TOP > Fate/stay night > セイバー「第一回綾香に相応しい夫決定杯!!」

セイバー「第一回綾香に相応しい夫決定杯!!」

2018/01/17 22:03 | Fate/stay night | コメント(0)
1: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 19:45:52.55 ID:/CpszMDsO

セイバー「この大会に勝った者が綾香と晴れて結ばれる!」

ランサー「面白れじゃねえか」

アーチャー「その勝負、受けて立とう!! 無論、勝つのは英雄王であるこの我だがな!!」

セイバー「それでは第一回綾香に相応s綾香「はいストップ」


2: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 19:49:28.68 ID:/CpszMDsO

セイバー「どうしたんだい綾香、もしかして心の準備ができてないのかい?」

綾香「よくそんな事が言えるわね……」

ランサー「家の鳩でも逃げ出したのか?」

綾香「違います」

アーチャー「さてはこの大会で我が負けるのを恐れているのだな!? 安心しろアヤカ、我が勝つと約束しよう!!」

綾香(喋る気も失せる……)


3: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 19:52:13.62 ID:/CpszMDsO

綾香「私が言いたいのは……結婚したいだなんて一言も言ってないのに勝手にこんな大会を開くなってことよ」

セイバー「したいんじゃないのかい?」

綾香「私がいつそんな事言ったのよ!?」

アーチャー「そうだぞセイバー、アヤカは貴様とではなく俺としたいと言っているんだ」

綾香「それも言ってないです」

ランサー「……ったく、お前ら好き勝手に言いやがって……お嬢ちゃんに耳を傾けたらどうだ?」

綾香(やっぱランサーさんが一番まともだ……)

ランサー「……さ、ゆっくり話な、お嬢ちゃん」

綾香(……ちゃんとズボンを履いていれば)


4: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 19:55:56.66 ID:/CpszMDsO

セイバー「では大会のルールについて説明する」

綾香(結局続けるんだ……)

セイバー「ルールは簡単、一回の戦いで一人が脱落する」

アーチャー「つまり二回勝てばいいのだな……容易い」

ランサー「そんで……殴り合いで決めるのか?」

セイバー「違う……対決の内容は……」

ランサー「内容は……」

セイバー「……フィギュア探しだ!!」

アーチャー「……フィギュア?」


5: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 20:00:25.73 ID:/CpszMDsO

セイバー「綾香、若しくは僕のフィギュアがそれぞれ一個ずつある。 どちらかを見つければ決勝進出だ」

アーチャー「待て、何故貴様のフィギュアなどを探さなければいけないのだ」

セイバー「そのフィギュアは本来はセットでね……くっつければ僕と綾香がキスをするんだ」

綾香(キモイ)

アーチャー「何だと!? それでは貴様とアヤカが結ばれるのは必然と言ってるようなものじゃないか!!」

セイバー「違うのかい?」

ランサー「あたりめえだろ」

セイバー「……戯言は置いといて……とりあえずある建物にフィギュアを隠したからそこまで行こう」

綾香「どこに隠したの?」

セイバー「衛宮邸だ」


6: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 20:05:36.43 ID:/CpszMDsO

セイバー「幸い、今は第五次聖杯戦争中でみんな外出中なんだ。 そこにフィギュアを隠した」

綾香(うわぁ……不法侵入だ)

アーチャー「待てセイバー。 そのフィギュアは誰が隠したんだ?」

セイバー「僕だが?」

ランサー「おい! つーことは隠してる場所知ってんじゃねえか!! てめえまさかそんなズルを……」

セイバー「待ってくれ、実は僕も覚えてないんだ」

アーチャー「もっとマシな言い訳を考えたらどうだ?」

セイバー「いや、これは本当なんだ……僕はほかの人よりも物忘れが激しくてね……現に僕は八年前の聖杯戦争のことを全く覚えていない」

綾香「えっ、でもセイバー、あれは嘘だって……むぐっ!?」

セイバー「そ、それに昨日の晩御飯も覚えていないし、誰と話したかも覚えてない」

セイバー(上手く誤魔化せるだろうか……)

綾香(そんなこと言ったってどうせ……)

ランサー「そうか……疑って悪かったな」

アーチャー「つまり我々三人は平等という訳だな」

セイバー(良かった)

綾香(ほんとバカばっか)


7: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 20:06:58.01 ID:/CpszMDsO

セイバー「よし、これから第一回戦、フィギュア探しを始める! 器物損壊はルール違反とみなす!!」

ランサー「そんなことしなくてもすぐに見つけてやるよ」

アーチャー「我の台詞だ、ランサー」

綾香(とりあえず衛宮さん達が帰って来るまでに見つかるように祈ろう)

セイバー「よーい……スタート!!」


9: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 20:12:36.66 ID:/CpszMDsO

アーチャー「フィギュアは和室にあると見た!」

セイバー「僕は天井の裏だ!」

ランサー「そんじゃ、俺は洗面所にでも行くか」












ランサー「……どうやらここにはねぇみてーだな……おっ」

ランサー「……女物の下着が山積みになってんな……って、今はそれどころじゃねえ、早くフィギュアを……ん?」

ランサー「このパンツ……名前が書いてあんな」

『せいばあ』

ランサー「!!!?」


10: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 20:15:41.86 ID:/CpszMDsO

ランサー「こ、こいつは……一体どういうことだ!?」

ランサー「いや落ち着け、ここは衛宮邸だ……」

ランサー「……」

ランサー「……ふぅ、整理がついたぜ。 衛宮邸に『せいばあ』と書かれたパンツ、つまり……」

ランサー「……あの色男は女装が趣味だったんだな!!」

ランサー「へへっ、このパンツをもらっけばあいつの弱みを握ったのも同然……後々役に立ちそうだな」

ランサー「……誰も見てねえよな?」

綾香(見てるんですけど)


12: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 20:19:36.25 ID:/CpszMDsO

アーチャー「ふん、セイバーめ、何が天井の裏だ」

アーチャー「単細胞のあいつのことだ、机の裏のような分かりやすいところに……」

アーチャー「……あったぞ!!」

アーチャー「ふははは! これで決勝進出だ!!」

セイバー「フィギュアをよく見ろアーチャー!!」

アーチャー「フィギュアを……なっ!?」

アーチャー「こ、このフィギュアは……綾香のようで綾香じゃない!?」

セイバー「かかったな! それは綾香ではなく常に妖刀を所持している池袋の高校に通う女子高生のフィギュアだ!!」

アーチャー「なんだとおおおおお!?」

セイバー「因みに本物の綾香のフィギュアはこっちだ!!」

アーチャー「!! 貴様、やはり記憶が……」

セイバー「ち、違う!! たまたま見つけたんだ!」

アーチャー「……くっ、まあいい。 ランサーよりも先に貴様のフィギュアを見つければいい話だ……」

うおおおおおおお!?

アーチャー「!! 今の声は……ランサー!?」

セイバー「キッチンから聞こえたね」

アーチャー「まさか俺より先にフィギュアを……行かなくては!!」ダッ


14: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 20:23:54.97 ID:9Y+oIEIV0

アーチャー「ふん、セイバーめ、何が天井の裏だ」

アーチャー「単細胞のあいつのことだ、机の裏のような分かりやすいところに……」

アーチャー「……あったぞ!!」

アーチャー「ふははは! これで決勝進出だ!!」

セイバー「フィギュアをよく見ろアーチャー!!」

アーチャー「フィギュアを……なっ!?」

アーチャー「こ、このフィギュアは……綾香のようで綾香じゃない!?」

セイバー「かかったな! それは綾香ではなく常に妖刀を所持している池袋の高校に通う女子高生のフィギュアだ!!」

アーチャー「なんだとおおおおお!?」

セイバー「因みに本物の綾香のフィギュアはこっちだ!!」

アーチャー「!! 貴様、やはり記憶が……」

セイバー「ち、違う!! たまたま見つけたんだ!」

アーチャー「……くっ、まあいい。 ランサーよりも先に貴様のフィギュアを見つければいい話だ……」

うおおおおおおお!?

アーチャー「!! 今の声は……ランサー!?」

セイバー「キッチンから聞こえたね」

アーチャー「まさか俺より先にフィギュアを……行かなくては!!」ダッ


15: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 20:25:36.74 ID:9Y+oIEIV0

アーチャー「どうしたランサー!!」

ランサー「いや、キッチンにいっぱいお嬢ちゃんに似たフィギュアがあったからびっくりしちまってな……」

アーチャー「アヤカだったら素晴らしいものの……悪趣味な……」

アーチャー(……はっ!!)

アーチャー(大量の偽アヤカフィギュアの中に……金髪の男のフィギュアが混じっているではないか!!)

ランサー「……」

アーチャー(そしてランサーは気づいてない……この勝負、貰った!!)

ガシッ!

アーチャー「手に入れたぞ、セイバーのフィギュア!!」

ランサー「何!?」

セイバー「フィギュアをよく見ろアーチャー!!」

アーチャー「フィギュアを……なっ!?」

アーチャー「こ、このフィギュアは……セイバーのようでセイバーじゃない!?」

セイバー「かかったな! それは3歳にして20歳の身体にまで成長した女性を妻に持つ騎士のフィギュアだ!」

アーチャー「なんだとおおおおお!?」

ランサー「ん? もう一つ金髪のフィギュアがあるじゃねえか」

セイバー「それが僕のフィギュアだ」

アーチャー「なっ……ということは我は……」

セイバー「ああ、敗退だ」

アーチャー「ばかな……アヤカ……すまない……」

綾香「ありがとうございます」にこっ

アーチャー「!?」

セイバー「とりあえず一回戦も終わったし、早く衛宮邸を出よう」

ランサー「そうだな」

アーチャー「……我は帰るぞ」

綾香(引き分けになってくれないかな……)


16: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 20:26:41.19 ID:9Y+oIEIV0

ランサー「そんで……決勝戦はどこでフィギュア探しするんだ?」

セイバー「決勝戦はフィギュア探しではない」

ランサー「じゃあなんだよ、殴り合いか?」

綾香(寧ろ、そうであってほしいな。 ダブルノックアウトで二人とも入院すればいいのに)

セイバー「決勝戦は綾香の眼鏡を外したら勝ちだ」

綾香「!!?」


17: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 20:30:28.53 ID:9Y+oIEIV0

綾香「セ、セイバー、どういうこと!?」

ランサー「なるほどね……お嬢ちゃんの可愛い姿を見られるのは夫の資格があるやつってことか……」

セイバー「察しがいいなランサー、その通りだ」

綾香「なんで分かるの!?」

セイバー「というわけで綾香、早速……」

綾香「えっ」

ランサー「取らせてもらうぜ……」

綾香(に、逃げなきゃ!)ダッ

セイバー「! 待ってくれ綾香!」ダッ

ランサー「……素直じゃねえな」ダッ


18: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 20:32:53.76 ID:9Y+oIEIV0

綾香「はぁ……はぁ……」タッタッタッ

セイバー「くっ……中々追いつかない」タッタッタッ

ランサー「……なぁ騎士さんよぉ、この勝負、俺に譲ってくれねえか?」

セイバー「悪いがそんなつもりは毛頭ない」

ランサー「へえ……これを見てもか?」

『せいばあ』

セイバー「……そのパンツは?」

ランサー「とぼけても無駄だぜ? お前に女装の趣味があったってお嬢ちゃんが知ったら相当ショックを受けるだろうな」

セイバー「??? 別に僕にそんな趣味はないが……」

ランサー「まさかお前……自分が女装が趣味ってのも忘れちまったのか?」

「それは誰のパンツですか?」

ランサー「ああ、これはこの色男の……っん!?」

青セイバー「違います、私のパンツです」

ランサー「何っ!?」

青セイバー「綾香が私にメールで教えてくれました、貴方が下着を盗んだと……」

ランサー「見てたのかよ……」

青セイバー「大人しく捕まってください」

ランサー「こ、これには訳があってだな……」

青セイバー「黙れ!!」ダッ

ランサー「やべっ、逃げろ!!」ダッ


19: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 20:33:51.21 ID:9Y+oIEIV0

綾香「はぁ……はぁ……」←逃げる綾香

セイバー「待ってくれ綾香!」←それを追いかけるセイバー

ランサー「た、助けてくれ!」←それを追いかけるランサー

青セイバー「待ちなさい犯罪者!」←それを追いかける青セイバー

士郎「セイバー! 食い逃げは捕まるって!」←それを追いかける士郎


20: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 20:36:25.36 ID:9Y+oIEIV0

セイバー「ランサーが見えなくなった……さては彼女に捕まったな」

綾香(とにかく逃げなきゃ……遠くに逃げなきゃ……!)タッタッタッ

セイバー「綾香が角を曲がった……逃がさない!」ダッ

ガンッ!

??「きゃっ!?」

セイバー「!! ご、ごめんなさい! 私の不注意で……」

セイバー「……!!!」

愛歌「こんなところで会うなんて……運命ねセイバー///」

セイバー「うわあああああああ!?」


21: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 20:39:53.41 ID:9Y+oIEIV0

綾香(良かった……丁度いいところにお姉ちゃんが!)

愛歌「ねえセイバー……今日は二人きりでどこか行かない?」

セイバー「いや……実は僕も用事が……」

愛歌「そうなの……じゃあ出かけるのはやめて……ここでヤる?」

セイバー「なんでそうなるんだ!? 道の中で堂々とヤる人なんかいないよ!! 第一僕と君はそういう関係じゃ……」

愛歌「そんな……違うというの?……酷いわ。 私、あの時が初めてだったのに」

セイバー「そもそもヤってないじゃないか!? ……綾香、助けてくれないか!?」

綾香「……セイバー」

セイバー「?」

綾香「セイバーとお姉ちゃん、とってもお似合い」b

セイバー「!?」

愛歌「お似合いですってセイバー……さあ早くヤりましょう///」

セイバー(綾香があんな笑顔で言っているということは……嘘ではないということ)

セイバー(もしここで愛歌と別れれば……綾香は悲しむかもしれない!!)

セイバー「愛歌……ヤろう」

愛歌「本当に!? やっとその気になったのね……///」

セイバー(もうどうにでもなれ!!)

セイバー「……ファイナルストラーーーーーーーイク!!」

綾香(今の内に逃げよう)


22: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 20:41:17.13 ID:9Y+oIEIV0

綾香「はぁ……はぁ……」

綾香「……ここまでくればもう大丈夫なはず……」

パッ

綾香「……あれっ!? め、眼鏡が取られた!?」

綾香「だ、誰!? 誰なの!?」

赤セイバー「……うむ、眼鏡を外したそなたは実に可愛い///」

綾香「いやあああああ変態いいいいい!!」


23: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 20:43:34.30 ID:9Y+oIEIV0

赤セイバー「余が眼鏡を外したということは……余と奏者が結ばれるのだな?」

綾香「あなたと契約してないし! ていうかあなた、一回戦でてないし!!」

赤セイバー「何をいうか、ちゃんとそなたのフィギュアを持っているぞ、しかも自家製」

綾香「ていうか元々、私は誰が勝っても断るつもりだったんです!!」

赤セイバー「ほう……口ではそう言っても……身体は正直のようだぞ?」

綾香「どこ見て何言ってんですか!?」

赤セイバー「さあ、大人しく余と……」

アーチャー「待て小娘!!」

赤セイバー「何奴……?」

綾香「アーチャーさん!? ……帰ったんじゃ……?」

アーチャー「綾香……英雄王たるこの俺がそうやすやすと帰る男だと思うか?」

綾香「うん」

アーチャー「」


24: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 20:47:40.86 ID:9Y+oIEIV0

アーチャー「貴様にはまだアヤカと結ばれる資格はない」

赤セイバー「何を言うか! 余は眼鏡を外したぞ!」

アーチャー「……この大会名を言ってみろ」

赤セイバー「……『第一回綾香に相応しい夫決定杯』」

アーチャー「……そうだ、第一回……ここが重要なのだ」

赤セイバー「第一回……はっ!?」

アーチャー「ほう……気づいたようだな」

赤セイバー「第一回ということは……第二回もある!?」

アーチャー「そういうことだ」

綾香(もうやだ……)


25: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 20:51:41.01 ID:9Y+oIEIV0

アーチャー「第二回、第三回と続き……総合順位で一位だった者がアヤカと結婚するのだ!」

赤セイバー「くっ、浮かれていた……だが第二回も一位になれば余の勝利は確実……」

セイバー「いや、次こそは僕が勝つ」

綾香「いつの間に!?」

ランサー「そんで……第二回はいつやるんだ?」

綾香(ランサーさん、顔がボコボコだ……)

愛歌「それよりもー『セイバーの妻決定杯』やらない?」

セイバー「!!!?」


26: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 20:55:12.23 ID:9Y+oIEIV0

愛歌「誰かこの大会に立候補する人ー?」

シーン……

愛歌「誰もいない……とういうことで私の不戦勝!! セイバーと結ばれるのね!///」

セイバー「だ、誰か立候補してくれ!!」

ランサー「……生きてることを祈るぜ」

アーチャー「……貴様の分も幸せになってやろう」

赤セイバー「……すまぬがそなたは可愛くない」

セイバー「あ……ちょっ……待っ……」

愛歌「結局、さっきはヤらないで逃げちゃって……今度こそ逃がさないからね?」

セイバー「綾香! 助けてくれ綾香!!」

綾香「……令呪を持って命ずる」

セイバー「綾香……助けてくれるんだね! ありがとう!」

綾香「……セイバー、沙条愛歌と結婚せよ」

セイバー「!!!?」

愛歌「ずーーーーーっと一緒よ? セイバー……///」

セイバー「あああああああああああ!!!」


27: ◆LYNKFR8PTk 2015/06/19(金) 20:56:28.77 ID:9Y+oIEIV0

アーチャー「さて、これでライバルはいなくなったな」

ランサー「ここは試合で決着をつけようじゃねえか」

赤セイバー「ふん、負ける気がせぬ」

三人「うおおおおおお!」

綾香「……もしもし、警察ですか? 男二人が不法侵入で……あ、あと女一人がストーカーで……」

〜終わり〜

綾香(ドラマCDとか花札でパロディいっぱいあったからって>>12>>15>>21は酷いわね……)





『Fate/stay night』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿