TOP > アイドルマスター > やよい「最近事務所のみんながよそよそしいかなーって」

やよい「最近事務所のみんながよそよそしいかなーって」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 02:02:43.45 ID:ar2gMhWB0

やよい「みんなで楽しそうにお話してるんですけど、私が来たら急に静かにしたり…」

やよい「なんの話ですかー?って聞いても、皆『なんでもない』って言ってどっかいっちゃうんです」

P「そうか…いつからだ?」

やよい「うーんと、一週間くらい前からです…」

P「………」

P「(そりゃお前の誕生日会をサプライズで準備してるからだよぅ)」

やよい「みんなどうしちゃったんでしょう…」シュン


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 02:06:38.27 ID:ar2gMhWB0

P「何か心当たりは?」

やよい「…頑張って考えたんですけど、ぜんぜん分かりません…」

P「(そりゃそうだみんなお前のこと大好きでこんなことやってるんだもん)」

P「…そうだな、たとえばやよいにはしづらい話をしてたとか。ほら、高校生組の話題だとついていけなかったりするだろ?」

やよい「亜美や真美も一緒にお話してたのにですか?」

P「うーむ(棒)」

やよい「………」

やよい「もしかして、気づいてないうちに皆さんを怒らせるようなことを…」

P「(ありえないよそんなことぉぉぉおおお)」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 02:09:59.31 ID:ar2gMhWB0

P「まあ何にせよ、秘密にしておきたい話の一つや二つ、誰にでもあるもんだ。気にするな」

やよい「そうですか…?」

P「ああ。しばらくしたら皆元に戻るさ」

P「また寂しくなったら、俺でよければ相談に乗ってやる」

やよい「…ありがとうございます」

P「おう。今日はもう上がれ」

やよい「お疲れ様でした」

ガチャバタン



prrrrrr

P「春香?ちょっと今すぐ事務所に来い。真と雪歩連れてな」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 02:15:04.02 ID:ar2gMhWB0

──────

春香「ごめんなさい…」

P「やってることがバレバレなんだよ。やよいが気づかないのは、まさか自分のためにパーティーを開いてくれるなんて発想がないからだ」

P「ホント健気でいい子だよ…」グスッ

真「でも、いよいよ明日ですよ。とりあえず今日までバレなかっただけ良しとしましょう」

P「よくねえよ。俺の担当アイドルをシュンとさせやがって」

雪歩「確かに、最近やよいちゃん元気なかったかも…ちょっとだけ」

P「今までのお釣りが来るほどまで喜ばせてやれ。成功したら許してやる」

──────

やよい「タイムセールタイムセール………あ」

やよい「ケーキ屋さんだ」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 02:18:38.64 ID:ar2gMhWB0

やよい「……晩御飯の材料費を考えると……うーん……」

やよい「いや、ダメ!自分の誕生日ケーキを買うなんて……」

やよい「うちにはそんな余裕ないもん。ケーキよりもおいしいご飯のほうが皆喜ぶだろうし」

やよい「………」

やよい「……タイムセールタイムセール」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 02:24:47.06 ID:ar2gMhWB0

──────

P「で?明日の具体的なプランを聞いておこうか」

春香「はい。皆の予定を聞いてきたんですが、全員が事務所に集まれるのは夕方6時以降です」

真「やよいはラジオの仕事から帰ってくるのが夜7時ってことで間違いないですよね?」

P「ああ」

春香「つまり、私たちがパーティーの準備をする時間は1時間です」

P「15人くらいでやれば間に合うだろう」

真「順調に行けば、ですけどね」

雪歩「それで…プロデューサーには、万が一のことを考えて時間稼ぎ役になって欲しいんです」

P「間に合わないことはたぶんないだろうけど…まあ1,2時間なら怪しまれないだろう」

春香「OKですね!じゃ、よろしくお願いします」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 02:29:48.40 ID:ar2gMhWB0

翌日

ガチャ

亜美「たっだいま→!」

あずさ「遅くなってごめんなさいね~」

伊織「準備は進んでる!?」

小鳥「お帰りなさい!こっちは順調よ」

真「さっきプロデューサーから連絡があって、やよいの収録が今終わったって」

貴音「こちらもすでにほとんど整っております…ぱーちーは予定通り始められることでしょう」

千早「春香。ケーキの飾りつけ、そろそろやっておかないの?」

春香「あ、うん!まってて」スタタタ

美希「ミキね、かわいいネックレスをプレゼントに選んだの。きっとやよいにすっごく似合うって思うな」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 02:34:11.10 ID:ar2gMhWB0

律子「あら、いいじゃない」

伊織「ふん。私のを見て腰抜かさないでよね」

真美「どこにあるの?」

伊織「この部屋には入らないから、屋上に置いてあるわ」

亜美「SUGGE→」

あずさ「伊織ちゃんはやよいちゃんのこと、大好きなのね~」

伊織「…こ、このくらい当然よ」

春香「~♪」

千早「春香、私もやってみて良いかしら」

春香「んっ、どうぞどうぞ」

千早「………」

春香「おぉ、千早ちゃん上手!」

千早「ありがとう」

カサカサ……カササ……


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 02:40:28.06 ID:ar2gMhWB0

──────

やよい「お疲れさまでしたーっ!」ガルーン

AD「お疲れさん!今日も元気でよかったよ!」

やよい「ありがとうございますー!」

AD「それに最近背も伸びてきてるよね」

やよい「えぇっ!そうですかっ!?」

AD「ああ。きっとやよいちゃんは大人になっても元気でいい子なんだろうなぁ…うちの娘も見習って欲しいよ全く」

やよい「えへへ…失礼しますー!」


P「…は?準備が遅れる?どのくらい?」

P「………最初からやり直し!?あと3時間だぁ!?」

P「何言ってるんだ!そんなに待たせられるわけ……おい春香!」ツーツー


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 02:47:38.51 ID:ar2gMhWB0

やよい「プロデューサー、どうかしたんですか?」

P「おぉ、お疲れ。いやなんでもない」

やよい「………このあとは、事務所に帰るんですか?」

P「……あぁ、それがな……」

P「(事情はよく分からなかったが、どうやってごまかすかな…)」

P「んーとだな……やよい、どこか行きたいところないか?」

やよい「えっ…今からですか?」

P「…あぁ、最近いろいろあっただろ。気晴らしにと思って」

やよい「………そうですね」

やよい「でも、私はプロデューサーの行きたいところでいいかなーって」

P「そうか。とりあえず出るか」

──────

響「……これ、どうするんさー…」

春香「…ごっ、ごめんなさいっ!!!」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 02:51:20.65 ID:ar2gMhWB0

雪歩「仕方ないよ春香ちゃん…だってあんなにたくさん…ぶわーって……うっ」フラッ

真「うわっ、雪歩しっかり!」

小鳥「どうこう言ってる場合じゃないわ。もう一度使えないものは片付けて、飾りつけしなおしましょう」

律子「そうね。春香!もう一度ケーキ作れる?」

春香「でも、材料が…」

亜美「あ、亜美たちがDASHで買ってくるよ!」

真美「任せといて!40秒で戻ってくるからさ!」

貴音「真。プロデューサー殿に連絡は」

真「さっきしたよ。とりあえず多めに3時間まってもらう事にした」

美希「ミキは新しい飾り買って来るね!」

響「自分も行くぞ!」

春香「……みんな」

千早「春香。飾りつけはきっとすぐ直るけど、おいしいケーキは貴女にしか作れないわ」

春香「…千早ちゃん…」

春香「…よし!もう一度頑張ろう!」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 02:55:47.81 ID:ar2gMhWB0

──────

P「(あいつら、大丈夫かな…全部やり直しって何があったんだよ)」

やよい「プロデューサー?」

P「あぁ、ごめん」

P「(ここからどうやって3時間稼ごうか?)」

P「(いや、それより…)」

やよい「プロデューサー、お出かけは嬉しいんですけど」

やよい「家族の晩御飯作りに帰らないと……」

P「(そうなんだよなぁ……誕生日までご飯作ってやるとか、やさしすぎだろ)」

P「長介がやってやれよ!!」

やよい「えっ!?長介!?」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 03:00:43.19 ID:ar2gMhWB0

P「…あ、いやすまない。何でもない」

やよい「長介が…どうしたんですか?」

P「いや……長介、に家事を手伝って貰ったりはしないのかなって思ってさ」

やよい「長介にはまだちょっと早いかもですねー」

P「そ、そうか」

P「(そんなこと言って…おまえどうせ長介くらいの歳のころには家事やってたんだろうよ……)」

P「(…はぁ……やよいのあしながおじさんになりたい)」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 03:07:50.88 ID:ar2gMhWB0

P「なら、家に帰って晩御飯の支度しないとな」

やよい「あっ……はい、でも」

やよい「1時間くらいなら、大丈夫かもです………」

P「…OK」

やよい「………プロデューサー。今日って何の日か知ってますか?」

P「(どうする!?俺だけ先に祝ってしまうか?)」

P「(実は誕生日プレゼントもちゃっかり用意してるんだよ…でも、それだとせっかくの皆のサプライズが)」

P「(どうしよう?先に祝う?ごまかす?>>45だ!)」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 03:09:53.67 ID:QWlJ8DW+0

頭を撫でてごまかす


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 03:13:36.64 ID:ar2gMhWB0

P「……あは、あはは…そうだなぁ…」ナデナデ

やよい「ふわっ…!?」

P「(仕方ない。心苦しいが、ここはみんなのことも考えてまだ隠しておこう…)」ナデナデ

やよい「……んっ、あのっ…分からない、ですか…?」

P「あはは…えーと…」ナデナデ

やよい「…………」

P「(…………たのむ、何とか…)」ナデナデ

やよい「…………」

P「(……ごまかせますように………)」ナデナデ

やよい「……………」グスッ

パシッ

P「あ……」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 03:16:27.58 ID:ar2gMhWB0

やよい「……………ぁ」

P「やよい……違うんだ、これは」

やよい「……あっあのっ…手、たたいてごめんなさい………!」

P「いや……」

やよい「……分からないんなら、いいです………あの、私歩いて帰ります………」

やよい「お疲れ様でしたっ………!」ダダッ

P「うわっ、やよい!待ってくれ!!」



P「やばい……やってしまった」

P「追いかけないと!」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 03:21:47.81 ID:ar2gMhWB0

──────

やよい「(………プロデューサー…)」

やよい「(誕生日を祝ってほしいなんて、わがままなのは分かってるけど…)」

やよい「……わすれてて欲しくなかった…」



やよい「……ただいまー」ガラガラ

長介「姉ちゃん、おかえり!」パァン

やよい「うわっ!?」

かすみ「お誕生日おめでとー!」

やよい「………あ、ありがとう!」

長介「ほらほら、特別にケーキも用意したんだよ!」

やよい「えぇっ!?そんなお金どこから……」

長介「言いっこなしだよ。ほらほらこっち!」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 03:25:37.73 ID:ar2gMhWB0

長介「じゃじゃーん!……って言っても」

長介「一番ちっちゃいのしか買えなかったんだ…ごめんね」

長介「皆のおこずかい集めたんだけど…」

やよい「長介…」ジワッ

長介「でも、これはやよい姉ちゃんが一人で全部食べて良いんだよ!」

やよい「えっ!?そんな、悪いよ…」

長介「何言ってんのさ!今日は姉ちゃんが主役だろ!」

やよい「長介……」

長介「さぁさぁ」

やよい「…………」

やよい「ありがとう、すっごくうれしい。だけど……」

やよい「量が少なくても、皆で食べたほうがおいしいよ!」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 03:29:27.07 ID:ar2gMhWB0

かすみ「お姉ちゃん……」

長介「遠慮しなくていいんだぞ?」

やよい「してないよ。一人で食べるのは寂しいもん」

浩太郎「ケーキ!」

浩司「けーき!」

浩三「あうあうあー(^o^)」

やよい「ナイフ持ってきて!」

長介「……わかった!」

やよい「うっうー!パーティー始めよう!」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 03:35:20.33 ID:ar2gMhWB0

──────

P「歩いて帰れる距離でよかったな…」

P「とりあえずやよいの家に来てはみたが…なんだかにぎやかだ」

P「当然だな、家族でパーティーしてるよな………」

prrrrrr

春香『もしもし』

P「そっちはどうだ?」

春香『今スポンジを焼き始めたんで…まだもう少しかかりそうです』

P「そうか。…今やよいが家でパーティーやってる」

春香『えっ!?……いや、当たり前ですよね。私たちよりもそっちを優先させないと』

P「あぁ。そのことだけは結果オーライなんだが…悪い、ちょっとやよいを怒らせちまった」

春香『…何したんですか?』

P「誕生日のこと、パーティーまでサプライズにしておくつもりが…」

千早『誕生日自体を覚えてないと勘違いされましたか?』

春香『うわっ!』


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 03:40:10.17 ID:ar2gMhWB0

P「千早」

千早『お疲れ様です。言っても良かったのに』

千早『いくらなんでも落ち込ませるまではしなくてもいいんですよ』

P「悪かった。何とか連れて帰ってくる……ただ、そっちよりも遅くなるかもしれないが」

千早『なぜです?』

P「……家族水いらずの邪魔はしたくない」

千早『…分かりました。私たちは少々遅くなっても平気なので待ってます』

P「また連絡する」ピッ



P「…………連れ出していいものやら」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 04:02:58.23 ID:ar2gMhWB0

──────

長介「…浩太郎たち、寝た?」

かすみ「うん。はしゃいで疲れたみたい」

やよい「二人とも…ありがとう。ホントに嬉しいよ」

長介「何言ってんだよ。どうせ事務所でもお祝いしてもらったんだろ?」

やよい「!」

かすみ「?」

長介「…姉ちゃん?」


ピンポーン

P「ごめんくださーい……」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 04:08:46.26 ID:ar2gMhWB0

やよい「ぷ…プロデューサー」

P「やよい……すまなかった!!」ドゲザー

やよい「えぇっ!?あのっ…」

長介「あれ?プロデューサーの兄ちゃんじゃん」

かすみ「こんばんはー」

P「ああ二人とも、夜遅くにごめんな。ちょっとやよいと話したいことがあるんだ」



P「やよい、さっきはごめんな。今日はお前の誕生日だろ」

やよい「知ってたんですかっ?」

P「当然じゃないか。はい、プレゼント」

やよい「………う、うっぅー…グスッ…」

P「ちょ、おいおい泣くことはないだろ…」

やよい「だって…忘れちゃったのかなって…ひどいですー」グスッ


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 04:17:35.75 ID:ar2gMhWB0

P「ごめんごめん」ナデナデ

やよい「……うぅ…さっきよりいっぱいしてくれないといやです」

P「よしよし」ナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデ



P「…で、だ。こんな時間に悪いんだが、事務所に来てくれないか。ちょっと忘れ物があるんだ」

やよい「へ?いいですけど…」

P「ちょっと、長介たちに話があるんだが良いかな?こっちへ」チョイチョイ

やよい「?」



長介「いまからパーティーですか?」

P「声がでかい。ちょっといろいろあってな…それで、君たちも来ないか?」

かすみ「でも、浩太郎たちが…」

P「…そうだよな。ごめんな」

長介「プロデューサーさん、僕たちは良いですよ。代わりに…」

P「?」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 04:19:20.52 ID:ar2gMhWB0

長介「姉ちゃんに、ケーキいっぱい食べさせてあげてください」

かすみ「さっきお姉ちゃん、ちっちゃなケーキを皆で分けてくれたんです」

P「……そうか。わかった。皆にもたっぷりお土産もって帰らせるから」

長介「はい!」



イッテラッシャーイ

やよい「二人と何の話してたんですか?」

P「内緒だ」

やよい「ずるいですよー」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 04:27:35.37 ID:ar2gMhWB0

スタスタ

やよい「プロデューサー見てください。星がすっごく綺麗ですよー」

P「ああ。綺麗だな」

やよい「このごろは夜もそんなに寒くなくなって、春って感じですねー」

P「そうだな。俺は今ぐらいの季節が一番好きだ」

やよい「プロデューサーもですか!?私も春が一番好きですー!一緒ですね!」

P「一緒だな」

やよい「はい!……………」

P「…………」

やよい「…………」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 04:32:02.53 ID:ar2gMhWB0

やよい「私、家族以外から初めて誕生日プレゼントもらっちゃいましたー!」

P「そうだったのか?初めてが俺で悪いな」

やよい「…プロデューサーからもらえたから、もっと嬉しいんですよ…///」

P「えっ」

やよい「うっうー!大事にしますね!」

P「やよい、もう少し静かにな」

やよい「はーい!」

P「もう少し」

やよい「はーい」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 04:41:02.49 ID:ar2gMhWB0

P「ちょっとトイレ。ここで待ってて」タッタッ

やよい「はーい」

prrrrrr

春香『プロデューサーさん!遅いですよ』

P「すまんすまん。もうすぐ事務所につくからスタンバイ頼む」

春香『了解です!』ピッ


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 04:41:58.46 ID:ar2gMhWB0

──────

春香「皆!もうすぐ二人が帰ってくるよ」

響「待ちくたびれたさー」

美希「あふぅ…」

千早「美希、しっかり」

真美「やよいっち、びっくらこくだろうNE→」

亜美「んっふっふ~、亜美たちのプレゼントCHO→すごいもんね!」

律子「みんなクラッカーもった?」

あずさ「楽しみね~」

貴音「…」プピー

小鳥「貴音ちゃん、いつの間にそんなものを?」

貴音「(こんびにで買いました)」プピーーー

真「なんかわくわくしてきたぁ!」

雪歩「喜んでくれるかなぁ」

伊織「一日の締めくくりよ!最高のパーティーにしてやるんだから」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 04:47:15.06 ID:ar2gMhWB0

──────

やよい「あれ?事務所の明かりがついてる」

P「あぁ。実はいま皆中にいるんだ」

やよい「え…みんなですか?」

P「……?」

やよい「………」

P「(…あぁ、なるほど)」

P「やよい。まだ気にしてるんだな?最近みんなの様子が変だったこと」

やよい「………」

P「心配するな。誰もお前のことを嫌いになったりしないよ」

やよい「…ほんとですか?」

P「あぁ。やよいみたいに元気で優しい子を嫌いになる奴があるか」

やよい「……でも、それなら何で…」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 04:50:21.73 ID:ar2gMhWB0

P「その理由も、全部分かるだろうさ。ほら」スッ

やよい「………」ギュッ

P「これでちょっとは気が楽か?」

やよい「…はい」

スタスタスタ

P「さあ、入り口だぞ。やよい、自分で開けな」

やよい「わかりました」

P「………やよい、誕生日おめでとう」

P「今年もいい一年になると良いな」

ガチャ



「「「「「「やよい!誕生日おめでと───!!!」」」」」」
パァン パァン パァン パァン プピー パァン パァン


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 04:55:28.54 ID:ar2gMhWB0

やよい「」

春香「……あ、あれ?やよい?おーい?」

やよい「………え?え?…えぇっ!?」

真「やよい!サプライズパーティーだよ!」

やよい「なっなななな何ですかこれっ!?」

雪歩「みんなでこっそり準備しといたの」

響「やよいー!おめでとうさー!」

美希「おめでとうなの!」

千早「おめでとう」

律子「おめでとう」

小鳥「おめでとう」

亜美真美「「おめでとー!」」

貴音「(おめでとうございます)」プピー


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 04:58:09.04 ID:ar2gMhWB0

伊織「やよい──っ!」ダキッ

やよい「はわっ!?伊織ちゃん!!」

伊織「やよい誕生日おめでとう!どう?驚いた?みんなで計画してたの!」

やよい「………私のために?」

伊織「当たり前じゃない!」

やよい「…………」





やよい「…グスッ…ぅぇぇぇええぇぇん…ありがどうございましゅぅ~……」ズビッ


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 05:01:21.99 ID:ar2gMhWB0

春香「こらー、泣くんじゃなくて笑わなきゃ!ほら」

やよい「だっでぇ…だっでぇ…」

真「あー…こりゃあれかな」

真「しばらくやよいをのけ者にしちゃってたもんね」

伊織「亜美!真美!あんたたちが不注意だったからよ!」

亜美「亜美たちのせいなの!?」

真美「うーん、ごめんねやよいっち」

やよい「ぅぇぇぇぇええっぇぇえん…」


小鳥「……グスッ…感動だわ…」

律子「小鳥さん、もらい泣きしないでください」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 05:04:44.51 ID:ar2gMhWB0

P「そういうわけだ、やよい。すまんな、俺も全部知ってたんだ」

やよい「…グスッ…ぷろでゅーしゃーいじわぅです…」ズビビッ

伊織「ほら、涙吹いて。顔が台無しよ」

律子「さあ、主役が来たところでパーティーを始めましょうか!」

千早「春香、ろうそく持ってきて」

春香「はいはい!」




\Happy birthday to you...Happy birth day to you.../


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 05:07:40.27 ID:ar2gMhWB0

\Happy birthday dear YAYOI.....
   Happy birthday to you!!!/


18011009141.png


END


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 05:09:47.48 ID:ar2gMhWB0

というわけで今日は高槻やよいちゃんと俺の誕生日でした
ちょっとだけ大人になったやよいちゃんをこれからも精一杯応援してあげてください





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿