TOP > アイドルマスター > 貴音「うにゃー」

貴音「うにゃー」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 20:20:11.88 ID:yBpa+caYi

~某日、事務所~


貴音「~♪」


ぺろぺろ


P「ひゃあ! や、やめろー!」

小鳥「いいわ! すっごくいいわぁ!」

P「ハッスルしてないで助けて下さい!」



貴音「……はっ、私は何を…」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 20:23:24.30 ID:yBpa+caYi

小鳥「あ、正気に戻った」

P「よかった……とりあえず降りてくれるか?」

貴音「!?!?」

貴音「な、なな……っ!」


てしてしてし!


P「痛い痛い! 猫ぱんちはやめて!」

貴音「っ~~!」

小鳥「引っ掻かれるよりマシですよ」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 20:26:48.36 ID:yBpa+caYi

……



P「落ち着いたか?」

貴音「はい…」

貴音「すいません、とんだ粗相を…」

P「いや、いいって事よ」

小鳥「ええ! ぺろぺろはご褒美よ!」

貴音「ぺろぺろ…あぅ……」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 20:30:04.00 ID:yBpa+caYi

P「しかし、マタタビには弱いんだな」

小鳥「猫の本能でしょうかね」

貴音「あの匂いを嗅いだ瞬間、理性が…」

P「ますます猫だな」

小鳥「ええ…」

貴音「何故私が猫に……」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 20:36:39.12 ID:yBpa+caYi

P「どこか気品のある振る舞い」

小鳥「好奇心旺盛なところ」

P「猫だな」

小鳥「ええ、猫ですよね」

貴音「喜んで良いのか怒るべきなのか…」


P「問題は、なぜ突然猫耳が生えたか」

小鳥「もしかして……」

貴音「もしや心当たりが?」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 20:41:14.34 ID:yBpa+caYi

小鳥「貴音ちゃん…猫の尻尾を踏んづけたりしてない?」

貴音「猫の尻尾…ですか」

貴音「踏んだ覚えはないですね」

小鳥「『猫踏んじゃった』っていうのがあって」

貴音「猫踏んじゃった…」

小鳥「猫の尻尾を踏んづけちゃった人が、どんどん猫になっていく呪いなの」

貴音「……!!」

P(なにそれ初耳)


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 20:49:05.63 ID:yBpa+caYi

貴音「し、して小鳥嬢……呪いを解く方法はあるのですか?」

小鳥「ふふふ」

小鳥「呪いにかかったお姫様を助けるには……」

貴音「っ………!」



小鳥「思い人からのキスよ!」

貴音「えっ!」

P「えっ?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 20:54:14.06 ID:yBpa+caYi

小鳥「思いを寄せる人が、貴音ちゃんにいれば…」

小鳥「あるいは、ね?」

貴音「…!」

P(え、好きな人いるの?)


貴音「あなた様…」

P「ああ、遠慮する事はない」

P(好きな人のところへ行っておいで)


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 21:01:59.32 ID:yBpa+caYi

貴音「ん………」



P「…ん?」

小鳥「ん?」

P「え、なにやってんの?」

貴音「え……」

小鳥「あなたが何してるんですか」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 21:07:43.88 ID:yBpa+caYi

貴音「ふんっ!」


ぽこっ


P「痛い!」

貴音「あなた様は鈍感が過ぎます!」

貴音「先ほど、私がどれほど勇気を出したか…」


P「はい?」

小鳥(にぶちん)


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 21:15:56.08 ID:yBpa+caYi

貴音「あなた様…」




貴音「お慕いしております」

P「」


小鳥「やっぱり、気付いてなかったみたい」

P「」


貴音「あの、あなた様…?」

小鳥「完全に放心してるわね」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 21:19:31.73 ID:yBpa+caYi

小鳥「こういう時はね……」


ひそひそ

ぴこぴこ


貴音「…そうするしか、ないのですか?」

小鳥「ええ、頑張って!」

貴音「……はい」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 21:23:44.92 ID:yBpa+caYi

貴音「……」

P「」

貴音「……ご」


貴音「ご主人様、起きる時間だにゃあ」


ちゅ


P「……は?」

貴音「なんとも…恥ずかしいですね」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 21:28:29.79 ID:yBpa+caYi

P「わあぁぁぁぁ!」

小鳥「うっひょおおお!」

貴音「っ~~~!!」


ばしっ


P「痛っ!」

小鳥「ビンタ!?」

貴音「??」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 21:33:21.12 ID:yBpa+caYi

しゅんしゅん


P「って……耳が」

小鳥「尻尾も…」

貴音「元に戻ったのですか?」

P「そうみたいだ」

小鳥「ちぇっ」

P「ちぇっ」

貴音「何故悔しそうなのですか…」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 21:38:22.92 ID:yBpa+caYi

P「せっかく可愛かったのに」

貴音「おや、猫耳の生えてない私はお嫌いですか?」

P「いや、そんな事はないぞ!?」

貴音「ならば、良いではないですか」

P「そうか…そうだな」


貴音「ふふっ…」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 21:43:40.70 ID:yBpa+caYi

貴音「ところで、先ほどの返事を聞いておりません」

P「……」

小鳥「……」

貴音「お返事を、お聞かせ下さいませんか…?」



P「そうだな…俺は…」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 21:49:32.74 ID:yBpa+caYi

………




P「あ、捨て猫」

貴音「おや、そのようです」

P「……毛並みが銀色」

P「なんか、貴音っぽい猫だ」

貴音「そうでしょうか?」

P「……飼おうかな」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 21:56:19.23 ID:yBpa+caYi

P「うんと可愛がろう」

貴音「むっ…」

P「はは、妬いてる」

貴音「たとえ猫とはいえ、あなた様を独り占めできなくなるのは…」

P「うい奴め」


ごろごろ


貴音「んぅ……私は猫ではないです!」

貴音「あなた様のいけず!」




貴音「うにゃー」
完!





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿