TOP > アイドルマスター > P「美希、みかん食べるか?」

P「美希、みかん食べるか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 02:35:47.58 ID:CFgQb19X0

美希「おみかん? 食べるの!」

P「じゃあ、はい」

美希「わーい」

P「あ、食べる前にはちゃんと手を洗っておけよ」

美希「はいなの」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 02:40:08.31 ID:CFgQb19X0

美希「あむ、あむ」

P「美味いか?」

美希「うん! とっても甘くておいしいの!」

P「そりゃよかった。やっぱり冬はこたつとみかんだよなー」

美希「なのー」

P「事務所にこたつ置いてくれた音無さんに感謝しないとな」

美希「ミキ、今度小鳥の肩たたきしたげるの」

P「そんなおばあちゃんに優しくしてあげるみたいな言い方せんでも」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 02:45:03.30 ID:CFgQb19X0

美希「もう食べちゃった。ねぇねぇハニー、もう一個ちょうだいなの」

P「おう、いいぞ」

美希「わーい」

P「みかんはビタミン豊富だからな」

美希「気兼ね無く食べられるのー」

P「でもあんまり食べすぎると、手が黄色くなるっていうから要注意だぞ」

美希「……それって、よく聞くけど本当なのかな?」

P「……多分。俺はなったことないけど」

美希「じゃあミキ、一回実験してみようかな」

P「やめときなさい。握手会の時にファンがびっくりするだろ」

美希「ちぇっ。なの」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 02:48:45.55 ID:CFgQb19X0

美希「むきむき」

P「お、美希はみかんは下の方からむく派か」

美希「うん。だって上の方はヘタがあって爪をさしにくいの」

P「言われてみればそうだな」

美希「ハニーは上からむく派なの?」

P「ああ。子どもの頃からそうしてるな」

美希「ふぅん。ちなみに、白い筋は取る派?」

P「昔は取ってたが、今はそのまま食べてるな。めんどくさいし」

美希「あはっ☆ ミキも昔は、白い筋を完璧に取り切ることに命懸けてたの!」

P「誰もが通る道だよなー」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 02:54:44.95 ID:CFgQb19X0

美希「でもねハニー、この白い筋ってジツはすごく栄養あるらしーよ」

P「ああ、俺もそれ聞いたことあるな。確か、中性脂肪を分解する働きがあるとかなんとか」

美希「そうなんだ。ハニーは物知りだね!」

P「はは……。(テレビの情報番組の受け売りだけどな……)」

美希「ねぇねぇハニー、もう一個ちょうだいなの」

P「おう、いいぞ……ってか、食べるの早いな」

美希「えへへ……みかんって甘くて柔らかいから、いくらでも食べられちゃうの」

P「まあ、これで最後な。手を黄色くしないためにも」

美希「はーいなの」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 02:58:43.57 ID:CFgQb19X0

美希「あむ、あむ」

P「美希は本当に幸せそうに食べるな」

美希「うん。だってミキ、今すっごく幸せだもん!」

P「それはよかった」

美希「ハニーも幸せ?」

P「ああ、幸せだな」

美希「えへへ……」

P「なんだ、嬉しそうな顔して」

美希「ミキも幸せで、ハニーも幸せ。それだけで、ミキはとっても嬉しくなっちゃうの」

P「……美希……」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 03:07:27.58 ID:CFgQb19X0

美希「ミキね、こうやってハニーと一緒におこた入って、一緒におみかん食べられたら……もうそれだけで、他には何もいらないって思うな」

P「そう言ってもらえるのはありがたいが……美希にはまだ、目指すべきものがあるだろ?」

美希「うん。わかってるよ。目指す夢は―――トップアイドルなの!」

P「……ああ。それでいい」

美希「えへへ……でも今はぁ……こうしてハニーと一緒の時間を……あふぅ」

P「おいおい。こたつで寝るなよ。風邪引くぞ?」

美希「ダイジョーブなの。きっとそうなる前に、ハニーが起こしてくれるから……ね?」

P「……ったく、もう。ちょっとだけだからな」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 03:12:17.26 ID:CFgQb19X0

美希「……えへへ。ありがとうなの、ハニー……すぅ……すぅ……」

P「……やれやれ。相変わらずの瞬間睡眠だな……」

P「まあでも、少しくらいは大目に見るか」

P「いつか輝くその日を夢見て……しばしの休息ってことで、な」

美希「……うぅ……もうおみかん食べられないの~……」








『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿