TOP > アイドルマスター > 雪歩「ぴょん」

雪歩「ぴょん」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:17:40.35 ID:I5W9TSd8i

~某日、事務所~


P「おはようございます」

小鳥「おはようございます」

P「あれ、小鳥さんだけですか?」

小鳥「いえ……」チラッ


<………


P「ああ…雪歩が」

小鳥「あの穴から出てこないんですよ」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:22:34.25 ID:I5W9TSd8i

P「おーい、出て来てくれー」


< はいぃ…


ぴょこ


小鳥「あら?」

P「んん?」

P「あれ、うさぎの耳ですよね」

小鳥「ええ…あの穴の中で飼ってるのかしら?」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:27:30.00 ID:I5W9TSd8i

P「雪歩、うさぎでも飼い始めたの………か?」


ぴこぴこ


雪歩「飼ってませんようぅ……」

小鳥「」

P「」

雪歩「朝起きたら…うさぎさんの耳が…」



P「うさ耳ぃぃぃぃ!!」

小鳥「ゆきぴょん! ゆきぴょーん!!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:32:17.14 ID:I5W9TSd8i

雪歩「ひぃぃ!?」


ささっ


P「あ、また穴に隠れた!」

小鳥「感極まって叫び過ぎましたね」

P「仕方がないですって」

小鳥「ですよね」




雪歩「うぅ……」

雪歩「耳がキンキンする…」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:37:38.48 ID:I5W9TSd8i

P「とにかく、どうしてうさ耳なんて」

小鳥「気になりますね」

P「ぴこぴこ動いているところを見るに、単に頭に付けている訳ではなさそうです」

小鳥「と言うより生えてますもんね」


P「よく無事に事務所まで辿り着けたな」

雪歩「その、帽子を被ってタクシーに乗ったんです」

小鳥「なるほど」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:41:16.34 ID:I5W9TSd8i

P「しかし…」

雪歩「……?」

P「可愛いなぁ」

雪歩「はひっ!?」

小鳥「非の打ち所がないですよね」

雪歩「あ、あの……ぅ…」



雪歩「やっぱり穴掘って埋まってますぅ!」

小鳥「させないわ!」ガシッ

雪歩「ひゃあ!」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:46:08.42 ID:I5W9TSd8i

雪歩「離して下さいぃ~」

小鳥「ふふふ…」


もふっ


小鳥「!?!?」

P「どうしました?」

小鳥「も、もしかして……」サワサワ

雪歩「ひぅ……!」

小鳥「お尻にもふもふした…尻尾が」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:52:22.18 ID:I5W9TSd8i

P「え、見せて」


ぺろん


小鳥「はい」

雪歩「はい?」

P「今日は水玉か……って!」


雪歩「い、いやぁーー!!!」



小鳥「あったでしょう? 尻尾」

P「パンツとお尻に目が釘付けでした」

小鳥「スケベ」

雪歩「えっちですぅ……」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:57:59.59 ID:I5W9TSd8i

P「しかし…」

雪歩「……?」

小鳥「雪歩ちゃんがうさぎとは…」

P「さみしいと死んでしまうんですね」

雪歩「そ、そんな…」

小鳥「あと、年中発情期ですよ」

雪歩「……!」

P「なんですと!?」

雪歩「そそそそんな事ないですぅ!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 23:02:47.01 ID:I5W9TSd8i

P「ほれ、ポッキー」

雪歩「あ、ありがとうございます」


ぽりぽり


P「……」

小鳥「……」

雪歩「…?」

P「普通に食べてる」

小鳥「リスじゃないんですから」

P「そうだった」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 23:09:52.79 ID:I5W9TSd8i

P「……」


さわさわ


雪歩「ひゃ!?」

P「耳もふもふしてる」

小鳥「どれどれ……」


もふもふ


雪歩「ひぁ……や、やめっ…」

雪歩「その…敏感なんですぅ……」

P「ビン?」

小鳥「カン?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 23:14:18.70 ID:I5W9TSd8i

小鳥「敏感と言われたら」

P「攻めない訳には行きませんよね」

小鳥「ええ!」

雪歩「ええ!?」


もふもふ

さわさわ



イヤァァァァァ!!


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 23:19:09.25 ID:I5W9TSd8i

……




P「ふう…」

小鳥「良かったわぁ…」

雪歩「はぅ……ん」


P「ぐったりしてますね」

小鳥「事後みたいですね」


雪歩「ひどいですよぅ…ぐすっ」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 23:27:51.66 ID:I5W9TSd8i

P「目が赤い」

小鳥「人参の食べ過ぎですね」

雪歩「ふ、ふたりに弄ばれたからですぅ!」


とすん


P(足踏み?)

小鳥(イライラするとやる習性があるみたいですよ?)

雪歩「うぅ、もうお嫁にいけません…」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 23:34:18.58 ID:I5W9TSd8i

P「最悪俺が嫁にもらってあげるよ」ボソッ


ぴこぴこ


雪歩「ほ、本当ですか?」

小鳥「バッチリ聞こえてたみたいですよ」

P「さすがうさ耳」

雪歩(プロデューサーのお嫁さん……えへへ)



雪歩「ぴょん」
完!





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿