TOP > シンデレラガールズ > モバP「だりやすかれんの日常」

モバP「だりやすかれんの日常」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/26(日) 00:25:36.60 ID:ZQ9NQ6Cjo

―――事務所


加蓮「…………」ペラ ペラ…

泰葉「…………」カキカキ…


加蓮「……ん、んー……」ノビー

加蓮「ふー……」

泰葉「…………」ケシケシ


加蓮「…………」ジー

泰葉「…………」サラサラ…


加蓮「ねーねー泰葉ー」

泰葉「……ん、なぁに加蓮」

加蓮「暇!」

泰葉「そう」



泰葉「えと、ここは……」サラサラ…

加蓮「………………ええー」


2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/26(日) 00:29:29.76 ID:ZQ9NQ6Cjo

加蓮「ねーぇー、やーすーはぁー」ユサユサ

泰葉「ちょっと、もう……揺らさないで」

加蓮「暇なの」

泰葉「知りません。私は宿題で忙しいの」

加蓮「むー」

泰葉「あっちで雑誌読んでて、ね?」

加蓮「もう読み終わっちゃったし……」

泰葉「じゃあ静かにしてて」カキカキ


加蓮「…………」ポツン


4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/26(日) 00:36:00.20 ID:ZQ9NQ6Cjo

加蓮「…………」

泰葉「……んー……」ケシケシ



加蓮「……じー」

泰葉「…………」サラサラ



加蓮「じー」

泰葉「…………」サラ…



加蓮「じ」

泰葉「うるさい」ペシ

加蓮「あぅっ」


5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/26(日) 00:41:07.55 ID:ZQ9NQ6Cjo

泰葉「はぁ……まったくもう。加蓮は宿題とかないの?」

加蓮「あるにはあるけど……」

泰葉「あるならちゃんとしないとダメでしょう?」

加蓮「私の学校、テストの成績が良ければ大丈夫だからねっ」

泰葉「……そのテストの成績は?」

加蓮「…………」プイッ


泰葉「…………」ツネッ

加蓮「いひゃいいひゃい」


6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/26(日) 00:50:34.23 ID:ZQ9NQ6Cjo

加蓮「ひどいよ泰葉っ」

泰葉「ごめんね、つい」

加蓮「もー」

泰葉「まぁ、勉強も頑張らないと。学業がおろそかなアイドルなんて嫌じゃない?」

加蓮「うーん……確かにそう、かも」


7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/26(日) 00:54:00.75 ID:ZQ9NQ6Cjo

加蓮「アイドルって勉強できないんだー、なんて言われたくないもんね」

泰葉「ふふ、でしょう? 分からないことがあったら――」

加蓮「あ、教えてくれるの? やった!」



泰葉「…………教えてもらおうね、Pさんに」

加蓮「あぁ、Pさんになんだ」


8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/26(日) 01:02:34.20 ID:ZQ9NQ6Cjo

泰葉「だ、だって私あんまり頭良くないし……!」

加蓮「えー、眼鏡似合ってるのに」

泰葉「関係ないじゃない……」

加蓮「関係あるある、イメージって大事だと思うな」

泰葉「イメージ……?」

加蓮「そそ、アイドルとしてのイメージ。ファンにどう思われるかって大切でしょ?」


9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/26(日) 01:04:00.18 ID:ZQ9NQ6Cjo

泰葉「ファンに、か……うん、そうよね」

加蓮「でしょ? 私ちょっと良いこと言ったかもっ」

泰葉「ふふ……ねぇ、加蓮から見て私ってどんなイメージ?」

加蓮「私から見て? うーんとね……」

泰葉「うん」



加蓮「前髪ぱっつん!」

泰葉「……それは見た目でしょう」ツネー

加蓮「むぃー」ムニー


10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/26(日) 01:08:46.25 ID:ZQ9NQ6Cjo

加蓮「んもう、冗談だってばぁ」

泰葉「はぁ……加蓮は冗談ばっかりなんだもの、疲れちゃう」

加蓮「膝枕してあげよっか?」

泰葉「ふふ、いらない」ニッコリ

加蓮「うわ、すごくいい笑顔で拒否られた! 傷つくなー」

泰葉「それも冗談?」

加蓮「んー……」

泰葉「…………」



加蓮「……んふふー♪」ニマー

泰葉「ふふふ、もう……♪」クスクス


11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/26(日) 01:14:47.85 ID:ZQ9NQ6Cjo

がちゃり

P「ふいー、戻りましたー」

李衣菜「ただいまですっ!」


加蓮「あ、二人とも帰ってきた。おかえりー」

泰葉「おかえりなさい、李衣菜、Pさん」


12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/26(日) 01:16:08.64 ID:ZQ9NQ6Cjo

李衣菜「って、あれ? 加蓮と泰葉がいるっ」

加蓮「やっほー」フリフリ

P「どうしたんだ? 今日はオフだったろ」

泰葉「ええ、そうでしたけど……事務所は居心地がいいので。ふふ」

加蓮「私も! とっても落ち着くんだ、ここって」


13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/26(日) 01:20:35.60 ID:ZQ9NQ6Cjo

P「……なるほど。うん、よく分かるよ」

李衣菜「うんうん、ソファーで一日中ごろごろしてたいよねー」

P「……李衣菜にはそんな暇がないように、レッスンをみっちり入れておこうかな」

李衣菜「あぁっ!? う、嘘です嘘! 普通でいいですっ!」


泰葉「ふふ、李衣菜ったら……」クスクス

加蓮「ふふふ♪ ……あ、そうそう」

P「ん、なんだ?」



加蓮「泰葉本当はね、Pさんに勉強教えてもらいたいから来たんだってー」ニヤニヤ

泰葉「!?」


14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/26(日) 01:24:07.17 ID:ZQ9NQ6Cjo

P「あれ、そうだったのか? そりゃ悪いことしたな」

泰葉「ちょ……かっ加蓮なにを言って……!?」

加蓮「えー、間違ってないでしょー?」

李衣菜「ありゃー。今日はごめんね泰葉、私がPさん独り占めにしちゃってさ♪」

泰葉「ち、違っ……そうじゃないの! もうっ、加蓮っ!」

加蓮「ふふ、泰葉が怒ったっ♪」タタタッ

泰葉「あっ、待ちなさいっ!」タタッ


15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/26(日) 01:28:06.47 ID:ZQ9NQ6Cjo

P「ははは、楽しそうでなにより。……にしても、ちひろさんはどこ行ったんだ?」

李衣菜「そういえばいませんね。『留守番してますね!』って言ってたのに……」

泰葉「ああ、ちひろさんなら――」


ちひろ『新たなビジネススキームを思いつきました! 今度こそ成功しますよっ!』


泰葉「――と言って、私たちに留守を頼んでどこかへ行きました」グニグニ

P「毎回なにやってんだあの人……」

加蓮「むゅー、むゅーっ!」ジタバタ

李衣菜「加蓮捕まるの早っ!」


16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/26(日) 01:31:00.75 ID:ZQ9NQ6Cjo

―――


P「――さて。せっかくアイドル三人揃ってることだし、ミーティングするか!」

李衣菜「はーいっ」

泰葉「そうですね、やりましょうか」


P「よし、じゃあまずは……なにかある人ー?」

加蓮「はいはいっ、ほっぺたが痛いです!」

泰葉「それって知ってる? 自業自得って言うの」ペシ

加蓮「あう。ふふふっ」

李衣菜「あはははっ♪」


17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/26(日) 01:33:16.22 ID:ZQ9NQ6Cjo

P「……真面目にしないと全員レッスン増やすぞー」ボソ


泰葉「二人とも、背筋を伸ばして」キリッ

加蓮「さぁ、次のお仕事はなに? プロデューサー」キリッ

李衣菜「どんなお仕事もクールに決めますよ」キリッ


P「ったく……ホントに始めるぞ。次の仕事は三人で――」


―――
――




ちひろ(そんな日常、ですよ♪)



おわり


18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/26(日) 01:34:40.69 ID:ZQ9NQ6Cjo

というお話だったのさ
今まで加蓮と泰葉の会話があまり書けてないなーって思ってたのでひとつ



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿