TOP > アイドルマスター > 伊織「つー」

伊織「つー」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 17:47:51.69 ID:OZs1oZ96i

~某日、事務所~


小鳥「はい、プロデューサーさん」

小鳥「このリードを」

P「はい……さあ、行くぞ」


ぐいぐい


伊織「っ……強く引っ張るな!」

P「可哀想ですよ、これ」

小鳥「そうですね」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 17:51:35.74 ID:OZs1oZ96i

小鳥「という訳で、リードを外して」

P「当然首輪は付けたままです」

伊織「ぐっ……」


P「犬耳と尻尾…そして首輪」

小鳥「美しい!」

P「最高だ!」


ふりふり


伊織「全然嬉しくないわよ!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 17:56:52.57 ID:OZs1oZ96i

P「また尻尾振ってる」

伊織「あ! うぅ……」

小鳥「わかりやすくていいわね」

伊織「早く消えてよ……」


P「可愛いのに勿体無い……」ボソッ

伊織「……!!」


ぴこぴこ


P(耳が反応した)

小鳥(バッチリ聞こえてるのね)


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 18:02:20.56 ID:OZs1oZ96i

P「しかし…猫ならともかく、犬とはな」

小鳥「猫のイメージがありますか?」

P「まぁ、そうですね」



伊織「~♪」ゴロゴロ

P(また俺の膝の上でくつろいでいるけど…触れないでおこう)


小鳥「確かに、ツンデレな伊織ちゃんは猫のイメージがあると思います」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 18:11:02.68 ID:OZs1oZ96i

小鳥「しかし!」

P「しかし?」

小鳥「従順で甘えたがりな伊織ちゃんは、まさに犬のイメージピッタリなんです!」



P「な、なんだってーー!?」

伊織「ちょ、うるさい」

P「ごめん」ナデナデ

伊織「~♪」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 18:20:49.60 ID:OZs1oZ96i

P「しかし…伊織が甘えたがり、か」

小鳥「普段は理性が止めてるんでしょうね」

P「はは、うい奴め」

伊織「…?」


P「普段も、遠慮せずに甘えてもいいんだぞ?」

伊織「……ふん」


ぶんぶん


小鳥(尻尾が千切れそうなくらいぶんぶん振ってる……)


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 18:27:35.47 ID:OZs1oZ96i

P「あー……伊織に『ご主人様』って言われたら」

P「思い切り甘えさせてあげるのになぁ…」

伊織「……!」

小鳥(それはぜひ言われたい…)



伊織「この……ド変態!」

P(ありがとうございます!)

小鳥(ありがとうございます!)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 18:33:31.27 ID:OZs1oZ96i

伊織「……ま…」

P「ん?」




伊織「いーっぱい、甘えさせて下さい」

伊織「ご主人様」



P「…ぐふっ」

小鳥「…げふっ」


伊織「な、なによ…」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 18:39:49.58 ID:OZs1oZ96i

P「可愛いぞーーー!!」


がばっ


伊織「きゃあ!?」

P「うりうり!」

伊織「や、やめっ……」

P「伊織は可愛いなぁ!」

伊織「ひゃ……も…もう…っ」


やいやい



小鳥(バッチリ撮っておきましょう)


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 18:46:12.38 ID:OZs1oZ96i

P「ふぅ……堪能した」

伊織「ふぅ…ぁ…」

P「腰抜けたか?」

伊織「う、うん……」ギュ



小鳥「事後みたいになってますよ」

伊織「じ…っ!?」

P「ははは」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 18:50:32.22 ID:OZs1oZ96i

伊織「他人事じゃないわよ!」


ぽかぽか


P「いたた…すまんすま…」



ふにょん


P「……!?」

伊織「!?!?」

小鳥「どうしたんですか?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 18:56:14.06 ID:OZs1oZ96i

P「その……気のせいか?」

伊織「ぁ……!!」


小鳥「なになに? 気になる!」




伊織「これ…にくきゅう」

P「」

小鳥「」

伊織「どんどん犬に近付いてる……」



伊織「つー」
完!



引用元:伊織「つー」


『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿