TOP > アイドルマスター > 伊織「すりー」

伊織「すりー」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 15:13:10.08 ID:1yGLgJDsi

~某日、事務所~


伊織「ど、どうしよう……」

小鳥「無問題よ!」

P「ああ! バッチリだ!」

伊織「そういう事じゃない!」


伊織「私、どんどん犬に近付いてる……」

小鳥「確かに…」

P「今更だけど、奇怪だな」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 15:18:03.98 ID:1yGLgJDsi

P「最初は耳と尻尾だけだったのに」

伊織「その事なんだけど…」

P「うん?」



伊織「初めは、耳だけだったのよ」

P「え」

小鳥「はい?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 15:24:18.65 ID:1yGLgJDsi

伊織「事務所に着く前に……お尻がもぞもぞして」

小鳥「もぞもぞ!?」

P「もぞもぞ!?」

伊織「そこには触れないでよ! それで…」


P「事務所に着いた時には生えてたと」

伊織「……」コクッ


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 15:34:39.97 ID:1yGLgJDsi

小鳥「生えて来た時、どんな事を考えてたの?」

伊織「え……」

P「もしかしたらヒントがあるかも知れないだろ」

伊織「ぅ……」




伊織「……犬になったら、いっぱい甘えられるかなって思って…」

伊織「それで、寝て起きたら…」

小鳥「」

P「」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 15:40:11.80 ID:1yGLgJDsi

小鳥「うらやましい!」

P「そしてけしからん!」

小鳥「ですよn…」

P「伊織にそこまで想われてる男がいるとは!」



小鳥「……」

伊織「……」

P「な、なんだよ」

小鳥「タラシ」

伊織「スケコマシ」

P「ひどっ!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 15:45:41.22 ID:1yGLgJDsi

伊織「……アンタに!」

伊織「アンタに、甘えたくて……」

伊織「いつも素直になれないから…」

P「え?」


伊織「ばか!」

伊織「もう知らないわよ!」


ぷい


伊織「ふん!」

P「え、俺のせい?」

小鳥「概ね、そうだと思います」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 15:50:38.96 ID:1yGLgJDsi

P「ほーら、おいで! いおりん!」

伊織「……!!」


ててっ


ぽすっ


伊織「ん~~っ♪」スリスリ

P(ちょろい)

小鳥(甘い)


伊織「……はっ!」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 15:56:06.84 ID:1yGLgJDsi

伊織「やられた…」

P「ふふふ」

小鳥「まだまだね」


伊織(それにしても…)


くんくん


P「ん? どうした?」

伊織「鼻も、敏感になってる…」

P「ああすまん、臭いか?」

伊織「ううん、ずっと嗅いでいたいくらいよ」

P「」



小鳥「その発言はアウト」

伊織「あっ!!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 16:01:30.56 ID:1yGLgJDsi

P「まあ、俺も伊織の匂いならずっと嗅いでいられるからな」

伊織「はひ…?」


小鳥「その発言は逮捕ですよ」

P「お厳しい」


伊織「ぁ……その、ダメよ!」

伊織「汗臭いかも知れないし…恥ずかしい」

伊織「でも、アンタが望むんなら…ちょっとくらい」



小鳥「乙女チックオーラ全開ですね」

P「ブレない可愛さだなぁ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 16:08:41.85 ID:1yGLgJDsi

伊織「さあ! 存分に嗅ぎなさい!」



P「……」チラッ

P(どうすれば…?)

小鳥「……」グッ!

小鳥(ヤっちゃって下さい!)


P「やらいでか!」


がばっ


伊織「きゃあ!?」

P「くんかくんか!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 16:14:35.75 ID:1yGLgJDsi

キャー ヤダァ...

クンカクンカ

ンンッ アァン!!

モフモフ!!



ダメェェェェー!!



小鳥「……完全に手持ち無沙汰だわ」

小鳥「それにしても…ふふっ、楽しそう」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 16:19:27.44 ID:1yGLgJDsi

……




伊織「んん……ぁ」

P「っはぁ……良きかな」

小鳥「こんにちは、ロリコンさん」

P「もうロリコンでいいや」

小鳥「ブレませんね」

P「愛の成せる業でしょう」

小鳥「ふふっ」

P「ははっ」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 16:23:19.57 ID:1yGLgJDsi

にょきにょき


P「あれ?」

小鳥「おヒゲが」

伊織「え……?」

P「いよいよマズいですね」

小鳥「いえ、オイシイですよ」

P「それもそうですね」



P「って、冗談抜きでヤバいですって!」

小鳥「ええ! いったいどうしたら…」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 16:27:09.66 ID:1yGLgJDsi

伊織「ね、ねぇ……」

P「どうした?」

伊織「私が、このまま犬になっても…ずっと愛していてくれる?」


P「な……」

伊織「お願い」

小鳥「伊織ちゃん…!」



P「………わかった」

伊織「ありがと…」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 16:29:17.33 ID:1yGLgJDsi

伊織「ねぇ、プロデューサー」

伊織「大好き」


ちゅ


P「伊織?」

小鳥「伊織ちゃん!?」





……

………


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 16:33:58.08 ID:1yGLgJDsi

~某日、事務所~



春香「おはようございます……って」

春香「あ、いおりんだ」

P「くっついて離れないんだよ」

律子「本当に、よく懐いてますね」

小鳥「いおりんはプロデューサーさんが大好きですからねぇ」


やよい「いおりん、こんにちは!」

やよい「わっ……くすぐったいよ」

千早「くっ…高槻さんにも懐いてるわね」

真美「千早お姉ちゃんは警戒されてるっぽいね~」

亜美「なんでだろ?」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 16:40:33.78 ID:1yGLgJDsi

響「いおりん、これ食べるか?」

貴音「なにやら美味しそうですね」

響「ちょ、これは犬のご飯さ!」

美希「貴音なら食べそうなの…」

貴音「ふふ、いおりんのご飯を取り上げるほどいけずではないですよ」

雪歩「なんか心配だなぁ」


真「そういえば、いおりんなら大丈夫なんだね」

雪歩「うん、どうしてかな?」

P「……」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 16:44:35.13 ID:1yGLgJDsi

P「いおりんも事務所に馴染んできたなぁ」

P「みんなに好かれてるし」

P「たがしかし! いおりんの事が一番好きなのは俺だ!」


伊織「へえ?」

P「あ」

伊織「じゃあ私はどうなのかしら?」

小鳥「おはよう、伊織ちゃん」

春香「彼氏が浮気ですよ、浮気」

P「ちょ…ちが」

伊織「ふぅん?」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 16:48:14.45 ID:1yGLgJDsi

伊織「いっぺん死ね!」


ゲシッ

ギャァァァァァ



あずさ「それにしても、どうやって元に戻ったんですか?」

小鳥「ちゅーですよ! ちゅー」

あずさ「あら、ロマンチック」

小鳥「でしょう?」




伊織「アンタに甘えていいのは、私だけなんだから!」



伊織「すりー」
完!


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 16:51:02.45 ID:1yGLgJDsi

これにて完結です
最近保守ssが多かったので箸休めの意味で書きました

じゃあね





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿