TOP > アイドルマスター > やよい「惚れ薬!」

やよい「惚れ薬!」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 20:35:44.49 ID:KCFgIuPY0

やよい「ってなんですか?」

やよい「はう、ごめんなさい。恋とかそういうの、まだよく知らないですー」

やよい「え?プロデューサーと家族になれるんですか!?」

やよい「うっうー!それはすごいです!ありがとうございます!」ガルーン



やよい「はい!プロデューサー、お茶です!」

P「やよいはえらいなぁ」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 20:38:24.84 ID:4qK/AcnsP

やよい「家族みんなによくいれてますよー」

P「ああ、そうか。やよいはえらいなぁ」ナデナデ

やよい「えへへ!」

...

やよい「ところで、家族になるってどういうことなんだろう」

やよい「でも、プロデューサーといっしょに暮らしたらきっと家族も楽しいと思うな」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 20:41:11.41 ID:4qK/AcnsP

P「やよい。仕事いくぞ」

私にとってプロデューサーはどんな人なんだろう。

やよい「はい!」

P「今日も元気だな、やよい!」

笑顔を向けられる。

やよい「えへへ...」

やよい(あれ...?)

胸が、今まで感じたことないような感覚に...?


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 20:44:11.75 ID:4qK/AcnsP

P「やよい?」

やよい「あっ!なんでもないです!ちょっとぼーっとしてて...」

この感覚は何?

心がつんつんとつつかれているような。

やよい「...?」

わからない。

P「今日はドラマの撮影だぞ。しっかりな」

やよい「はい!」

でも、仕事はしっかりやらないと。


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 20:46:56.10 ID:4qK/AcnsP

...

監督「じゃあシーン76、勝手な母親に困ってしまうやよいちゃんのシーンね!スタート!」

母役「...あんたもしっかりしてよ!これを運ぶだけでいいの!」

やよい「こ、困ります~」

監督「う~ん、ちょっとカット!やよいちゃん、もう少し困って!」

やよい「は、はい!ごめんなさい!」

うーん、そうは言われても難しい...

どうすればいいかな?

無意識に助けを求め、プロデューサーを探す。


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 20:49:26.64 ID:4qK/AcnsP

やよい(見つけた)

スタッフの方にまじって、こちらを見てる。

P(やよい、がんばれ!)

ガッツポーズをしてくれた。

監督「スタート!」

その瞬間、

やよい(...また、胸が?)

胸が少しだけ苦しくなった。

母役「...あんたもしっかりしてよ!これを運ぶだけでいいの!」

なんだろう...この気持ちは。病気だろうか。

やよい「...こ、困ります」

監督(お?)


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 20:52:16.29 ID:4qK/AcnsP

監督「カット!いいね!やよいちゃん!何かに悩む女の子の顔だよ!素晴らしい!」

やよい「あっ!ありがとうございます!」

監督「よーし、この調子で次も...」

...

やよい「お疲れ様でした!」

スタッフ「お疲れ様でーす」

P「やよい!」

やよい「あっ!プロデューサー!終わりました!」

P「ああ。見てたぞやよい。いい演技だったな!」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 20:54:58.59 ID:4qK/AcnsP

やよい(うぁ...また...)

プロデューサーに褒められると、胸が...

P「...?やよい?どうしたんだ?」

やよい「...あっ、いえいえ、なんでも!」

P「疲れたなら言えよ。さぁ、事務所に帰ろうか」

...

事務所

P「お疲れ様、やよい」

小鳥「お疲れ様ー」

やよい「...」

P「...やよい?今日はどうした?調子悪いのか?」

やよい「プロデューサー...私...」

やよい「病気かも、です!!」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 20:58:13.32 ID:4qK/AcnsP

P「なっ...!?大変だ...!」

小鳥「どっ、どういうこと、やよいちゃん!?」

やよい「私...私...」

やよい「たまに、胸のあたりが苦しくなるんです!」

P「なんだって!大変だ、すぐに病院に...」

小鳥「待ってくださいプロデューサーさん!落ち着いて!!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 21:01:29.50 ID:4qK/AcnsP

小鳥「まずは落ち着いて、状況整理です」

P「そっ...そうですね...よし、やよい。どんな時に苦しくなるんだ?」

やよい「えっと...プロデューサーといっしょにいる時が多いです」

P「えっ?」

やよい「今日もガッツポーズをしてくれた時...苦しくなりました」

小鳥「そ、それは...」

やよい「何かの、病気なんでしょうか...」

P「えーと...」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 21:04:02.40 ID:4qK/AcnsP

小鳥「プロデューサーさん、これ完全に...」

P「いや、待ってください。そうと決まったわけでは」

小鳥「他の人には?同じようになる?」

やよい「今日は監督さんにも褒めてもらったんですけど...なりませんでした。プロデューサーに同じように褒めてもらった時にはなりました!」

小鳥「はい確定。プロデューサーさん、確定ですよ確定」

小鳥「では二人でごゆっくり!」

P「待ってください!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 21:08:10.10 ID:4qK/AcnsP

やよい「プロデューサー...これ、悪い病気ですか?」

P「えっ...えーと...」

やよい「もしわるいものだったら...私...私...」

P「あっ!いや、悪いものじゃない!」

やよい「へ?」

P「いいか、やよい。それは悪いものじゃないんだ。大丈夫。当然のことなんだよ」

やよい「そう、なんですかぁ?」

P「ああ、そうだとも!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 21:11:33.08 ID:4qK/AcnsP

P「ど、どうしようか...」

やよい「プロデューサー?どうしたんですか?」

P「あっ!いえ、なんでも!」

やよい「...今も、ドキドキしてるのがわかります...私...」

P「だっ!だいじょーぶ!やよいはだいじょーぶ!だから!」

やよい「そ、そうですか?」

P「もちろん!」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 21:16:28.01 ID:4qK/AcnsP

P「さ、さぁやよい。帰ろうか」

やよい「はい!」

...

P「...」テクテク

やよい「...」テクテク

P(なにを言えばいいものか...)

やよい「今も...」

P「んぅ?」

やよい「今も、プロデューサーといっしょにお家に帰れたらなぁって思います」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 21:18:27.12 ID:4qK/AcnsP

やよい「プロデューサーといっしょのお家に帰って、いっしょにごはん作って...」

やよい「そうなったら、とっても楽しいと思うんです」

P「そう、か」

やよい「プロデューサー」

P「ん?」

やよい「きっと...これが、恋、ですよね?」

P「えっ...」

やよい「そう、思います」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 21:20:14.39 ID:4qK/AcnsP

やよい「でも、まだわからないことがいっぱいあって...なんて言えばいいのか...」

P「やよい...」

P「大丈夫だ。俺はずっと、お前のプロデューサーだからな」

やよい「プロデューサー...」

P「もちろん、お前らの、な」

やよい「そうですよね...」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 21:24:28.57 ID:4qK/AcnsP

やよい「その...」

やよい「待ってて、くれますか?」

P「...何を、だ?」

やよい「この気持ちが何かわかったら...また、その...」

P「ああ。待っててやる」

やよい「!」パアァ

P「だがまずは...目先の仕事をしよう」

やよい「はい!」

やよい「でも...いつまで待っててくれますか?」

P「そうだなぁ...やよいの年を考えると...3年くらいかなぁ...」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 21:28:58.03 ID:4qK/AcnsP

やよい「3年...!うっうー!がんばります!」

やよい「明日、みんなに恋って何か聞いてみますね!」

P「あはは...それは、勘弁してくれ...」

やよい「でも」

やよい「プロデューサーといっしょなら、楽しいと思います!それはほんとです!」

P「ああ、ありがとう。やよい」

やよい「はいっ!」

やよい「待っててくださいね!プロデューサー!!」


高槻やよいの場合。おわり!


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 21:33:34.40 ID:4qK/AcnsP

律子「惚れ薬?」

女将「ええ。今日お客様が泊まる部屋は、縁結びの噂があるとか...」

律子「ついた別名が、惚れ薬の間ですか?はぁ、なんとも安直な」

律子「って!別に私たちはそんな...!」

...

P「いやー、いいところだな律子!」

律子「そうですねぇ!」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 21:38:39.59 ID:4qK/AcnsP

律子「慰安旅行の下見といっても...えらくのんびりした下見ですね」

P「一泊だけどな。プロデューサーである俺たちに休んでもらいたいって社長は言ってたぞ」

律子「私たちの慰安旅行ですか...」

P「それにしてもいい眺めだな。これなら皆も喜んでくれるはずだ」

律子「そうですね」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 21:43:33.46 ID:4qK/AcnsP

律子「それにしても...」

律子「この部屋の名前...縁結びの部屋とか...」

P「あ、ああ...これは当日は避けてもらうべきだな...」

律子「でも」

P「ん?」

律子「こうして、窓辺に二人で座ってると...間違われちゃいますね」

P「え、ええ!?」

律子「...って!え!あっ、違うんです、そういう意味じゃ!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 21:49:18.60 ID:4qK/AcnsP

P「ああ...なんだ、女将さんに間違われたってことか...」

律子「そうなんです...私たちを見て急遽変更したとか...」

P「迷惑というべきか...?」

律子「ま、まぁそんなこと関係なく!プロデューサー!街に行きましょう!」

P「おう、そうだな!」

律子「ここの温泉街は美味しいものだらけですよ!」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 21:53:07.22 ID:4qK/AcnsP

...

Pの部屋

P「ふぅ...やっと帰ってこれた...」

P「しかし律子、はしゃぎすぎだぞ...」

まぁ、かわいいから良しとするか...

コンコン!

P「どわあっ!?な、なに?」

律子「プロデューサー?夕飯ができたそうですよ?」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 21:57:39.71 ID:4qK/AcnsP

ガチャ

P「えっ?夕飯?部屋に運んでくれるんじゃないのか?」

律子「私の部屋で...二人でどうぞって」

P「あ、ああ...」

律子「...持っていきます?」

P「...い、いや!どうせなら一緒に食うか!」

律子「へ?」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 22:02:42.23 ID:4qK/AcnsP

...

律子の部屋

P「いやぁ、律子と食事なんて、竜宮結成以来してないからなぁ」

律子「考えてみれば...そうですね。竜宮小町が始まってからお互い忙しくて...」

P「...そうだな。律子が忙しくなって...俺も頑張んなきゃって思ったからな...うん、これ美味いな」

律子「あはは...私に刺激を受けました?」

P「ああ。一応...先輩、だしな」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 22:07:46.24 ID:4qK/AcnsP

律子「...」モグモグ

P「...」モグモグ

律子・P「「えと...」」

律子「!」

P「あ、あはは...先、どうぞ...」

変な気持ち。

律子「あ、はい...えと、プロデューサーも、竜宮以降...すごいですよね」

P「俺も、か?」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 22:12:57.93 ID:4qK/AcnsP

律子「はい。竜宮に負けまいと、9人のアイドル達を必死にプロデュースしてましたよね」

P「あの頃はな...必死だったさ」

律子「いろいろ失敗したりして...私に助けを求めて来た時もありましたよね?」

P「あ、ああ...覚えてらっしゃるか...」

律子「覚えてますよ...あなたのあんな顔、初めて見ました」

P「ああ...あんな情けない顔、律子にしたのが初めてかもな」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 22:19:52.78 ID:4qK/AcnsP

ドキッとした。

律子「もう...スケジュールに空きがなかったらどうなっていたことか...」

顔...情けなかった。でも、私を頼ってくれた。

律子「でも...」

律子「すごい、ですよね。プロデューサーは」

P「律子に褒められるとは...」

律子「む、私だって...褒めますよ、そりゃ」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 22:24:30.17 ID:4qK/AcnsP

律子「私がすごいと思うことは、その後ですよ」

P「後というと...あの台風のライブの?」

律子「正確には、その後。なんたって、9人のアイドルを同時にプロデュースするなんて...考えられませんよ」

P「ああ、そのことか...。あれは、さすがに社長にも心配されてな...」

律子「...」

社長にも心配されて...

律子「私には、頼らなかったんですか?」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 22:29:58.06 ID:4qK/AcnsP

P「えっ?」

あれ、私今...怒ってる?

律子「あのライブの後は...相談なんか一回も受けてません」

律子「厳しいなら...一人や二人回しても...」

私、何に怒ってるの?

P「...確かに、人気が出たのは確かだ。でも、竜宮程じゃなかった」

...またあなたは、そうやって

P「竜宮のほうが遥かに高いところを行っていたさ。それを、邪魔するわけにはいかないだろ」

自分を削って。


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 22:35:26.27 ID:4qK/AcnsP

律子「あなたは...むしろ...人気が出てから、元気になったような気がします」

律子「なんていうか...のびのびと、やっているような」

P「ああ...あれからオーディションとか面白いように受かってな...疲れなんかなかったさ」

そういうところ。

律子「私は...すごい、と思います」

P「そうだよなぁ...みんなの伸びが凄まじくて...」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 22:40:20.95 ID:4qK/AcnsP

律子「...もう」

この人は、まったく。

P「えっ?」

律子「何度も...言わせないでください。すごいのは...あなた、ですよ」

P(律子...さっきから俺のことあなたって...なんかくすぐったいぞ...)

律子「私は、むしろ人気が出てから忙しくなりました」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 22:45:51.65 ID:4qK/AcnsP

律子「出る番組も増えて、曲も増えて、スケジュールも埋まって...」

P「嬉しい悲鳴じゃないか」

律子「それに比べてあなた、殿は...」

P(律子...恥ずかしいのか知らんが呼び方が安定していないぞ...)

律子「9人、ですよ9人...ありえません」

P「あれ、会話がループしてますよ律子さん」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 22:51:14.57 ID:4qK/AcnsP

律子「うるさいですね...」

言いたいことがあるけど恥ずかしくて...
同じセリフがぐるぐると頭の中で回ってしまう。

律子「春香、美希、千早の生すか、響の撮影...挙句七彩ボタンまで...」

律子「あなたは、私の知らないところでどんどん苦労して...」

律子「私に黙って、苦労して...」

馬鹿みたい...私、何に怒ってるんだろう。

P「律子...」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 22:57:04.81 ID:4qK/AcnsP

律子「それなのに!」

P「おっ!?」

律子「あなたはどんどん元気になっていく!」

P「この料理...酒は...入ってないよな...酔っ払ってる訳じゃ...」

律子「そこがやっぱり...すごいと思うし、秘密を知りたいんです」

P「...えっ?」

律子「...?なにが、えっ、ですか」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 23:02:29.87 ID:4qK/AcnsP

P「...ぷっ、あははは!」

律子「な、何笑うんですか!」

P「いや...すまない。てっきり個人的な悩みを言ってくるのかと思ったら...仕事のアドバイスを求めてくるとは。さすが律子だ」

律子「なっ...」

P「俺は律子の、そういうところ、カッコいいと思うぞ」

律子「あ、あう...」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 23:05:36.78 ID:4qK/AcnsP

P「竜宮一直線で、邪魔を許さず...」

P「不満な事でも、自分の武器にしようとする」

律子「...」

この人は...まったく。

P「見習いたいところだ」

肝心なところで鈍い...
のは、あたりまえか...?

律子「そう、ですか...」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 23:09:45.15 ID:4qK/AcnsP

いくら私が頼って欲しいと言ったところで、それはプロデューサーとして、と聞こえるはすだ。

律子「...」

私を、頼ってほしい。

律子「言わなきゃ...わかんない...ですよね...」ブツブツ

私も、あなたを頼りたい。

P「律子?」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 23:14:10.95 ID:4qK/AcnsP

律子「プロデューサー」

P「おっ?は、はい」

律子「私を...もっと、頼ってください」

P「...」

律子「頼って、ください...」

P「すごいと言ったり、頼れと言ったり...律子、なんだか今日は...」

律子「私も、プロデューサー殿に頼りきりでした」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 23:17:31.21 ID:4qK/AcnsP

律子「竜宮が忙しくて、なかなか他に手が回らなくて...」

さっきまで回していい、手伝うと言っていたのに。

律子「他の子は全部、プロデューサーに頼りきりで...」

P「律子...」

律子「あなたは、すごいです。仕事ができて、頼りになって...かっこいい、です」

P「あ、ありがとう...」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 23:20:17.70 ID:4qK/AcnsP

P「ごめんな、律子」

律子「私は...私はあなたと仕事がしたい。でも、私は竜宮で手一杯で...あなたに全部頼ってた。それなのに、また強がって」

ただ、一緒に仕事がしたいために。

律子「頼れだなんて、言って...」

P「ごめんな...律子、ごめんな」

律子「何、言ってるんですか私は...何...謝ってるんですか...プロデューサー...」

P「律子を...竜宮を任せっきりだったな。俺ももっと、手伝うべきだった」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 23:23:44.75 ID:4qK/AcnsP

律子「いえ...いいん、です。私は」

P「...」

律子「私は、仕事ができて、でも時々失敗して、そんな、そんなあなたを見るのが...」

律子「好き、なんです!」

目をぐるぐる回して、真っ赤になって、少し汗をかいてて。
...泣いているんだろうか、怒っているんだろうか。
そんな律子は、見ててすごく可愛らしかった。

P「律子...」

律子「ああ...!もう!」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 23:27:43.41 ID:4qK/AcnsP

律子「私、何言ってんだか...」

そう言った途端、目の端の涙がこぼれた。

律子「ほんと、何言ってんだか」

P「律子」

P「俺は、ずっと...竜宮ができてから、ずっと...律子に憧れていたんだ」

律子「へ...?」

P「俺が来てからほんの少しの間に竜宮を結成して、ぐんぐん伸ばしていった律子に」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 23:31:53.00 ID:4qK/AcnsP

律子「あ...ありがと、うございま...す」

P「俺はずっと...律子を追っていたんだ」

P「変な話かもしれんが...竜宮がなかったら、律子がいなかったら俺はここまで登れなかった」

律子「...」

P「ずっと...」

P「律子の隣に、行きたくて」

律子「!」

律子「それは...プロデューサーとして、ですか...?」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 23:36:08.14 ID:4qK/AcnsP

P「必死だった頃は...そうだった」

P「でも今は、一人の...男と、して、その...隣にいたいと思っている!」

律子「...」

P「...」

律子「ぷっ...あっはは」

P「な、なんだよ」

律子「なんですか...その言い方」

P「じゃあしっかり言うぞ。律子、俺もお前が好きだ。こんな俺でよければ...一緒に、いてくれないか」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 23:38:55.64 ID:4qK/AcnsP

律子「まったく...」

P「...」

律子「泣かせないで、くださいよ...プロデューサー」

P「ごめんな...」

律子「いいんですか?私で」

P「俺は...俺には、律子が必要だと思う」

P「俺自身にも、765プロにも、みんなにも、な!」

律子「そう、ですか...」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 23:42:45.51 ID:4qK/AcnsP

律子「ま、プロデューサーはいざという時に情けないですからね!私がいないといけませんよね!」

P「あー!なんだその言い方!さっきまで頼りになるとか言ってたのに!」

律子「場合によりますよ」

P「まったく...」

律子「まだまだお互い、足りないところはあると思います。それを...」

P「補って、プロデュースし合うってことか」

律子「ふふっ...まぁ、そういうことですかね...」

...


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 23:46:37.28 ID:4qK/AcnsP

...

春香「わぁー!すごくいい眺めですね!」

千早「そうね...素晴らしい所だわ」

P「慰安旅行ってやつだ!ゆっくり休めよみんな!」

あずさ「あらあら~じゃあ夜はプロデューサーさんと飲んじゃおうかしら?」

律子「あ、あずささん...!私も...」

美希「ん...なんか律子、さんが積極的なの」

真美「これは調べる必要がありますなぁ!」

亜美「なぁ!」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 23:49:48.08 ID:4qK/AcnsP

女将「前回泊まった部屋、ですか?」

真美「そうそう。Pって人と、秋月律子って人!」

女将「本当はダメなんだけど...どうぞ」

亜美「どれどれ...おや!?真美隊長!」

真美「どうし...こ、これは...!」

亜美「兄ちゃんが前泊まった部屋は...!」

真美「縁結びの部屋!!!」

亜美真美「そういうこと!か!」ドタドタ

女将「あら?」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 23:55:07.59 ID:4qK/AcnsP

女将「あら私としたことが...あの日、秋月さんの部屋を縁結びの部屋と...間違えてお伝えしたわ...」

...

亜美「兄ちゃんー!」

美希「ハニー!」

律子「ちょ、ちょっとあずささん!」

あずさ「プロデューサーさんのお部屋はどこですか?」

真美「兄ちゃん兄ちゃんもしかして!!」

P「ちょ、ちょっとお前ら...!」


律子「もう、しっかりしてください!プロデューサー!」


秋月律子の場合。おわり


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 23:59:45.88 ID:4qK/AcnsP

小鳥「レィディーーースアン!」

小鳥「ジェントルメン!!!」

小鳥「さぁ、この時がやってまいりました!いよいよ最後のバトン!!」

小鳥「2×歳音無小鳥!独身、未婚!!」

小鳥「今まで数々の次元で765プロ全員に惚れ薬を渡してきた暗躍者!」

小鳥「春香ちゃんから始まり律子さんまで!全ての次元、全てのパターンにおいてアイドルたちはプロデューサーさんと結ばれている!この惚れ薬は...本物!!」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 00:05:07.80 ID:4qK/AcnsP

小鳥「長かった...!ある時は夢に現れある時は部屋の名前まで作って...」

小鳥「ようやく効果が立証できた!!いよいよ...自分が使う時よ!!!」

小鳥「ふぅ...夜中の事務所で叫ぶのは疲れるわ...」

...

小鳥「プロデューサーさん、お茶です」

P「ありがとうございます、小鳥さん」

ゴクゴク


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 00:09:40.31 ID:ql2I+ZJPP

小鳥(よし飲んだ!統計から推測するに惚れ薬が効き始めるまで10分もたたない!)

小鳥「アタックすりゃこっちのもんよ!!」

...

小鳥「プロデューサーさん...お疲れですか?」

P「え...うーん、まぁ、そうなんですよね最近...」

小鳥「か、肩でも...揉みましょうか?」

P「えっ、えっ?小鳥さんがですか!?悪いですよ!」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 00:14:40.61 ID:ql2I+ZJPP

小鳥「そ、そう、ですか?」

P「あ、あはは...」

小鳥「じゃっ、じゃあ足つぼマッサージでも...!」

P「小鳥さん!?どうしたんですか!?」

小鳥「い、いえ!特に何でも...!」

小鳥「えーと...最近お疲れのようですし...」

P「ええ...まぁ」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 00:19:52.09 ID:ql2I+ZJPP

小鳥「なんていうか、プロデューサーさんは人一倍頑張ってるし...その...」

P「そ、そうですか?」

小鳥「律子さんの倍頑張ってるというか...そう、頼りになる...ってこれは違うか...」ドキドキ

小鳥「と、とにかく!私に何かできないかなーって!」ドキドキ

P「そうですか...じゃあ...」スッ

小鳥「っ!?」

P「この資料お願いできますか?」ドカァッ

小鳥「ぴよぉーーーーー!!!」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 00:25:47.02 ID:ql2I+ZJPP

...

翌日、事務所

小鳥「何なの...?なんか昨日はやたらとドキドキしてしまった...」

小鳥「プロデューサーさんにも大して効いている感じはなかった...」

小鳥「これはまさか...小鳥サーチ!」キュイイイン

小鳥「今まで惚れ薬を渡したアイドル達をもう一度確認するのよ!小鳥!」

...


小鳥「...」

小鳥「...むっ?これは...」

小鳥「まさか...まさかこの惚れ薬は...!?」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 00:29:44.32 ID:ql2I+ZJPP

(春香「天海春香!がんばります!」
P「好きな人でもできたか?」
春香「...さあ!どうでしょうか!」)

小鳥「これも...!」

(千早「私は、あなたが好きです」
千早「ひとりの、男性として」)

小鳥「これも...!!」

小鳥「この...この惚れ薬は...」

小鳥「飲ませた人...いや、『手にとった人』が恋をしてしまう物だったんだァー!!!」ドドドドドドドド


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 00:34:42.05 ID:ql2I+ZJPP

小鳥「まさか...このドキドキも...惚れ薬のせい?」

小鳥「...そうよね!音無小鳥!好きな男性と話す機会がないからドキドキしてた訳では無く、惚れ薬のせいよね!小鳥!」

小鳥「い、いやでもそうすると...この気持ちは惚れ薬のせいということに...」

小鳥「どどどうしよう...」ピヨピヨ

小鳥「悩んでいても仕方ない...プロデューサーさんを手に入れるのよ...小鳥...!」

小鳥「独身妄想癖の生活に終止符を...!!」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 00:39:13.28 ID:ql2I+ZJPP

小鳥「まずはプロデューサーさんの机をチェックよ...趣味を知ることは大切!」

小鳥「これは...プロデューサーさんの上着...昨日忘れたのかしら...」

小鳥「.........」

小鳥「...」ゴソゴソ

小鳥「.......上着装備.....」

小鳥「うん...」クンクン

小鳥「ってこら!何してんの!私!


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 00:43:44.29 ID:ql2I+ZJPP

小鳥「こんなことしてるから...こんなことしてるからモテナイノヨ...」

小鳥「ダメよ!ダメよ小鳥!こんな惚れ薬なんて!使っちゃダメ!」

小鳥「自分の力で...!」

...

次の日

P「ふぅ...今日の仕事も終わりだな...」

小鳥「あの!プロデューサーさん!」

P「あ、小鳥さんお疲れ様です」

小鳥「こ、このあと...一緒にお食事でもどうですか!?」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 00:49:20.30 ID:ql2I+ZJPP

P「この後、ですか?いいですよ?」

小鳥「ッシャオラ!」

...

飲み屋

P「で、その時春香が...」

小鳥「そうなんですか~」

小鳥(くっ...オシャレなお店に行こうと思ったのに...予約しとかなきゃダメね...)

小鳥(それにしても居酒屋って...プロデューサーさんもアイドルの話ばっかりで...)

P「聞いてますか、小鳥さん?」

小鳥「は、はい!」

小鳥(しかもなんか変な感じに酔ってる...)


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 00:55:44.47 ID:ql2I+ZJPP

...

三時間後

P「まったくあのディレクターったら...真を男の子とか言いやがって...ぶち殺すぞ!」

小鳥「そうだそうだ!ぶっ殺してやれ!!」

店員「お客さんもう終わりっすよ」

...

二時間後
次の居酒屋

P「それでね、あずささんったら...」

小鳥「...」

P「ん...?小鳥さん...?」

小鳥「...もう、いいです!」


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 01:00:18.03 ID:ql2I+ZJPP

P「へ?」

小鳥「五時間ずーっとアイドルの話ばっかり...」

P「あ、あの...小鳥さん?」

小鳥「私の!私の話は...ないんですか?」

P「小鳥、さんの...?」

小鳥「...」

P「小鳥さん、酔ってます?」

小鳥「二時間前から飲んでません!」

P「え、気がつきませんでした...」

小鳥「それくらい、熱心にみんなのこと話せるなら...私のことも、熱心に話せますよね?」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 01:05:24.38 ID:ql2I+ZJPP

P「そ、そりゃあもちろん!」

小鳥「じゃあ...どうですか、私は」

P「ええと...頼りになるし...優しいし...」

小鳥「え、えへ」

P「それに、きれいですよね!この前歌を聴いた時もすごく綺麗で...」

小鳥「えっ...あっ」

P「綺麗で...きれいだなあって...思いますよ!」

小鳥「あ...あはは、プロデューサーさんなに言ってるんです...」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 01:09:47.90 ID:ql2I+ZJPP

小鳥「なら...プロデューサーさん。そのきれいな人に...迫られたらどうします?」

P「え...?」

小鳥「その...好きだって思われてたら...どうしますか?」

P「え...えーと...」

小鳥「...」

P「こ、困っちゃうなぁ」

小鳥「え?」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 01:14:16.66 ID:ql2I+ZJPP

P「その...俺、みんなのことばっかり考えてて、自分のこと...自分のこの先をあんまり考えたことなくて...」

小鳥「我が身より...みんなが大切ですか」

P「そう...ですね...だから...」

小鳥「ふふっ」

小鳥「プロデューサーさんらしい、ですね」

P「あはは...」

小鳥「そっか...私も、この先を考えてなかったかも...しれないな」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 01:18:04.53 ID:ql2I+ZJPP

小鳥「じゃあ...目指すは、トップアイドル!ですね?」

P「今は、そうですね」

小鳥「私も手伝いますよ。好き、ですからね」

あなたが。

P「俺も、好きですよ」

あなたは、みんなが。

小鳥「プロデューサーさんらしいですね」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 01:21:27.79 ID:ql2I+ZJPP

P「じゃあ、乾杯といきますか」

小鳥「はい...何に乾杯しようかな」

P「765プロに」

小鳥「...私は...」

小鳥「プロデューサーさんに!」

P・小鳥「乾杯!」



音無小鳥の場合。おわり


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 01:22:36.98 ID:ql2I+ZJPP

お疲れ様でした。
惚れ薬シリーズは終わりです。

春香ちゃん舐めたいです。





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿