチャカチャ


千早「春香。こんな感じかしら?」

春香「んー……もうちょっと切るように混ぜたほうがいいかな。こんな感じ」

千早「なるほど……わかったわ」


凛「……」カチャカチャ


凛(さすが春香さん。前にクッキー教えてもらった時も思ったけど、教え方がうまい。わかりやすいし)


春香「よっ、と。……あ、凛ちゃんのはいい感じだね。そろそろいいと思うよ」

凛「あ、はい」


春香「……」

千早「……」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 00:30:27.48 ID:hYcm9gfc0

凛「ええっと……これを……こう……。よし」



春香(……真剣だね。凛ちゃん)ヒソヒソ

千早(そうね。私たちも渋谷さんのやる気に答えないと)ヒソヒソ

春香(やる気、かあ……)



春香「……凛ちゃん?」

凛「はい。なんですか?」


春香「最初に聞いておけばよかったんだけど……それって、本命だよね?」


凛「えっ」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 00:33:28.32 ID:hYcm9gfc0

千早「ちょっと春香……ストレート過ぎるわよ」

春香「だって気にならない? 千早ちゃんも」

千早「それは……気にならないと言えばウソになるわね」

春香「でしょ?」

凛「……先輩たちって、みんなストレートにきますよね」

春香「みんな?」

凛「いえ、なんでもないです」

春香「?」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 00:38:34.99 ID:hYcm9gfc0

――――――



凛「……というわけで……本命といえば本命なんですけど……」


千早「そ、そうだったのね……」

春香「な、なかなか凛ちゃんも過激な攻め方するね……あはは……」


凛「だからそもそも……受け取ってもらえるのかなって……昨日もあずささんと律子さんに話聞いてもらって……」

春香「……」

千早「……」


凛「……あっ、すみません。あげる前からこんな弱気で……。大丈夫です。もう、とにかくがんばろうって決めてきましたから」

千早「渋谷さん……」

春香「……」スッ


ガシッ


凛「……は、春香さん? なんで手を握って」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 00:42:03.50 ID:hYcm9gfc0

春香「凛ちゃんっ!」

凛「はいっ!?」


春香「大丈夫! プロデューサーさん、きっと喜んでくれるよ! 凛ちゃんだって、悪いことしたなって反省して、そしてがんばって作ろうとしてるんだから! 気持ちのこもった、おいしいチョコが出来上がると思う!」


凛「え……」


千早「そうね。それにプロデューサーは許してくれるわ。その……正直、私も……あんまりプロデューサーに素直じゃなかった頃もあったから」

凛「そうなんですか? 意外です……」


千早「何かあるたびに反発して、衝突して……やめてしまおうかと思ったときもあったわね。……でも……プロデューサーはそんな私でも、今も続けて、いっしょにいてくれているから」


凛「……」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 00:44:59.88 ID:hYcm9gfc0

春香「凛ちゃん、自分が素直じゃないって言ってるけど、そんな凛ちゃんなんて比べ物にならないくらいだったんだよ。昔の千早ちゃん。ね?」

千早「ええ。……なんだか、あらためて思い出すと恥ずかしいわ……」

春香「若気の至りってやつだね!」


凛「ふふ。二人とも、私とそんなに変わらないじゃないですか。……この前も、あずささんだってまだ若いのに、似たようなことを……」

春香「え、なになに? なにかあったの?」

凛「はい。さっきもちょっと言いましたけど、律子さんもいっしょに……」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 00:49:01.66 ID:hYcm9gfc0

――――――



凛「……よし、できた」

千早「ふう。なんとかなったわね」

春香「二人ともうまくできたね! 全員大成功! だね!」


凛「本当にありがとうございました。先輩たちのおかげです」

春香「どういたしまして。……でも凛ちゃん。お礼をいうのはまだ早いんじゃないかな?」

凛「え?」

千早「明日、うまくいってから。っていうことじゃないかしら」

春香「そういうこと! 明日チョコを渡し終わってから、結果報告といっしょに聞かせてね」

凛「……はいっ。わかりました」

千早「がんばって、渋谷さん。思いが伝わるように祈っているわ」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 00:55:39.99 ID:hYcm9gfc0

春香「私たち、応援してるから! 凛ちゃんファイトー!」

千早「おー!」

凛「お、おー……」

春香「声が小さーいっ! ファイトー!?」


凛「おーっ!」

春香「よろしい!」

千早「ふふ」


春香「……よしっ。気合も入ったところで最後の仕上げ。ラッピングしていこう」

凛「はい。これで終わりですね」ゴソゴソ

凛「どんな感じにしようかな……色は……」ゴソゴソ


千早「……」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 00:59:44.63 ID:hYcm9gfc0

千早(大丈夫かしら、渋谷さん)ヒソヒソ

春香(ん? ……千早ちゃん、心配?)ヒソヒソ

千早(ええ……なんだか私の方が不安になってきてしまって)

春香(……んー……でもなー……もしかしたら、なにか足りないのかな……)

春香(……)

千早(……春香?)

春香(……! いいこと思いついた)


春香「……明日、楽しみだね。凛ちゃん」

凛「……? はい。そうですね」

春香「ふふ……」ニコニコ

凛「……?」ニコ

千早「……」


千早(……なにかしら)


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 01:05:09.96 ID:hYcm9gfc0

――――――



凛(よし。バレンタインイベント終了。ファンのみんな、喜んでくれたかな)


凛(でもこの後に……もうひと勝負……!)


ガチャ


P「―――凛。おつかれ。よかったぞ今日のイベント」

凛「本当?」

P「ああ。……それにしても悪かったな。ばたばたしてしまって。俺の方がギリギリに会場入りで即打ち合わせだったから、ゆっくり話す時間もなかったし」

凛「……そうだよ。久し振りに会ったっていうのに」

P「すまんすまん」

凛「もう……プロデューサーは―――!」


凛(ち、ちがう! そうじゃなくて……今日は素直に……!)


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 01:10:19.73 ID:hYcm9gfc0

凛「ぷっ、プロデューサーっ!!」

P「うわっ!? な、なんだ、凛」


凛「あの、さ……今日……バレンタインだから……」

P「あ、ああ……だから今日、イベントで」

凛「そうじゃなくて……ええと……こ……これ……」スッ

P「……?」


P「……あっ! もしかしてチョコ? くれるのか?」

凛「う、うん。……もらってくれる?」

P「当たり前だろ。ありがとう、凛!」ガサガサ

凛「えっ、もう食べるの?」

P「ああ。せっかくもらったんだし……だめか?」

凛「い、いいけど……」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 01:16:08.19 ID:hYcm9gfc0

P「よかった。どれどれ……」ガサガサ


P「これは……手作りか?」

凛「うん……どうかな。形悪くない?」

P「そんなことないぞ。うまくできてる。結構、手間だったろ?」


凛「実は……その……プロデューサーに……謝ろうと思って」

P「……謝る?」


凛「ちょっと前に、プロデューサーに対して、やりすぎたと思って。……ごめんなさい」


P「ああ……あれな……なるほど」

凛「チョコつくってきたから、許してなんてわけじゃないけど……こんな機会でもないと、素直に言えないと思って……」

P「凛……」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 01:19:31.49 ID:hYcm9gfc0

P「……頭をあげてくれ」


凛「……」


P「凛。俺は怒ってないぞ。……まあ、若干傷ついた感はあるが」

凛「……」

P「でもこうやって、凛が謝ってくれたんだ。嫌われたわけじゃないってことがわかったんだから、ほっとしたよ」

凛「……嫌いになんてなってない。むしろこっちが嫌われたかと……」

P「そうか……」

P「……だから凛。この前のことだったら、もう許して……」


凛「……」

P「……」ジー

凛「……? プロデューサー……?」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 01:23:48.96 ID:hYcm9gfc0

P「……いや。だめだ」


凛「……え?」


P「やっぱりだめだ。凛のことは許さない」


凛「―――っ」


P「素直に謝ったって、チョコを作ってきたって、俺は傷ついたんだ。こんなことじゃあ許す気にはなれないな」


凛「―――ご、ごめん、なさい―――」


P「……りん。誠意を見せてくれ」

凛「……誠意?」

P「ああ。本当に、許してほしいって言うなら、さ」

凛「……」コク


P「……あーん。って、してくれ」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 01:28:52.84 ID:hYcm9gfc0

凛「……」


凛「……ごめん。なんて?」


P「凛が作ってくれたチョコ。これを食べさせてくれ」


凛「……誰が?」

P「凛が」


凛「……誰に?」

P「俺に」


凛「」


P「……なんだ? やってくれないのか、そうか……」

凛「っ!? や、やる! やるよ!」

P「本当か? じゃあ、お願いします」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 01:33:32.06 ID:hYcm9gfc0

凛「わ、わかった……チョコだね。チョコを食べさせれば……」


凛「……よし。プロデューサー。口、あ、あけて?」


P「……ちがう」

凛「え」

P「あーん。だ」


凛「」


P「……やっぱりやってくれな」

凛「やる! やるから!」


凛「……い、いくよ?」

P「おう」

凛「……」


凛(な、なんでこんなことに……)


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 01:38:40.38 ID:hYcm9gfc0

P「……まだか?」

凛「せかさないでっ……」

凛「……」


凛「……ぷ、プロデューサー……」


凛「あ、あーん……」


パクッ


凛(……やっちゃった)


P「……うまい! うまいぞ凛! やるな!」

凛「あ……ありがとう……ふう……」


凛(余計に疲れた気がする)


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 01:43:04.40 ID:hYcm9gfc0

P「おいしいチョコが食べれた上に、かわいい凛もみれた! 今日はいい日だな」


凛「―――っ!!」


凛(お、落ち着こう……。今日は素直にいくんだ……)



「……そんな事してるから、凛ちゃんに怒られるんじゃないですか?」

「あんまり冗談が過ぎると、本当に嫌われてしまいますよ」


凛「あ……春香さん……千早さん……」

P「見られていたか」

春香「見てますよー。……もう。そんなことばっかりしてると、あげないですからね……はい、どうぞ」

P「お、チョコ。毎年ありがとう春香」

千早「私からもです。お口に合えばいいですけど」

P「ありがとう千早。大丈夫、最近は千早の手作りチョコ、すごくおいしいぞ。はじめの頃は、その……な?」

千早「はい……あのころは未熟でしたから……くっ」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 01:51:02.81 ID:hYcm9gfc0

P「……でも二人とも、わざわざ今届けてくれたのか? さっき事務所で渡してくれてもよかったのに」

凛「事務所?」

P「ああ。今朝、先に事務所に寄らなきゃならなくてな。それで遅くなったんだよ。そのときにちょうど二人が」

春香「だってプロデューサーさん、忙しそうだったじゃないですか。引きとめるのも悪いし」

千早「それに……今日の主役は私たちではないので」

春香「……ね? 凛ちゃん」


凛「……え?」


千早「渋谷さんがプロデューサーにあげるまで……仲直りできるまで、見守ってあげようって」

凛「そう、だったんですか……すみません、気をつかってもらって」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 01:56:36.19 ID:hYcm9gfc0

春香「すみません。じゃなくて……」


凛「え? ……あ」


凛「……ありがとうございました」



凛(本当に……よかった……)

凛(先輩たちのおかげだ。先輩たちが協力してくれなかったら……)

凛(あ、そうだった。先輩にもチョコあげないと)

凛(……貴音さんには、期待されてるみたいだし。ふふ)


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 02:03:14.35 ID:hYcm9gfc0

ガチャ


凛「おはようございます」

P「おはよう。今日も頑張っていこうな、凛」

凛「うん。……こうしてあいさつするのも、久しぶりな気がする」

P「あ……わるかったな。しばらくついていてやれなくて。もう大丈夫だぞ」

凛「……私もデビューしてから結構たつし、たまにはひとりでも大丈夫だよ」

P「もちろん凛のことは信頼してる。ひとりでもまかせられるくらいにはなったろう。……でも、約束したじゃないか」

凛「約束……あ」

P「ずっと凛のこと、見てるって。な?」


凛「……」


凛「……そうだね。あいがとう、プロデューサー」

P「ああ」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 02:08:15.93 ID:hYcm9gfc0

凛(プロデューサー、ちゃんと覚えてくれた)

凛(……やっぱり……)

凛(私も……もうちょっと素直になっていいのかな)



P「……それにしても昨日は本当にいい日だったよ。たくさんチョコがもらえたしな」

凛「毎年の事でしょ?」

P「いやいや。毎年みんなパワーアップしてるからな。いつも楽しみにしてるんだよ。これだとお返しを考えるのも大変だな。……見てろよ凛。凛が泣いて喜ぶようなお返しを用意してやる」

凛「ふふ。ほんと? なら期待してる……いつも大変だね」

P「いや、今年はいつもよりお返しには困らなくてすみそうだ」

凛「……なんで? もしかして、誰かにもらってないとか?」

P「いや、また全員からもらったぞ。ちひろさんからも」

凛「? じゃあ、なんで?」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 02:17:48.92 ID:hYcm9gfc0

P「昨日、凛だけじゃなくて、伊織たちからも謝られてな。チョコと一緒に。しかも、お返しはいらないって」


凛「……?」


P「ホワイトデーには、むしろ自分たちがなにかしたいって言って……なんでも、一回だけどんな事でもしてくれるそうだ」


凛「な」


凛(そんな手が……先輩たち、きたな―――もとい、さすが!)


P「まあ、なにかしらお返しはするけどな。なにかしてもらったあとに」

凛「!? な、なに、してもらうの……?」

P「まだ考えてないが……せっかくのチャンスだ、有効につかわせてもらうよ。くっくっく……みてろよ、伊織、やよい、亜美、真美、響……」


凛(うわぁ……)


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 02:21:51.50 ID:hYcm9gfc0

律子「……犯罪の気配がしたんですが」


P「ん? おお、律子にあずささん」

あずさ「プロデューサーさん……あんまり、伊織ちゃんたちに変な事しちゃだめですよ?」

P「当たり前です。俺はプロデューサーですから」

千早「なら不穏な発言は控えてください」

春香「凛ちゃんじゃなくても引いちゃいますよ」


P「春香と千早も。……まあいいじゃないか。ジョークジョーク」

春香「もう……ホワイトデーの日は気をつけてね、凛ちゃん?」

律子「なにかあったら、すぐ教えるのよ?」


凛「わかりました」


P「おいおい」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 02:28:19.24 ID:hYcm9gfc0

P「……さて、ホワイトデー……お返し……どうするかな」

P「去年は……春香のお返しは、一緒にショッピングだったよな」

凛「へー、ショッピング……」


凛「……え?」

春香「そうでしたねー……とっても楽しかったですよ! あ……ま、また今年も、同じでもいいんですよ? プロデューサーさん」

P「そうか? ならそれかな……。千早はコンサートだったな」


凛「コンサート? ……ふ、ふたりでですか?」

千早「ええ。私は楽しかったけれど……退屈じゃありませんでしたか? プロデューサー」

P「いや、すごくよかった。もしまた、観たいコンサートでもあったら教えてくれ。千早がよければ、またそれでお返しってことで」

千早「本当ですか? では、その時はぜひ」


P「律子はドライブ、あずささんはディナーだったな。今年は……」

律子「同じでかまいませんよ。また私の運転につきあってください」

あずさ「私も……また素敵なお店、つれていってくださいね~? ふふっ♪」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 02:37:45.88 ID:hYcm9gfc0

P「……よし。そういうことなら、今年もその方向で―――」


凛「プロデューサーっ!!」


P「うわっ!? ど、どうした凛……」

凛「私は!?」


P「……ん?」

凛「私には!?」


P「私にはって……ホワイトデーか?」

凛「私にはなかった! なんで!?」

P「あ、あげただろ、アクセサリー。気にいってくれたじゃないか」

凛「そ……そうだけど……そういうのとは別に……」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 02:45:59.55 ID:hYcm9gfc0

春香「―――凛ちゃん」


凛「―――! は、春香さん」


春香「……」


凛「……ショッピングって……もちろん、二人きりで……ですよね」


春香「……うん。そうだよ」ニコ


凛「……」


春香「……」ニコニコ


凛「……この前、応援してくれるって、言ってくれましたよね」


春香「もちろん! 凛ちゃんの事は応援してるよ!」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 02:54:35.50 ID:hYcm9gfc0

春香「……でも、ね?」

春香「……あくまで、真剣勝負だから。トップアイドル目指すことも、その他の事も」

凛「な」


春香「―――お互い、がんばろうね。凛ちゃん?」


凛「―――!」



あずさ「……な、なんだか怖いわ~春香ちゃん……」

律子「はっぱかけるにしてもやりすぎよ、あの子は……。あとでフォローしとかないと」

千早「ええ、そうね。渋谷さん、本気にとってなければいいけど……」


P「な、なんだか険悪じゃないか? 俺またなにかやらかした?」

律子「まったく関係ないわけじゃないですけど……まあ、プロデューサー殿はそのまま見守ってあげててください」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 03:02:05.40 ID:hYcm9gfc0

P「……? よくわからんが……」

P「……んー……でもまあ……」



―――ふーん、アンタが私のプロデューサー? ……まあ、悪くないかな……―――


―――私、愛想ないから―――


―――よろしくお願いします。先輩。……先輩といっても、負ける気はありませんから―――


―――……? 先輩じゃなくて、名前で……ですか?―――


―――……は、恥ずかしいですね―――


―――あんまり伝わらないかもしれないけど……プロデューサーには感謝してるよ―――


―――……もちろん先輩……じゃなかった……春香さん、たちにも……―――


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 03:03:04.76 ID:hYcm9gfc0

凛「負けないっ……負けませんから……! 絶対勝ちますからっ!」


春香「わっはっは~、全力できなさいっ! ニュージェネレーション!」


千早「……まあ……火がついたようだし、よかったのかしら……」


P「……随分馴染んだもんだなあ……」


凛(先輩アイドルでも……ここは譲れない)

凛(必ずトップアイドルになって……プロデューサーの事も、決着をつけてみせる)


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 03:04:48.98 ID:hYcm9gfc0

凛「―――プロデューサー! お願いがあるんだけど!」


P「こ、今度はなんだ!」


凛「ホワイトデー……私と……いっしょに……!」



律子「!?」

あずさ「あら~」

千早「!!」

春香「……きた!!」




凛(私の本気……見ててね、プロデューサー!)


 おわり


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 03:07:01.82 ID:hYcm9gfc0

おわりです

支援、ありがとうございました



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿