TOP > アイドルマスター > 真美「ハイパ→・バトルサイボ→グ」

真美「ハイパ→・バトルサイボ→グ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/31(水) 23:52:11.14 ID:6dWBaTOn0

真美「うあうあ→!!このままじゃレッスンに遅れちゃうよ→!!」

真美「はあっ、はあっ、はあっ」

真美「何で、レッスン、前に、猛ダッシュ、しなきゃ、いけないのさ!!」

「きゃああああああ!!ひったくりよおおおおお!!」

「誰かそいつを止めてくれ!!」

真美「え?」

「邪魔だっ!!」






ドカッ

真美「っ!?」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/31(水) 23:53:07.39 ID:6dWBaTOn0

真美「い、いた」

真美「痛い、痛いよぉ」

真美「痛ああああああああああああああ!!」

「お、女の子が……!!」

「誰か救急車を!!」

「顔をおさえてるぞ!!」






真美「痛い、痛い、痛い……!!」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/31(水) 23:54:30.81 ID:6dWBaTOn0

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

真美「ってコトがあったの」

春香「それで包帯を?」

真美「鼻の骨がポッキリ」

響「痛むのか?」

真美「触らなければだいじょぶだよ」

春香「本当に酷い話だね……」






亜美「……」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/31(水) 23:55:27.69 ID:6dWBaTOn0

響「亜美?」

亜美「……あの日から」

響「うん?」

亜美「……怪我してから真美、なんかおかしいんだよね」

響「本当は痛いの我慢してるとか?」

亜美「……違う、違うんだよひびきん」

響「……?」

亜美「……見ててね?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/31(水) 23:57:02.01 ID:6dWBaTOn0

真美「もう、心配しすぎっしょ!!」

春香「で、でも……」

真美「だいじょぶだって!!」






亜美「876プロ」ボソッ






真美「っ!?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/31(水) 23:59:00.74 ID:6dWBaTOn0

真美「バ、バ、バン……、バン……」

響「ま、真美?」

真美「バン、バンッ……」

春香「ちょっと亜美!!何を言ったの!?」

真美「ま、真美の、真美の顔は……」

亜美「真美……」

真美「真美の顔はもう……」









真美「ジェロム・レ・バンナみたいになっちゃうんだ……!!!!!!」ポロポロ


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 00:01:03.43 ID:T2HVcLzp0

春香「えっ」

響「あ、亜美!!」

亜美「……ずっとこうなんだよね」

亜美「鼻がバンナって人みたいになっちゃうー、って」






真美「やだよ……!!真美、バンナになりたくないよぉ……!!」ガクガク


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 00:03:29.97 ID:T2HVcLzp0

春香「だ、誰?」

亜美「調べてみたらね、格闘技の人だったんだー……」

響「あっ、あの人か!!」

春香「えっ?響ちゃん知ってるの!?」

響「にぃにが格闘技好きでたまに一緒に観てたから……」






響「真美、大丈夫だぞ?真美の鼻があんな風になるはずないさー!!」ダキッ

真美「嫌あああああ!!嫌あああああ!!」ポロポロ


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 00:04:23.16 ID:T2HVcLzp0

亜美「それでね、これがその人の写真なんだけど……」ピッ







18010921451.jpg


春香「」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 00:09:36.99 ID:T2HVcLzp0

春香「亜美!!この写真怖すぎるよ!!」ゾワ

春香「たしかに鼻が!!あるべき所からずれてるよ!!」






真美「嫌ぁ……、嫌だよぉ……!!」ポロポロ

響「有り得ないから、な?」

亜美「そうだYO→、真美がこんな怖い顔になるわけないじゃんか」

真美「……でも」

春香「響ちゃんや亜美の言う通り、ね?」

真美「う、うん」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 00:15:36.97 ID:T2HVcLzp0

響「はい、この話はここでおしまいだぞ!!」

春香「じ・つ・は!!私クッキー焼いて来たから、みんなで食べてください♪」

響「どれどれ」パクッ



亜美「だから、言ったっしょ?」

亜美「そんなコトあるわけない、ってさ」

亜美「パパも心配ないって言ってたし」

真美「……そっか、そうだよね」

真美「そんなコト、あるはず無いもんね」






真美「はるるん、クッキーちょうだい!!」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 00:17:53.10 ID:T2HVcLzp0

春香「えっとね、今日の味はね……」

亜美「亜美も亜美も!!」

真美「あっ、亜美ずるいYO!!」

亜美「んっふっふ→、早いモノ勝ちだよ?真美くん」








響「ふぅ」

響「やっぱり真美は笑顔じゃなきゃ」

ガチャン


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 00:20:31.12 ID:T2HVcLzp0

響「ん?」






やよい「伊織ちゃんが食べるくらいだから、きっと美味しいんだよね!!」

伊織「まあ、嫌いじゃないわね」

やよい「どんな味なのかなぁ」

伊織「今度食べさせてあげるわよ」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 00:21:28.95 ID:T2HVcLzp0

響「何の話?自分も食べたいぞ」

伊織「やよいが食べた事ないっていうから……」

やよい「響さんは食べた事ありますか?」









やよい「ふぐ」



真美「っ!?」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 00:23:16.27 ID:T2HVcLzp0

響「あるぞ!!沖縄でよく食べに行ってたさー!!」

真美「ア、アン、アンディ……」

やよい「うらやまs……、って真美?」

真美「アンディ……!!アンディ……!!」フルフル

伊織「ちょ、ちょっと真美?」

春香「な、何で……」

真美「うわあああああああああああああ!!」

亜美「真美!!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 00:26:08.78 ID:T2HVcLzp0

真美「きっともう、真美は『フカンのヘイコウ』って呼ばれるようになっちゃうんだ……!!」

響「『無冠の帝王』だぞ……、ってそうじゃなくて!!」

伊織「一体どういう事なの……?」

春香「えっと」カクカクシカジカ

亜美「これ、写真」ピッ

やよい「」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 00:28:22.82 ID:T2HVcLzp0

真美「めるちー?しるぶぷれー?」

伊織「えっ」

真美「真美の中のフランスの血が騒ぐよぉ……」

亜美「双海家にフランスの血は流れてないっしょ……」

春香「な、何言ってるのか分からないよ!!」

真美「真美は時限爆弾なんだよはるるん」

真美「……bomb!!」

春香「」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 00:36:11.30 ID:T2HVcLzp0

亜美「ひびきん……」

響「どうすれば……、どうすれば真美を……」

真美「今の765は仲良しクラブみたいっしょ」

やよい「そ、そんなこといっちゃダメだよ!!」

伊織「真美、しっかりしなさい!!」

真美「いおりん……、真美はもうジャンバルジャンともお話が出来るんだ」

真美「わんわん、わんわん!!」

亜美「ま、真美がぁ……!!」ガタガタ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 00:48:04.60 ID:T2HVcLzp0

真美「うぅ、もう『双海真美』じゃなくて、『マミ・レ・バンナ』になっちゃうんだぁ……!!」

伊織「そんなわけないでしょ!!語呂が悪すぎるわよ!!」

亜美「どうしよ……、真美が……、真美がぁ……!!」

やよい「こういう時こそ、亜美がしっかりしなきゃダメだよ!!」

春香「どの写真も迫力が凄い……」

響「真美!!真美!!」ギュウ






ガチャン

小鳥「外暑過ぎ……、もうだめ……」

真美「っ!?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 00:52:24.78 ID:T2HVcLzp0

真美「ピ、ピー、ピーター……」

響「まずいぞ!!真美落ち着いて!!」

伊織「ちょっと!!何でこのタイミングなのよ!!」

小鳥「な、何のこと?」

真美「マイティ、マイティ……!!」

やよい「真美!!」






真美「うわああああああああああああああ!!」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 01:03:07.73 ID:T2HVcLzp0

真美「うわああ!!ああああ!!」ブンブン

小鳥「きゃああ!!」

響「危ない!!」

伊織「真美!!ここはリングじゃないのよ!!」

真美「誰も、真美の左を食らったら立ち上がれないんだ……」ブンッ

やよい「うわあっ!!」

響「みんな逃げ……、春香ぁ!!」

真美「逃げられないYO……!!」ブンッ

春香「きゃあああ!!」ドンガラ


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 01:06:04.72 ID:T2HVcLzp0

真美「次で仕留めるから」

響「逃げろ春香ぁ!!」

春香「足が……、すくんじゃ、って……」ガクガク

真美「んっふっふ→」

春香「やだ、たすけ、て」

伊織「春香!!」









亜美「……そんなことさせない」バッ

響「あ、亜美!!」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 01:09:01.10 ID:T2HVcLzp0

真美「亜美でも容赦しないよ?」

亜美「容赦なんてしなくていいから」

真美「……っ!!」ブンッ

小鳥「亜美ちゃん!!」






亜美「っ!!」サッ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 01:14:38.76 ID:T2HVcLzp0

真美「っ!?次こそ……!!」ブンッ

亜美「っ!!」ササッ

真美「な、何で……!!」

亜美「当たるわけないじゃん」ダキッ

真美「うあっ!!」

亜美「真美のコト、亜美には全部分かるんだから」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 01:18:53.49 ID:T2HVcLzp0

真美「ちょ、はなして!!」

亜美「真美、聞いて」

真美「クリンチ!!クリンチだよ!!」

亜美「真美!!!!」

真美「っ!?」

亜美「ちゃんと、聞いて」

真美「……」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 01:26:48.67 ID:T2HVcLzp0

真美「『竜宮小町じゃない方』から『顔がバンナの方』になっちゃうんだよ?」

真美「まぁ、亜美には分からないよね」

真美「『竜宮小町の方』のあm 亜美「っ!!」ボコッ!!






真美「がっ……!!」

響「亜美!!」ダッ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 01:34:08.00 ID:T2HVcLzp0

亜美「っ!!っ!!」バシンバシン!!

真美「あっ、ああっ」フラフラ

響「亜美!!やめろ!!」ガシッ

亜美「はなしてひびきん!!こんな奴真美じゃない!!」

伊織「アンタが殴ってどうすんのよ!!」

小鳥「大丈夫、春香ちゃん!!」

春香「は、はい……」









真美「」バタン

やよい「真美!!!!」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 01:36:13.67 ID:T2HVcLzp0

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

亜美「取るよ?」

真美「うん……」

シュルシュル

亜美「……」

真美「……」






真美「真美の顔、だ」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 01:39:42.27 ID:T2HVcLzp0

亜美「なんとも無いじゃん」

真美「……るよ」

亜美「え?」

真美「困るよ!!元通りすぎるっしょ!!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 01:43:14.60 ID:T2HVcLzp0

亜美「いいじゃんか元通りで!!」

真美「あれだけ暴れたのがアホみたいじゃん!!」

亜美「アホだったんだよ!!」

真美「もう今日はジムショいかない!!」

亜美「真美はホントーにバカなんだね!!」

真美「何だと!!」

亜美「何さ!!」

ギャーッギャーッ ドタンバタン


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 01:45:14.75 ID:T2HVcLzp0

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

真美「って事があって……」






亜美「もう亜美の顔はバンナみたいになっちゃうんだ……」ズーン

響「いい加減にしろぉ!!」

                               終


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 01:47:22.00 ID:T2HVcLzp0

いや、まあ、わかってるよ、うん



そんなことより、自分はミルコ最強説を唱えたいんだぞ



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿